相鉄 jr 乗り入れ。 【JR・相鉄直通】当初予想の半数程度⁉︎東京・品川方面利用のPR開始

相鉄・JR直通線、目玉は「新宿直結」にあらず? ダイヤから読み解く「真の野望」: J

相鉄 jr 乗り入れ

11月30日、相鉄(相模鉄道)とJR線が直通運転をスタートし、神奈川県と東京都を結ぶ新たな鉄道路線が開業する。 横浜市内から新宿など都心部へのアクセス性が向上することになりそうだ。 直通運転開始に伴い新駅も誕生するが、新駅周辺を含め、沿線エリアはどのような場所なのだろうか。 周辺の賑わいや商業施設の有無、住宅街の様子などから、これらエリアの中でも特に注目すべきまちを、まち探訪家の鳴海行人さんに探ってもらった。 相鉄・JR直通線の全容 まず、11月30日から運行される「相鉄・JR直通線」がどのようなものなのか、そこから説明していきたいと思います。 相鉄・JR直通線とは、相鉄の西谷駅から、新設される「羽沢横浜国大駅」までの2. 1キロメートルの区間のこと。 開業により相鉄とJRの線路がつながり、直通電車が運行できるようになります。 相鉄方の直通電車の起点は、神奈川県中央部にある海老名駅(海老名市)です。 そこから相鉄本線を通り、西谷駅(横浜市保土ケ谷区)を経由、新駅の羽沢横浜国大駅(同神奈川区)へ。 その先はJR線となり、武蔵小杉駅などを経由していきます。 大崎駅からはJR埼京線に入り、恵比寿駅、渋谷駅、新宿駅と、東京都心部に至ります。 また、一部の列車は埼玉県まで直通運転を行います。 11月30日からの直通線で、相鉄本線の沿線から都心部へ乗り換えなしでアクセスできるように 直通電車の本数は朝ラッシュ時で毎時3~4本、昼間は毎時2本、夕方が毎時3本。 ただし、海老名駅や大和駅には新宿へ直通する小田急線があり、こちらの方が所要時間も短く本数も多くなっています。 そのため直通電車の恩恵を受けるのは、主に西谷駅より西の横浜市瀬谷区、泉区、旭区のエリアになります。 ちなみに、直通電車は相鉄いずみ野線を経由しません。 ただ、二俣川駅や西谷駅で直通電車に乗り換えやすいよう時刻などが考慮されており、直通の恩恵は受けやすいようになっています。 では、実際これらのまちの様子をみていきましょう。 新駅開業なのに盛り上がらない? まず紹介するのは、新駅の羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)駅です。 隣接地には貨物駅(横浜羽沢駅)があり、駅の隣には横浜市内の自動車交通を支える環状2号線が通っています。 駅名にもなっている横浜国立大学へは徒歩10分ほどです。 新駅開業というと周辺の開発・再開発が期待されるもの。 羽沢横浜国大駅にも、駅も含めた「神奈川羽沢南二丁目地区地区計画」が持ち上がっています。 これによれば、低層階に商業施設や医療施設を設けた高層マンションを建設するA地区、同じく低層階に商業施設を入れた中低層マンションを建設するB地区、駅舎やバス停など駅関連施設を設けるC地区に分けて再開発を行うということです。 ただ、現状は駅以外のエリアではまだ具体的な開発計画が進展しておらず、駅周辺には商業施設も見当たりません。 羽沢横浜国大駅の南側に拡がる「横浜羽沢駅」(著者撮影) そして駅に停車する電車についても、近隣エリアと比較して大変少ないことも特徴です。 片方向で、1時間あたり最大本数が4本。 昼間に至っては1時間に2本しかありません。 終電も新宿発が23時14分と大変早くなっています。 直通するJR横須賀線やJR埼京線のダイヤに余裕がなく、電車を入れる隙間がないことが大きな理由です。 こうした駅周辺の地形や直通後の本数の面に難があるのが羽沢横浜国大駅周辺です。 また、横浜国立大学の学生が同駅をメインで利用するケースも多くはなさそうです。 すでに市営地下鉄三ツ沢上町駅や、相鉄和田町駅から徒歩(15~20分)での通学が定着しています(横浜駅から学内へ向かうバスもあります)。 羽沢横浜国大駅は、学生が積極的にメイン駅として利用するほど有利な立地ではなく、なんと言っても前述の通り電車本数が少ないのです。 加えて、羽沢横浜国大駅から横国大に行くには、丘を1つ超えていかなければならないうえ、住宅地の中を抜けていくため、歩きづらいのです(横国大に用事のある、東京都心方面からの業者などは使うこともあるかもしれません)。 そのため、学生向けのお店がオープンする可能性も低いでしょう。

次の

相鉄線の都心乗り入れですが、JR直通は必要ですか?本数もあ...

