お腹 だけ ぽっこり。 ぽっこりお腹8つの原因と対処法! 女性に多いのは○○型| 女子力バイブル

お腹だけ痩せないのは何故?意外なぽっこりお腹の原因|mb(モテコビューティー)

お腹 だけ ぽっこり

見出し• 気になってます!このお腹!なぜ脂肪がつきやすいの?原因は ダイエットをしている人やそうでない人にも言えることは、 いつのまにかお腹だけが痩せずにぽっこりとしてしまっていることかもしれません。 特に気づいた時には、お腹が出てしまっているなんてこともあります。 また女性の中では、太っているわけではないのに、お腹だけが出ていることも気になってしまい悩みの種になっていることもあるでしょう。 こうしたぽっこりお腹の悩みですが、前向きに考えると、お腹に脂肪がつきやすいのにはちゃんとした理由があるからでもあります。 それは、お腹には臓器が集中しているために、守る役割にもなっているということです。 ・・・・・・・・・といってもぽっこりお腹はどうにかしたいものですよね。 特に気になる部分だけ痩せたいと思う人も多く女性にとっては永遠に悩むところかもしれません。 脂肪細胞は、2種類があるってしってましたか? じつはお腹に脂肪がつきやすいのは、臓器が集中しているだけでもなく、別に理由もちゃんとあります。 それは、脂肪細胞は2種類存在していることです。 その脂肪細胞といういのは、一つが白色脂肪細胞とよばれるもの。 もう一つは、褐色脂肪細胞と呼ばれる脂肪細胞です。 脂肪細胞にはこの2つのい細胞が存在していて、それぞれの脂肪細胞には役割があります。 褐色脂肪細胞の役割は 褐色脂肪細胞の特徴は字のごとく、細胞自体が茶色い色をしているの特徴で、その働きには食事から摂ったエネルギーの内の 余分になったエネルギーを燃やす働きがあります。 また熱を作りだすことでカラダの体温を維持したりする働きもあります。 そしてよく耳にする太りやすい体質、痩せやすい体質に関係しているのが、この褐色脂肪細胞で、 褐色脂肪細胞の働きが活発な人ほど脂肪を燃焼できるということです。 こうした働きだけ見るとダイエットには不可欠な存在だと言えます。 しかし残念なことに褐色脂肪細胞というのは、カラダの成長期から成人になる頃には、褐色脂肪細胞は激減するということがわかっています。 よく年齢を重ねるにつれて痩せにくくなって行く原因にはここが関わっているのです。 また褐色脂肪細胞の働きは、遺伝子によっても差があることもわかっています。 ここも太りやすい痩せやすいに繋がる理由になってくるのです。 白色脂肪細胞の役割は 白色脂肪細胞の働きには、食事から摂ったカロリーが消費カロリーよりも多くなった時に、カラダに脂肪として貯蔵される仕組みがあります。 これがいわゆるカラダに脂肪がついていく原因になっているわけです。 中性脂肪としてカラダに蓄積されることで溜まっていくのですが、特に白色脂肪細胞が溜まりやすい場所というのもあります。 その蓄積される場所が、下腹部やお尻、太ももや背中、二の腕辺りや内臓周りといった場所です。 こういった脂肪がつきやすいのは、脂肪を貯め込みやすい場所でもあるということです。 そして、女性が痩せたいと思う場所や脂肪を取りたいと思う場所でもあるわけです。 おなかに脂肪がつきやすい原因? おなかに脂肪がつきやすいのは、こういった脂肪細胞の働きによって脂肪が蓄積されていくことが原因ですが、その中でも特にお腹に脂肪がつきやすいのは、特に脂肪がつきやすい場所でもあるからです。 これはいいかえると、カラダの動きの中で、 動くことが少ない場所から脂肪がついていくということになります。 よく手や脚、首というのは日常から動かしやすい部分でもあります。 こうした場所と比べても、お腹周りや背中、ウエスト周りは特に動くことが少ない場所です。 つまり筋肉を使うことも少なくなってくるために、筋肉自体も衰えやすく、脂肪がたまりやすい場所なのです。 また女性特有には、脂肪が内臓脂肪よりも皮下脂肪がつきやすいこともあり、特に皮下脂肪というのは落ちにくい性質を持っているためにたるみにもなりやすいのです。 ぽっこりお腹の原因は、脂肪だけでもない! 反り腰も原因になっている 痩せている人も含め、太っている人でも共通することに姿勢が関係しています。 特に腰を反らせて立っている女性の場合、お反りが後ろに突きでているような姿勢になるために、お腹が前に突き出すような形になります。 こうした反り腰の姿勢はぱっと見た印象はスタイルがよくキレイに見られがちですが、実は姿勢の悪い立ち方でもあります。 反り腰になることでカラダは重心の位置が変わり、後方へ重心がずれてしまいます。 