マイクラpe レンタルサーバー。 【マイクラ統合版】スマホから遊べるマルチサーバーを自動構築!ConoHa VPSのマイクラサーバーが統合版に対応【PE/スイッチ】

Minecraftマルチサーバー運用する時のレンタルサーバー比較してみた

マイクラpe レンタルサーバー

マルチプレイでお友達と遊んでみたんですが、別のゲームかと思うほどめちゃくちゃ楽しかったです! マルチプレイで遊ぶにはサーバーが必要 まずマイクラをマルチプレイで遊ぶにはサーバーが必要になります。 サーバーとは、簡単に言うと皆で遊ぶスペースです。 例えば、あなたがサーバーを用意する場合は、友達があなたの家に遊びに来るようなイメージです。 自前でサーバーを建てる• お金がかかりません• 自分のPCをサーバーにするので、PCが起動していない時はお友達が遊びに来れなくなります。 全て自分で設定しなければなりません。 自分でサーバーを建てればお金がかかりませんが、PCを立ち上げている時しか外部のお友達は遊びに来れません。 (PCが起動していない時はサーバーが閉まっていることになります)またサーバーの設定はかなり複雑で、PCに詳しい人でないと難しいと思います。 私も設定が難しそうという理由で長年避けていました。 かなりPCに詳しい人でないと難しいと思います レンタルサーバーを使う• 外部のサーバーをレンタルします。 24時間遊べるようになります。 レンタル料金がかかります。 サーバー設定の必要があります。 自分のPCが起動してる時しか遊べないのはかなり不便ですよね。 そこで役立つのがレンタルサーバーです。 24時間起動しているサーバーを借りることで、お友達がいつでもアクセスできるようになります。 自分のPCにサーバーを建てるのを「自宅に友達を呼んで遊ぶ」とすると、レンタルサーバーは「アパートの一室を借り切っていつでも遊べるようにする」に近いイメージです。 レンタルサーバーはピンからキリまであるので慣れていない方は選ぶのが難しいと思います。 また、お金を払うわけですから怪しいサイトは選びたくありません。 この辺の敷居が非常に高いので私も長年避けていました。 レンタルサーバーってピンからキリまであってどこを選べば良いのかさっぱりなんですよね… 公式サーバーrealmsがオススメ! (別サイトに飛びます) realmsはマインクラフト製作会社MOJANGが運営している公式のマルチサーバーです。 公式が運営しているわけですから「安全」そして「動作が安定」しているのが大きな特徴です。 また、面倒なサーバー設定もありません。 サービス申し込みをして友達を招待するだけですぐに遊べます。 不慣れな私には非常に魅力的だったのでrealmsを選びました。 realmsのメリット• 最初の1か月はプレイ無料!• 公式サーバーなので安全安心!• 動作も安定しています。 面倒なサーバー設定がありません。 すぐに遊べます。 常時オンラインなので、お友達はいつでも入れます。 オーナー以外は無料で遊べます。 20人まで招待可能、10人まで同時に遊べます。 やはり何といっても公式サーバーの安心感があります。 お金を払うわけですから、怪しいサイトは使いたくないですよね。 サーバー環境も安定しているので安心して遊ぶことができます。 さらにサーバー設定の必要もありません。 PCに不慣れな自分としてはこの辺が非常にありがたいです。 realmsのデメリット• 月額料金がかかる(オーナーのみ)• modが使えない• 個人運営のサーバーと比べると自由度が低い 一番気になるのはお金ですよね。 サーバー料金は(ドル価格の変動を受けているためか)時期によって微妙に違いますが、おおよそ1か月1000円ぐらいです。 面倒なサーバー設定するぐらいなら1000円ぐらい安いかな、という感覚で私は契約していました。 最初の1か月は無料で遊べるので、試しにプレイしてみるのも良いかもしれません。 また、公式サーバーなのでmodは一切使えません。 さらにゲームのverも最新の物になります(旧verでは遊べません)。 私はmodほとんど入れないタイプなのであまり気になりませんでしたが、mod好きの方は注意しましょう。 realmsの料金 realmsの料金は4パターンあります(2019年1月現在のJava Editionでの価格です。 価格は変動することがあるのでご自身でご確認ください。 