さつまいも おやつ レシピ。 おやつにおすすめ!さつまいものおやきレシピ2選

食べ応えばっちり!人気のさつまいもダイエットレシピを紹介

さつまいも おやつ レシピ

茹でる手間がいらないから楽ちん「さつまいも餅」 輪切りにした芋をラップに包んで5分チンして、別にチンしておいた切り餅と塩を入れて混ぜ、一口大にして完成。 子供のおやつにもGood。 きなこをまぶす以外にもソースとマヨでお好み焼き風にしたり、アレンジは無限大なので楽しいですね。 蒸したみたいにホクホク「さつまいもスイートポテト」 5mmに切った芋をレンジで加熱します。 マッシュしてツナギを入れて形成したら卵黄を塗ってトースターで焼くだけ。 トースターで焼き目をつける時に、様子を見ながらポテトの位置を調節すると綺麗に焼けますよ! おやつにもピッタリです。 レンジでチンして混ぜるだけ「さつまいものきんぴら」 作り方は、細切りにした芋を3分チンしてごま油とゴマを入れて和えるだけ。 忙しい朝でもあっという間に出来て美味しいので、お弁当にも大活躍です。 冷蔵庫に入れれば3〜4日は日持ちするので、作り置きも出来て便利ですよ。 煮ないから型崩れなく作れる「薩摩芋の甘煮」 輪切りにして水にさらしておいた芋を調味料と一緒にレンジでチンします。 芋の上下を返しながらながら繰り返します。 レンジで出来るので、煮崩れしません! コツは芋の仕上がりの硬さを見ながら、1分ずつチンすると美味しくできますよ。 おやつにピッタリ「レンジでさつまいもチップス」 スライスした芋を耐熱皿に並べて、塩を軽くかけて裏表3分半ずつチンするだけで出来ちゃいます。 あっという間にお子様も喜ぶさつまいもチップスの出来上がり。 粗熱を取る段階でパリッとするので、レンジでから出す時は少し湿ってるくらいでOK!焦げないように注意です。 ・さつまいもとりんごの甘煮 ・コーヒー さつまいも1本は一口大に切りラップをしてレンジで5分。 砂糖大さじ2と一口大に切ったりんごを追加して、ラップをしてさらに5分。 うっかり さつまいもの皮を剥いてしまったので、彩りが…やっぱり さつまいもの皮は残した方がいいな。 — 衾雪 fusumayuk1 もう食べた過ぎて、さつまいもレンジで加熱した後にタッパーのままレンチンして蒸しパン!ふわもち…幸せ — ふたひら MU2AK5 あの人気レシピが揚げずに作れる!? 換気をしながら蓋を開けたらとんでもない量の煙の中から完全に炭化したさつまいもがでてきた。 家が煙臭い…気をつけましょう… — なべ nabenabenanabe.

次の

おやつにおすすめ!さつまいものおやきレシピ2選

さつまいも おやつ レシピ

さつまいものダイエット効果について さつまいもにはダイエットの味方の食物繊維が豊富です。 さつまいもは炭水化物に分類されるので、一見するとダイエットに不向きなように思われますが、実は低GI食品。 GIとは血糖値の上昇を示す数値のこと。 低ければ低いほど血糖値の上昇が穏やかなので、同時にインスリンの分泌も穏やかになり、結果、脂肪として蓄積されにくくなるのです。 そういう意味でさつまいもはダイエットに適した食材と言えるでしょう。 さつまいもダイエットという言葉もあります。 パンやご飯などの主食を一日一食さつまいもに置き換える方法です。 置き換える食事は、一日の中で比較的最も量の多い夕食が効果的。 体脂肪として蓄えようとする夜に取る食事の主食をさつまいもにすることで、ダイエット効果が高くなります。 さつまいもの栄養について さつまいもといえば、食物繊維が豊富で便秘解消に役立つイメージがありますが、さつまいもの持つ栄養はそれだけではありません。 さつまいもにはビタミンCがたっぷり。 しかもデンプン質がそれを守っているので、加熱しても壊れにくいという特徴があります。 他にもアンチエイジング効果の高いビタミンE、美白ビタミンと呼ばれるビタミンB群など女性にうれしい栄養をたくさん持っています。 またさつまいもを切ったときに染み出てくる白い液体はヤラピンといって、腸の蠕動運動を促し、その上便を柔らかくしてくれる効果が。 しかもヤラピンはさつまいもだけが持つ栄養素。 さつまいもが、その豊富な食物繊維とあわせて便秘を防ぐと言われるわけですね。 皮にもポリフェノールが多く含まれ、アンチエイジング効果が期待できます。 ダイエット目的だけで食べるにはもったいない食材とも言えるでしょう。 作り方は、つぶしたさつまいもにかたくり粉、砂糖、生おからを加え、小判型に成形したらフライパンで焼くだけと簡単。 仕上げにレンジ加熱するので、生焼けを防ぎます。 コツは生おからは常温に戻しておくこと。 火が通りやすくなります。 もちもちとした食感が楽しい、ダイエットにぴったりのおやつです。 秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。 秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。 適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。 さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。 ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。 でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。 旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。 紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。 レシピも数多くあります。 さつまいもスムージーもその1つ。 食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。 いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

