シクレソニド 商品 名。 ぜんそく治療剤「オルベスコ」、メーカーは冷静な対応呼びかけ 品薄懸念も「(患者への)安定供給続ける」: J

新型コロナ肺炎に朗報、専門医も期待を寄せる「オルベスコ」の効果:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

シクレソニド 商品 名

薬学部 薬理学研究室 田嶋 公人 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が続く中、世界で治療薬の開発が急ピッチで進んでいます(表1)。 しかし、新薬開発は10年以上の歳月がかかるため、ドラッグ・リポジショニング(別の病気の治療薬を他の治療に転用する)の手法でCOVID-19に対する治療効果を確かめる試みが医療機関を中心に行われています。 1.気管支喘息の治療薬 気管支喘息は気管支アレルギー疾患の代表であり抗アレルギー薬が用いられます。 また、気管支の狭窄がみられた場合には気管支を広げる薬物も用いられます。 近年では、気管支喘息を気道の慢性炎症と位置づけて、全身性の副作用がほとんど現れない 吸入型の副腎皮質ステロイド薬(吸入ステロイド薬)の使用が最も重視されています 1。 そのため、炎症性メディエーターの遊離抑制薬クロモグリク酸ナトリウムやロイコトリエン受容体拮抗薬プランルカストなども喘息治療に用いられます。 2. 気管支喘息に対する吸入ステロイド薬シクレソニドの作用 シクレソニドは、それまでに用いられていた喘息治療薬であるベクロメタゾンプロピオン酸エステル(商品名:キュバール)、フルチカゾンプロピオン酸エステル(商品名:フルタイド)、ブデソニド(商品名:パルミコート)に次ぐ、我が国4番目の吸入ステロイド薬として2007年に登場しました(図1)。 これらの吸入ステロイド薬は、細胞内に局在するグルココルチコイド受容体に結合した後、核内へ移行し、DNAに結合して炎症反応に関わる各種因子の発現を抑制することで、気管支の炎症を強力に抑える作用を持っています 2。 さらに、シクレソニドは他の吸入ステロイド薬とは異なり、プロドラッグ(生体で代謝作用を受けて変化後に効果を発揮する薬剤)として、吸入投与後に肺および気道で活性代謝物に変換される「局所活性化型薬剤」です。 さらに、この薬剤は他の吸入ステロイド薬と比べて微細粒子の割合が高く、肺内到達率が高いことも特徴としてあげられます 3。 3.新型コロナウイルス感染症 COVID-19 に対するシクレソニドの治療効果 COVID-19に対する治療効果として、我が国では2020年2月ダイヤモンド・プリンセス号の患者を受け入れた神奈川県立足柄上病院において、新型コロナウイルス SARS-CoV-2 による肺炎の早期~中期患者3人に、肺の炎症抑制効果に加えて、SARSやMERSの原因ウイルスの増殖を直接抑える活性が知られていたシクレソニドを吸入投与し良好な結果が得られたことが報告されています 4。 その後も日本感染症学会ホームページではシクレソニド吸入によりSARS-CoV-2肺炎が改善した症例が報告されています。 SARS-CoV-2による肺炎について、現在までに明らかになっている特徴の1つとして、感染した患者さんの体内、特に肺胞上皮細胞内でSARS-CoV-2が増殖し、肺傷害を引き起こしながら、免疫細胞である肺胞マクロファージが高度に活性化されることで、肺胞局所で過剰な炎症 hyper-inflammation が生じていると考えられています 5,6,7(図2)。 一般のステロイド類では全身の免疫が低下する可能性があるためにウイルス感染に不利な状況が生まれますが、シクレソニドは吸入ステロイド薬であり、さらに到達部位で活性体に変換されて作用する薬であるため、肺の局所でより効果的に過剰な炎症を抑制することが期待できます。 加えてシクレソニドは、ウイルスの増殖を抑える作用を合わせ持つことから、肺炎の重傷化を直接的に抑制することも期待できます 8。 しかし、これらの論文報告だけでは、まだ十分に検証されているとは言えません。 