コンデンサ マイク おすすめ。 コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2020年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜

プロがおすすめコンデンサーマイク10選《厳選比較》

コンデンサ マイク おすすめ

ダイナミックマイクと比べると比較的高価な製品が多く専用の電源も必要となりますが、その音質の高さからボーカルレコーディングには欠かせないものとなっています。 ここではボーカル用コンデンサーマイクの基礎知識や正しい使い方、用途別のオススメ製品などについて詳しく解説していきます。 コンデンサーマイクはどんな時に必要? ダイナミックマイクに比べ高価な製品の多いコンデンサーマイクですが、全ての性能が勝っているというわけではなく用途によって双方の使い分けが必要になります。 以下に一般的なコンデンサーマイクの使用用途について解説します。 繊細さや高感度が必要とされるレコーディングに コンデンサーマイクがもっとも必要とされる場面といえばやはりレコーディングです。 ボーカリストの持つ繊細な表現や生々しさを余すことなく録音したいのであればダイナミックマイクではなくコンデンサーマイクを選ぶのが一般的だと言えるでしょう。 指向性の種類の多さも魅力 指向性を表したグラフ ボーカル用ダイナミックマイクの場合は基本的に単一指向性(正面の音のみを拾う)となっていますが、コンデンサーマイクは製品によって様々なタイプが存在し、ハイエンドモデルにもなるとマイク本体のスイッチで数種類の指向性を切り替えて使えるものまであります。 単一指向性は別名カーディオイドとも呼ばれ、主に正面の音のみを拾うためボーカルや楽器の録音に使われますが、他には無指向性(全ての方向から拾う)や双指向性(正面と後ろの方向のみ拾う、用途は対談など)などがあります。 このように用途に応じて使い分けが出来るという点もコンデンサーマイクならではのメリットと言えるでしょう。 出力の大きさもメリット コンデンサーマイクは感度が高く小音量のレコーディングにも向いています。 よく「コンデンサーマイクは小さいノイズまで拾ってしまう」なんて話を耳にしますが、これは感度の高さゆえのことですね。 DTM君「例えばロックボーカリストのレコーディングやエレキギターのようにアンプを使って音を増幅させる楽器であれば、ダイナミックマイクでも問題ないのですが、ささやくようなボーカリストのレコーディングやアコースティックギターのアルペジオのような比較的音量の小さい演奏を録音する場合は、コンデンサーマイクの出力の大きさはメリットになります。 」 コンデンサーマイクはボーカル録音以外にも使える アコースティックギターの録音にも使われる 音楽の用途としてはやはりボーカルレコーディングに使われることの多いコンデンサーマイクですが、そのクリアかつ繊細な表現力からアコースティック・ギターやピアノなど生楽器のレコーディングにも活躍します。 また無指向性のコンデンサーマイクであれば、2本使用してゴスペルのような大人数のステレオレコーディングにも対応できるほか、部屋鳴り(アンビエント)と呼ばれる自然なルームリバーブを得ることも可能となります。 ダイナミックマイクとの主な違い コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違いは価格や音質だけではなく様々な特性が異なります。 ダイナミックマイクのように扱っていたらいつの間にか壊れてしまった、なんてことになってしまわないよう基本的な知識を覚えておきましょう。 専用の電源が必要 コンデンサーマイクを使用する際には必ずファンタム電源と呼ばれる専用の電源が必要となります。 ファンタム電源は主にミキサー、マイクプリアンプ、オーディオインターフェイスに搭載されていますが、廉価なモデルだと稀にファンタム電源に対応していない製品もありますので注意が必要です。 DTM君「現在市販しているオーディオインターフェイスのほとんどにファンタム電源が搭載しているので、オーディオインターフェイスに繋げる人はあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。 」 湿気や衝撃に弱い ライブステージやリハーサルスタジオでの使用が想定されているダイナミックマイクと違い、主に屋内でのレコーディングで使われるコンデンサーマイクは取り扱いに注意が必要です。 まずコンデンサーマイクは湿気に弱いため保管の際には乾燥剤を入れておくなどの対策が必要になりますし、衝撃にも弱いため外に持ち出すときの保護やセッティング中の落下などには細心の注意を払う必要があります。 ダイナミックマイクに比べ高価な製品が多いため不注意で破損させてしまわないようにしましょう。 マイクの固定にショックマウントを使う ショックマウント コンデンサーマイクの特徴として、レコーディングの際にはショックマウントと呼ばれる専用のマイクホルダーを使うという点が挙げられます。 