カリスマ 予想。 フワラーカップ 2020【穴馬のヒント!】2つの好走データが導く穴馬発見!今年の該当馬とは?!

美のミシュラン?! 都内82人の美容師を選出しランク付け「カミカリスマ ヘアサロンガイド」誕生

カリスマ 予想

推測ですが競馬のカリスマユーザーは有料利用より無料利用をしている方の方が多いのかもしれませんね。 1分で分かる競馬のカリスマの特徴 競馬のカリスマは元騎手「藤田伸二」と元調教師「白井寿和」と契約している 競馬予想サイト「競馬のカリスマ」を検証しました。 競馬のカリスマは元JRA騎手「藤田伸二」と元調教師「白井寿和」と著名な元競馬関係者と契約をしている競馬予想サイトです。 口コミでは「うまキュレから流れてきたけど、いきなり有料サイトになっちゃっててなんか残念。 」と指摘されていましたが、競馬のカリスマの運営業者「株式会社ON THE BIT」は無料競馬サイト「うまキュレ」の他に藤田伸二の公式サイト「1918の視点」や白井寿和の公式サイト「最強の視点」も運営しています。 次項で詳しく紹介しますが、競馬のカリスマは両者の予想コラムを無料で見られることから定評のある競馬予想サイトです。 「株式会社ON THE BIT」は元々、無料競馬サイト「うまキュレ」を運営していましたが、現在、コラムの更新は止まり、競馬のカリスマがうまキュレのコラムを引き継いでいます。 元競馬関係者を広告塔に建てている競馬予想サイトは実質「名前」と「顔」を借りているだけの場合が多いものの、「株式会社ON THE BIT」の公式サイトを見る限り「藤田伸二」・「白井寿和」とはかなり堅い契約を結んでいるようですね。 「株式会社ON THE BIT」の公式サイトでは両者を前面に推しだされていました。 競馬のカリスマは「株式会社ON THE BIT」の一大プロジェクトのようですねー。 競馬のカリスマの無料コンテンツ 競馬のカリスマは一般的な競馬予想サイトのように単発の情報を販売しておらず、重賞 メイン と自信の1鞍が読み放題な月額プラン「VIPプラン」と好きな「イベント予想」や「コラム」を選んで購入する「セレクトプラン」の2つのプランが用意されています。 稼げる情報に直結する予想は有料プランに申し込まないと閲覧できませんが、その他のコンテンツは一部会員登録せずに閲覧できます。 また、メールアドレスだけで会員登録できる無料会員でも「最速! 1週前重賞予想」・「重賞データ室」など豊富な競馬コラムや「藤田伸二」と「白井寿昭」の予想コラム「金言コラム」が読めますので紹介していきます。 ・金言コラム ・競馬評論家田原基成のオリジナルコラム ・重賞データ室 ・特選海外競馬情報 ・地方競馬コラム ・カリスマの歩き方 ・【8ラボ】コース分析まとめ ・覆面7号のオフレココラム ・最速! 1週前重賞予想 金言コラム 金言コラムは藤田伸二と白井寿昭による競馬予想コラムで競馬のカリスマの目玉コンテンツです。 藤田伸二の金言コラムでは36レース分の軸馬が公開され、白井寿昭の金言コラムでは週末開催の重賞レースについて深い考察が公開されます。 元有名騎手の軸馬は予想の参考になりそうですね。 また、白井寿昭の金言コラムでは各出走馬の状態を元調教師の視点から的確に指摘していく競馬雑誌顔負けのコラムでした。 個人的に白井寿昭の考察コラムを無料で見られるだけで競馬のカリスマに会員登録するメリットがあると思いました。 両金言葉コラムともにレース前日の19時頃に更新されます。 競馬評論家田原基成のオリジナルコラム 競馬評論家「田原基成」による競馬の攻略法を紹介していくコラムです。 「最近中々競馬で勝てない…」といった方は一度プロの勝ち方を参考にしてみると良いでしょう。 