さつまいもを使ったレンジレシピ5選(弁当おかず&おやつ)

さつまいも おやつ レシピ

さつまいものダイエット効果について さつまいもにはダイエットの味方の食物繊維が豊富です。 さつまいもは炭水化物に分類されるので、一見するとダイエットに不向きなように思われますが、実は低GI食品。 GIとは血糖値の上昇を示す数値のこと。 低ければ低いほど血糖値の上昇が穏やかなので、同時にインスリンの分泌も穏やかになり、結果、脂肪として蓄積されにくくなるのです。 そういう意味でさつまいもはダイエットに適した食材と言えるでしょう。 さつまいもダイエットという言葉もあります。 パンやご飯などの主食を一日一食さつまいもに置き換える方法です。 置き換える食事は、一日の中で比較的最も量の多い夕食が効果的。 体脂肪として蓄えようとする夜に取る食事の主食をさつまいもにすることで、ダイエット効果が高くなります。 さつまいもの栄養について さつまいもといえば、食物繊維が豊富で便秘解消に役立つイメージがありますが、さつまいもの持つ栄養はそれだけではありません。 さつまいもにはビタミンCがたっぷり。 しかもデンプン質がそれを守っているので、加熱しても壊れにくいという特徴があります。 他にもアンチエイジング効果の高いビタミンE、美白ビタミンと呼ばれるビタミンB群など女性にうれしい栄養をたくさん持っています。 またさつまいもを切ったときに染み出てくる白い液体はヤラピンといって、腸の蠕動運動を促し、その上便を柔らかくしてくれる効果が。 しかもヤラピンはさつまいもだけが持つ栄養素。 さつまいもが、その豊富な食物繊維とあわせて便秘を防ぐと言われるわけですね。 皮にもポリフェノールが多く含まれ、アンチエイジング効果が期待できます。 ダイエット目的だけで食べるにはもったいない食材とも言えるでしょう。 作り方は、つぶしたさつまいもにかたくり粉、砂糖、生おからを加え、小判型に成形したらフライパンで焼くだけと簡単。 仕上げにレンジ加熱するので、生焼けを防ぎます。 コツは生おからは常温に戻しておくこと。 火が通りやすくなります。 もちもちとした食感が楽しい、ダイエットにぴったりのおやつです。 秋冬の定番食品として人気が高い野菜のさつまいも。 秋の終わりから翌年の春先にかけて旬を迎えますが、年間を通して比較的手頃な値段で買うことができる家計の強い味方です。 適度な食べごたえと甘味が特徴のさつまいもは、シンプルに石焼きイモにしたり、大学イモやスイートポテトといった素材を活かしたスイーツとして召し上がる方が多いかと思いますが、お菓子だけではなく、ご飯ものや汁物の具にしたり、主菜おかずまでバリエーションは豊富でかなり自由にアレンジがききます。 さつまいもを使ったレシピは本当にたくさんありますが、さつまいもの人気料理レシピの中から編集部がおすすめしたいレシピを、ご飯・おかず・サラダ・煮物・天ぷら・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介しています。 さつまいもの出回る時期になると食べたくなるスイートポテト。 ケーキとはまた違ったほっこりした食感は、寒くなりだす季節にぴったりのスイーツです。 そもそもスイートポテトとは英語でさつまいもの意味。 でも日本ではさつまいもをつぶして卵と砂糖と混ぜて作ったお菓子を指します。 それもそのはず、スイートポテトは意外にも日本で生まれたお菓子なのです。 この記事では、スイートポテトの基礎知識に加え、形色々のスイートポテト、アレンジのレシピ、オーブン不要のレシピ、卵なしのレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 その濃厚な甘さからスイーツの材料としても人気のあるさつまいも。 旬は秋から冬にかけてですが、保存が利くので年中出回っています。 紅はるかや、シルクスイートなどその種類もさまざま。 レシピも数多くあります。 さつまいもスムージーもその1つ。 食べ応えがあるので置き換えダイエットにもぴったり。 いろいろな作り方を覚えると、もっとさつまいもスムージーを楽しめますね。 この記事では、さつまいものダイエット効果や栄養に加え、フルーツ入りさつまいもスムージーのレシピ、野菜入りさつまいもスムージーのレシピ、さつまいものほほットスムージーのレシピ、乳製品入りさつまいもスムージーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。 無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください! チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の