置き換えダイエット 豆腐。 【簡単】おすすめの手作りの置き換えダイエットレシピと食材を紹介!

置き換えダイエットにおすすめの食材を5つ厳選してまとめました!

置き換えダイエット 豆腐

豆腐ダイエットとは、 主食(白米)の代わりに「豆腐」を食べるというダイエット法です。 基本的にこのダイエット方法は、いわゆる「置き換えダイエット」のジャンルに該当します。 「置き換えダイエット」とはようするに、糖質制限の一種で主食(白米)を低糖質の食品に置き換える方法のことです。 つまりその目的は「糖質制限」にあるわけです。 だから「豆腐ダイエット」の 大目的は主食を「豆腐」に置き換えて、なるべく無駄な糖質をカットすることにあるのです。 ダイエット効果は? 気になる「豆腐」のダイエット効果についてみていきましょう。 果たして、どのような「豆腐」の成分がダイエットに貢献するのでしょうか? オリゴ糖の整腸作用で便通改善 「豆腐」には、原料となる 「大豆」の「オリゴ糖」が豊富に含まれています。 「オリゴ糖」には、わたしたちの健康維持に不可欠な 「腸内善玉菌」すなわち「ビフィズス菌」の数を増やす効果が期待できます。 オリゴ糖によってビフィズス菌が活性化すれば、腸内環境が改善され、必然的に便通が良くなっていきます。 そして便通が良くなれば、不要な老廃物が排出されやすくなり、 肌荒れを防ぐとともに、デトックス効果でむくみも解消されていくでしょう。 女性のなかには、ダイエットを始めると腸内環境が荒れてしまい、かえって体調を崩してしまう方が多く見受けられます。 お腹の調子が肌に出やすい人は、ダイエットを始めてすぐに大人ニキビや肌荒れを引き起こして悩んでしまうことも……。 腸内環境は、美容・健康・ダイエットの命運を左右する非常に重要な場所です。 腸の具合がカギを握っているわけですから、「豆腐」によってオリゴ糖を摂取できるのはとても嬉しいですね! 難消化性のオリゴ糖は体重増加の心配がほとんどない 「オリゴ糖は通常の糖とは一線を画した存在です。 なぜなら、人間の消化酵素で分解されないからです。 一般的にオリゴ糖と呼ばれる糖類は、人間の消化酵素で分解されにくいという性質を持っています。 このような性質を「難消化性」といいます。 …(中略)…オリゴ糖は人間の消化酵素によって分解されない代わりに大腸において発酵を受けます。 その発酵の際には、短鎖脂肪酸であるカプロン酸などが産生されます。 このカプロン酸が各組織に運ばれ、エネルギーとして使用されるのです。 この短鎖脂肪酸によって回収されるエネルギーが、砂糖の産生するエネルギーの約半分、2キロカロリー程度に該当します。 ですので、オリゴ糖のカロリーは砂糖に比べて低くなっているのです。 」 引用: オリゴ糖は消化されにくい成分であり、実質的にほとんどわたしたちの「栄養」として貢献しない成分です。 「腸で吸収されたブドウ糖が脂肪酸と合わさるのを防ぎ、余分な脂肪の蓄積を抑制します。 脂肪の蓄積が予防できるので肥満予防になります。 大豆サポニンにはアディポネクチンの分泌を促進する働きがあります。 アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌される物質で、動脈硬化や糖尿病を予防する働きがあります。 またアディポネクチンには脂肪の燃焼を促進する働きもあります。 」 (引用:公益財団法人 長寿科学振興財団 サポニンには余分な脂肪の蓄積を抑制する働きがあり、さらに 脂肪の燃焼を促進してくれるアディポネクチンの分泌を促す働きもあります。 豆腐にはこんなにダイエット効果が見込める成分が含まれていたんですね! レシチン・コリンの脂質の代謝促進作用 豆腐にはレシチンが含まれています。 レシチンは細胞膜の主成分で、脳神経や神経細胞を構成するリン脂質の1種です。 