ダイナミックマイクの場合だと汎用のマイクホルダーに挟み込むだけで使用することができますが、コンデンサーマイクの場合はその製品に合ったショックマウントを使わなければいけません(多くの場合製品に付属しています)。 ショックマウントのメリットは振動ノイズの軽減にあります。 コンデンサーマイクは高感度ゆえにレコーディング時にリズムを取るための足音の振動から発生する小さなノイズまで拾ってしまうのですが、これをショックマウントによって軽減させているということですね。 比較的高価な製品が多い コンデンサーマイクはダイナミックマイクと比べて多機能で高価な製品が多く存在しています。 一般的に音楽用途で使われるボーカル用ダイナミックマイクの価格帯は1~2万円代の製品が多いのに対し、ハイエンドコンデンサーマイクの定番として有名なNEUMANN(ノイマン)U87Aiなどは30万円以上とかなり高額になっています。 ただ最近ではコンデンサーマイクだから全てが高価というわけでもなく、機能を絞ったものであれば1万円以下で購入できるリーズナブルな製品も出てきています。 高価な製品は機能も多く様々な場面に使用できるのがメリットではありますが、ボーカルレコーディングなどあらかじめ用途を限定して使うのであればまずは安価な製品を試してみるものいいかもしれません。 コンデンサーマイクの保管方法と注意点 audio technica AT4040:純正のマイクケース コンデンサーマイクは湿気と衝撃に弱いため、保管方法にも注意を払う必要があります。 業務で使うのであれば専用の防湿庫(デシケーター)を使うのがもっとも合理的だと思いますが、個人ユーザーであれば身の回りにあるもので工夫している方が多いようです。 ドライボックスを使う ドライボックスは主にデジタルカメラの収納として使われる製品ですが、簡単に説明すると密封可能なようにパッキン付きの蓋を装備した収納ボックスのことです。 製品によっては湿度計が内蔵されていたり乾燥剤の収納ポケットが付いていたりと様々な工夫がされています。 ドライボックスは安価な製品であれば1,500円程度で購入できるものもありますので、手軽に済ませたいのであればこういった製品を利用するのが良いかと思います。 身の回りにあるもので自作する コンデンサーマイクの保管で大事なことは「密封された空間と適度な湿度」という点です。 逆にこれさえ守っておけば身の回りにあるもので自作することも可能となります。 例えばホームセンターや100円ショップなどで購入できる蓋付きのプラスチック製の容器、またはジップロック等に湿度計・乾燥剤とともにコンデンサーマイクを保管しておくという方法でもいいでしょう。 もちろん専用のデシケーターやドライボックスに比べると密封性は低いと思いますので、この場合は定期的に湿度チェックをするようにしてください。 また、もしこのまま外に持ち出す予定があるのならあらかじめ衝撃吸収材に包んでおくなどの対策をしておいたほうがいいでしょう。 コンデンサーマイクの正しい使い方 専用の電源や専用のマイクホルダーが必要であったりと扱いが多少複雑なコンデンサーマイク。 正しい知識を持っていないと「音が出ない」というような初歩的ミスだけじゃなく最悪の場合壊れて使えなくなってしまうこともあります。 まずはコンデンサーマイクの正しい使い方を覚えておきましょう。 コンデンサーマイクを使うのに必要なもの 一般的なコンデンサーマイクを使用してボーカルレコーディングをするにあたってまず必要となるものが• マイクスタンド• ショックマウントホルダー• ポップガード• マイクケーブル• ファンタム電源 この5点です。 マイクスタンド マイクの位置を固定する道具です。 コンデンサーマイクは重たいものがあるので頑丈なものを用意したほうがいいですね。 コンデンサーマイクは衝撃に弱いため万が一落下させると故障してしまいますので気を付けましょう。 ハンドヘルド型のコンデンサーマイクを手持ちで使用する場合には必要ありません。 1本の棒の上にマイクを設置するストレートスタンドと、途中で折り曲げられるブームスタンドが存在します。 マイクスタンドを… A S ショックマウントホルダー これはマイクスタンドにコンデンサーマイクを設置するためのもので、サスペンションホルダーとも呼ばれます(通称:ショックマウント)。 汎用品も販売されていますが多くのコンデンサーマイクには専用品が付属しているのでそれを使うといいでしょう。 ポップガード ボーカルレコーディング時の息によるノイズ(通称:吹かれ)や唾による湿気を防止するために必要となるもので、ウインドスクリーンと呼ばれることもあります。 コンデンサーマイクでの録音には欠かせないアイテムですが、もちろん楽器のレコーディング時には不要です。 ポップフィルタを… A S マイクケーブル いわゆるマイクケーブルと呼ばれるキャノン(XLR)ケーブルを使用します。 マイクケーブルの売れ筋を… A S R 実際の使い方 ではアマチュアミュージシャンの一般的なケースとして、コンデンサーマイクをオーディオインターフェイスに接続してボーカルレコーディングすることを想定して使い方を説明してきます。 