自動更新:1か月あたり904円• 30日分一括払い:1か月あたり1,130円• 90日分一括払い:1か月あたり1,016円• 180日分一括払い:1か月あたり903円 自動更新が一番価格が安くなっていますが、クレジットカード支払いしかできない上に毎月自動で引き落としになります。 契約解除したい場合は手動で解約しなければなりません。 一括払いは割高に設定されていますが、自動で引き落としされません。 1か月の無料プレイ期間があるので、そこでお試しで遊んでみて何か月契約するか考えると良いでしょう。 realmsの支払い方法 realmsの支払い方法はクレジットカードもしくはpaypalのみとなっています(2019年1月現在)。 クレジットカードはvisa、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCBが利用可能です。 クレジットカードを使いたくない人にはPayPalが利用可能です。 個人的にはコンビニ支払いやウェブマネー支払いができるとありがたいんですが、海外企業なので仕方ないといえば仕方ないかもですね。 それに公式サービスなので金銭トラブルも無いと考えると安心です。 realms実際に遊んでみました 実際にrealms遊んでみたのでその様子をご紹介します。 無料プレイ1か月+1か月契約で2か月分遊んでみました。 realmsをはじめる メインメニューからrealmsを選択してゲームを始めます。 無料トライアル期間があるので入金してなくても最初の1か月は始められます。 realmsのサーバー設定を行います。 サーバー名とサーバーの説明(概要)を入力します。 何でも好きな名前を入力してください。 その後、新規ワールド設定がありますので、サバイバルモードやワールドの広さなど設定を行ってください(ソロプレイ時と同じです)。 設定が終わるとこのような画面になります。 ワールド1に先ほど作ったワールドが生成されています。 ここを選ぶとゲームが始められます。 ワールドは最大3つまで作ることができます。 お友達を招待するには上メニューの「プレイヤー」を選んでください。 契約日数を確認、追加する時には上メニューの「申請」を選んでください。 友達を招待する 準備ができたらあとは友達を招待するだけです。 realmsでは招待された友達しかワールドに入れません(知らない人が入ってくることはありません)。 先ほどの項目の「お友達を招待」と書かれていた所を選択してください。 プレイヤーの招待画面はこのようになります。 「プレイヤーを招待」を選択し、友達のIDを入力して招待してください。 招待済みの友達は画面左のように反映されます。 最大20人まで招待可能で、同時に10人まで遊ぶことができます。 隣の三角形のボタンを押すと権限の設定ができます。 実際に遊んでみました 実際に遊んでみて感じたのは、設定がとにかく簡単!難しい設定は全然無いです(しいて言うなら料金支払い画面が面倒だったぐらい)。 お友達を招待するだけですぐに遊ぶことができました。 また、24時間稼働しているサーバーなので好きな時間に入ってちょこちょこ遊べるのがありがたかったです。 自分が寝ている間でも、別のお友達が自由にログインして遊べます。 次の日入ると見たこと無い建物が立ってたりしてとても新鮮でした。 知らない内に木材や石炭や鉄が補充されたりしていてビックリ!マルチプレイってこんなに楽しかったのか!と驚きの連続でした。 お友達のおかげで立派な村ができました! まとめ• マルチプレイをするにはサーバーを建てる必要があります。 自分のPCに建てる方法と、レンタルしたサーバーに建てる方法があります。 自分のPCに建てると、PCが起動していない間は他プレイヤーが遊べなくなります。 レンタルサーバーはマイクラ公式のrealmsがオススメです!• 公式サーバーなので安全&安心• 難しい設定が無いのですぐ遊べます。 24時間自由に出入りして遊べます。 最初の1か月はプレイ料金無料!• その後は1か月およそ1,000円ほどです。 今回はマインクラフトのマルチプレイのやり方についてご紹介しました。 サーバーは自分で建てる方法と、レンタルサーバーを使う方法の2種類があるのですが、みんな自由に出入りして遊べるレンタルサーバーがオススメです。 中でもマイクラ公式レンタルサーバーのrealmsがオススメです。 公式が運営しているので安全&安心ですし、複雑な設定も不要ですぐに遊ぶことができます。

次の

マインクラフトpeマルチサーバー作り方(立て方)は?

