こんにちは と こんにちわ。 「こんにちは」と「こんにちわ」正しいのはどっち?日本語は正しく使いましょう。

「こんにちは」「こんにちわ」どっちが正しい?違いや語源・意味を解説

こんにちは と こんにちわ

家族、友人、会社の同僚など、 年齢性別問わず 誰にでも気軽に使えるのが、 この挨拶の特徴ですね。 日本人であれば 使わない人はいません。 [ad] しかし、 この基本的な挨拶に ある議論が勃発しているのです。 それが 「 『こんにちは』と『こんにちわ』の 違いって何?」 というもの。 FacebookやTwitterなどのSNSで、 度々行われているこの議論。 10代~20代の年代の人が、 SNSで「 こんにちわ」を 使いだしたのが 原因となってるようです。 確かに声に出して読むと 「こんにちわ」で間違いありません。 だからといって 文字に書き出す時に、 こっちが正しいのかというと 悩みどころですよね。 私もこの記事を書いていたら、 どっちが正しいのか 分からなくなってきました(笑) そんな情けない自分の為にも、 今回は 「こんにちは」と「こんにちわ」の どちらが正しいのか、 詳しく調べてみました。 分かりやすい内容に まとめてみたので、 気軽に読み進めてください!• 「こんにちは」は「今日は」だった? そもそも「こんにちは」は、 どういった歴史の中で 生み出されたのか。 どちらが正しいのか知るために、 まずは 成り立ちから 知っていきましょう。 そもそも「こんにちは」は、 漢字にすると 「 今日は」と表記します。 「今日は」だと「きょうは」とも 読めてしまうので、 挨拶の時は平仮名表記に するんですね。 『今日はご機嫌いかがですか?』 『今日はお元気ですか?』 昔はこういった日常会話が 挨拶のように行われていました。 しかしこれでは 「 長くて面倒くさいな・・・」 と感じるように人々は思い、 「 何か簡単な挨拶は無いかなあ」 と探しだしたのです。 そこで「今日は」以降を省略して、 「こんにちは」を挨拶として 使うようになりました。 これがこんにちはの起源なのです。 「わ」ではなく「は」が正しい理由 この起源から分かるように、 「こんにちは」は「は」を 使うのが正しいという事です。 (誤用として載っている 場合はありますが。 ) 「こんにちわ」は 正しい日本語では無いため、 使うのは極力抑えた方が いいかもしれませんね。 「こんにちは」が「わ」を使われる理由 では何故、最近の若い人達は 「わ」を使うように なったのでしょうか。 これには実はちゃんとした 理由があるのです。 今の若い人達は 誰かに挨拶する時に、 「こんにちは」を使う事は そこまで多くありません。 略した若者言葉的なものを よく使っているのです。 例えば よく読まれている記事はコチラ• 0件のコメント• 0件のコメント• 1件のコメント• 12件のコメント• 1件のコメント• 1件のコメント• 0件のコメント• 2件のコメント• 6件のコメント• 0件のコメント• 3件のコメント• 0件のコメント• 3件のコメント• 3件のコメント• 0件のコメント• 0件のコメント• 4件のコメント• 5件のコメント• 7件のコメント• 3件のコメント コメントありがとうございます!• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に ユーマ より• に にこ より• に アルカ より• に 二塚やすこ より• に 浜ちゃん より• に より• に 田辺 こうむ より• に 匿名 より• に 匿名 より• に しんしん より• に 咲夜 より• に 本質 より• に 加来哲郎 より• に ももな より• に 匿名 より• に 匿名 より• に ユーマ より• に ユーマ より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に より 検索.

