円滑 類義語。 「ダンバー数」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

連携の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

円滑 類義語

ビジネスにおいて仕事や計画が上手くいかない場合には「難儀する」「難儀な仕事」と言います。 また「難儀な人」という場合には、面倒事を起こしたり他人を困らせるような人、という意味があります。 難儀するの使い方と例文• 台風の影響で仕事の進捗具合が難儀する。 ビジネス誌で「難儀する」という言葉を見かけたので意味を調べてみた。 常に迷惑をかける難儀な男とは絶対に付き合いたくない。 彼は職場では自分に優しく、他人に厳しい性格だ。 そのせいでみんなからは難儀な人だと思われている。 借金を背負っている友人の話に「難儀やなぁ」と相槌を打つ。 難儀するの類義語 難儀するの類義語には、「困る」「悩む」「苦労する」「頭を抱える」など困難に直面しているようすを表す言葉があります。 難儀するの対義語 難儀するの対義語には「」「容易」「余裕」「円滑」「楽勝」など苦労することなく順調なようすを表す言葉が挙げられます。

次の

連携の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

円滑 類義語

ビジネスマナー、社会人マナーなど日常的にも耳にする「マナー」という言葉。 大切なことと分かっているとはいえ、具体的な意味が分からない人も多いのではないでしょうか。 ここでは、今一度押さえておきたいマナーの意味や使用例、ルールやエチケットなどの類義語との違いをご紹介します。 社会人としてマナーをもう一度見直す前にぜひチェックしておきましょう。 「マナー」の意味 マナーについて何となく理解していても、正しい意味を説明できる人は社会人でも少なくなっています。 マナーを身に着けるために大切な、マナーの正しい意味や使用例、語源を覚えておきましょう。 意味 最近は全て「マナー」とひと言で表現されることが多いようです。 日本語では「礼儀作法」と言われます。 礼儀にあたるのが「マナー」、作法にあたるのが「エチケット」です。 「マナー・礼儀」とは社交上の心で人間関係や社会的な秩序を保つために、相手に対して自分が取るべき態度や配慮です。 「エチケット・作法」とは社交上の言動や振る舞いなどの「所作」、社会の中で培われてきた「しきたり」などをさします。 「マナー・礼儀」と「エチケット・作法」が車の両輪のように整い、バランスよく発揮されてこそ相手とよりよい人間関係が築けるのです。 使用例 そもそもマナーがなぜ存在しているかというと、人間関係や社会的な秩序を正常に保つためです。 そのため、「マナー」の一言だけでは、人間関係や社会全体の秩序を乱さないための立ち居振る舞い、という使われ方をします。 これが転じて、ある状態を正しい状態に保つために、またはあるものに関する人間関係を正常に取り計らうための礼儀作法、という使用方法もあります。 例えば、ビジネス上での人間関係や秩序を正常に保つための礼儀作法は「ビジネスマナー」と呼ばれ、食事の席での人間関係や社会的な秩序を正常に保つための礼儀作法としては「テーブルマナー」と呼ばれます。 それを建てた地主(Gentry)がGentleman ジェントルマン=紳士 の語源となりました。 地域の中心にあったマナハウスで、ジェントルマンによって示された博愛精神が、マナーの手本となったようです。 マナーの類義語との違い マナーのほかにもルール、モラル、エチケットという類義語がありますよね。 これらの類義語とマナーの違いをくわしく説明できる人はあまり多くないのではないでしょか。 次に、これら3つの類義語の意味を、マナーとの違いとともにご紹介します。 マナーと類義語を正しく使い分けられると、社会人としてもスマートな対応ができるようになります。 「ルール」との違い 「ルール」とは、規則のことです。 