重賞データ室 重賞データ室は元々「うまキュレ」で更新されていた重賞レースの注目馬と見解を覆面馬主が公開するといったコラムでした。 現在、うまキュレでは更新が止まり競馬のカリスマの1コンテンツとして口コミでも人気です。 藤田や白井、田原に対して「覆面馬主」と匿名なところがひっかりますが、コラムとしての質は良くしっかりとした構成のコラムとなっています。 重量データ質は毎週火曜日に更新されます。 特選海外競馬情報 海外競馬に関しての回顧録コラムですが、残念ながら2017年で更新が止まっています。 しかしこのコラムを執筆した方は相当な競馬通なのでしょう。 競馬のカリスマの無料コラムを通しても読みごたえがあり、海外競馬ファンでなくても楽しめる内容となっていました。 もし更新された時にはチェックしてみると良いでしょう。 地方競馬コラム 地方競馬コラムはレースの出馬表と共に軽く見解が述べられている地方競馬コラムです。 カリスマの歩き方 カリスマの歩き方は競馬のカリスマ編集部による予想の結果報告コラムです。 提供予想の結果と注目有料情報の紹介が主な内容なので無料利用としては楽しめるものではありません。 【8ラボ】コース分析まとめ 覆面馬主8号によるコース分析コラムです。 「コース分析」を予想のファクターとして重要視している方にはぜひおすすめしたいコラムですね。 こちらも以前はうまキュレで更新されていましたが、競馬のカリスマで連載が引き継がれています。 覆面7号のオフレココラム 覆面馬主7号によるフランクな競馬コラムで重賞レースの見解など堅いコラムではなく、「ギャンブル依存症」など幅広いことを題材として更新されています。 不定期更新ですが息抜きに読むと良いかもしれませんね。 1週前重賞予想 レース開催1週前に更新される予想コラムで「白井」・「寺井」・「田原」・「覆面馬主」・「編集部」の各予想印が馬名の横に印で表記されています。 そ のまま馬券として買える買い目ではありませんが、印が多い馬を軸にすると予想の強い味方になりそうですね。 2chでは金取る気まんまんと酷評されていた 競馬のカリスマの2chでは「白井最強と藤田伸二が如何わしい競馬予想サイトを立ち上げた件」というスレが建てられ、「金取る気まんまん」と酷評されていました。 これまで「うまキュレ」が無料競馬予想サイトであったのにも関わらず「競馬のカリスマ」という有料競馬予想サイトをリリースしたことに対しての不満でしょう。 個人的には白井も藤田も競馬のカリスマに移行した後も金言カリスマという無料予想コラムを公開しているので、「金取る気まんまん」は少し見当違いな意見だと思います。 一方で「藤田と白井は買い目を提供していない」と鋭い指摘もありました。 確かに競馬のカリスマは無料コンテンツが豊富な競馬予想サイトですが、軸の両者は軸馬の紹介や見解コラム、予想印を公開しているものの買い目として予想を提供していないのはネックですね。 競馬のカリスマの的中実績&料金設定 競馬のカリスマの料金設定 競馬のカリスマは元騎手「藤田伸二」と元調教師「白井寿昭」の予想コラム「金言コラム」を中心として会員登録するだけで様々なコラムが無料で閲覧できる競馬予想サイトです。 買い目など利益に直結する予想を貰うためには月額プランの「VIPプラン」に申し込まなければいけませんが、30日間コースでも2,160円と良心的な価格です。 しかし、口コミで指摘されていたように藤田伸二と白井寿昭自身は買い目を提供していない点がネックですね。 おそらく競馬のカリスマのユーザーは両者の予想が気になっている方が多いでしょう。 私としては無料利用でも十分にためになる競馬予想サイトなので無料会員登録だけでしばらく様子を見て手ごたえがあるようなら月額プランに申し込むことをおすすめします。

