オリオン 座 の 下 で 歌詞。 大森靖子 オリオン座 歌詞

星座図鑑・オリオン座

オリオン 座 の 下 で 歌詞

リボンのような形も分かりやすく、最もなじみ深い星座といえるだろう。 日本では、雅楽に用いられる鼓(つづみ)に見立てて「鼓星」という呼び方もされていた。 狩人オリオンの腰のあたりに並ぶ三ツ星を挟んで、肩のあたりに輝く赤っぽい1等星はベテルギウス(「わきの下」という意味)、足のあたりに輝く青白い1等星はリゲル(「足」の意味)だ。 日本ではこの色の対比を源氏と平氏の旗の色にたとえ、ベテルギウスを平家星、リゲルを源氏星と呼んでいた。 最近では、ベテルギウスが近い将来(ただし数百万年以内)に超新星爆発を起こすかもしれないということで注目を集めている。 「オリオン座」の三ツ星の下(南)には、「オリオン座大星雲」という星雲がある。 宇宙空間に漂うガスやチリが光って見えているもので、空の条件がよければ肉眼でもボンヤリと見ることができる。 天体写真では、鳥が羽を広げたような形がとらえられ、人気の撮影対象だ。 オリオン座大星雲では新しい星が生み出されており、「星のゆりかご」といった表現をされることもある。 ギリシャ神話では、乱暴者であったために神に遣わされたサソリに刺し殺されてしまう。 この一件以来オリオンはサソリを恐れるようになったといわれている。 夏の星座である「さそり座」が地平線から上ってくると「オリオン座」が沈み、反対にサソリが沈むとオリオンが上ってくるという、星座の位置関係をうまく表わした神話だ。 また、別の神話では月の女神アルテミスの恋人とされている。

次の

kAsAbutA by BiS

オリオン 座 の 下 で 歌詞

リボンのような形も分かりやすく、最もなじみ深い星座といえるだろう。 日本では、雅楽に用いられる鼓(つづみ)に見立てて「鼓星」という呼び方もされていた。 狩人オリオンの腰のあたりに並ぶ三ツ星を挟んで、肩のあたりに輝く赤っぽい1等星はベテルギウス(「わきの下」という意味)、足のあたりに輝く青白い1等星はリゲル(「足」の意味)だ。 日本ではこの色の対比を源氏と平氏の旗の色にたとえ、ベテルギウスを平家星、リゲルを源氏星と呼んでいた。 最近では、ベテルギウスが近い将来(ただし数百万年以内)に超新星爆発を起こすかもしれないということで注目を集めている。 「オリオン座」の三ツ星の下(南)には、「オリオン座大星雲」という星雲がある。 宇宙空間に漂うガスやチリが光って見えているもので、空の条件がよければ肉眼でもボンヤリと見ることができる。 天体写真では、鳥が羽を広げたような形がとらえられ、人気の撮影対象だ。 オリオン座大星雲では新しい星が生み出されており、「星のゆりかご」といった表現をされることもある。 ギリシャ神話では、乱暴者であったために神に遣わされたサソリに刺し殺されてしまう。 この一件以来オリオンはサソリを恐れるようになったといわれている。 夏の星座である「さそり座」が地平線から上ってくると「オリオン座」が沈み、反対にサソリが沈むとオリオンが上ってくるという、星座の位置関係をうまく表わした神話だ。 また、別の神話では月の女神アルテミスの恋人とされている。

次の

オリオン座

オリオン 座 の 下 で 歌詞

三ツ星は、オリオンの腰のあたりに位置するので、 それぞれ、帯やベルトなどを意味する固有名が 付いています。 では、次の章では、三ツ星以外に どんな恒星があるのか、 その他、星雲など、 星座の特徴を見ていきたいと思います。 全天で、太陽以外で見かけの大きさが 最も大きな恒星。 冬の大三角を構成する星の一つ。 (あと2つは、おおいぬ座・シリウスと こいぬ座・プロキオン) 超新星爆発を起こし、なくなるかもしれないと、 存在を危ぶまれている星。 オリオン座・ベテルギウスの超新星爆発については、 別記事にまとめてありますので、ご参照ください。 冬のダイヤモンド(冬の大六角形)を 構成する星の一つ。 (あとの5つは、おおいぬ座・シリウス、 こいぬ座・プロキオン、ふたご座・ポルックス ぎょしゃ座・カペラ、おうし座・アルデバラン) 冬のダイヤモンド(冬の大六角形)については、 別記事にまとめてありますので、ご参照ください。 この小三ツ星の真ん中がM42(オリオン大星雲) です。 NGC2024・・・火炎星雲 M78・・・散光星雲 バーナードループ・・・超新星残骸で、オリオン座全体が すっぽり入ってしまうほどの 巨大な散光星雲。 三ツ星は、日本でも古くから親しまれていて、 戦国大名の家紋になったりもしています。 例)毛利氏・松浦氏・渡辺氏 等 関連記事.

次の