ご連絡いただく 敬語。 「ご連絡させていただきました」電話、メールでの使い方。正しい敬語か。

「わざわざ」は敬語として使える?正しい使い方と類語を例文で解説

ご連絡いただく 敬語

ご連絡させていただきますは正しい敬語? 相手に連絡をするべき全ての場面で、ご連絡させていただきますという表現が使えるとは限りません。 敬語として正しく使える状況をしっかりと理解しておくことが重要です。 相手から許可を得たときに使える ご連絡させていただきますは、 自分の考えや知らせるべき情報などを相手に伝えることを意味する敬語表現です。 自分が連絡することを相手が許可している場合にのみ、使える表現であるということに注意する必要があります。 例えば、取引先から「これから会社に戻って資料を確認しますので、後ほど弊社にお電話をいただけますか?」と電話で言われたとしましょう。 この場合は、こちらから連絡することを相手が許可していると解釈できるため、「それでは後ほどご連絡させていただきます」のように使うことが可能です。 こちらから連絡の許可を伺い、相手に了承を得たような場面だけでなく、連絡がほしいと相手から伝えられた場合にも、あらためて使用できるフレーズなのです。 自分の意思で連絡する場合は不適切 ご連絡させていただきますという表現は、願望や依頼などのニュアンスを含んでいるわけではなく、「連絡をする」ということをきっぱりと言い切る表現です。 自分をへりくだる謙譲表現であり、相手に敬意こそ示していますが、 「連絡していいですか?」や「できれば連絡したいのですが」などという意味合いはありません。 「そちらの都合や意思にかかわらず、とにかく連絡します」というような気持ちを、敬意を添え丁寧な言い回しに変えただけの表現にすぎないのです。 したがって、相手に許可を得ていない場合や、こちらから連絡することを相手が知らない場合は、ご連絡させていただきますを使うことは不適切だとされています。 させていただくの使用には注意が必要 自分をへりくだり相手に敬意をあらわす『させていただく』という表現は、使い方を間違えると相手に不快な思いを与えかねません。 とても丁寧な表現であるため、さまざまな言葉と併せて使いたくなるフレーズですが、マナーを守るために正しい使い方を身につける必要があるでしょう。 誤って使っている人も多い させていただくという表現を使うことが許される条件には、前述した「相手の許可を得ているか」に加えて、「相手から恩恵を受けられるか」も含まれます。 例えば、「ご挨拶させていただきます」の挨拶は、わざわざ許可を得てするものではない上に、恩恵を受けるようなものでもありません。 「ご挨拶いたします」が妥当です。 「頑張らせていただきます」「通勤させていただいております」なども、同様に不適切な表現です。 許可と恩恵をポイントに、使えるかどうかを判断しましょう。 ご連絡させていただきますの例文 ビジネスシーンにおいてどのような使い方をすればよいのか、例文を交えて解説します。 実際の現場で応用できるよう、前後のフレーズも併せて確認しましょう。 メールにてご連絡させていただきます 電話や対面で会話をした後、資料などのやり取りをメールで行いたいような場合に使える表現です。 メールの文面でも、もう一度メールを送りたい場合に使えます。 以下、使い方を例文で確認しておきましょう。 分かり次第あらためてメールにてご連絡させていただきます。 ・わざわざお越しいただき申し訳ありませんが、ただいま担当者が不在にしておりますので、後ほどメールにてご連絡させていただきます。 『メール』の部分を、『お電話』『FAX』などにそのまま置き換えることも可能です。 後日ご連絡させていただきます 仕事上よく使われる『後日』は、翌日以降の日を指す言葉です。 