例えば、多くのステロイド薬の中で、なぜシクレソニドに抗ウイルス作用が認められるのか、現時点では、SARS-CoV-2コロナウイルスの非構造タンパク質のひとつが特異的なターゲットであることを示唆するデータがありますが、詳細な阻害機構については、まだ、わかっていません。 また、引用した論文データで示されている抗ウイルス作用は、感染培養細胞で得られた試験管内での研究成果(in vitro)であるため、ヒト体内でも同じような抗ウイルス作用が発現しているかどうかは、今後、動物実験 in vivo で検証されることが待たれます。 4.おわりに 今回紹介した吸入ステロイド薬シクレソニドは、既に気管支喘息治療薬として用いられているため安全性などのデータが蓄積しており、幼児に対しても高用量で使用できる可能性があることや、COVID-19治療薬として開発する際に必要なデータとして利用できるメリットがあります。 しかし、COVID-19のどのような症状に対してより効果が高いのか、どのタイミングでどの用量を使用するのが良いのか等の基礎的な研究の継続が必要で、現在、日本感染症学会などが中心となって取組んでいる症例解析の例数を増やし、誰もがそれらの情報にアクセス可能にすることで、COVID-19による肺炎重傷化を防ぐ治療効果の高い医薬品としての開発が進み、世界的に使用される薬剤に育っていくことを期待しています。 【調べてみましょう】 Q1. 副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンは、糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドの2種類あります。 それぞれの産生部位と生理作用を調べてみましょう。 気管支喘息治療薬として用いられる「副腎皮質ステロイド」とは、上記2種類のステロイドホルモンのうちどちらの作用を強く引き出したものでしょうか。 肺胞は私たちの体のどこに存在しますか。 そして、普段私たちの体ではどのような役割を果たしていますか? Q4. In vivo とin vitroとは何でしょうか。 調べてみましょう。 【引用文献】 1 玉置 淳, ガイドラインのワンポイント解説 喘息予防・管理ガイドライン 成人喘息 2018, アレルギー67 9 1263-1268, 2018 2 成田 年 監修, 疾患薬理学 ネオメディカル2017, p 233-237 3 新実 彰男 吸入ステロイド薬の使い分け アレルギー65 6 757-763, 2016 4 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立足柄上病院, COVID-19肺炎初期~中期にシクレソニド吸入を使用し改善した3例, 2020. kansensho. php? Pharmacologic Treatments for Coronavirus Disease 2019 COVID-19 : A Review. JAMA. 2020 Apr 13. doi: 10. 2020. 6019. 6 Puja Mehta, Daniel F McAuley, Michael Brown et al. The Lancet 2020, Mar 16. Autoimmun Rev. 2020, Apr 3. The Role of Cytokines including Interleukin-6 in COVID-19 induced Pneumonia and Macrophage Activation Syndrome-Like Disease. doi: 10. autrev. 2020. 102537. 8 Matsuyama S, Kawase M, Nao N et al. The inhaled corticosteroid ciclesonide blocks coronavirus RNA replication by targeting viral NSP15. bioRxiv preprint. 2020; doi: 10. 987016.