まず全ての機器のゲイン・ボリュームがゼロ、そしてファンタム電源がOFFになっていることを確認しましょう。 そして次にマイクスタンドにショックマウントとコンデンサーマイクを設置し、そこにマイクケーブルを繋ぎオーディオインターフェイスに接続します。 そして最後にファンタム電源を入れます。 大抵のオーディオインターフェイスには「48v」というスイッチがあると思いますので、それをONにしましょう。 あとはスピーカーをONにしレベル調整などをしてボーカルレコーディングを開始すればOKです。 片付け方 ボーカルレコーディングが終われば正しく片付けましょう。 撤収する際は基本的にセッティングの逆の順に進めればいいのですが、多少注意点もあります。 まず全てのゲインとボリュームをゼロに、次にスピーカーの電源をOFFにし、最後にファンタム電源をOFFにします。 そして安全のため10~20秒ほど置いてからケーブルを抜くようにしましょう。 用途で選ぶ、オススメのコンデンサーマイク さてここまでコンデンサーマイクの特徴や使い方などについて解説してきました。 コンデンサーマイクには指向性の違いをはじめ様々な特徴を持った製品が存在しますが、ここでは用途別にオススメのボーカル用コンデンサーマイクを紹介します。 初心者でも手に入れやすいリーズナブルなモデル SHURE BETA87A ボーカル用ダイナミックマイクの定番中の定番「SM58」で有名なSHUERがリリースしているコンデンサーマイクがBETA87Aです。 この製品はハンドヘルド型といって、一般的なボーカルレコーディング用コンデンサーマイクと違いボーカル用ダイナミックマイクのように使えるのが特徴となっています。 ハンドヘルド型コンデンサーマイクのメリットとして、ダイナミックマイクに近い使い勝手で気軽にレコーディングできるという点が挙げられます。 通常のコンデンサーマイクのレコーディングにはマイクスタンド、ショックマウント、ポップガードが必須となりますがハンドヘルド型なら本体のみで手持ちレコーディングが可能。 セッティングの手間を大幅にカットできます。 SHURE BETA87Aの特性としてはスーパーカーディオイド(超単一指向性)でハウリングが起きにくく、それでいてコンデンサーマイクならではの繊細な音質と広いダイナミックレンジが特徴。 価格も比較的安価に設定されているためSHURE SM58からのステップアップとしてもおすすめのコンデンサーマイクです。 SHURE BETA87Aを… A R S Y RODE NT1-A 大定番中の大定番、RODE社の大ベストセラーを記録したコンデンサーマイクです。 ダイナミックマイク並にリーズナブルな価格ながら、ノイズが少なくクリアーな録音が可能。 ボーカルやアコースティックギターのレコーディングに活躍します。 後継機「NT2-A」は2005年Musik Messeで世界一のマイクに選ばれました。 NT1-Aには本体はもちろん、ポップガードやショックマウント、マイクケーブルなどのアイテムも付属しているため、入門用に最適なモデルです。 単一指向• ボーカル用、アコースティック楽器向け• 15,800〜円 — Supernice! DTM BEHRINGER B-2 コストパフォーマンスモデルを多くリリースするBEHRINGERですが、このB-2は低価格ながら品質は悪くなく、ほんのちょっとの空気の揺らぎまでも集音してしまう「コンデンサーマイク」の特性・繊細なレコーディングをしっかり実現させてくれる一本。 輪郭がきれいで透明感のあるサウンドが特徴です。 2本あれば色々なレコーディングが可能に。 筆者も愛用しています。 ボーカル、アコースティック楽器、ギターアンプ、パーカッション• 11,500〜円 — Supernice! DTM sE ELECTRONICS X1シリーズ sE ELECTRONICS のエントリーモデルとして登場したコンデンサーマイク「X1」シリーズは、ホームスタジオでの使用に適したモデル群です。 sE ELECTRONICSは2001年創業と歴史の浅いブランドですが、この「X1」シリーズはエントリーモデルとして非常に高いコストパフォーマンスを誇るモデルです。 ラインナップは「X1」、エントリーモデルの「X1A」、パッシブリボンマイクの「X1R」、X1のサウンドクオリティを向上させた「X1 S」の4種類。 これから手にする人は、サウンドクオリティが大幅に向上した「X1 S」がオススメです。 — Supernice! DTM これがあれば安心:定番のコンデンサーマイク RODE NT2-A コストパフォーマンスが高く、ホームレコーディング用途に人気の定番コンデンサーマイクであるRODE NT-2A。 同じくホームレコーディング用途に人気の高い同社NT-1Aと比較すると、単一指向性・無指向性・双指向性という3種類の指向性の切り替えスイッチ、感度の切り替えが可能なPADスイッチ、そしてハイパスフィルターを装備しているため、より幅広い用途に使用することができます。 