また、 レシチンにはコリンが構成要素として含まれています。 このレシチンとコリンには、• 脂質の代謝を促進する• コレステロールを抑制する といった働きがあります。 まさに、ダイエットにもってこいの働きですよね? さらに、 大豆由来のレシチンにはコレステロールが含まれていないという特徴があるので、この点もダイエットに役立ってくれるかもしれません。 参考:公益財団法人 長寿科学振興財団 ビタミンB2による脂質の代謝促進・蓄積防止作用 大豆には 「ビタミンB2」も含まれているのですが、この成分には脂質の代謝を促進させる働きがあります。 「私の実験においてもこれらの研究成績にほぼ一致し,ビタミンB2欠乏ラットを高脂肪食で飼育するとB2欠乏症状は増悪し,血中B2量は減少し,血清各脂質は増量すると云う結果を得た. ・・・(中略)・・・. この実験よりビタミンB2は脂肪酸の代謝を促進し,脂質の蓄積を防止する作用を有するものと思われる. 」 引用:昭和医学会雑誌第31巻 第5号 しばしば 「発育のビタミン」とも呼ばれるビタミンB2は、髪の毛や爪・皮膚などの成長に関与するビタミンでもあります。 成長するにはエネルギーが必要になりますが、体内の余分な脂質をエネルギー源としているのかもしれないですね! 高タンパク・低カロリー食材はダイエットに適した食材と言われますが、 豆腐はさらに含まれる成分の脂肪に作用する働きでより高いレベルでの効果を期待 できそうです。 タンパク質は筋肉を構成する成分として、人間が生きていく上で欠かせないものです。 三大栄養素の一つであることからも理解できますね? ところで、人間の無意識の活動で必要となるエネルギーを基礎代謝と言いますが、この基礎代謝を左右するのが筋肉量なのです。 筋肉量を増やして基礎代謝を向上させるのも、ダイエットを進めるうえで大切なポイントになります。 カロリーの消費を増やす基礎となる、このような形でも豆腐はダイエットに役立つのです。 バリエーションが豊富で飽きにくく、安価で気軽に入手できるという理由からも、「豆腐ダイエット」は初心者から上級者まで幅広くオススメできる優れたダイエットだと言えます。 身体の働きが活発になる昼間は、必然的にエネルギーの消費量も多くなるので、気兼ねせずに「ご飯(白米)」を摂取してください。 では、どのタイミングで「豆腐ダイエット」を敢行すればよいのでしょうか? 答えは「夜」です。 なんといっても「夜」は、わたしたちの身体の活動が鈍くなる時間帯ですので、夕飯で摂取したカロリーや糖質がエネルギーとして変換されにくくなり、余剰分が脂肪の蓄積へと回りやすくなります。 なので、この夕飯のタイミングで「豆腐」を食べれば、存分にダイエット効果を引き出すことができ、太るリスクを軽減できるようになります。 また、人間の体には 肥満遺伝子ともいわれる 『BMAL1(ビーマルワン)』というタンパク質があり、この成分が多く分泌される時間がもっとも太りやすのです。 そしてその時間帯は、だいたい22時くらいだと言われています。 「夜食が太る」と言われるゆえんは、この「BMAL1」に根拠があるのです。 しかしその一方で、15時ごろはBMAL1の分泌が少ないので、この時間に多少食べ過ぎてもそこまで肥満に影響がないと言われています。 だから ランチタイムは、食べ過ぎに注意さえしていれば、好きな食べ物を食べても「肥満」に直接的に影響がないのです。 こうした理由から、「豆腐ダイエット」のベストタイミングは「夜」だと言えるのです。 スポンサーリンク メリットはレシピの多さと簡単さ! 「豆腐ダイエット」は、初心者から上級者までオススメできる簡単なダイエットです。 以下ではその主な理由をまとめてみましょう。 アレンジしやすい 豆腐単体だけでは味気ないかもしれませんが、 調味料ひとつでさまざまな味のバリエーションを楽しめます。 