これが腹筋を含め、カラダの前の部分にあたる筋肉の力を崩す原因にもなっています。 ヒールの靴をはくことが多い ヒールをはくことも、反り腰になりやすい原因をつくることになります。 ヒールをはいて歩く時に、どうしてもつま先に意識がいき、膝も曲がった状態で体重がつま先にかかってしまうため前傾姿勢になりやすくなります。 その結果、脚と下腹部の筋肉を普段歩くような使い方ができないために、下腹部にお肉がつきやすくなり、反り腰にもなりやすくなってしまいます。 骨盤が歪んでいる お腹がぽっこりする原因に骨盤の歪みが関係しています。 男性に比べて女性の方が骨盤が歪みやすい理由には、子宮や卵巣などの臓器が多い事も関係していて、筋力の低下に加えて骨盤で支え切れなくなると内臓が下に下がることでお腹がぽっこりと見えてしまいます。 また、骨盤は常に締まっているわけでもなく、朝に向かって閉まっていき、夜に向かって開いていくものです。 ただ、こうした骨盤の開閉は誰でもある正常なものです。 しかし、骨盤が歪んでいる人の場合には、この開閉がうまく行うことができずに、 開いたままの状態になってしまいます。 これも骨盤の歪みを招いている原因です。 姿勢が悪い!猫背も!! 姿勢を意識して治すことはもちろん大切なことです。 しかし、姿勢は自然と自身が楽になる姿勢を作ってしまっていることもあります。 その結果として楽な姿勢が、人からみて姿勢の悪さにつながっていることもあります。 よく姿勢の悪さに猫背を指摘する人がいますが、猫背になることで背中が前のめりな状態になり、結果的にお腹にはシワが出来ている状態になっています。 この猫背によって、背中が丸まっている事に加えて肩が前に出て、肩甲骨が開いた状態になってしまいます。 こうした姿勢も骨盤を歪ませる原因にもなりますし、さらに内臓を支えている骨盤が開く事と前傾姿勢によってお腹の筋肉も緩んでいる状態になります。 この姿勢が続くことで当然、内臓を支えている筋肉も低下し、お腹を支えることが十分にできなくなります。 これもぽっこりお腹になる原因です。 運動しない!習慣がない! お腹に脂肪がついてしまう原因に摂取カロリーと消費カロリーのバランスがありますが、このバランスが摂取カロリーの方に多くバランスがいってしまうと当然、太る原因として脂肪の蓄積にもつながります。 こうした時に、少しでもカロリーを消費することができればいいわけですが、それが出来ていないことも大きな原因です。 中でもこうしたカロリーのバランスを考えた時に必要になってくるのは当然、運動を日頃から習慣として取り入れているのかどうかにもよります。 特に普段から仕事上、カラダを動かす機会が少ないなどになると、ほとんど取り過ぎたカロリー分のエネルギーを消費することもできなくなります。 そのため運動をしない人や習慣がない人は、運動をする機会を作ることも大切ですが、運動が難しい場合には 摂取カロリーを抑えるようにすることも大切です。 筋力が低下している 筋肉が低下することは、脂肪がつきやすくなることに直結します。 その現れとして、ぽっこりお腹がいい例かもしれません。 姿勢の悪さから筋力の低下を招くことも加えて、筋力低下が起こると内臓も垂れ下がった状態になり、見た目にも大きく影響します。 また、脂肪がつきやすくなるのには、筋力低下によるだけでもありません。 私たちの普段の生活の中で重要なことは基礎代謝が高い状態にあるかも関わっています。 基礎代謝は、加齢によって低下していきますが、この低下が始まるのは、20代後半からすでに始まっています。 基礎代謝の上げ方についてはこちらの記事を参考にしてください。 そして筋力低下の原因の一つ、腸腰筋の衰えも関わっています。 腸腰筋の働きには、上半身と下半身を繋ぐ筋肉だけでなく、骨盤を前傾に保つ働きもあるため非常に重要な筋肉なのです。 ストレスを感じている ストレスを受けたり、感じたりすることでも、お腹はぽっこりとします。 まず一つがストレスを感じることで呼吸そのものが浅くなり、血液の流れが悪くなることで、お腹周りの血流も悪くなり脂肪を貯め込みやすくなります。 特に、お腹という部分は手や脚と違い、動かすことが少ないために脂肪が蓄積されやすいことも理由にあります。 そしてこういった原因を作っている根本的な事には、 脳がストレスを感じているかどうかで決まってくるわけです。 脳がストレスを感じてしまうことで、脂肪を蓄えるストレスホルモンのコルチゾールが分泌されるようになります。 つまり、ストレスを抱えれば抱えるほど、カラダには悪影響になってしまうのです。 また脂肪を貯め込みやすくする一方で、食欲を抑えることができなくなるレプチンというホルモンまで分泌量が減少されてしまうこともわかっています。 