かち上げ 相撲。 白鵬 横綱相撲が酷い!張り手や張り差し、かちあげ、ヒジ打ちなど

白鵬の張り手、かち上げは禁じ手にできるか WEDGE Infinity(ウェッジ)

かち上げ 相撲

大相撲名古屋場所は8日、ドルフィンズアリーナで初日を迎える。 最近、やり玉に挙げられているのが横綱白鵬の張り手やかち上げ。 反則技でもない取り口は、それほど批判されることなのだろうか。 白鵬は5月の夏場所も、張り手を何度か見せて物議を醸した。 昨年末には横綱審議委員会からも苦言を呈されている。 過去には白鵬のかち上げで相手力士が脳振盪(しんとう)を起こしてひっくり返ったこともあるし、白鵬の張り手やかち上げを汚いとか醜いと感じる人もいるかもしれない。 やる回数が多いことに不満を持つ人もいるだろう。 見方は人それぞれ。 しかし、長年相撲を取ってきた者からすれば、ひどい取り口とも思えないし、封印を余儀なくされるのはどうかと思う。 立ち合いで勢 右 に張り手をする白鵬(2016年夏場所) 相手をわざと痛めつけているのであれば問題だ。 ただ勝負は甘い世界ではないし、相撲のルール上やってはいけないものでもない。 自分の現役時代を振り返っても、貴闘力関はバンバン張っていたし、昔の人は立ち合いから相手を思い切り張り倒すつもりで、張ることだけしかやっていない力士だっていた。 普段から頭と頭がぶち当たるような稽古をしていれば、そんな張り手くらいで倒れることもないだろう。 やられたら逆にやり返すくらいの気持ちで白鵬に立ち向かっていけばいい。 張っていけば当然脇があくし、かち上げるときに背中が伸びてしまうことだってある。 その隙を突いて、立ち合いから恐れることなく白鵬に強く当たっていけばいいし、立ち合いのタイミングをずらしたっていい。 だが、今の若手は何の対策もなく、相撲にならないことが実に多い。 自分が現役のときは、武双山(藤島親方)や安芸乃島関(高田川親方)、琴錦関(朝日山親方)ら闘志をむき出しにする力士ばかりだった。 だが、今の若手からは「何が何でも横綱に勝ってやる」という気概が感じられない。 土俵に上がった時点で負けているというか、怖々と相撲を取って、おとなしく横綱の攻撃を受けてしまっている。 白鵬相手に張り返したら巡業の稽古でかわいがられるのを恐れているのだろう。 かわいがりを受ければ多少きつい稽古になるかもしれないが、昔ほどの厳しさはないし、本来は横綱と稽古できるのはありがたいこと。 自分が強くなるために横綱に鍛えてもらえばいいのに、稽古が嫌だからみんな逃げている。 だから、いつまでたっても勝てないのではないか。

次の

花田虎上氏 白鵬の相撲に持論「かち上げには簡単に勝てる 勝てない人が悪い」→良いこと言うわ。その通り、納得。

かち上げ 相撲

イメージ画像 1年の最後を締めめくる大相撲九州場所は、先場所途中休場の横綱・白鵬が千秋楽を待たずに優勝。 秋場所で2度目の優勝を飾り、大関昇進を目指す関脇・御嶽海、つい先日に婚約発表し、否が応でも力が入る大関・高安、大関復帰を目指す栃ノ心……本来ならば九州場所は見どころたっぷりとなるはずだった。 しかし横綱・鶴竜、大関の豪栄道と高安、さらに栃ノ心と、上位陣に休場が相次ぎ、御嶽海は序盤に下位力士に連敗して、大関昇進の目はあっさり消滅。 終わってみれば14勝1敗で優勝した白鵬以外、上位陣で勝ち星が2ケタに到達したのは、11勝の小結・朝乃山だけだった。 週刊誌のスポーツ担当記者がいう。 「稀勢の里が今年の初場所で引退し、新たな日本出身横綱の誕生が期待される相撲界ですが、九州場所ははっきり言って収穫ゼロでした。 上位をうかがう力士は軒並み期待外れで、高安などは土俵外のギックリ腰で休場する始末。 横綱2人は30代半ばで、遠からず土俵を降りることになるでしょうが、横綱候補の力士がまったく見当たりません。 年間最多勝数も過去最低で、今年2場所休場した白鵬が年間最多勝を取る可能性さえありました。 力士の大型化が顕著で、力任せの突き押し相撲が多く、あっさり勝負が決まるので、手に汗握るような取組も少なかったですね」(スポーツ担当記者) 2019年で言えば、横綱が揃って15日間出場したのは2場所だけ。 大関以上に休場力士がいなかったのは3月場所だけだった。 ただ、休場が相次ぐ状況には、同情すべき点もあるという。 ベテランの相撲ライターがいう。 さらにその間には休みなく巡業があります。 巡業日数は2014年は37日でしたが、昨年は91日にまで激増しました。 巡業はバス移動のことも多く、巨漢の力士にとってはそれだけでも大きな負担です。