次の

喘息の治療薬で、「シムビコート」と「シクレソニド」という薬がありますが...

シクレソニド 商品 名

新型コロナの治療薬 流行し始めている新型コロナ。 その問題点は、新型だけあって、ウイルス自体の有効な治療法が確立していないことです。 日本でもカレトラが使用され始めていますが、有効性に関してはまだ確立していません。 そのような中、3月3日に一斉に報じられたのが気管支喘息の吸入薬であるステロイドのシクレソニド(商品名オルベスコ)による治療が奏効したとのニュースでした。 医師が解説します。 シクレソニドが奏効したとされる3例 日本感染症学会のHPに足柄上病院の症例報告が掲載されています。 8例のクルーズ船からの患者を同病院は受け入れたとのことです。 うち2例は検査のみの陽性者で症状がなく、退院したとのことです。 残りの6例のうち、最初の3例は重症化に伴い転院し、うち2例は人工呼吸器装着となっているようです。 その間、国立感染症研究所のコロナウイルス研究室から、シクレソニドが抗ウイルス効果を示す可能性について情報提供があり、残りの3例に対して使用したとのことです。 すると、すでにカレトラが使用されているにもかかわらず効果が不明確でかつ副作用(下痢など)があって継続不可能だった肺炎の患者さんに効果が認められたとのことです。 また残り2例も症状の改善を認めるなどの奏効を示したとのことでした。 現段階では確たることは言えないと報告でも併記されていますが、この効果をうけて、研究が予定されているとのことです。 ステロイド使用の意味とは? 先述したように、シクレソニドはステロイドの吸入薬です。 ステロイドは炎症を抑える効果が強力です。 しかし、内服や注射でステロイドを、新型コロナの患者に使用することは、有名医学雑誌のLancetでも否定的な見解が出ていました。 ただし、日本のARDS(急性呼吸窮迫症候群。 新型コロナの重症例でも起こる)のガイドラインでは、場合によっては検討される由が記されています。 重症の感染症では、ウイルス対免疫細胞によって起こる強い全身の炎症が、非常に状態を悪くすることが知られています。 ステロイド投与のメリットとしては強力な抗炎症効果から、肺のACE2受容体から侵入したコロナウイルスがもたらす炎症を緩和できる可能性があるのです。 とのことです。 それを受けて、足柄上病院はこの治療を行ったということのようです。 すなわち、シクレソニドの抗ウイルス効果を期待しての投与だったということですね。 そして他のステロイドでは現状、それはまだ確かめられていないということなのです。 本当にシクレソニドに抗ウイルス効果があるのか気になるところです。 調べると、MERSの臨床分離株を用いて、薬をしらみつぶしに探して、シクレソニドにも抗ウイルス効果があることを示した海外のプレプリント(論文下書き)は見つけました。 (上記プレプリントから引用) これを見ると、抗HIV薬であるネルフィナビル(カレトラと同系統の薬剤)と近い程度の50%阻害濃度(低いほうが強力)をシクレソニドは有しているようです。 先ほどの足柄上病院からの症例報告でも、国立感染症研究所からもたらされた情報として、シクレソニドとカレトラは同程度のウイルス増殖抑止作用があるとの記載がありました。 ただポイントはここからですが、吸入薬のメリットがあります。 それは感染局所に、高濃度の薬剤を届けうる点です。 数十倍の濃度の可能性があると、症例報告には書かれています。 ウイルス増殖を抑止する実験室での濃度が同じであっても、肺胞に届く濃度では差が出る可能性があり、したがってより効果を発揮しうる可能性があるということなのですね。 ただ新型コロナは肺の奥深くに位置するため、症例報告に実際量が記載されているごとく、多めの量を深く吸い込む必要があるようです。 そのため、吸い込む力が弱っている高齢者や呼吸器の病気がある方への使用は課題があるとのこと。 一方で、人工呼吸器が装着されているような重症の方だと、スペーサーという器具を用いて肺へ送り込むことができると記されています。 冷静さが必要 このニュースを受けて、早くも処方の増加の兆しもあるようです。 ただし、ここは落ち着く必要があります。 というのは、抗ウイルス効果があるということは、乱用でその抗ウイルス効果に耐性が生じうるということでもあるからです。 耐性が形成されてしまえば、投与で命を救えるかもしれない人が救えなくなってしまう可能性があるのです。 そのため、気管支喘息で使用している人が喘息に対して使用するならばともかく、風邪症状がある人が「これはきっと新型コロナだ。 重症化したくない」などとシクレソニドを使用することは、大変な結末を皆にもたらしうることがないとは言えません。 どうしても新型コロナに関しては治療法の報道が少ないので、期待する気持ちはわかります。 しかしこのシクレソニドにおいてもまだ3例の結果であり、これから研究が組まれて、真の効果が明らかになってくると考えます。 それを冷静に待ちつつ、引き続き衛生の保持や、心身をできるだけ消耗しないようにセルフケアを行ってゆくのが大切と考えます。 1%次亜塩素酸ナトリウム なお、2020年現在、消毒用のエタノールは品薄状態が続いており、無水エタノール4と精製水1の割合で作成することが一つの解決策です。 2020年4月12日• 2020年1月19日• 2019年12月28日• 2019年8月16日• 2019年7月30日• 64,668ビュー• 61,931ビュー• 61,363ビュー• 36,192ビュー• 9,423ビュー• 8,963ビュー• 7,638ビュー• 6,085ビュー• 5,211ビュー• 5,200ビュー カテゴリー•