次の

カリスマ馬券の口コミレビュー評価

カリスマ 予想

【2018年・重】 1着:クリンチャー 4人気 2着:アルアイン 3人気 3着:レイデオロ 1人気 【2017年・稍重】 1着:サトノクラウン 3人気 2着:スマートレイアー 5人気 3着:マカヒキ 1人気 【2016年・重】 1着:サトノクラウン 6人気 2着:タッチングスピーチ 3人気 3着:アドマイヤデウス 4人気 【2014年・稍重】 1着:デスペラード 6人気 2着:トーセンラー 2人気 3着:アンコイルド 4人気 この表で注目して頂きたいのが、 連対馬の単勝人気!! 「競馬は、馬場が荒れるだけ荒れる。 」 なんていう韻を踏む格言がありますが、まさにこと京都記念ではその通りで・・・ 道悪の京都記念では・・・ 1人気の連対はゼロ!! しかも、勝ち馬に至っては、 1~2人気は道悪で1回も勝てていない!! これなら、休み明け初戦の人気2強に漬け込む隙きは十二分にある!! これは、見逃せない事実!! 京都記念 2020 道悪 直近で言えば、 クリンチャーが優勝し、 レイデオロが負けた2018年が良い例だろう。 この年の頭数も、今年と全く同じな10頭立て。 その理由は・・・ 開催日時の違い! この時期の京都競馬場は、 開催が後半になりつつあり 馬場がドンドンと重くなる傾向に傾くのと、先週もレース中に雪が舞い散ったように、この時期は天候に恵まれず 芝の再生に時間がかかるのも要因の一つ。 実際に、 スピードタイプが向かない馬場であるということを、証明してくれた馬がいる。 それが、先週の【G3・きさらぎ賞】の アルジャンナですね。 先週のきさらぎ賞が良いサンプル! 京都記念 2020 重 まずアルジャンナと川田騎手を悪く言うつもりはありません。 アルジャンナも川田騎手も頑張ったとは思います。 ただこれは結果論ですが、 彼が走れる馬場ではなかったと言うことですね。 怪物と称されるコントレイルに0. 8秒も離されたとは言え、自身も以前までの東京スポーツ杯2歳ステークスの レコードタイムを 0. 6秒も更新していた程の スピードが売りの馬だったのですから、 そんな彼女が最後の直線で、あれだけエンジンが掛かるまでに時間がかかり、トップスピードに上がっても前を詰めるのに思いの外時間がかかった事からも、 例え雨が降らなくても、 良馬場ですらパワーとスタミナが必要だと言うことは一目瞭然! スピード要素はかけらも必要ないということです!! こうやって、彼が残してくれたヒントを我々は拾っていかなければなりません!! つまり京都記念 2020 の結論は 本場ヨーロッパの様な重たい馬場を大好物とする、 欧州血統の持ち主!! この一択に尽きると思います。 京都記念 2020 穴馬 アルメリアブルーム. まずテーマで掲げた欧州血統だが、アルメリアブルームは母の母が ドイツ産馬のプアプーPeu a Peu 独 で、あのゴールドシップが優勝した年の有馬記念で10人気ながら2着に爆走し大波乱を演出した オーシャンブルーのお母さんだ。 ) そして何よりも!!アルメリアブルームは 母父ネオユニヴァースということで、 イギリス血統の持ち主。 また「ネオユニヴァース」と言う名前を聞いて、 あの泥んこ馬場で優勝した日本ダービーをすぐに連想できる競馬ファンも多い筈だ。 それだけこの血統背景は、 本場ヨーロッパの重たい馬場と同様に、 力のいる馬場を本当に得意としている!! ネオユニヴァース 愛知杯との関係性! またアルメリアブルームは、今年の京都記念と同等に、ロングスパートでトップスピードを長く維持しなければならない 「 消耗戦な展開」を強いられる重賞で既に好走経験がある。 それが、前走の【G3・愛知杯】だ! 愛知杯の特集でもお伝えした様に、「小倉=平坦」なイメージと先入観に騙されて、 スピードタイプ を買いたくなる競馬ファンも多いようだが、小倉競馬場も実は スタミナ要求値が物凄く高いコースであり、 典型的なスタミナ血統が頭角を現す舞台なのだ!! 当初は、G1帰りにの使い減りを懸念していたが、あの道悪の中であの走りを見せられては、彼女が今、メキメキと力を付けて来ているという事実を認めざるを得ない!! もしかするとこの雨は、今勢いに乗っている彼女が引き寄せた恵みの雨なのかも知れない。