約860gとコンデンサーマイクの中では比較的重量があるため頑丈なマイクスタンドが必要となりますが、この価格帯では見られないほどの質感と多機能性を持ち合わせているコンデンサーマイクです。 レコーディング用途としては3種類の指向性を切り替えられるためボーカルやアコースティック楽器だけではなくラジオ収録やフィールドレコーディングにも利用できる点がメリットですね。 また現在はポップガード付きのショックマウント、マイクケーブル、ケースがセットになって販売されていますので初めてのコンデンサーマイクとしてもおすすめです。 — Supernice! DTM audio technica AT4040 プロの現場でも使用されており/音のクセがあまりなく/世界的な定評がある…というコンデンサーマイク、audio technica AT40シリーズ「AT4040」。 エントリーモデルAT20シリーズの方がより安価ですが、こちらを推します。 本機はAT40シリーズの中でも最も安価ながらコストパフォーマンスは非常に高く。 スピード感ある音の輪郭は細くなることなくナチュラルに録音することが可能、奥行きや透明感のある男女ボーカル/アコースティックギターをレコーディングする際に重宝します。 AT40シリーズの上位モデルである「AT4050」は、国内において屈指の人気を誇る超定番モデルです。 予算がある人はそちらもチェックしてみると良いでしょう。 DTM — Supernice! DTM AKG C214 レコーディングスタジオの定番コンデンサーマイクとして有名な「AKG C414」を単一指向性にし、個人ユーザーにも手の届きやすい価格になった「AKG C214」。 スタジオクオリティーにこだわるのでなければ、ホームレコーディングには十分すぎる実力を持っています。 価格帯から「audio technica AT4040」と比較されることが多い本機ですが、全体的にフラットな特性を持っている「AT4040」に対し高音域の煌びやかさに定評があり、ボーカルレコーディングだけではなくアコースティックギターを中心とした生楽器のレコーディング用途にも人気が高い製品です。 また本体の他にサスペンション付ホルダー、ウインドスクリーン、キャリングハードケースが付属するため持ち出し用のレコーディングマイクとしても使い勝手が良いと思います。 初めてのコンデンサーマイクとして、またレコーディングスタジオの定番であるAKG C414の特性を活かしたい方のホームレコーディング用マイクとして使ってみてはいかがでしょうか。 — Supernice! DTM ハイエンド・コンデンサーマイク NEUMANN(ノイマン)U87Ai 世界中で使われているハイエンド・コンデンサーマイクの最高峰であるNEUMANN U87Ai。 非常に有名なコンデンサーマイクなのでレコーディングに興味のある方であれば「一生に一度は使ってみたいマイク」としてこの製品を挙げるのではないでしょうか。 アマチュアユーザーが気軽に購入できる価格ではないものの、その実力はやはりプロのレコーディング現場で定番になるほどのもの。 このクラスのコンデンサーマイクを使うとなればマイクプリアンプとの組み合わせやセッティングにもこだわらなければいけないため使用者の知識や経験も必要になりますが、このマイクさえ持っていれば他のマイクに目移りすることはなくなるでしょう。 機能としては3種類の指向性(単一指向性、無指向性、双指向性)、-10dbのパッドスイッチ、ローカットスイッチを装備しているため様々な用途に使用可能ですが、U87Aiがもっとも実力を発揮するのはやはりボーカルレコーディングでしょう。 とにかく妥協なく最高峰のボーカル用コンデンサーマイクが欲しいという方は是非手に入れてみてください。 — Supernice! DTM NEUMANN(ノイマン)TLM49 同じくコンデンサーマイクの最高峰ブランドであるノイマンからTLM49の紹介です。 このマイクの歴史はかなり古く、1950年代に販売されていた「NEUMANN M49」という伝説的な真空管コンデンサーマイクをトランジスタ回路で復刻したものです。 前述したNEUMANN U87Aiより知名度は劣るものの価格的にはかなり安価に設定されており(それでも高価ですが)ホームレコーディング用にU87Aiは買えないがノイマンのあのサウンドで録音したいというユーザーにおすすめです。 機能としては単一指向性(カーディオイド)のみであり、PADスイッチやローカットもなく「ボーカルパフォーマンスに最適化されている」という紹介文の通り非常に潔い製品となっています。 もちろんシンプルな単一指向性マイクのためボーカル以外だけじゃなくアコースティック楽器のレコーディングにも活躍してくれるでしょう。 U87Aiのように多機能じゃなくてもいい、もう少し安価にノイマンの音が欲しいという方はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。 — Supernice! DTM.