よくストレスを感じて食べることで解消しようとするも事を繰り返すようになるのは、この2つのホルモンの影響からなのです。 お腹が冷えている お腹が常に冷えている!なんてことはありませんか?お腹が冷えていることは、内臓が冷えていることを意味します。 これはストレスやカラダの疲労、夏場であればエアコンなどでカラダを冷やすことでお腹まで冷える。 冷たい飲み物を飲み過ぎていることなどが内臓を冷やす原因になります。 そして内臓の冷えは、血液の流れも悪く脂肪を貯め込みやすくなりますが、もっと大きな事は、カラダが冷えることで基礎代謝そのものが低下し、食事をしても消化が悪くなり、結果脂肪になりやすくなります。 そのためにする事は、 内臓を冷やさないことです。 便秘になる ぽっこりお腹の原因に便秘がありますが、カラダに便が溜まった状態に加えて、ガスや毒素がたまっている事でお腹が張った状態になるだけでなく、お腹が出っ張る原因にもなっています。 こうした便秘というのは、腸の機能そのものが低下している状態にあります。 またこれに加えて、カラダが冷えていると腸も冷えている可能性が考えられます。 そして、ガスや便の臭いが強い場合には、腸内環境の悪化が考えられます。 これは悪玉菌が優位な状態に腸内では起こっている証拠です。 逆に腸内環境が整った状態であれば、便やガスの臭いも悪臭がすることもありません。 腸内環境の整え方についてはこちらの記事が参考になるのでみておいてください。 そして、 腸内環境が改善されても、必ずしも便秘にならないというわけでもありません。 便秘になる原因には、睡眠不足であったり、仕事などで忙しい毎日を過ごすことでストレスになっていることでも便秘にはなってしまいます。 脂肪細胞は減るだけじゃない!分裂して増えていくことも!!? こんな言葉を聞くと、脂肪を減らしてもあまり意味がないと思ってしまうかもしれませんよね。 じつは脂肪の中でも中性脂肪というのは、必要に応じて分裂し増えることがわかっています。 中性脂肪をためる役割を持つ脂肪細胞は、必要に応じて分裂して増える。 脂肪を必要とする新生児期や乳幼児期、女性の妊娠期などには脂肪細胞は活発に分裂し、これらは主に皮下脂肪になる。 内臓脂肪細胞が増えるのは肥満の増える中年以降だ。 つまり簡単にいうと、普段の食事が高カロリーな食事であったり、そもそも運動不足になっていることで脂肪が貯め込まれていけば分裂していくということです。 こうした脂肪が増える根本的な部分はやはり 脂肪を摂りすぎる以外にも 糖質を摂り過ぎていると中性脂肪になってしまいます。 ダイエットしてもお腹の脂肪が落ちない!原因はなに? 脂肪を全て抜いたダイエットをしている 脂肪分を摂り過ぎることは、カラダに脂肪を貯め込む原因になり得ること!ですが、全く正反対な事に脂肪を全く摂らないようなことをしていても、かえって太ってしまう原因にもなってしまうのです。 これは研究によって分かったことですが、1日に1600Kcalの目安で食事の中に一価不飽和酸を摂り入れると、女性のお腹の脂肪が多く減ったということがわかっています。 この研究結果からもわかるとおり、むやみに脂肪分をカットしようとすることは逆効果になる可能性も考えられるということです。 この事から考えても過剰摂取やカロリーオーバーにならずに気をつけておけば問題はないということです。 オリーブ油• ベニバナ油• フレンチドレッシング• 鶏皮(むね)など 毎日肉を食べる事が多い お肉や脂身、牛乳やバターなどの乳製品に含まれている飽和脂肪酸は、血液中に中性脂肪やコレステロールを増やし、肥満に繋がるリスクがあります。 特に、毎日の食生活でお肉などを食べる習慣が多い人は気をつけなければなりません。 またこうした飽和脂肪酸と正反対なのが不飽和脂肪酸です。 不飽和脂肪酸には、一価不飽和脂肪酸、n—3系不飽和脂肪酸、n—6系不飽和脂肪酸の働きとの種類がありますが、それぞれの働きには、悪玉コレステロールを減らしながら、善玉コレステロールの働きを維持します。 また、中性脂肪を減らしたり、コレステロール値を下げるといった働きまであります。 こうした不飽和脂肪酸は一言でいえば、健康にいい油なのです。 この飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の研究結果にはこういったことが書かれています。 飽和脂肪酸やトランス脂肪酸をより多く摂取している人ほど、同量のカロリーを炭水化物から摂取している人に比べて、死亡率が高くなることだ。 