醤油はもとより、かつおぶし、わさび、生姜の組み合わせでアクセントをつけることができますし、生姜はもともとダイエット食材としても優れているので、一石二鳥です。 簡単豆腐レシピで満足度アップ! 簡単な豆腐レシピとしてはサラダに混ぜて 「ごまドレッシング」や「シーザーサラダドレッシング」などで食べる方法があります。 さらにその後、あらかたの調味料を味わい尽くしてしまった場合には、豆腐スープや豆腐ハンバーグ、はたまた麻婆豆腐などに姿を変えて、さらなる楽しみを増やすことも可能です。 そんなバリエーションの豊富な「豆腐」は、 飽きずに継続できるという意味で非常に優秀な食品だと言えるのです。 最強のコスパ! ダイエット食材と呼ばれるものは世の中に数多く存在し、また、そのどれもが魅力的な効果を持っています。 しかし、食材によっては、しばしば金銭的に負担になることもありますよね? しかし「豆腐」ならばまったくその心配がありません。 豆腐1丁で50円~100円程度。 もちろん、素材にこだわった豆腐はそれなりに値が張りますが、この価格帯はコスト面でも魅力ですね! このような理由から、「豆腐ダイエット」は、お金にシビアな主婦の方や、あまり自由にお金を使えない学生にも無理なくおすすめできるのです。 豆腐ダイエットの成功口コミは? 豆腐ダイエットの注目すべきところはやはりその成功率ではないでしょうか。 一日一食豆腐にしてあっという間に3kgダイエットに成功!• 豆腐ダイエットはアレンジしやすいのでずっと続けられる!すでに7. 5kg痩せた!• 週に3回豆腐の日を作り一ヶ月で4kgダウン! など豆腐ダイエットは成功しやすいダイエット方法と言えますね。 30秒でわかる!「豆腐ダイエット」ダイジェスト版! 数あるダイエット食材の中でも、「豆腐」は非常に頼りになる食べ物です。 「畑のお肉」と言わしめるほどの高い栄養価を誇る豆腐は、ヘルシーかつ栄養をしっかりと摂取したいダイエッターには不可欠です。 豆腐を活用した減量メソッドを巷では「豆腐ダイエット」と呼んでいます。 それでは、豆腐ダイエットとは具体的にどのような方法で行うのでしょうか? またそのメリットとは? ヒントは大豆のパワー。 大豆に含まれる諸成分が、ダイエットに有意義な効果を発揮します。 豆腐ダイエットはそれを利用するわけです。 アレンジもしやすく、食べ応えのある豆腐。 本記事では、そんな魅力的な豆腐の秘密に迫りつつ、実践的な豆腐ダイエットの方法を取り上げていきます。

次の

【簡単】おすすめの手作りの置き換えダイエットレシピと食材を紹介!

置き換えダイエット 豆腐

豆腐ダイエットは痩せるだけでなく、美肌にも良い!と聞き、気になってはいたものの、私は豆腐が嫌いでダイエットするまでに至りませんでした。 しかしある日、私の好きな芸能人が豆腐を食べているのを目にしてから、なんと豆腐が食べられるように(笑)! 豆腐嫌いを克服できた機会に、せっかくなので気になっていた豆腐ダイエットを試してみようと思い立ち、まずは2週間挑戦してみました。 豆腐ダイエットとは? 私が実践した方法 豆腐ダイエットには、1食を豆腐に置き換える方法や、炭水化物を豆腐に置き換える方法など、多くのアレンジ法があります。 その中で私が試したのが「夕食の白米を豆腐に置き換える」というダイエット法です。 夕食の白米以外は普段通りで良い、という制限の少なさが魅力に感じました。 ダイエット期間は長ければ長いほど効果が高いようですが、もともとは豆腐嫌いだったことと、ダイエット終了後のリバウンドが怖かったので、期間を2週間にしました。 豆腐がダイエットにおすすめな理由 豆腐は「畑の肉」と呼ばれる大豆から作られています。 