マイクラpe レンタルサーバー

皆さんこんちは。 BLUESKYです。 さて、今回はなかなか面倒で心折れる人が多い、 minecraftPEマルチサーバーの建て方 について、ソフトのダウンロードからポート解放まで超丁寧に解説していきたいと思います! [用意するもの] ・wifiでネットにつながっているwindowsPC(筆者はwindows7) ・PCと同じwifiに繋がったスマートフォン、タブレット端末(筆者はandroid端末) これだけです! では、さっそく始めていきましょう。 インターネットの名称の確認 a. windowsPCを起動させて、左下のwindowsマークを押します。 そして、「コントロールパネル」をクリックします。 ウィンドウが出てきたら、「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。 すると、真ん中よりちょっと上のほうに「アクティブなネットワークの表示」というのがあるので、 e. 画像の、マウスのカーソルがあるところの名前をメモしておいてください。 それができたらこのウィンドウは閉じてOKです。 2.IPアドレスの確認 a. 左下のwindowsマークをクリックします。 下のほうに検索欄があると思うので、そこに 「コマンド プロンプト」と入力してください。 ( 誤字脱字があると検索できません) c. そして、、検索結果のところの一番上をクリックします。 こんなのが出てきたらOKです。 そしたら、「ipconfig」と打ち込みます。 するとたくさん検索結果が出てくると思うので、 先ほどメモしたネットワークを探して(おそらく「ワイヤレス ネットワーク接続」と表示されます)、 見つけたら、その下の 「IPv4アドレス」と、「サブネットマスク」と、「デフォルトゲートウェイ」の数字をメモします。 できたら、このウィンドウは閉じていいです。 3.IPアドレスの固定 a. 左下のwindowsマークをクリックします。 「コントロールパネル」をクリックします。 「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。 左側の、「アダプターの設定の変更」をクリックします。 先ほどメモしたネットワークの名前(おそらく緑のアンテナが立っています)のところを右クリック して、「プロパティ」をクリックします。 「次のIPアドレスを使う」をクリックして、先ほどメモした3種類の数字を打ち込みます。 下の「次のDNSサーバーのアドレスを使う」は、 デフォルトゲートウェイと同じ数字を打ち込みます。 できたら、「OK」をクリックします。 4.ポート解放ソフトの導入 a. google chromeなどのwebブラウザを起動します b. 検索バーに、「upnpcj」と打ち込みます。 一番上に出てきたものをクリックします。 ダウンロードの「 zip」をクリックします。 ダウンロードできたら、デスクトップ画面で右クリックをして、「新規作成」の「フォルダ」をクリックします。 名前は、「ポート解放」とかがいいです。 デスクトップの、図のマーク のフォルダの「ダウンロード」のなかに先ほどダウンロードしたファイルがありますので、探して、右クリックから「すべて展開」をクリックします。 ウィンドウが出てきますので、「参照」をクリックして、「デスクトップ」の中の、先ほど作成したフォルダをクリックします。 できたら、「展開」をクリックして、展開をします。 展開が完了したら、デスクトップの、先ほど作成したフォルダをクリックします。 中に、「UPnPCJ」というフォルダがありますので、それをクリックします。 (途中の警告も「実行」でいいです。 ) i. 起動すると、「ポート解放テスト」というのが出ますが、「いいえ」でいいです。 「ポートを開放しました!」が出れば、ウィンドウを消してもOKです。 5.clearsky pocketmine-MP の導入 a. これをクリックします。 デスクトップで右クリックから「新規作成」でフォルダーをクリックします。 名前は「pocketmineMP」でいいでしょう。 できたら、4のfと同じ要領で先ほどダウンロードしたファイルを展開します。 展開先は「デスクトップ」の「pocketmineMP」です。 「pocketmineMP」フォルダを開いて、「update. dat」をクリックします。 なんやかんやなって最後はウィンドウが閉じますので、それまで待ちます。 できたら、「start.. cmd」をクリックします。 ここからはうちこむコマンドだけを書いております。 jpn 2. y 3. n 4. 好きなサーバー名 5. 19132 6. 1 7. 20 8. y 9. minecraft内での自分の名前 10. n 11. n 12. n 13. 自動で入力されます。 最後に「 "help" or "? "」と表示されたら、サーバーを開けております。 これは開きっぱなしにしておいてください! 6.ノートンの設定 基本的には5まででサーバーを開けますが、ノートンなどのセキュリティサービスを導入している場合はサーバーを開けない場合があります。 私もそこで苦労しましたので、念のためにnortonでのポート解放の説明をします。 windowsマークを押して、検索欄に「norton」と入力します。 一番上に出てくるプログラムを開きます ここからは図で説明しますね。 7.ワールドの作成 a. 皆様お持ちのスマホ、タブレットで PCと同じwifiにつなぎます。 minecraftPEを起動します。 「遊ぶ」をタップすると、ワールドたちの一番上に今までなかったワールドが出るはずです。 そのワールドが、あなたが建てたサーバーです。 そのワールドをタップします。 これで、あなたのワールドができました!! えー、大変長かったですが、皆様、マルチサーバー構築はできたでしょうか。 おそらく私の説明では分からないところがたくさんあったと思いますので、「ここはなんでこうなるの?」などと思うところがあれば下の質問欄に質問してください。 サーバー構築、おつかれさまでした!!.