また、バター、ラード、赤身肉に含まれる飽和脂肪酸を、オリーブオイルや菜種油、大豆油などの植物性食品の不飽和脂肪酸に置き換えることは「健康上の大きな恩恵」となり、「食事に関する勧告の中心的メッセージとして掲げ続けるべき」効果をもたらす可能性があることも分かった。 加工食品を摂り過ぎている 加工食品は私たちの身近にすぐある手軽に食べれる便利な食品として定着していますが、こうした加工食品にはインスタント食品やファストフードなど幅広く販売されています。 こうした加工食品の多くの特徴は、 脂肪分が多い事に加えて カロリーが高い傾向にあります。 またカラダの健康にも影響する事としては、 塩分が高いことも心配になるところです。 特に塩分の摂り過ぎによってカラダにむくみも生じてくる可能性もあります。 またこれに加えて水分も摂り過ぎてしまえば血液中の水分も増え溜まりやすくもなります。 むくみの原因は塩分の摂り過ぎ以外にも多くの原因があります。 特に顔にむくみが出てしまうと、その日の1日の時間も憂鬱になってしまうこともあるかもしれません。 そのため、むくみの原因を知り解消する方法も知っていおくことも必要です。 エクササイズや運動そのもののやり方が間違っている事も! 中々思うように痩せないのには、運動と言いながら間違ったやり方を実は知らずにしていることもあります。 脂肪燃焼効果のある運動といえば、有酸素運動になりますが、お腹がぽっこりしているからといって腹筋をしたところで解消することはできません。 というのも、腹筋は有酸素運動ではなく、無酸素運動の筋トレになるからです。 また腹筋運動のような短い時間で終わってしまう運動の場合、脂肪から使われるのではなく、筋肉に蓄えられている炭水化物やグリコーゲンを先に使うようになります。 そのためすぐに終わるような運動よりは、 ある程度の時間の運動ができる有酸素運動の方が脂肪燃焼効果にはいいのです。 また有酸素運動をしているにも関わらず痩せない場合には、その方法が間違っている可能性もあります。 ダイエットサプリの使用が多い ダイエットサプリの特徴は、糖質や脂質の吸収を抑えるものがありますが、じつはこういった効果に効くダイエットサプリはずっと効果があるわけでもないのです。 特にこういった糖質や脂質を抑えるサプリメントは太っている場合に効果が出やすく、 痩せてくるに連れて効果はなくなってきます。 こういったダイエットサプリの特徴はただ、糖質と脂質だけの吸収を抑えることができるのではなく、 結果的に、カラダにとって必要な他の栄養素に対しても吸収を抑えてしまうことがあるためです。 つまりお腹を痩せさせたいのに、そのために必要な栄養素までも抑えてしまうために、痩せなくなってしまうのです。 ダイエットサプリはあくまでも全てをサポートするわけではありません。 睡眠不足になっている お腹が思うように痩せない事と睡眠の何が関係しているのかというと、睡眠はダイエットに大きな影響が出るということです。 ダイエット方法の一つに「睡眠ダイエット」というものがありますが、これはただ寝るだけのダイエット法です。 ただ寝るだけでなぜ痩せられるのかは、寝ている間に、 成長ホルモンが分泌され、脂肪を分解する作用が促進されるからです。 これは具体的には、成長ホルモンには、カラダの脂肪などを栄養分をカロリーとして使うことにあるからです。 これが逆に睡眠不足になっていると、食欲を刺激するホルモン(グレリン)の分泌量が増えることで食欲が湧いてしまい、また食欲を抑えるためのホルモン(レプチン)が減ってしまうことで睡眠不足から太ってしまうのです。 睡眠の質を高める方法はこちらの記事を参考にしてください。 まずはここから始めてみるのがいい!! お腹が痩せずにぽっこりしている姿が気になると思いますが、一番初めにまずできることから進めていくことが肝心です。 まずは姿勢を正すことから始める 姿勢を正しくする!といってもどう正しい姿勢を維持させればいいかわからないかもしれません。 本来正しい姿勢というのは、正しい筋肉の使い方ができることで、下がっていた内臓も引き上げることができます。 また、同時におなかがぽっこりしていることも改善へと繋がっていくため、正しい姿勢は身につけておくと、ダイエットだけでなく、見た目の女性らしさをより際立ててくれることにもつながります。 そして正しい姿勢をするだけでも、十分にエネルギーを消費することもできるため、ぽっこりお腹も解消されるでしょう。 そして正しい姿勢をこう捉えている人も多いものです。 背筋を伸ばして、お腹に力を入れて胸を張ってあごをひく・・・・ではないですか!? 