大豆はタンパク質を豊富に含んでいるだけでなく、多くの栄養素をもっていて、しかも非常に栄養バランスのとれた食材だったのです! 大豆に含まれている栄養素• 脂質・炭水化物・食物繊維• ビタミン(ビタミンE・ビタミンB1・葉酸)• ミネラル(カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅) さらに大豆は、がん予防に効果があるとされる食べ物の上位8種に入るほど、健康に良い、優れた食べ物だそうです。 他にも、健康面で期待できる効果があります。 血中コレステロール低下• 総コレステロール低下• 肥満の改善• 骨粗しょう症予防• がん予防 こんなに多くの栄養素を大豆から摂取できるのであれば、美容と健康に効果があると言われているのが納得できます。 そして、大豆は血中コレステロールを低下させるので、ダイエット効果と体質改善効果の両方を期待できる食材だと感じました。 豆腐ダイエットを助けたおすすめレシピ 豆腐は料理にメインとして使うことも、かさ増しとして使うこともできる食材なので、多くのレシピでアレンジできました。 そのため、2週間飽きることなく豆腐ダイエットができたと思っています。 その中でも私が気に入っているレシピをご紹介します。 また、タレにも大豆食品である味噌が含まれているので、さらに効果が期待できるのでは、と思います!帰宅が遅くなった日は、このレシピで豆腐ダイエットをしていました。 豆腐ダイエットを2週間実践した結果 たった2週間、夕食の白米を豆腐に置き換えただけでしたが、しっかり効果を実感できました!豆腐が食べられるようになったとはいえ、今までずっと嫌いだった豆腐を食べるダイエットは、精神的に苦痛でした。 それを除けば、非常に満足のいくダイエットだったと思います。 体重は2. 8kg減! 2週間の豆腐ダイエットで、なんと2. 8kgもの減量に成功しました! 私は通常、夕食では大盛り白米(350g程)を食べるのですが、この2週間は大盛り白米を豆腐(200g)に置き換えてダイエットに挑戦してみました。 そのカロリー変化を表で比べてみました。 白米と豆腐のカロリー変化 白米(200g) 340kcal 豆腐(200g) 110kcal これだけカロリーが違うので、2週間で-2. 8kgできたことに納得しました。 また、摂取カロリーを知ることで、これまでの食生活を見直すいい機会になりました。 体調は良好!でも精神的に苦痛 豆腐の栄養価のおかげで、体調はとても良好でした。 しかし、体調の良さと精神的苦痛はまた別の話、とも感じました。 肉体的には何も支障なく挑戦できた豆腐ダイエットですが、精神的には非常につらかったです。 私は小学生の頃から豆腐を嫌って生きてきたので、毎日豆腐を食べる生活に心がついていけませんでした。 豆腐好きな方にはおすすめですが、嫌いな方は精神的苦痛を伴うことをお忘れなく…。 美肌効果も実感! 大豆を使った化粧品や豆乳は、美容に良いとされていますよね。 それは、大豆に含まれるイソフラボンに抗酸化作用があることや、女性ホルモンと似た働きをすることが理由だそうです。 そのせいか、豆腐ダイエットを始めてから、肌の乾燥がなくなってツヤが出て、美肌になったと感じました! 豆腐ダイエットのメリット・デメリット メリット 少量でも満腹感を得られる 普段の私は、350gの米を食べるので、200gの豆腐では満足できないのではと心配していましたが、実際に食べてみると豆腐200gだけでも十分にお腹が満たされました。 豆腐におかずと汁物をプラスした夕食だったので、普段通りかそれ以上の満腹感を得られました。 お菓子を食べなくなる あくまでも私の場合ですが、他の食事制限のダイエットだと、お腹を満たすためにお菓子に手を伸ばしてしまうのですが、豆腐ダイエットは満腹感が得られるので、お菓子を食べませんでした。 