次の

VPS初心者がマインクラフトPEのサーバを建てる話。

マイクラpe レンタルサーバー

詳しくは「」をご覧下さい! こんにちは、さくらインターネット技術本部の林と申します。 今回は、さくらのVPSで通称マイクラことマインクラフトのマルチサーバーを構築する方法についてご紹介します。 また、このページの手順でマインクラフトマルチサーバーを構築した際にもし問題が発生した場合、Mojang社は無関係であり、また当社は責任を負う事ができかねる点、予めご了承ください。 また、この記事ではマインクラフトPC版バージョン1. 11(2016年12月の記事作成時点における最新バージョン)をもとに記事を書いています。 マインクラフト等のバージョンアップにより、本記事の内容が使用できなくなる可能性があります。 あしからずご了承ください。 「マインクラフト」とは マインクラフトは、今、子供を中心に大人気のサンドボックスゲーム(広大な世界を自由に探索して楽しめるように設計されたゲーム)です。 もともとはパソコン用のゲームでしたが、家庭用ゲーム機でも遊べるようになってからさらに多くの人にプレイされるようになりました。 また、最近ではユーチューバー等がアップロードするプレイ動画も大人気で、息の長い人気を獲得しているゲームです。 私も、ヒカキンさんのマインクラフト実況動画のアップを毎日楽しみにしている一人です(笑) 「マルチサーバー」とは マインクラフトは、一人でプレイすることもできるのですが、複数人で一つのワールドにログインして、同時にプレイすることも可能です。 ローカルネットワーク内であれば他の人がプレイしているPCに直接ログインすることも可能ですが、遠隔地の人とインターネット越しに同時プレイする場合、マルチプレイ用のサーバーを別途構築することが必要となります。 このサーバーのことを本記事ではマルチサーバーと呼びます。 作業の流れ さくらのVPSにおけるマルチサーバーの構築は、以下のような手順になります。 1.さくらのVPSの申込みとサーバー起動 2.シリアルコンソールの起動 3.Javaのインストール 4.マルチサーバープログラムのダウンロード 5.EULA(使用許諾契約書)への同意 6.マルチサーバーの起動 それでは、次の章より順にご説明します。 さくらのVPSの申込みとサーバー起動 より「お申込み」をクリックし、さくらのVPSの申込みを行います。 プラン選択 今回は、2Gプランを選択します。 同時プレイ5人ぐらいまでであれば、このスペックでまかなうことができると思います。 より大人数でプレイする場合は、より上位のプランを選択した方が快適にプレイ可能です。 その他のオプション 今回は「石狩リージョン」「SSD」「1台」を選択します。 こちらについては、必要に応じて変更していただいても問題ないと思います。 サーバーの起動 申込みをしてしばらく待つと、仮登録完了のお知らせメールが届きます。 さくらのVPSは初期状態ではサーバーは起動していなため、メールに記載のID、初期パスワードを使用してにログインし、サーバーを起動する必要があります。 起動の状況は、VNCコンソール(HTML5版)等で確認することができます。 以下の画面で、システムの更新をするのに時間がかかるため、しばらく お試し期間の場合10分~20分程度、正式利用中の場合3分~5分程度 待ちます。 