次の

新型コロナウィルス治療薬の違いとは?【アビガン・レムデシビル・シクレソニド・カレトラ・ナファモスタット】

シクレソニド 商品 名

世界の各国で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19 対策の薬品が研究されていて、 効果があるのでは?と考えられる、 いくつかの名前が挙がっていますね。 それらの中から、 期待できそうな薬品をいくつか紹介します。 これらの中から新型コロナウイルス感染症の 特効薬となるものが出てくれば良いんですけどね・・・ シクソレニド 「 シクレソニド(商品名: オルベスコ)」とは、 帝人ファーマーの吸入ステロイド喘息治療薬で、 気道の炎症を抑える吸入薬として喘息の治療に 用いられます。 そして、 「シクソレニド」は、成人用としては日本で初めて 「1日1回投与」が認められた吸入ステロイド薬でも あるのです。 また、既存の吸入ステロイド薬で認められる 口腔咽頭部内の副作用(から声、口腔内カンジダ)の 発現が少ない事が確認されています。 神奈川県立足柄上病院などの 治療チームの報告によりますと、 クルーズ船の乗客で感染が確認された3人に 「シクレソニド」を使って症状が 改善したという事です。 このうち、73歳の女性患者に使用したところ、 2日程度で症状が改善し、 ウイルス検査が陰性となって先月28日に女性は 退院したそうです。 レムデシビル 「 レムデシビル(商品名: ベクルリー)」は アメリカのGilead Sciences社が開発した、 エボラ出血熱及びマールブルグウイルス感染症の 治療薬です。 他にも、ラッサ熱ウイルスや コロナウイルス(MERSやSARSウイルスを含む)にも 効果があります。 100例以上の新型コロナウイルス感染症の患者に 「レムデシビル」を投与したアメリカの病院で、 ほとんどの患者が重度だったにもかかわらず、 大部分で症状が改善しています。 さらに1週間後には退院できたという報道も ありました。 また、アメリカ国立衛生研究所やGilead Sciences社の 研究グループは、4月15日、 新型コロナウイルスに感染させたアカゲザルに 「レムデシビル」を投与したところ、 肺ウイルス量が減少したという結果を報告しています。 アビガン 「 アビガン(商品名: ファビピラビル)」は 富士フイルム傘下の「富士フイルム富山化学」が 開発したインフルエンザの治療薬です。 社名が「富山化学」となっていますが、 会社の拠点は関東を中心としています。 (富山にも工場はあるようですが・・・) 薬と言えば富山のイメージがありますからね・・・ この「アビガン」は ウイルスが体内で増殖するのを抑えることで、 症状を緩和することができるそうです。 日本では、既存の他の薬品が効かなかった場合、 もしくは十分な効果が得られないインフルエンザが 発生し、国が使用を決めた場合に 投与されることになっていました。 つまり、この「アビガン」は日本国内においては、 普通は使用できない薬品だったのです。 普段は使用できないということは、 当然この 「アビガン」にはリスクがあり、 妊娠中に使用すると胎児に影響が出る可能性が あるのです。 ですので、妊娠中の使用や使用後の授乳を避けるほか、 一定期間は避妊も必要となります。 「アビガン」に関しては中国の病院で 80人の患者を対象に行われた試験では、 症状が改善した患者の割合を胸部X-線で撮影して 計測しました。 その結果、「アビガン」を投与しなかった人たちは 62.22%が改善したのに対し、 投与したグループは91.43%の改善が 見られたのです。 イベルメクチン 「 イベルメクチン(商品名: ストロメクトール)」は ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智教授が開発した 経口型の家畜用の駆虫薬です。 アメリカの検査結果では、 人工呼吸器を使用する必要のあった患者のうち、 「イベルメクチン」を使用しなかった患者の死亡率は 21.3%でしたが、 使用した患者の死亡率は7.3%と 約3分の1にとどまっています。 さらに、患者全体での「イベルメクチン」を 使用した場合の死亡率は1.4%で、 使用しなかった場合の死亡率の8.5%と比較して 約6分の1に抑えられたそうです。 アクテムラ 「 アクテムラ(商品名: トシリズマブ)」は 中外製薬が創製した国産初の抗体医薬品で、 関節リュウマチ、キャッスルマン病などの治療薬として 承認されています。 海外では、重症COVID-19肺炎患者約330例を 対象に臨床試験が行われています。 まとめ 世界中でCOVID-19を研究していますが まだ、特効薬となるものができていません。 様々な薬品が治療に使われていて、 それなりの成果が出てはいるのですが、 絶対というものが見つかっていないのが現状です。 ですので、 早く特効薬が見つかる事を期待したいと思います。

次の