普段から食事の量が多めの方や、お菓子をたくさん食べてしまう方には、おすすめできるダイエットだと思います。 「お菓子を豆腐に置き換える」という方法も、豆腐好きの方ならできるかもしれない、と思いました デメリット 豆腐嫌いだと実践できない 豆腐ダイエットのデメリットは、豆腐嫌いな方にはできない、という点です。 茹でても、潰しても、混ぜても、豆腐の独特の味が消えることがなかったので、豆腐が嫌いだと私のように精神的苦痛がある、大変なダイエットになると思います。 私は最後まで豆腐を好きにはなれませんでしたが、2週間も食べていると、少しずつ味に慣れてはきます。 長く続けることで、もしかしたら好きになれたのかな?とも思います。 今回豆腐がどれだけダイエットに向いた食材がわかったので、なんとか克服したいです。 豆腐ダイエットの注意点! リバウンドの恐れあり! 1食分の炭水化物を置き換えているので、普通の食生活に戻ったときのリバウンドが怖いと思いました。 しかし、短期間で痩せるには効果的な方法だったので、「この日だけ痩せていればいい!」という限定的な目標がある方には向いているかもしれません。 3食豆腐だけは危険! いくら豆腐が栄養面で優れていても、3食豆腐だけを食べ続けるのは非常に危険です! 私の場合、白米を豆腐に置き換えましたが、他のおかずをしっかり食べることで、健康を維持しながら痩せることを目標にしました。 しかし、3食全てを豆腐だけにしてしまうと栄養バランスが崩れて、体に不調をきたす可能性があります。 過度な置き換えダイエットはやめましょう。 ダイエット効果があるのでこれからも活用したい 以上、夜だけ置き換えた豆腐ダイエットの結果と感想のレポートでした!私の場合は、思った以上に体重が落ちたので、豆腐が好きな方や、短期間で効果が欲しい方には、是非試してもらいたいダイエットです。 豆腐は1年中価格の安定した食材なので、経済的にも挑戦しやすいと思います。 私はまだ苦手な豆腐を食べ続けることはできませんが、食べ過ぎた日などに1食分置き換えるなどの方法で、続けていきたいと思います。

次の

湯豆腐ダイエットで1ヶ月に5kg痩せた方法!効果的なのは1日2食の置き換え

置き換えダイエット 豆腐

大豆由来である豆腐は、ダイエットにいい効果を与えてくれます。 豊富に含まれる大豆たんぱく質が代謝をアップさせてくれ、太りにくい体を作ってくれます。 ご飯の代わりにもめんどうふにすることで、糖質を9割カットでき、「肥満ホルモン」といわれるインスリンも抑えてくれます。 カロリーも50%オフ。 糖質とカロリーが低く、高タンパク・高ミネラルなので、筋肉量・骨量を減らさず、体脂肪だけ落とすことができます。 驚異の豆腐パワー!効果が凄い! 体脂肪を落とし冷え性や肩こりの改善 体の脂肪を減らす大豆レシチンがたっぷり入っている豆腐。 コレステロールや中性脂肪を減らし、さらには、ムダな体脂肪を落とす効果も期待できる成分です。 また、肌や内臓などの細胞を若々しく保つ役割を果たすため、若返りの栄養素でもあり、血流をよくするので、冷え性や肩こりの改善などにも効果があります。 低カロリーでおなかにたまる とうふは1食分の半丁(木綿)で108kcalですから、たっぷり量が食べられる安心感があります。 しかも、適度な植物性脂肪も含むので、腹持ちもいい。 また、低GI食品なので、ごはんに比べて、食後の血糖値上昇も抑えられ、ダイエット効果も高まります。 ビタミンB群が代謝を促進 脂質、タンパク質、炭水化物の代謝に欠かせないのがビタミンB群。 これが不足すると、食べ物としてとり込んだ脂肪をため込みやすくなったり、炭水化物をうまくエネルギーにできなかったりしますが、とうふはビタミンB群を含むので、やせ効果も上がるのです。 