相鉄 jr 乗り入れ

YNB化も見送り?本来の改造予定 相鉄からの11000系登場当初内容としては、横浜方面用に投入するが、必要に応じて都心直通でも使用するといったものでした。 その後、 東急直通用の20000系発表時点では、JR直通で新形式を起こす他、11000系の一部編成についても使用するとしていました。 ちょうど当時、既存車両についてもヨコハマネイビーブルーへの塗装変更が進みはじめた他、11000系や乗り入れ対象外となる10000系についても同色への変更イメージが出ていたため、このような動きになると推測されていました。 しかしながら、その後登場した12000系では、車体構造こそE235系ベースであるものの、床下機器配置や構成などを埼京線用のE233系7000番台に揃えたものとなり、既存の11000系は方向転換やATACS設置などの大規模な改造が出てくると思われました。 その後、今回趣味誌による新情報として、JR線乗り入れに使用する車両は12000系のみとし、11000系は相鉄線内のみで活躍することが判明しています。 見送った背景は? 改造が見送られた背景として、ステンレスに塗装をするための下地処理が煩雑なため、他社でも新造時以外の実施例が稀であるなど、難工事・コストが嵩むことなどが背景として推測されます。 これに加えて編成向きを揃える しなくても大きな支障こそないものの、12000系がわざわざ逆向きで製造されているのにしないのも取扱上不便 、保安装置の改造などの手間、車種が増えることの煩雑さなどが考慮にあると思われます。 工事の再三の延期を挙げる声もありますが、そもそも相鉄11000系投入時点でJR乗り入れを強く意識していたわけではなかった他、12000系投入時点でも11000系の乗り入れも前提としていたはずですので、これに因果関係があるのかは不明です。 代替車両の用意はどうする? JR線乗り入れで使用されるのが6編成程度で、これが12000系4編成と11000系の改造が2〜3編成という計画と推測されていました。 これは、12000系と20000系の合計製造本数が160両と発表されていることから、20000系に8両編成と10両編成が製造されることを加味した場合の計算となります。 メインとなる目黒線向けの20000系8両編成が10編成程度、相鉄が強く要望している東横線乗り入れ分の20000系が10両4編成程度という計算です。 今回の計画変更により代替されるのが20000系の製造本数なのか、はたまた12000系の製造数増加で一部廃車となる計画だった8000系の置き換え編成を増やすのか、引き続き動向に注目です。

次の

なぜ「相鉄・JR直通線」は新川崎や鶴見に停車しないのか、その理由がわかる映像

相鉄 jr 乗り入れ

相鉄・JR直通線のルートイメージ(赤太線)。 新川崎駅も通過する(のパンフレットをもとに、ルートを追記し、駅名表記も地図上に追加した) 注目は、新駅となる 羽沢横浜国大駅からJR武蔵小杉駅までの区間で、相鉄線の西谷駅から真新しい新線のトンネルに入り、羽沢横浜国大に停車した箇所から先、 JR東日本が運行を担当する部分の映像です。 羽沢横浜国大を出た列車は、日吉方面へ向けて工事が進む 「相鉄・東急直通線」のトンネル入口を右手に見ながら、地上へ出て、 貨物線と合流して長いトンネルに突入。 東海道貨物線の長いトンネルを出ると、東海道本線や京浜東北線、横須賀線など8本以上の線路と並走し、すぐに 鶴見駅を通過するのですが、左手に見える 京浜東北線のホームは、東海道本線の線路に阻まれ、停車することはできません。 新川崎駅のホームは高層ビル群(鹿嶋田)側にあるが、相鉄・JR直通線の新宿方面行は写真右端のシンカモール・交通広場寄りにある貨物用の線路を通るため、ホームはまったく見えない そして列車は、複雑な立体交差を走って東海道本線などと分かれ、横須賀線と並走する形で 新川崎駅方面へ。 前方に新川崎の高層ビル群が見えてくると、列車は左側にカーブし、新川崎駅ホームの目の前にある 操車場(新鶴見信号場)のもっとも外側(交通広場側=日吉寄り)の線路を通過します。 新川崎駅があるはずなのに、 操車場内を通っているため、鹿嶋田駅寄りにある ホームの姿はまったく見えず、別路線のように感じてしまうはずです。 その後、真正面に NEC玉川事業所の高層ビルが映ったあたりで、 横須賀線の線路と合流し、左手を走る東海道新幹線に追い越されながら、 JR武蔵小杉駅のホームに至ります。 これから先は、「湘南新宿ライン」の電車と同じルートで大崎駅やJR渋谷駅を経由してJR新宿へ向かうという内容となっています。 左手の東海道新幹線とともにJR武蔵小杉駅にいたる(相鉄の前面展望ムービーより) この映像から分かるのは、相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大からJR武蔵小杉までの間は、 旅客用としてはほとんど使われていない線路を使っているということです。 今回公開された映像では、相鉄・JR直通線の 開通後のルートを理解できるだけでなく、普段はほとんど通ることのない 東海道貨物線や、鶴見駅から新川崎駅にかけての 複雑に交錯した貨物線、そして「成田エクスプレス」や貨物列車などのJRの列車に追い抜かれたり、抜いたりするシーンも収められており、相鉄線からJR線へ 乗り入れた際のイメージがつかめるようになっていました。

次の