3日後以内をめどに連絡できそうな場合に使用するとよいでしょう。 似た言葉の 『後ほど』は、本日中はもちろん、直後のタイミングでも使えます。 翌日以降もカバーしますが、数日後になりそうな場合は後日を使うほうが親切です。 1週間以内であれば、 『近日中』という言葉も使えます。 『再度』『また』『あらためて』などという言葉も組み合わせながら、連絡までにどのくらい時間がかかるのかという情報を、はっきりと伝えることが大切です。 ご連絡させていただきますので~ ご連絡させていただきますは、使い方が難しい表現であるため、相手によっては違和感を与えたり失礼に思われたりすることもあるでしょう。 しかし、後に『ので~』を続けることで、「よろしくお願いします」などのフレーズと組み合わせて、より丁寧な表現にできます。 以下のように、後につなげる言葉のバリエーションにも注意し、表現が一本調子にならないよう心掛けましょう。 ・延期後の日程に関しましては、改めてご連絡させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ご連絡させていただきますの言い換え表現 前述したように、ご連絡させていただきますは相手から許可を得ているような状況のみ使える表現です。 しかし、連絡する場面の全てにおいて許可が得られるわけではありません。 そこで、自分の意思で連絡する場合によく使われる言い換え表現を紹介します。 ご連絡します 「連絡する」をシンプルな謙譲語に変化させた表現が「ご連絡します」です。 謙譲表現の『ご~する』と丁寧語の『ます』を組み合わせ、自分をへりくだることで相手に敬意を示しています。 敬語としてはやや敬意にかけるため、 ビジネスシーンで使う場合は、親しい先輩・上司や、同僚・部下などに留めるのが無難でしょう。 以下に例文を挙げておきます。 ・現在の進捗状況をご連絡します。 各部品の仕上がりは順調で、既に梱包を開始しています。 ご連絡いたします 『ご~いたします』は、謙譲表現の『ご~する』と謙譲語『いたす』が同じ言葉の中に連続して使われているため、使用を避けるべきとされている二重敬語の用法です。 しかし、「ご連絡いたします」は、世間で広く使われている一般化されたフレーズであることから、 現在では敬語として使用できる言葉と考えられてます。 文法的に正しい表現は「ご連絡をいたします」ですが、この言い回しのほうが違和感を覚える人も多いでしょう。 「ご連絡いたします」は「ご連絡します」よりも丁寧な敬語であり、上司や取引先など目上の人に対して使っても問題ありません。 多くの場面で使える便利な言葉です。 ご連絡申し上げます 『申し上げます』は、『言う』の謙譲語『申す』と敬意を示す補助動詞『上げる』、丁寧語の『ます』で構成された敬語です。 比較的敬意の強い表現となるため、ビジネスシーンで連絡をしたい場面では、ご連絡いたしますとともに使いやすい表現といえます。 二重敬語ではなく敬語としての用法も正しい上、上司や取引先など目上の人に対しても問題なく使える言い回しです。 ご連絡いたしますよりもさらに丁寧な敬語であるため、連絡をするという意味の敬語表現に迷った場合は、積極的に使うとよいでしょう。 ご連絡の類語 何かを相手に伝える際に使用できる、ご連絡と似た意味の言葉を紹介します。 いずれもご連絡と置き換えて使用できるため、相手や状況に合わせて使い分けましょう。 ご返答 相手の問いに対して答える意味の言葉としては、『ご返答』と『ご返信』があります。 どちらも目上の人に使える便利な敬語です。 ご返信がメールなどの文書でしか使用できないのに対し、ご返答は電話などの会話でも使えます。 次の例文で使い方を確認しましょう。