次の

かち上げ (相撲)とは

かち上げ 相撲

2020年3月の大相撲春場所は、新型コロナウイルスの影響で「無観客」で開催され、白鵬の44回目の優勝で幕を閉じました。 そして、又しても横綱白鵬の「張り手やかち上げ」が止まりません。 張り手もかち上げも相撲のルール上は認められる技ではありますが、横綱がそれらを使うのは「卑怯」ではないか、いや「それに勝てない他の相撲取りが悪い」という両方の意見があります。 今回は、白鵬の張り手やかち上げの是非について検証します。 白鵬について 1985年(昭和60年)3月11日生まれで、2007年 平成19年 に第69代横綱に昇進。 2019年には念願の日本への帰化が認められ日本名は「白鵬 翔 (しょう)」。 2020年1月の初場所までの戦績は「1147勝241敗164休(113場所)」で、幕内優勝回数は43回で戦績と併せ史上最多を誇ります。 平静の大横綱と言われ、これだけの成績を残し、35歳の今も現役を続ける白鵬には悪評が飛び交っているのは何故なのでしょうか? <張り手とは> 相撲の取り組みでよく目にするのは「突っ張り」です。 これは平手で相手を突いて押す技ですが、「張り手」とは平手を前に突くのではなく、横に振り相手の顔や首の側面を叩く、いわゆる「ビンタ」と言われる技です。 力士は相撲部屋の中に立つ「鉄砲柱」を使って手の平で突っ張りの練習をします。 中には、手の平が石のように硬くなっていて、張り手一発で脳震盪を起こすことがあります。 <かち上げとは> 立ち合いで相手の力士が頭を低くして突進してくるとき、肘を直角に曲げ相手の体を下から撥ね上げて相手の上体を起こさせる技で、別名をプロレス技の「エルボー」とも呼ばれる技です。 横綱審議委員会(横審)の矢野委員長は、2019年九州場所での白鵬の荒々しいかち上げによる白星に対して、「横綱の振舞として見苦しい」として苦言を呈しています。 <相撲の決まり手> 大相撲の決まり手は、かつては「48手」と言われましたが、1955年(昭和30年)に70手になり、2000年(平成12年)には現在の82手になっています。 後にも先にも、決まり手の中には、「張り手・かち上げ」というのは含まれておらず、張り手のように出合い頭に一発で相手を倒してしまったりした場合の決まり手は「突き倒し」となることが多いそうです。 <張り手の歴史> ・「雷電為右エ門」は八角という力士を張り手で殺してしまったという逸話があります。 ・「旭道山(きょくどうざん」は身長180cmで体重が90kg前後という計量でしたが、その張り手の威力はすさまじく一発で相手を失神させるほどでした。 白鵬の張り手やかち上げに対する評価 横綱審議委員会の評価は上述のとおり「横綱として見苦しい」とのことで、白鵬の元後援会長でさえも、「最近の白鵬の取り口は汚い」と酷評しています。 後援会の会員の評価はさておき、一般的な評価は必ずしも良いとは言えません。 <花田虎上氏の見解> ところが、元66代横綱の3代目「若乃花」の花田虎上 (まさる)氏は、「白鵬の張り手やかち上げに勝てない相手が悪い」と断言するのです。 張り手、かち上げをやってくれた方が相手力士にとっては勝つチャンスだと言うのです。 張り手やエルボーをやると脇が空くので、まわしを取り易くなるのだそうです。 要するに白鵬が自らチャンスを作っているのに、それでも勝てないのだから、勝てない相手が弱いのだと。 最近白鵬が負けるパターンはその張り手やかち上げを上手くかいくぐってまわしを取られた場合なのです。 皆さんの見解は? 張り手もかち上げも相撲の技のひとつなんだから、それを使って何が悪いのか。 横綱には「品格」が求められるので、汚い技は使うべきではない。 もちろんその評価は、白鵬のことが好きか否かで異なるとは思いますが、皆さんの評価はいかがでしょうか? < >も見てください。

次の