立っている時• 壁に背中をつけて立ちます• 踵、お尻、肩甲骨、頭が壁につくようにします• 横から見た時に、耳と肩、骨盤の中央、膝のやや前、外くるぶしのやや前が一直線上になること 規則正しい生活を心がける 規則正しい生活というのは、仕事上難しかったりしますが、できる限り食事は1日に3食摂りバランスの摂れた食生活をする事と、睡眠はくれぐれも夜更かしをしないことです。 夜更かしをすることで自律神経が乱れ便秘の原因にもなり、ぽっこりお腹を作ってしまいます。 そして適度な運動です。 運動が苦手だという人もいると思いますが、大切なことは続く習慣を身につけることです。 そして激しい運動をする必要もありません。 ただの軽い運動で十分です。 1日にたった15分でもいいので運動をする習慣をつけましょう。 炭酸ジュースは飲まないほうがいい 炭酸ジュースには糖質がしっかりと含まれています。 お腹の脂肪を減らすためにも控えた方がいいのは確かです。 ただどうしても炭酸が飲みたくなった場合には、炭酸水や炭酸水にレモンを混ぜて飲むことでダイエット効果にも繋がります。 ファストフードは太ること間違いなし ファストフードはそもそも1食あたりのカロリーがかなり高いです。 しかも栄養バランスの偏りが強いため、あっという間に太ってしまいます。 またその理由には、ファストフードは 満腹感を感じにくい特徴があります。 また味が濃い目に作られているために、どうしても喉が渇きやすく、その時はおいしく食べることができても、濃い味付けが食欲を増進させるため太ってしまうこと間違いなしです。 精製食品は食べ過ぎない 精製食品というと、白米や白砂糖、パンなどがありますが、こうしたものは糖分の割合が高いために食欲を高める原因にもなっています。 しかも精製食品は血糖値を上げやすいということです。 また、食物繊維やミネラル、ビタミン類を削り落しているために、食べ過ぎれば太りやすいため食べ過ぎないようにしなければなりません。 野菜や果物を摂る 野菜不足になっていると、カラダに溜まっている脂肪を燃焼させるチャンスを見逃してしまうことになります。 野菜に含まれる栄養の内のビタミンB群とビタミンEの栄養素が深く関わっています。 まずビタミンB群には、 脂肪を燃焼させる働きと脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。 そしてビタミンEには、 代謝を上げる効果があり、血流を改善する働きから脂肪の燃焼へと繋がっていきます。 そのため野菜不足になることは、ビタミン不足になり太りやすくさせる原因なので、しっかりと摂っておくことも必要です。 そして果物には、野菜と共通するところもありますが、果物のビタミンが脂肪の燃焼をサポートします。 また、ビタミン様物資であるカルニチンによって脂肪燃焼を手助けしてくれます。 そして果物に含まれるカリウムによって、余分な水分を排出します。 こうした果物や野菜に含まれているビタミン類の働き、そして食物繊維の働きによって脂質を吸収し排出することができるので、野菜や果物は摂っておいたほうがよいです。 良質のたんぱく質を摂る 基礎代謝を上げる意味でも良質なタンパク質は不可欠です。 その理由には、タンパク質は筋肉をつけるために必要な材料になるからです。 またタンパク質の不足は基礎代謝を下げるだけでなく肌が荒れやすくなる原因にもなります。 筋肉を始めとし、皮膚や毛髪、血液といったカラダに欠かせない部分にはタンパク質で構成されているために、良質なタンパク質を摂るようにしましょう。 こまめに水分補給を摂る 人のカラダには水分が欠かせません。 特に水分はこまめに摂る必要があるのには、水分を摂ることで様々な効果が得られるからです。 特に水分の中でも水はダイエットとしてもかなりおすすめです。 基礎代謝を上げることができる• 体温が上がる• 食欲を抑えることができる• 肌に透明感がでる• ニキビや吹き出物を解消する• 乾燥肌、シミ、たるみを改善• むくみを解消する• リンパの流れがよくなる• 老廃物を排出しやすくなる• 便秘を解消できる• 血液の流れがよくなる こういった効果を得ることができることから、水がおすすめされています。 またこういった効果を実感できるまでになるためには、 1日に2L~3Lの水を飲むことです。 そのためには、とにかくこまめに飲むことです。 またカラダの外からもしっかりと肌に潤いを与えることも大切なことです。 痩せる呼吸法を取り入れるのもいい!簡単お腹痩せの方法 痩せる呼吸法というのは、呼吸ダイエットと呼ばれるもので、腹式呼吸をする事に簡単な運動をとりいれることで痩せることができる方法です。 腹式呼吸をすることで基礎代謝を上げることができたり、気になるぽっこりお腹のウエストをすっきりさせることも可能です。 具体的な方法を動画で紹介します。 ドローイング.