次の

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」|OTONA SALONE[オトナサローネ]

ご連絡いただく 敬語

携帯電話やスマホが普及した現代では電話はビジネスシーンだけではなく、日常生活でも大切な連絡手段です。 昔は一家に一台固定電話がありましたが、現代では固定電話を持つ家は少なくスマホを利用している方が多くなっています。 若い方はもちろん、高齢者専用のスマホもあるように幅広い年代が利用しています。 そんな電話ですが、「連絡をもらう」場合にはどういった敬語表現になるのでしょうか。 またどのような使い方をするのでしょうか。 例文と合わせて状況などによる使い分けについてご紹介します。 謙譲語 「連絡をもらう」を謙譲語に直すと、「ご連絡をいただく」になります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「連絡をもらう」の「もらう」部分だけを敬語表現にするだけでは丁寧さが足りないので、「連絡」の前に「ご」をつけましょう。 「ご連絡をいただけますでしょうか」などと使うことができます。 「連絡をもらう」を敬語に直すときに「ご連絡をくださる」を使う方もいますが、「ご連絡いただく」を使う人の方が多いです。 「くださる」は「くれる」の敬語表現になります。 しかし、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」もよく聞く敬語表現なので間違いではありません。 「連絡をもらう」の敬語での使い方 「連絡をもらう」という言葉は、連絡をしてもらうようにお願いをすることを表現するので言葉を間違えてしまえば偉そうに聞こえたり、失礼に当たったりしますので注意しましょう。 「連絡をもらう」という言葉を使うときは、こちら側か聞きたいことがある場合や、なにか話したいことがあるときが多いです。 相手に「連絡をもらう」という手間をかけることになるので丁寧に伝えることが大切です。 頼みごとをされる場合、雑な頼み方よりも丁寧な言葉遣いでお願される方が快く引き受けられます。 相手が「連絡をしたい」と思ってもらえるように正しい敬語表現を覚えましょう。 敬語の種類 敬語は大きく分けて3種類あります。 物事を丁寧に伝える丁寧語、相手に敬意を表す尊敬語、自分や自分の身内についてへりくだって伝える謙譲語の3種類です。 どれも敬語表現で丁寧な言葉遣いになります。 しかし、状況や相手によって使い分ける必要があります。 同じ意味合いでも丁寧のレベルが変わってきます。 敬語は大きく分けると3種類ですが、細かく分ける場合は5種類になります。 上記の3種類と「申す」や「参る」などの丁重語とものごとを美化して伝える美化語の5種類になります。 美化語は皆さんも馴染み深い言葉です。 言葉の前に「お」や「ご」がつくのが特徴です。 「お酒」や「ご祝儀」などがあります。 メールでの使い方 メールは現代で電話と同じくらい重要な連絡方法です。 プライベートでは電話は全くしないけどメールは頻繁にするという方も多くいます。 敬語はメールでも使うことが多く、お客様や取引先などとの連絡手段にメールを利用している会社も多いです。 メールは何度も確認してから送ることができるので、落ち着いて要件など相手に伝えることができます。 また、メールは電話と違い残るので日時や場所などを伝える際にも便利です。 後日確認したい場合でも相手に連絡せずに確認することができます。 その反面、相手に送ってしまうと残るので文章や打ち間違いなどに注意しましょう。 メールで敬語を使う場合には、誤字脱字などの打ち間違いや敬語が重なる二重敬語に気をつけましょう。 文章を打ち終えたら脳内だけではなく声に出して読み上げることで間違いに気づける場合もあるのでおすすめです。 「連絡をもらう」の敬語表現をするときの例文 「連絡をもらう」にはさまざまな敬語表現があります。 よく使う「ご連絡いただく」や「ご連絡くださる」の他にも「ご連絡お待ちしております」や「お知らせください」などがあります。 どの言葉も「連絡をもらう」という言葉を元に言い方を変えて、相手に失礼のないように丁寧な言葉遣いになっています。 「ご連絡お待ちしております」と「お知らせください」の2つの敬語表現の例文と使い方についてご説明します。 ご連絡お待ちしております 「ご連絡お待ちしております」は「連絡をもらう」という言葉の敬語表現として正しい使い方です。 「連絡をもらう」というよりは「連絡を待つ」という意味合いが強いです。 間違えやすいのが「ご」が抜けた「連絡お待ちしております」や「お」が抜けた「ご連絡待っています」などです。 メールでの誤字脱字に注意が必要です。 「ご連絡お待ちしております」より丁寧に伝えたい場合は「ご連絡お待ちいたしております」や「ご連絡いただけると幸いです」を使うと良いでしょう。 お知らせください.

次の

「わざわざ」は敬語として使える?正しい使い方と類語を例文で解説

ご連絡いただく 敬語

こんにちは。 ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。

次の