情熱 大陸。 情熱大陸:ウイルス研究者/塩田達雄 より早く、より簡単に 新型コロナ・新しい迅速診断キットの開発に挑む

情熱大陸:ウイルス研究者/塩田達雄 より早く、より簡単に 新型コロナ・新しい迅速診断キットの開発に挑む

情熱 大陸

メンバーは友達であり、仲間であり、家族であり、ビジネスパートナー。 カメラを向けた時のふざけあう4人の姿は…。 — 情熱大陸 jounetsu 『このところ、最もチケットを取りにくいバンドの筆頭と言っていい』と紹介されたKing Gnu。 この日の放送では、"最強の4人を追った7か月"と題した密着映像が公開されました。 「情熱大陸」に出演するという情報が解禁されてから、ボーカル&キーボードの井口理さんはラジオ番組「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0 ゼロ 」で、「デビューして1年ちょっとなんですよ?僕ら」と謙遜したり、「何を密着することがあろうか…深掘りしてもさ、深みがないのよ。 面白くないよ?浅い浅い」と語っていました。 また、ずっと密着している情熱大陸の番組スタッフには、「マジの密着なんですよ。 『情熱』の連中は、密着への面構えが違う」とコメントし、このラジオ番組に関しても「できたら使わないで欲しいシーンがたくさんなんですよ」と恥ずかしそうに語っていました。 まじで大丈夫かな情熱大陸。 食ってるところしか撮られてない気がするんだけど…。 King Gnuの紹介が終わり、メンバー4人が居酒屋に入店するシーンに。 そこで、ギター&ボーカル・常田大希さんが、バンド名にある「Gnu」について「ヌーが個人的に好きっていうのもありつつ、動物の特性っていうんですか?群れをなして、春から走り始めて、徐々に群れが増えていくっていうのが、すごいロックバンド的だなって思って付けました」と由来を明かしました。 また、常田さんは「 最近 変わり出している点で言えば…」と切り出し、「理がね、今までサングラスとかしてなかったんだけど、5万円のサングラスをスッと買ってきて、ライブ会場入りしてきた」「あれはちょっと衝撃でしたね」と暴露し、周囲は爆笑。 それを聞いたドラムス・勢喜遊さんは「そういう時、眩しいと思うし。 いいサングラス欲しくなる気持ちは分かるよね」と相槌をいれ、更に笑いを誘いました。 いじられてしまった井口さんですが、「お互い、隣の芝じゃないけど、リスペクトし合ってますね。 結局の所は」と嬉しそうにコメント。 「大好きだと思います」と締めくくり、メンバーを笑わせました。 仕事終わりだったのか、疲れて眠たそうな常田さんが「和輝、名言言って締めてよ」と、ベース・新井和輝さんに注文。 新井さんはさらっと「愛ですね」「全ては"愛"です」とコメントし、メンバー全員が「全ては愛」と納得した様子。 それを聞いた常田さんは「決まった」と嬉しそうに呟き、突然ザ・ビートルズの『All You Need Is Love』を歌い始めます。 すると、すぐに他のメンバーも参加し、『All You Need Is Love』の大合唱に。 その様子を見た視聴者からは、4人だけが醸し出せる特別な雰囲気に「車の中で4人でビートルズ歌う所がすごくグッときた。 愛」「車の中のビートルズ痺れた」などの声が上がっていました。 ネット上では、放送を見たファンから「やっぱり愛だよ。 素敵な人たちには愛がある」「こんなのを見せてくれる情熱大陸さんにもKing Gnuにも感謝が止まらない」「本当応援してきて良かったなって思うようなシーンばかりで。。 これからも最後の最後まで応援し続ける」などの声が上がりました。 また、あまりの内容の濃さに「人生でこんなに短く感じた30分初めて」「ノー編集で大丈夫です。 DVD化希望です」など"もっと見たい"との声も多数上がっており、彼らの大人気ぶりを再確認できたと感じた人も多かったのではないでしょうか。 これからもKing Gnuの活躍に期待したいですね。