次の

ぽっこりお腹8つの原因と対処法! 女性に多いのは○○型| 女子力バイブル

お腹 だけ ぽっこり

女性に多いぽっこりお腹の代表的な原因3つ! 1.筋力低下による内臓下垂型 女性のぽっこりお腹の一番多い原因は、筋力低下です。 あばらのあたりはうっすら骨が見えるほどなのに下っ腹だけが目立つという場合は、脂肪ではなく内臓の位置自体が下垂してしまっている可能性があります。 【原因】 一般的に男性に比べて女性は筋肉が少ないため、内臓を支えることができずに下にいってしまい、お腹がぽっこりしたように見えてしまいます。 お腹周りの筋力が低下することによって、さらにその周りに脂肪がつきやすくなるという悪循環に陥ることも。 【対策】 お腹周りに筋肉をつけることが大切です。 有酸素運動だけではなく、腹筋運動を行いましょう。 シックスパックが出来る腹直筋だけでなく、下っ腹を改善したいのであれば、脇腹にある腹横筋と腹斜筋を鍛えると効果的です。 2.下っ腹を押すと硬い便秘型 女性に多いもう一つの原因が便秘です。 下腹を触ってみると硬い、詰まったような感じがするぽっこりお腹は、腸内に詰まった便が原因かもしれません。 また、便と同時にガスが溜まることによって、お腹が張ったような感じがすることもあります。 【原因】 男性に比べて女性の方が便秘になりやすいというのを、聞いたことがありますか?これは先ほどの筋力の違いだけではなく、ホルモンの影響であったり、ダイエット経験が女性の方が多いことが理由と言われています。 また、トイレへ行くことをよく我慢してしまう人なども便秘になりやすいので注意が必要です。 また、水分不足でも便秘になります。 【対策】 水分をこまめに摂る、食生活の中に上手に食物繊維を取り入れてみる、マッサージをしてみるなどの対策で、便秘を解消しましょう。 その他にも運動や便秘に効くツボ、入浴法やお腹を冷やさないなどの対策もあります。 すぐに何とかしたい!という方は、サプリや漢方、便秘薬に頼ってもよいでしょう。 3.たぷたぷつまめる皮下脂肪型 特に若い女性は、どうしても皮下脂肪がつきやすい体型になってしまうと言われています。 これは女性ホルモンが関係していると言われており、子宮や卵巣を守るために女性の体に備わった機能の一つなのです。 また、ダイエットをすると内臓脂肪から先に痩せていくので、どうしてもお腹の皮下脂肪というのは最後の最後まで残ってしまいます。 ダイエット半ばでなかなかお腹が痩せずに悩む女性に多いのも、この皮下脂肪型です。 【原因】 皮下脂肪型のぽっこりお腹の原因は、カロリー摂取と消費カロリーのアンバランスです。 特に女性は男性に比べて基礎代謝量が少ないので、痩せにくい傾向にあります。 【対策】 低カロリー高タンパクな食事と、有酸素運動がおすすめです。 食事は単にカロリー制限をするのではなく、お肉や魚、卵などのタンパク質をきちんと摂りましょう。 また、ウォーキング・水泳・エアロバイクなどの有酸素運動を行い、基礎代謝を上げましょう。 あなたはどれ?その他のぽっこりお腹5つの原因と対策 1.お肉がつまめないまんまるお腹の内臓脂肪型 特に男性や、中高年の男女に多いぽっこりお腹です。 「りんご型」とも呼ばれ、内臓の周りに脂肪がつくので、下っ腹だけがぽっこりするわけではなく、お腹全体が膨らんだようにパンパンになります。 通称メタボとも呼ばれますが、女性であっても以下のような生活習慣の女性は注意が必要です。 【原因】 アルコールの摂りすぎや脂っこいものの摂りすぎ、運動不足などが続くと内臓に脂肪がつきやすくなります。 また、ストレスが多かったり、生活リズムが不規則なことも原因の一つと言われています。 【対策】 お酒の量や揚げ物、肉食の食生活からバランスの良い食事へと切り替えましょう。 運動面では普段からなるべく階段を利用するなど、少しでも日常生活の中に運動を取り入れてみましょう。 内臓脂肪が原因となり糖尿病、動脈硬化、脳卒中などの生活習慣病を引き起こす可能性もあります。 