脂肪を燃やす「鉄分」 「鉄分」不足は貧血の原因になるだけでなく、脂肪燃焼効率も低下させます。 理由は、脂肪分解に必要なのは大量の酸素であり、その酸素を運ぶのが赤血球の「鉄分」だからです。 豆腐を摂ることで酸素の運搬もうまくいき、脂肪も燃えやすくなります。 イソフラボンパワーで肌がつやつや 女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと同じような作用をするといわれる大豆イソフラボン。 新陳代謝を促し、肌のピチピチ感、髪のツヤやハリを保つのに役立ちます。 年齢とともに分泌が少なくなるので、女性の美しさ、若々しさを保つために、積極的に補給したい。 カロリーを抑えてたんぱく質が増える 油を使うことの多い肉料理に対し、豆腐料理は脂質も少なく、低カロリーでたんぱく質を摂取出来ます。 また、水切りをすることでぎゅっと凝縮され、より食べやすくなります。 女性にとって嬉しい効果が多い! 女性の美にも良い影響を与えてくれます! 豊富に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きを持ち、更年期障害の緩和や美肌効果が期待出来ます。 大豆たんぱく質とともに、肌の潤いを保つ「セラミド」量が増えたという研究報告もあります。 大豆イソフラボンは肌を売るわせ、髪の毛のツヤ・ハリを保つのにも役立ちます。 大豆オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌の働きを促進し、腸内環境を改善、便秘解消効果があります。 便秘の解消は、ダイエットにも良い影響を与えます。 豆腐ダイエットのやり方 豆腐ダイエットは3食の食事メニューのうち1食の主食をご飯やパン,うどん、そばといったものから、豆腐に切り替えるダイエット方法です。 ダイエットの基本は3食バランスよく食べること。 1食抜いたり、主食を口にしないでいると、体のバランスがくずれ、太りやすくなってしまいます。 特に3食のなかで最も重くなりがちな夕食の炭水化物を豆腐に置き換えると効果的。 ご飯類よりも低カロリーなうえ、脂肪燃焼、代謝アップ、便秘解消効果の高い豆腐を夜1食だけ取り入れる方法なので、ストレスなくやせ体質に近づくことができるでしょう。 また、豆腐しか食べてはいけない! というわけではなく、おかずは食べてOK。 週3回以上は行いましょう。 どんなダイエットも、毎日がマストとなるとそれがストレスになります。 やせ成分たっぷりのとうふダイエットなら、毎日でなくてOKです。 自分のライフスタイルに合わせて、スケジュールを立ててみましょう。 運動を心がける 代謝を上げ、やせやすい体をつくるために適度な運動は必須です。 とうふの魅力は、脂肪燃焼効果のあるアミノ酸も含んでいるので、食べたあとに運動をすると、脂肪を燃やす効果が期待できること。 歩くことなど、できる範囲で取り入れて。 「豆腐ダイエット」口コミでは失敗者も多い 豆腐ダイエットに成功しているという人は50%以下です。 1、すぐにお腹がすく 木綿豆腐の場合、同じ重さの白米より「糖質が9割もカット」されていますが、 その分、すぐにお腹が空くのです。 Sponsored Link 2、豆腐の味に飽きてしまう 湯豆腐や、冷奴など… 同じ味をずっと食べ続けると飽きてしまいます。 3、こってりしたものが食べたくなる ヘルシーな味付けの豆腐ばかりを食べていると、こってり・ガッツリしたものが食べたくなります。 こんな感じで、だんだんと豆腐ダイエットを続けるのがツラくなってきます。 豆腐ばかり食べても2週間から1か月で飽きてしまう傾向があります。 辞めてしまうとせっかく痩せてもすぐリバウンドしてしまいます。 