次の

こんにちは・こんにちわ

こんにちは と こんにちわ

次はつい先日ご回答申し上げたものです。 御参考になれば幸いです。 旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)とは、平安時代の標準語(京言葉) をもとに、それを仮名で表したものです。 その当時は「い・え」と「ゐ・ゑ」、「じ・ず」と「ぢ・づ」、「お」と「を」など は、違った音として発音されていました。 また、「川」は「かは」、「家」は 「いへ」と書き、実際の音も「wa・e」よりは「ha・he」に近い音で発音して いました。 しかし、発音は時代とともに変化していきます。 早くも平安時代末期には「川」は「かわ」、「家」は「いえ」と発音する ようになりました。 (この現象をハ行転呼音といいます。 ) また、「お」と「を」が統合されたのも平安末期ごろとされています。 「い」と「ゐ」、「え」と「ゑ」が統合されて一つの音になったのは鎌倉 時代の末期とされています。 (次のURLによると、異説もあるようです。 ) 「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」は室町時代まで違った音に発音されてきましたが、 江戸時代初期以降、同じ音として発音されるようになりました。 もっとも 地方差があって、西日本ではその後も長く区別して発音され、高知県など では最近まで(いわゆる方言の形で)区別されてきたといいます。 ところが、仮名遣いは、平安時代に決められたままでした。 つまり、長い間、 発音とそれを表す仮名文字との間に齟齬があったわけです。 明治以降、それでは不便だということで、仮名遣いの体系を改めようという 動きが出てきました(よく、第二次大戦後アメリカの指示で一気に国語改革 がなされたといわれますが、それは誤りです。 国語改革の動きは明治時代 からずっと続いていたのです。 ただ、下記のように敗戦が一つの契機になった こと、アメリカから指示があったことは事実です)。 その動きはなかなか実践されませんでしたが、戦後になって、一気呵成に 実現に移されました。 その一つが現代仮名遣いの採用です。 現代仮名遣いでは、発音通りに仮名を書くというのが大原則です。 例A 縮む(ちぢむ) 続く(つづく) 例B 三日月(みかづき) 近付く(ちかづく) ここからが本題です。 >「こんにちわ」と書いたら、間違いになるのでしょうか? 現在は内閣告示・訓令「現代仮名遣い」が規範とされているので、「こんにちわ」は 今のところ間違いです。 「こんにちは」は、「今日は、~」という形の省略形です。 つまりこの「は」 は助詞の「は」なのです。 よって、現在のところ、「こんにちは」と書くのが正しい、 ということになります。 ) >「ず」や「づ」 の使い方は 旧仮名遣いと現代仮名遣いの違いで どちらを使っても間違いにはならないみたいですが そんなことはありません。 「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」は、上記のように使うべき基準が 決められており、「どちらを使っても間違いにはならない」などということはありません。 世の中には、現代仮名遣いそのものに反対し、旧仮名を復活させたい(実際に旧仮名 を使う)人もいます。 しかし、そういう立場の人も、「どちらを使っても」よいとはいわない でしょう。 なお、現代仮名遣いについては上記の内容も含めて下記URL(文化庁HP 内の 「現代仮名遣い」(昭和61年 内閣告示・訓令)をご覧ください。 その観点から説明された方の御回答(下記URL があるので、そちらもご覧ください。 ポイントは、「こんにちは」の「は」を助詞ととるか、「こんにちわ」の全体で挨拶言葉と なっているととるか、ということです。 前者の立場に立てば「は」、後者の立場に立てば「わ」 がふさわしいということになります。 今のところ前者が規範とされているが、いずれ、後者 の説が主流となる可能性も十分ある、といえます。 の「『現代かなづかい』との主な相違点」の記事は、恥ずかしながらついさきほど私が 書いたものです。 こちらもご覧ください。