法律などの広い範囲のものから、社内規則やゲームのルールなど、ある枠組みの中でのものまであります。 マナーとの違いは、「ルール」は必ず守らなければいけないこと、「マナー」は社会生活を維持するための行動ですが、必ずしも守る必要はないことを指します。 ビジネスシーンで例に挙げると、「タイムカードを打刻してから業務に入る」「所定の場所以外で喫煙しない」がルール、「オフィスはゴミを散らかさず常に整理整頓する」がマナーに当たります。 ほかにも、サッカーなら「フィールドでは手でボールを持たない」のがルール、「ロッカールームを使用後に整理整頓を行う」がマナーにあたります。 ワールドカップで敗戦後、日本代表が立ち去ったあとの整理整頓されたロッカールームに対して「すばらしいマナーだ」と称賛されたのは記憶に新しいですよね。 参考記事: 「モラル」との違い 「モラル」とは、道徳や倫理を指します。 人の道に外れない、善の行動や態度を指します。 モラルは国や風土などの環境、そして人それぞれの考え方によって変化するのが特徴です。 一方でマナーは社会全体の共通認識です。 モラルは主観的な考えであり、マナーは客観的な考えである違いもあります。 例に挙げると、「災害時、救援物資を分けずに独り占めする」や「電車の座席を荷物で独占する」などはモラルに反する行動に当たります。 「エチケット」との違い 「エチケット」とは、相手を不快にさせない言動や振る舞いのことです。 ルイ14世の時代、トイレのなかったベルサイユ宮殿では、庭で用を足す人が多く、その場所がわかるように注意書きが書かれた立て札のことを「エチケット」と呼んでいたようです。 また他の説では、宮廷内に入る時に渡された身分を表すチケットのことだとされています。 いずれにしろ時代とともに、「エチケット」は宮廷での作法全般を指す言葉に変わっていきました。 マナーとエチケット、どちらも社会や人間関係を円滑に進めるためのものです。 例えば、挨拶をする時、お辞儀の仕方はエチケット(作法)であり、相手の状況による配慮はマナー(礼儀)です。 美しい角度でお辞儀をするのがエチケット(作法)ですが、相手の状況によっては、会釈や黙礼にするという配慮はマナー(礼儀)です。 また、食事中、ナイフやフォークの使い方はエチケット(作法)、食事中の配慮、例えば食事のペースを合わせる、会話を楽しむ、音を立てない、などはマナー(礼儀)です。 著者であるポスト女史はこの本の中で、「マナー」と「エチケット」の違いについて、「エチケットは他者への思いやりに基づく行動の規範(Code)であり、よいマナーとは、この規範に則って生活しようとする人々の温かい心、善意の表れである」と解説しています。 「ホスピタリティ」との違い マナー、エチケットに通じるものとして「ホスピタリティ(Hospitality)という言葉があります。 語源はラテン語の「Hospes」で、そこから生まれた「Hospitalitas」は、「人をかばう」「その人の望むようにしてあげる」という意味です。 その他にも「Host、Hostess(主人、女主人)」「Hospital(病院)」や「Hotel(ホテル)」などの言葉ができました。 日本では、おもてなしや接遇の意味で使われますが、「おもてなし」の語源は「ものをもって成し遂げる(もって成す)」「表裏なし」と言われています。 誰に対しても、表裏のない心で接する、見えないところでも、相手のために成し遂げるという心づかいです。 「ビジネスマナー」との違い ビジネスマナーは、ビジネス上で必要とされているマナーを指して使われる言葉です。 一般的な「マナー」が、社会全体の秩序や人間関係を保つための礼儀作法を指しているのに対して、社会全体の範囲をビジネスシーンに置き換えた礼儀作法が、ビジネスマナーと言えます。 具体的には、ビジネスシーンにおける配慮や、人間関係を円滑に進めるための礼儀作法として、新入社員が入社前や入社時にビジネスマナー研修として受講するメニューが複数あります。

