礼儀 正 しさ こそ。 「感想/書評」【Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である】無礼は損しかない

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

礼儀 正 しさ こそ

クリスティーン・ポラス著、夏目大訳 東洋経済新報社 1760円(税込) 子どものころに、礼儀正しく、慎ましく、人を敬うように、としつけられた。 おかげで身についてはいる(ときどき違っていたらごめんなさい)。 だけど、それが何のためなのか、はっきり自覚しているわけではなかった。 礼節(シビリティ)について考える、と題された本書は、なぜ私たちは礼儀正しくするべきなのか、その理由を明快に具体的に説明してくれる。 多くの有名企業や政府機関で活気ある職場づくりについて講演やコンサルティングを行なっている著者は、<無礼な態度を取る人間が多いことは道徳的に良くない、と訴えるより、そういう職場はこんなに大きな金銭的損失を生むと知らせたかった>と執筆の動機を明かしている。 無礼さが損失を引き起こす実例も多々紹介されるが、まずはどんな立ち居振る舞いが礼節にかなうかを共有したほうがいいだろう。 相手の話をよく聞く、笑顔を絶やさない、感謝する気持ちを持つ、他人の良さを認める、責任を果たす、成果を分かち合う……。 中でもビジネスパーソンにとって重要なのは、温かさと有能さの両立だという。 <あなたが誰かに「温かい」「有能 」という印象を与えることができれば、その人はあなたを信頼する可能性が高い。 あなたを信頼してくれた人とは良好な人間関係を築くことができる。 その人はあなたが何かをするときに、おそらくそれを支持し、応援してくれる> 逆に、いつも不機嫌で、話を聞こうとせず、他人を過小評価する、成功を独り占めして、失敗は人のせいにする。 そういう人間は、どれほど技術や才能が優れていたとしても出世はできない。 欠点を自覚して、言動を改める努力をするべき、というのが本書の主張だ。

次の

marshillmusic.merchline.com: Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である eBook: クリスティーン・ポラス, 夏目 大: Kindleストア