次の

カリスマ馬券 口コミ / 悪質2ch競馬予想の検証

カリスマ 予想

メールで配信している27日の前日予想。 配当があまりにも安すぎた。 まさに「中穴」だった。 直前予想ブログは、このページで自由に見れるが、前日予想や、NAS自慢の「丸得情報」は、アドレスを登録していただいた方にのみ配信している。 携帯も、パソコンも、ダブル登録ができるので、使い勝手はいい。 この前日予想には、当サイトに簡単にアクセスできるアドレスがくっついているので、携帯ですぐにチェックできる。 5月末までは無料(6月以降、有料にするかどうかは未定)。 ぜひ、あなたのアドレスを登録してください。 おっと、大事なお知らせを忘れていた。 com」。 「カリスマ予想集団NAS」「NAS直前予想」などでも検索できます。 (S・N) 25日、唐津で小林遼太がデビュー以来2勝目をマークし、10万円の大穴を出したが、27日には花本大樹が若松でデビュー2勝目。 3連単59650円(65番人気)。 ただ、小林と違うのは、小林が昨年秋にデビューしたばかりの107期生だったのに対し、花本はデビュー丸2年の104期生。 初1着が2009年11月の丸亀だから、なんと1年半ぶりの勝利になる。 この若松第8R、1号艇から沖島広和、三原司、友永明夫、花本大樹、大串重幸、中島浩哉。 大串がカドからまくって出たが、インの沖島が抵抗。 2艇が流れたところを、5コースの中島、そして6コースの花本がまくり差し。 BSは、内から花本、中島、大串と横一線になったが、2Mを先取りした花本が1着。 花本はことし2着1本。 勝率1点台と低迷しているが、今節は初日から4着、4着、3着、5着、そして1着とひと味違った走りを続けている。 もしかしたら、あと1回、花本の連絡みがあるかもしれない。 でも、沖島が完敗して花本の1着で5万円台の配当なら、あんまり魅力はない!? (S・N) 26日の若松第7R。 5号艇の前川守嗣が周回展示中に転覆し、欠場になった。 舟券の前売りはあっただろうが、大半のファンは5艇立てが決まったあとに舟券を買えるから、5艇立てを踏まえた予想ができる。 先日、唐津では本番のピット離れで角井義則が転覆したため、まさに突然の5艇立て。 展開推理がガラリと変わってしまったが、これなら許せる。 前川には悪いが、後半の12Rまでゆっくり分解整備でもしていなさい。 先日のブログでも書いたが、5艇立てはインが極端に不利になる。 ついでにお話ししておこう。 ボートピアなどで予想をしていると「前半レースで転覆した艇の評価は?」なんて質問が多い。 簡単に言えば、後半レースの周回展示を見て判断せざるをえないが、転覆したからといって足落ちするとは限らない。 ビス1本の締め方次第でパワーアップすることがあるからだ。 ヤマト301型のモーターは、水をかぶってもわずか30分程度で復活する。 本来、燃焼室に水が一滴でも入っていれば「ウォーターハンマー」というトラブルの可能性もある。 その点、ボートレース用に開発し改良を続けてきたヤマトのモーターはめちゃくちゃ水に強い。 まさに世界一のモーターなのだ。 (S・N) 26日の大村第11Rは、かなり悔しい。 1号艇から荻野裕介、宮地秀祈、平岡重典、待鳥雄紀、宮崎奨、木村恒一。 本番で、その待鳥がカド5コースから豪快に握ったが、荻野にわずかにひっかかり、待鳥マークの宮崎が大外からズボ差し。 このレースで、まず考えなければならなかったのは、2号艇の宮地がさっぱりの動きだったこと。 カベ役がいなければインは悲惨だ。 もう一点、待鳥が握るとみたのは正解だったが、完全にまくり切る足があるかどうか。 もうひとつ読み切れなかったのが悔しくてならない。 反省、反省、また反省。 (S・N) 25日の唐津第9R。 5号艇の小林遼太がまくり差しでデビュー2勝目。 2着には1号艇の永井源、3着には2号艇の荒金順が入り、2連単は11310円、3連単はなんと12万2780万円(97番人気)の配当だった。 小林は福岡支部で、昨年秋デビューの107期生。 昨年12月24日、芦屋でデビュー初勝利を飾っているが、その時もやはり6コースからのまくり差しで、3連単は10万7740円の10万舟券だった。 唐津の9Rは、前半戦でもまくって勝った5号艇の山口高志が5コースから豪快に握った。 永井がインから抵抗する間に小林が3艇を叩きながら、永井と山口の内を突き抜けた。 今節は、それまで5、6着ばかりの成績。 2着に1番人気の永井が入ったために97番人気だったが、それ以外の艇が入っていればもっと配当がついていた。 なお、小林はまだ2着がない。 (S・N).

次の