次の

挨拶「こんにちは」の顔文字

こんにちは と こんにちわ

まずは、「こんにちわ」が誤用である理由についてご説明いたします。 「こんにちわ」が誤用である理由。 「こんにちは」の語源。 「こんにちは」の語源を知ると、間違えなくなります。 「今日 はお日柄もよく」「今日 はよいお天気で」「今日 はご機嫌いかが」などという挨拶言葉ばありますよね。 しかし、これでは長いので「今日は」だけと残し、あとに続く言葉は略したのが「こんにちは」なのです。 「今日わお日柄もよく」「今日わよいお天気で」とは言いませんからね。 ちなみに、「こんばんは」も同様です。 「こんばんわ」は誤用で「こんばんは」が正しい。 なぜ「こんにちわ」と書かれるようになったのか? 「こんにちは」の方が正しいと知っていても「こんにちわ」と書いている人もいるでしょうね。 「こんにちわ」と間違える、「こんにちわ」と使ってしまう理由について考えてみましょう。 1つ目は、 音の問題。 「こんにちは」の「は」は、音としては「HA」ではなく「WA」ですからね。 言葉を感覚的、口語的に使う傾向が強いので、フィーリングとして「わ」の方が切れがいいし、口に出して言う時は「WA]なんだから「わ」と書いてもいいだろう、と感じる人は多いでしょう。 2つ目は、 親近感(和)の問題。 「は」と書くよりも「わ」と書いた方が、親しみやすさを覚える人は少ないないことは容易に想像できます。 ですから、若い人を中心に、「わ」と書く人が多いのは、当然だと言えるかもしれません。 「書き言葉」と「話し言葉」の問題。 便利さよりも、美しさを重視すべき。 当ブログ「美しい言葉」は、できるかぎり「日本語」を美しく使いたいという悲願を持っています。 日本語を美しく使いたいと同時に、美しい日本語を使いたいのです。 日本語を美しく使うためには、どうしても「書き言葉」と「話し言葉」を分けて使う必要性が出てきます。 すべての日本語を日常でしゃべる言葉と書く言葉をほとんど同じにした方が便利(効率的)だと考えるのは、現代の風潮では当然でしょうね。 でも、日本語のすべてを「話し言葉」で統一してしまったら、日本語が持つ本来の美しさ、微妙なニュアンス、奥深さは失われてしまうのです。 私たち日本人は、便利さよりも、美意識から日本語を見る、考える、使う必要があると私は強く主張したいのです。 その観点から判断すれば、 「こんにちわ」に日本語として軽すぎ、品格に欠けることに気づきます。 言葉は時代とともに変化するので、現代の感覚にマッチしていれば、どんどん変えて行っていいだろう、という考え方には同調できません。 そういう視点ではなく、 日本語としての格調、審美性を重視すべきではないでしょうか。 風花未来先の 「こんにちわ」は間違いで「こんにちは」が正しい理由。 との記事に接し、ご高説を拝読させて頂きました。 先生は、内閣告示第三十三号 現代国語の口語文を書きあらわすかなづかいを、次のように定める。 昭和二十一年十一月十六日 内閣総理大臣 吉田茂 この第四に、 [ワ]に発音される[は]は、[わ]と書く。 たゞし助詞の[は]は、[は]と書くことを本則とする。 昭和六一年七月一日付けをもつて、別添のとおり「現代仮名遣い」 内閣告示第一号 が告示され、同時に『「現代仮名遣い」の実施について』 内閣訓令第一号 が国の各行政機関に対して訓令されました。 2 助詞の「は」は、「は」と書く。 例 今日は日曜です 山では雪が降りました。 この件はよくご存知と思います。 私は現在75歳です。 人生の半分は「こんにちわ」でした。 間違いと言われるととても損をしたと感じます。 損をしたのでしょうかねぇ? こんばんは、安部と申します。 57歳の男です。 私も「こんにちわ」と書く人が多くて気持ち悪く感じています。 私の前にコメントを寄せられた方が示されている内閣告示は初めて知りました。 あほうのおじいさんはきちんとしていたのですね。 アホ晋三なら「こんにちわ」と書くと閣議決定しそうで怖いです。 言語は時代時代で変化すると言われていますが、私はなるべく美しい日本語を 残したいし、使いたいです。 何が美しいのかは主観ですが) 友人が「こんにちわ」を使っていてもいちいち指摘するのをためらっています。 日本は同調圧力が高過ぎですね、もっともっと自己主張すべきなんでしょうが うるさいやつだと思われたくないと… ぼやきでした。 それではまた。 今週の人気記事ランキング• 211件のビュー• 175件のビュー• 123件のビュー• 92件のビュー• 91件のビュー• 91件のビュー• 73件のビュー• 70件のビュー• 57件のビュー• 57件のビュー• 54件のビュー• 53件のビュー• 46件のビュー• 45件のビュー• 44件のビュー• 36件のビュー• 36件のビュー• 36件のビュー• 35件のビュー• 34件のビュー• 33件のビュー• 33件のビュー• 32件のビュー• 27件のビュー• 27件のビュー• 26件のビュー• 24件のビュー• 23件のビュー• 21件のビュー• 21件のビュー.

次の