システムの更新後自動的に再起動し、以下の画面が表示されたら、サーバーの起動は完了です。 この後の作業はこちらを利用して行ってみます。 シリアルコンソールを起動すると、以下のような画面が表示されますので、黒い画面の部分をマウスでクリックし、その後「Enter」キーを押します。 すると以下のようなログイン要求メッセージが表示されますので、仮登録完了のお知らせメールに記載の管理用ユーザのユーザ名と初期パスワードでログインします。 この後の操作については、テキスト送信ボタンを押して、必要なコマンドを貼り付けて送信ボタンを押すことで、簡単に進めることができます。 Javaのインストール マルチサーバーを動かすためには Java の環境が必要となるため、下記コマンドで、Javaをインストールします。 yum install -y java-1. 0-openjdk 部分は入力不要。 以下同様です。 また、各コマンドは入力後Enterキーを押すことで実行されます 4. マルチサーバープログラムのダウンロード 以下のように wget コマンドを実行し、マルチサーバープログラムをダウンロードします。 amazonaws. jar なお、このサーバプログラムのアドレスは、マインクラフトのバージョンによって変わる為、最新の情報はで確認しましょう。 ここでは、 バージョン 1. 11 のサーバーをダウンロードしています。 ダウンロードが完了したら、 一旦java コマンドでマルチサーバーの起動を実行します。 jar nogui すると、以下のように、EULA(使用許諾契約書)への同意を求めるメッセージが表示され、サーバーは停止します。 Go to eula. txt for more info. EULA(使用許諾契約書)への同意 を確認し、よければ「false」を「true」に書き換えて同意します。 ここでは、 sed コマンドで書き換えを行います。 txt 6. マルチサーバーの起動 再度サーバーを起動すれば、マルチサーバーが起動します。 jar nogui あとは、手元のマインクラフトを起動して、サーバーアドレスに 仮 登録完了のお知らせメールに記載されているIPアドレスを入力して追加すれば、ログインすることができます。 いかがでしたか?簡単ですよね? ぜひ、さくらのVPSでマインクラフトのマルチプレイをお楽しみください! 参考情報 さくらの VPS にマインクラフトマルチサーバーを構築する際に参考になるページをいくつかご紹介します。 2がリリースされました。 これにより、下記のとおりマルチサーバープログラムのダウンロードと起動のコマンドが少し変わります。 amazonaws. jar nogui この部分は、バージョンアップするごとに変更になるようですので、今後も必要に応じ変更してください。 (参考) これについては、以下3つのようなコマンドを実行することにより、マインクラフトマルチサーバーへの接続に使用するポート(TCPの25565)への通信を許可する必要があります。 iptables -I INPUT 6 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 25565 -j ACCEPT service iptables save service iptables restart.

次の