次の

連携の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

円滑 類義語

「率先垂範」の読み方、意味や語源とは それでは早速、「率先垂範」について順に知識を身に着けていきましょう。 「率先垂範」の読み方とは? 「率先垂範」は、 「そっせんすいはん」と読みます。 「そっせんすいはん」と音だけ聞くと、「ん?キャンプとかでやる飯盒炊飯(はんごうすいはん)のことかな…」と思ってしまいますが、ご飯を炊くという意味の「炊飯」ではありません(笑) では、どんな意味の言葉なのでしょうか。 「率先垂範」の意味とは? 「率先垂範」とは、「自らが進んで見本になる・模範を見せるということ」「大変なことや人が嫌がる仕事も、自ら率先して行うという姿勢」という意味になります。 会社やサークル等、何かのコミュニティを円滑に運営するには「率先垂範」を実行できるリーダー的な存在が欠かせませんね。 そのために「社長」「部長」などのいわゆる「役職」という立場があるのでしょう。 また、人の前に立つリーダーの背中を見て、仲間や後輩社員などがそれに続くという形こそが「率先垂範」の最たるものだと言えます。 つまり、リーダーシップ一つで、その組織がどんな組織になっていくのかも変化する、といっても過言ではないでしょう。 「率先垂範」を実践するには、組織を良くするぞ!という前向きな意思が必要というわけなのです。 「率先垂範」の英語・類義語表現 「率先垂範」の英語表現 「率先垂範」を英語で言うと、以下のような表現が最もふさわしい表現と言えるでしょう。 to be a good example as a leader(リーダーとして見本になること) また、「initiative(率先した)」という意味の単語を使って、以下のような表現も「率先垂範」という言葉を上手に表現した英語と言えます。 【例文】• take the initiative to set a good example(先頭に立って模範を示す) 「率先垂範」の類義語表現 日本語での「率先垂範」の類義語としては以下のような四字熟語が挙げられます。 実践躬行(じっせんきゅうこう)• 率先励行(そっせんれいこう)• 陣頭指揮(じんとうしき) 特に「陣頭指揮」は耳なじみのある言葉ですよね。 聞いたことがある言葉と一緒に覚えると頭に入りやすいので、是非活用してみてくださいね。 こちらの四字熟語も「率先垂範」と同じく「模範になる」という点では類似しています。 「率先垂範」の使い方の例文 では、具体的な「率先垂範」の使い方をご紹介していきましょう。 【例文】• 「彼の行動はまさに率先垂範だ。 後輩に慕われているのがその証拠だよ」• 「今期からいよいよ主任か。 部署のみんなをしっかりまとめるためにも率先垂範を意識していこう」• 「新しい部長の率先垂範のおかげで、うちのチームの成績はうなぎのぼりさ!」• 「部長が率先垂範してくれないと、また部員が辞めますよ!しっかりしてください!」• 「今回の指揮者は音楽に真摯に向き合っているな。 オーケストラの率先垂範となってくださっているから今夜のコンサートはきっと大成功に違いない」 名詞として使う他に、例文の通り「率先垂範する」という風に動詞としても使います。 色々な場面で使える「率先垂範」という言葉ですが、「リーダーシップ」や「けん引」などに置き換えると使いやすいですよ。 こちらの言葉も「率先垂範」に似ていて、仕事ができる人に向けた四字熟語と言えますね。 リーダシップをとった時の影響力の大きさ リーダーという存在は、いつでも人に見られています。 その分、リーダーになることができる人、というのも限られています。 もしリーダーになってしまったら、役割の多さゆえプッシャーも大きいかもしれません。 しかしその分、円滑な組織を構築できたり、雰囲気の良いサークルができたり、皆が良い気持ちで過ごせる環境を作り出せるのもまた、リーダーの特権ではないでしょうか。 しばしば、リーダーが変わると組織全体が変わることがあります。 それだけ影響力の大きい立場なので大変なことも多いかもしれませんが、リーダーになれる素質を持っているという事もまた貴重なこと。 持てる力を発揮して「率先垂範」し、あなたらしい組織を築くことができたら良いですね!.

次の