次の

コンデンサーマイクおすすめ10選。歌の録音や実況に。選び方も解説

コンデンサ マイク おすすめ

「どれを選んだらよいかわからない」という方も多いと思いますが、目的に合った「 マイク選び」そして「 正しい使い方」はとても大切なことです。 マイクのしくみ ライブやレコーディングにおいて、ヴォーカルやギターアンプ、ドラムの音をPAから出したり、録音するためには「マイク(マイクロフォン)」が必要ですね。 マイクの他にも、ミキサーやオーディオ・インターフェース、スピーカー、レコーダー・・等々さまざまな機材を使うことになりますが、ヴォーカルや生楽器の音を収集するための入り口にあたるのが、このマイクです。 ダイナミックマイクの仕組み 音は空気の振動ですが、この振動を電気の信号に変換するのが「マイク」の役目。 電極に電気を貯めなくてはいけないので電源が必要になるわけですね。 ファンタム電源 コンデンサーマイクに必要なファンタム電源ですが「電源」といってもマイクに電源ケーブルが付いているわけではなく「ファンタム電源」と呼ばれる仕組みで電源をマイクに送ります。 「ファンタム電源」というのはミキサーやオーディオ・インターフェースに備わっているもので、マイクにつなぐキャノン XLR)・ケーブルを経由してマイクに電源を供給する仕組みです。 (中にはステレオミニプラグで電源を送るタイプもあります)標準ケーブルだとファンタム電源は送ることができません。 写真はSteinbergのオーディオ・インターフェースUR824。 なおファンタム(ファントム)は幽霊「(電気回路的に)見えない電源」という意味です。 ダイレクトボックス(DI)にも供給します。 次ページはマイクを使う上での注意事項、必読です! 続きを読む: 1.