放置せずに、健康のためにもダイエットしましょう。 2.骨盤の歪みによる内臓下垂型 筋力低下だけではなく、骨盤が開いてしまったことにより、内臓が下がってぽっこりお腹になっているケースです。 筋トレを頑張っているのになかなか効果があらわれないという方は、骨盤が歪んでいないかチェックが必要です。 【原因】 足を組むのが癖、デスクワークが多く座りっぱなし、片側ばかりで荷物を持つのが癖などにより、だんだんと骨盤が歪んでいきます。 また、出産を機に骨盤が開いてしまい、産後戻りきらずに放置したなども原因の一つとして考えられます。 このように骨盤が歪んでしまうとお腹周りの筋肉を上手に使うことができず、内臓を支えきれずにぽっこりお腹になってしまいます。 【対策】 筋力をつける前に、骨盤体操などで歪みを整えることが先です。 人によっては一瞬でぽっこりお腹が解消する場合もあります。 しかし、日々の生活習慣でまたすぐにぽっこりは再発してしまうので、上記のような原因が思い当たる人は自分の癖を直すように意識しましょう。 デスクワークの多い方は、骨盤座布団や専用クッションなどを利用するのもオススメです。 歪みが解消されたら、緩んでしまった筋肉も腹筋運動で引き締めましょう。 3.背中まん丸猫背型 食事だって運動だって頑張ってるのに、なぜかぽっこりお腹だけは解消しない!というあなた、猫背ではありませんか?まずは猫背を直さないと、どんなにキツイ腹筋運動を行っても、ぽっこりお腹は解消されませんよ。 肩こりが激しい、仰向けに寝た時に肩が床につかない人というは、姿勢が原因でぽっこりお腹になっている可能性があります。 【原因】 普段猫背気味の人は背中が丸くなり、肩甲骨が開き、肩が前に出た状態になってしまいます。 猫背になるとお腹の筋肉が緩み、さらにその筋肉を覆うように脂肪が蓄積されていきます。 【対策】 まずは姿勢を正しましょう。 慣れないうちは、それだけで普段使わない筋肉を使うようになるので、疲れてしまいます。 ですが、ぽっこりお腹だけではなく、猫背型の人は腰痛や肩こり、その他体型の崩れなどにも繋がるので、気づいたその日から意識しましょう。 肩甲骨を柔らかくするストレッチや柔軟性が求められるヨガなどもオススメです。 普段の姿勢を意識しながら、ぽっこりお腹改善エクササイズを並行して行い、腹筋を鍛えていくことでぺたんこお腹になっていきます。 4.婦人科系の病気 便秘ではないのに急に下腹がぽっこりしてきた時には、女性特有の病気の疑いもあります。 しこりのようなものがある、腹痛や出血を伴うなどの症状がある時は要注意です。 卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)、卵巣癌、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がんなどの可能性があります。 女性の下腹部分には子宮や卵巣があるため、男性とは違いこういった可能性もあるのだという知識をつけておくと良いでしょう。 腹痛や不正出血など、少しでも異常を感じた場合はかかりつけの産婦人科へ行きましょう。 5.内臓疾患によるぽっこりお腹 女性特有の病気以外にも、肝硬変、大腸ガンなどの可能性もあります。 単に脂肪がついてきたなと思わずに、出血や腹痛、貧血、便秘と下痢を繰り返すなど、その他体調不良を感じるような症状を伴っていないか確認しましょう。 これらの症状を伴う時には、早めに消化器内科か肛門科に相談しましょう。 さいごに いかがでしたか?基本的に痩せているのにお腹だけがぽっこりしていて悩んでいた!という方も、ダイエット中でお腹だけなかなか痩せなくて困っていた!という方も、自分がどのタイプのぽっこりお腹なのか見つかったでしょうか? 人によっては原因は1つではなく、複数組み合わさっていたかもしれませんね。 まずは自分のぽっこりお腹の原因を把握し、正しい対策で憧れのぺたんこお腹になりましょう! ただし、その他体調不良を含む症状があれば、すぐにかかりつけ医に相談をしてくださいね。