次の

WSD

情熱 大陸

メンバーは友達であり、仲間であり、家族であり、ビジネスパートナー。 カメラを向けた時のふざけあう4人の姿は…。 — 情熱大陸 jounetsu 『このところ、最もチケットを取りにくいバンドの筆頭と言っていい』と紹介されたKing Gnu。 この日の放送では、"最強の4人を追った7か月"と題した密着映像が公開されました。 「情熱大陸」に出演するという情報が解禁されてから、ボーカル&キーボードの井口理さんはラジオ番組「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0 ゼロ 」で、「デビューして1年ちょっとなんですよ?僕ら」と謙遜したり、「何を密着することがあろうか…深掘りしてもさ、深みがないのよ。 面白くないよ?浅い浅い」と語っていました。 また、ずっと密着している情熱大陸の番組スタッフには、「マジの密着なんですよ。 『情熱』の連中は、密着への面構えが違う」とコメントし、このラジオ番組に関しても「できたら使わないで欲しいシーンがたくさんなんですよ」と恥ずかしそうに語っていました。 まじで大丈夫かな情熱大陸。 食ってるところしか撮られてない気がするんだけど…。 King Gnuの紹介が終わり、メンバー4人が居酒屋に入店するシーンに。 そこで、ギター&ボーカル・常田大希さんが、バンド名にある「Gnu」について「ヌーが個人的に好きっていうのもありつつ、動物の特性っていうんですか?群れをなして、春から走り始めて、徐々に群れが増えていくっていうのが、すごいロックバンド的だなって思って付けました」と由来を明かしました。 また、常田さんは「 最近 変わり出している点で言えば…」と切り出し、「理がね、今までサングラスとかしてなかったんだけど、5万円のサングラスをスッと買ってきて、ライブ会場入りしてきた」「あれはちょっと衝撃でしたね」と暴露し、周囲は爆笑。 それを聞いたドラムス・勢喜遊さんは「そういう時、眩しいと思うし。 いいサングラス欲しくなる気持ちは分かるよね」と相槌をいれ、更に笑いを誘いました。 いじられてしまった井口さんですが、「お互い、隣の芝じゃないけど、リスペクトし合ってますね。 結局の所は」と嬉しそうにコメント。 「大好きだと思います」と締めくくり、メンバーを笑わせました。 仕事終わりだったのか、疲れて眠たそうな常田さんが「和輝、名言言って締めてよ」と、ベース・新井和輝さんに注文。 新井さんはさらっと「愛ですね」「全ては"愛"です」とコメントし、メンバー全員が「全ては愛」と納得した様子。 それを聞いた常田さんは「決まった」と嬉しそうに呟き、突然ザ・ビートルズの『All You Need Is Love』を歌い始めます。 すると、すぐに他のメンバーも参加し、『All You Need Is Love』の大合唱に。 その様子を見た視聴者からは、4人だけが醸し出せる特別な雰囲気に「車の中で4人でビートルズ歌う所がすごくグッときた。 愛」「車の中のビートルズ痺れた」などの声が上がっていました。 ネット上では、放送を見たファンから「やっぱり愛だよ。 素敵な人たちには愛がある」「こんなのを見せてくれる情熱大陸さんにもKing Gnuにも感謝が止まらない」「本当応援してきて良かったなって思うようなシーンばかりで。。 これからも最後の最後まで応援し続ける」などの声が上がりました。 また、あまりの内容の濃さに「人生でこんなに短く感じた30分初めて」「ノー編集で大丈夫です。 DVD化希望です」など"もっと見たい"との声も多数上がっており、彼らの大人気ぶりを再確認できたと感じた人も多かったのではないでしょうか。 これからもKing Gnuの活躍に期待したいですね。

次の

情熱大陸の医療従事者・坂本先生・コロナが話題

情熱 大陸

株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:渡邉拓、以下BitStar)は、YouTube番組制作に特化したコンテンツスタジオ「BitStar Studio(ビットスタースタジオ)」が制作協力する、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット)の公式YouTubeチャンネル「情熱大陸 LITE」が、2020年5月10日(日)18:00より配信スタートすることをお知らせいたします。 過去に番組に登場した1,000人以上の中から番組が再びスポットライトを当て、「情熱大陸 LITE」でしか見ることのできないとっておきの技や驚きのメソッドなどを大公開!情熱大陸ならではの豪華なラインナップにご期待ください。 また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの方が外出自粛を強いられる状況を鑑み、「情熱大陸 LITE」内での特別企画「情熱大陸_STAY HOME 〜こんな時こそ、前を〜」もスタートいたします。 番組に出演した大勢の方たちから皆さまへの前向きなメッセージと、自宅での過ごし方などを紹介した映像を随時配信してまいります。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、外出自粛中の皆さまにとって、明日を生きるための活力となるような楽しみの一つになれば幸いです。 」 ・齋藤絵理(カレー料理人)「おうちで絶品カレー」 ・ときど(プロ格闘ゲーマー)「世界一が、ゲーム実況。 大手メディア・企業と協業し、バラエティ、スポーツ、美容&フィットネスなど、幅広いジャンルの番組を制作。 これまでにYouTube上で2. 5億回を超える累計再生数を記録しています。 分析データもBitStarのプラットフォームからの自動出力が可能となっており、企業チャンネルの成長にフルコミットできる体制が整っています。 」 BitStarは、人が持つ輝きをコンテンツのパワーで加速させるテックカンパニーです。 tokyo 電話番号:03-4520-5777.

次の