次の

プロがおすすめコンデンサーマイク10選《厳選比較》

コンデンサ マイク おすすめ

出典: カーディオイドは、単一指向性のコンデンサーマイクの中では一般的なタイプです。 マイクの背面からの音をほとんど拾わないため、ボーカルだけを録る場合や、マイクを持って動きながら歌う場合などにおすすめです。 ボーカル録音にはスーパーカーディオイド スーパーカーディオイドは、カーディオイドよりも音を拾う範囲が狭く、マイクの真正面からの音しか拾いません。 マイクのサイドや背面の音は拾わないので、クリアなボーカルを録りたい場合におすすめです。 さらにクリアな録音にはハイパーカーディオイド ハイパーカーディオイドは、コンデンサーマイクの中でも音を拾う範囲が特に狭いタイプです。 スーパーカーディオイドよりも音を拾う範囲が狭いので、周囲にスピーカーなどがあっても、クリアなボーカルを録ることができます。 楽器の演奏に向いているサブカーディオイド サブカーディオイドは、単一指向性マイクの中で最も広い範囲の音を拾います。 マイクの周辺の音も拾うので、楽器の演奏などにおすすめです。 マイクに近づきすぎても、低音が強調されすぎることがなく、自然でクリアな音を拾うことができます。 インタビューや対談には双指向性 双指向性とは、マイクの両サイドからの音を拾うタイプです。 楽器とボーカルの両方の音を一度に録りたいときや、対談などで両サイドからの音を拾うときに向いています。 音を拾う範囲は広くないため、両者が近くにいる状態で使うと良いでしょう。 全方向からの音声には全指向性 全指向性とは、マイクの周囲であれば、どの方向からの音でも拾うことができるタイプです。 主に会議などで使われ、参加者がどの位置にいても発言を録音することができ、複数名でのゲーム実況などにも向いています。 ただし、周囲の音を拾うので、ほかのタイプに比べるとハウリングが起りやすいという特徴もあります。 出典: ハンドヘルド型は、一般的なマイクと同じく、手に持って使えるタイプです。 振動に強く、サイドアドレス型に比べると丈夫なので、ライブパフォーマンスなどにも向いています。 扱いやすさや保管方法をチェック 高価なコンデンサーマイクは、性能が良い分、繊細で壊れやすくなっています。 デシケーターや除草剤による管理や、丁寧な取り扱いをしておかなければ、故障してしまうこともあります。 使わないときには保管しておけるケースが付いた商品がおすすめです。 感度で選ぶ マイクの感度は、db(デシベル)という単位で表されます。 数字が小さいほど感度が高くなり、コンデンサーマイクの感度は30~40dbが一般的です。 感度を変えることができない商品が多いですが、中には感度を切り替えて使える商品もあります。 周波数特性で選ぶ 出典: 周波数特性とは、マイクが得意とする音の特徴を表し、縦軸に感度、横軸に周波数を取ってグラフ化されている商品が多いです。 マイクに通したい音に合わせて周波数特性を選ぶと良いでしょう。 声や楽器の原音に近い音を再現したいのであれば、周波数特性のグラフがフラットなものを選ぶと良いでしょう。 低音や高音を効かせたい場合は、山型や谷型のグラフのものを選んでみてください。 オーディオインターフェースとスペックを合わせる コンデンサーマイクをパソコンに接続して使いたい場合は、オーディオインターフェースを使います。 オーディオインターフェースとマイクは同レベルのものを使わなければ、マイクやインターフェースの実力を引き出すことができないため、価格やスペックを参考に相性の良い商品を選びましょう。 また、PC用の商品やUSB端子が備えられている商品であれば、パソコンなどに直接接続ができます。 コンデンサーマイクの使い方 STEP1:窓を閉める 録音する部屋の窓はすべて閉めて、外からの音ができるだけ小さくなるようにしましょう。 環境によっては、目張りなどをするのもおすすめです。 また、部屋を閉め切ってしまうので、夏場はクーラーなどで温度調整をすることになりますが、できるだけ音がしないエアコンなどの空調を使うと良いでしょう。 STEP2:コンデンサーマイクをセットする.

次の