次の

ぽっこりお腹8つの原因と対処法! 女性に多いのは○○型| 女子力バイブル

お腹 だけ ぽっこり

今季は、トップスはコンパクトに、ボトムはボリュームのあるスタイルが大流行。 ですが、ぴたっとしたトップスを着ると、ボディラインがそのまま反映されてしまい、今まで隠していたぽっこりお腹も目立ってしまうのが悩みどころですよね。 脂肪だけじゃないぽっこりお腹の原因 ぽっこりお腹の原因の1つは、もちろん脂肪。 ですが、それ以外にも、 姿勢や 骨盤のゆがみ、 筋力の低下など様々な原因によって引き起こされます。 あまり太っていないのにお腹だけがぽっこりしている、ダイエットをしてもお腹だけは変わらないという人は、一度自分のぽっこりお腹の原因を見直してみましょう。 原因1. 反り腰 1つ目の原因は、腰が反ってしまっていること。 壁に垂直に座ってみて、壁と腰の間に こぶし1つ分のすきまができてしまっている人は、反り腰の可能性があります。 反り腰は、身体の前後の筋肉のバランスが取れていないと起きてしまいます。 正常に骨や筋肉が働かない状態なので、内臓が下がってきてしまい、下腹部がぽっこりとしてしまいます。 反り腰は、長時間座ったまま作業をする人や 猫背の人がなりがちです。 原因2. 骨盤のゆがみ 骨盤のゆがみもぽっこりお腹の原因の1つ。 日常生活の習慣が骨盤のゆがみにつながっているので、まずは骨盤がゆがんでいるかセルフチェックをしてみましょう。 靴のかかとの外側もしくは、内側、どちらか一方がすり減っている 気づいたらスカートがくるくる回転し、縫い目がずれてくる 椅子に座るとき足を組む癖がある 椅子に座ると無意識に膝が開く 横向きで寝ることが多い 足を伸ばした時、どちらかのつま先が大きく傾いて、左右対称のV字にならない 写真の顔と鏡に映る顔に大きな違いを感じる O脚またはX脚 上記に当てはまる数が多いほど、あなたの骨盤はゆがんでいる可能性があります。 骨盤がゆがんでいると、重力によってまわりにどんどん脂肪がたまっていきます。 また、骨盤は筋肉とともに内臓を支えているので、骨盤がゆがむと内臓も自然と下がってしまいます。 原因3. 筋力の低下 3つ目は、上半身と下半身をつなぐ 腸腰筋という筋肉の衰えが原因のパターン。 腸腰筋には、太もも以外にも、骨盤を前傾に保つ働きがあります。 ですが、腸腰筋が衰えてしまうと、本来少し前傾なのが理想的な骨盤を前傾に保つことができなくなり、ぽっこりお腹になりやすい猫背の原因になってしまいます。 3つの原因を直すには姿勢を正す! 今回ご紹介した反り腰、骨盤のゆがみ、そして筋力の低下は、いずれも内臓を正しい位置よりも下げてしまうことにつながっています。 内臓を正しい位置に戻す為に欠かせないのは、姿勢。 正しい姿勢にすることで、適切な筋力を使い、内臓を引き上げ、ぽっこりお腹を改善することができます。 そこで、知っているようで知らなかった正しい姿勢をおさらいしましょう。 【正しい姿勢の作り方】 Step1. 気を付けの姿勢で直立する Step2. そろえた両脚の間から徐々に重心を上に引き上げる このとき、おへそとみぞおちの間に重心を置くようにすると、自然と胸を張ることができます。 この2stepでできた姿勢が、本来人間の在るべき 正しい姿勢です。 普段よりも上半身の筋肉を使っていることを感じる方もいるかと思います。 正しい姿勢は身体に良いだけでなく、見た目も、健康的で明るい印象に引き上げてくれます。 まずは今から正しい姿勢を意識して維持するようにしましょう。 もっと早く効果を実感したい人におすすめのエクササイズ 姿勢を正すことはもちろんですが、もっとはやく効果を得たいのであれば、それぞれの原因に合わせたエクササイズが効果的。 自分の原因に合ったエクササイズを試してみてください。 反り腰解消エクサのやり方はこちら.

次の