豆腐ダイエットを失敗しないためには、長続きできるやり方と飽きない豆腐の料理方法の工夫、そして痩せる体質づくりのため適度な運動なども取り入れる必要があるようです。 夜の夕ご飯の主食を豆腐だけにする 実は1日のうちの夜の夕ご飯を豆腐にすれば豆腐ダイエットが成功できるのです。 夜、夕ご飯の、それも「主食」を豆腐だけに切り替えれば、もうそれだけでいいんです! 夕ご飯でも、主食以外の「おかず」は基本的に「普通通り」食べる。 そんな お気楽な「豆腐ダイエット」の方法で、十分、痩せる効果が期待できるんです。 「豆腐ダイエットは痩せない」なんて言う人もいますが、実は1日のうち「夕飯」の一回だけやれば、それだけで「豆腐ダイエット」バッチリ痩せるんです。 豆腐のおすすめレシピ 1、ネバトロ豆腐サラダ つるんとさっぱりしていて、お腹も満たされるヘルシーなサラダ。 赤しそのゆかりはふりかけるだでアクセントになり、豆腐ともよく合います。 リーフレタスは水につけパリッとさせ、手でちぎる。 ミニトマトは四つ切り、オクラは塩水でさっとゆでて乱切り、山芋は皮をむき、ビニール袋に入れてすり棒など硬いもので叩いて割る。 じゃこを油を温めたフライパンでカリッと炒める。 豆腐は3cmくらいの大きさに手でちぎる。 すべての材料を皿にバランスよく盛り、ゆかりを振りかけ、しょうゆまたはぽん酢をかける。 2、水切り豆腐のキムチ和え 【材料】 木綿豆腐:1丁 キムチ:お玉1杯分 ごま油:小さじ1 すりゴマ:大さじ1 かつお節:1袋 【作り方】 1,木綿豆腐をちぎりキッチンペーパーに乗せてレンジで2分加熱し水切りする。 2、キムチを食べやすい大きさに刻み、ごま油・すりゴマ・かつお節とからめる。 3、1の豆腐と2のキムチを加え、絡むようによく混ぜる。 3、豆腐ホットケーキ 豆腐を使ってホワイトソース・ホットケーキ・そぼろ丼を作ったレシピを紹介しています:とうふを使ってカロリーを半減させているので、食事を減らすダイエットのストレスを解消!ぜひ試してみてくださいね。 2、1に卵を加え均等に成るように混ぜる。 3、2にホットケーキミックスを加え、混ぜる。 4、3の生地の固さを見つつ低脂肪牛乳を加えていく。 牛乳の水分によって固さが変わるので、お好みに調整。 5、フライパンの油をクッキングペーパーで薄く伸ばし、弱火にかけ、お玉を使って生地を流す。 6、普通のホットケーキ同様プツプツ泡が出たらひっくり返し、蓋をして弱火で二分焼いて出来上がり。 4、豆腐のカプレーゼ カプレーゼと言えばモッツァレラチーズを使ったサラダですが、モッツァレラはカロリーも値段も高く、日常的にはなかなか使いにくい食材ですよね。 そこで、チーズの代わりに豆腐を使えばカロリーも費用もぐっとダウンでき、見た目や食感はそっくりに作れますので、とてもおススメです。 【材料】 フルーツトマト:3個 豆腐:1丁 オリーブオイル:小さじ2 塩:小さじ1. 5 こしょう:少々 バジル:適量 バジルソース:お好み 【作り方】 1、豆腐を一口サイズに切り、塩をまぶしてキッチンペーパーと豆腐を交互にハサミ、一晩水切りする。 2、トマトのヘタを切り、1cm程度の薄切りにする。 3、水を切った豆腐とトマトを交互に並べ、バジルを飾る。 4、こしょうとオリーブオイル、お好みでバジルソースをかけ出来上がり。 夜豆腐ダイエットの嬉しい効果と正しいやり方!豆腐レシピ!口コミは?まとめ 夜の小麦、夜の白米を豆腐にチェンジしましょう。 ただ、低カロリーでダイエットに最適な豆腐ですが、夜8時の食事は消化的に良くないのでやめましょう。 豆腐は、絹ごし豆腐よりも木綿豆腐のほうが、たんぱく質・イソフラボン量が多いのでオススメです。 麺類やパン類などの小麦粉料理は、豆腐で代用することができます。 小麦粉、白米の代用ができる豆腐のさまざま料理レシピを参考に是非、楽しみながらダイエットしちゃいましょう!.

次の