礼儀 正 しさ こそ

作品紹介・あらすじ 全米で話題「礼節の科学」、ついに日本初上陸! MBAで「職場の無礼さ」を研究する著者、20年間の集大成がこの1冊に凝縮! 一流のエリートほど、なぜ不機嫌にならないのか? ビジネスでも、人間関係でも、最強の武器になる礼節の力を徹底解説! 《こんな職場から抜け出したい人必読。 0』著者 「読んでいて引き込まれる。 と、自分が礼儀正しくあるための方法。 感想が消えた。 あああ、残念。 というわけで、2回目の投稿。 今度の方が上手にまとめられると信じて。 〇無礼な職場では、半数の人がわざと手を抜く。 上の人によって変わるよね。 上の人の態度が残念だった場合、その職場の雰囲気も残念になる場合は多い。 今、自分の立場が上がってきている今、職場の環境作りは大事だとひしひしと感じるようになってきた。 〇意志の力だけでは、無礼を「乗り越える」ことが不可能だということを意味する。 流されないぞ、だけではだめということ。 〇礼節のある言動とは、つまり相手を丁重に扱う言動ということだが、必ず、心から相手を尊重する気持ちがないとうまくはいかない。 周囲の人たちの気分がよくなる態度が必要。 では、具体的に考えてみよう。 1.5m以内に近づいたら「こんにちは」と声をかける。 これは私一人でもできるね。 微笑むだけで気分がよくなる、人からも感じがよいと思われやすいらしい。 日本の職場でもそうかなあ。 〇日々を過ごしながら、身近な人たちをよく観察する。 (p95) 〇ロールモデルを探す。 人間観察はとっても大事だと思う。 ただ見るだけではなく、いいなと思う人のいいところを書き出す。 そして、それが相手にどんな態度や言動をもたらしたか書いてみる。 〇毎日、日記をつけてみる。 気配りの必要なことは言動のよい時間に行うようにする。 態度を改善したら、自分の気分がどう変わったのかも。 そこまで分析的にすると、意味があるよなあ。 〇人の話に耳を傾ける。 RASAというのもある。 receive 受け止める appreciate 尊重する 余計な合いの手を入れない。 summarize 要約する ask questions 質問する 話す:聞く=1:2がベスト。 また、成長するための、偏見をさけるためには、あえて自分と違う人と交流するのが大事ということを知っておく。 〇ワンランク上の礼節を身につけるための5つの心得。 情報的、社会的(つまり人間関係)、個人的(つまり自分の時間)。 情報と社会は与えても減らないが、個人的リソースは取り戻せない。 〇無礼な扱いを受けた時の対処法。 うしろめたさがなければ可能だ。 [一流のエリートほど、なぜ不機嫌にならないのか]という帯に惹かれて読んだ。 ちょうど会社で、無礼な行動の多い女性従業員のことで頭を痛めていたこともあり、職場で「礼節」がどれだけ大切か、その説得の言葉が自分の中に足りなくて、それで引き寄せられたのかもしれない。 職場でもどこでも、相手に敬意を示す行動が大切なのは当たり前だが、無礼が会社に齎らす損害を具体的に示している部分などは特に、具体的で説得力があった。 「無礼さは脳に焼き付く」「無礼な言動に触れて感情が強く動かされると、そのことは決して忘れられない。 無礼な態度を取っていた人の姿を見るだけで、また無礼な態度に触れた場所に行くだけで、その時の感情が蘇ってしまう。 」というのも、本当だなと思った。 原文が良いのか、訳者が上手なのか、文章は平易でとても読みやすい。 礼儀正しい事は、損益を生まない、礼儀ある人になる為に、そして、なぜ礼儀が大切かが書かれてある、 当たり前の事が書かれてあるようで、内容は深い1冊です! 礼儀がどのくらい社会に影響を、与えているか。 実際に数字を出し、論理的に説明されてあります。 礼儀ある会社と、そう出ない会社の差をハッキリさせる事で、礼儀は大切だ!のように! 生まれてきた場所も違えば、持っている価値観も違い、学んだ常識が異なるグローバルな時代だからこそ! 自分の常識が全てではなく、他人を受け入れる礼儀正しさを身につけることが重要かなと考えさせられました! 人生をより豊かにするためには、この、礼儀正しさを身につけることで、向上すると、私は思いました! 当然ながら無礼よりは礼儀正しいほうがいいに決まっている。 そして上司や同僚がお互いに敬意を払い合えばお互いに良い影響は伝染し合いパフォーマンスは向上する。 逆もまた然り。 本書で述べられる各礼節は自分に反省すべきところが多々あり非常に勉強になる。 他方で本書が惜しいのは礼儀正しさの阻害となる「無礼者」への対処法が人格強制か排除の二択とややチープなことだ。 経営者にサイコパスが多いという研究結果もあることだし、礼儀正しいから出世するのではなく出世した者のうち礼儀正しい人が希少だから目立つ。 礼儀正しき人も幾度となく無礼者から無礼を受けて貶められれば、人間不信や疑心暗鬼になり、段々ダークサイドに陥ってしまう。 人はそうそう聖人君子に成れる者ではない故に、重要な無礼者への処し方、無礼を受けた場合のメンタル術について一般論から踏み込んだ内容が欲しかった。 クリスティーン・ポラス ジョージタウン大学マクドノー・スクール・オブ・ビジネス准教授 活気ある職場を作ることを目的とし、グーグル、ピクサー、国際連合、世界銀行、国際通貨基金、米労働省・財務省・司法省・国家安全保障局などで講演やコンサルティング活動を行う。 その仕事は、CNN、BBC、NBC、MSNBC、CBS、ABC、『タイム』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『フィナンシャル・タイムズ』『フォーブス』『フォーチュン』『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』など、世界中の1500を超えるテレビ、ラジオ、紙メディアで取り上げられている。 ノースカロライナ大学チャペルヒル校ケナン=フラグラー・ビジネス・スクールにて博士号取得。 博士号を取得する以前は、スポーツ・マネジメントとマーケティングを行う大手企業IMGに勤務。 共著に『The Cost of Bad Behavior』がある。 「2019年 『Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』 で使われていた紹介文から引用しています。

次の

礼儀正しい人の6つの特徴や心理とは?

礼儀 正 しさ こそ

作品紹介・あらすじ 全米で話題「礼節の科学」、ついに日本初上陸! MBAで「職場の無礼さ」を研究する著者、20年間の集大成がこの1冊に凝縮! 一流のエリートほど、なぜ不機嫌にならないのか? ビジネスでも、人間関係でも、最強の武器になる礼節の力を徹底解説! 《こんな職場から抜け出したい人必読。 0』著者 「読んでいて引き込まれる。 と、自分が礼儀正しくあるための方法。 感想が消えた。 あああ、残念。 というわけで、2回目の投稿。 今度の方が上手にまとめられると信じて。 〇無礼な職場では、半数の人がわざと手を抜く。 上の人によって変わるよね。 上の人の態度が残念だった場合、その職場の雰囲気も残念になる場合は多い。 今、自分の立場が上がってきている今、職場の環境作りは大事だとひしひしと感じるようになってきた。 〇意志の力だけでは、無礼を「乗り越える」ことが不可能だということを意味する。 流されないぞ、だけではだめということ。 〇礼節のある言動とは、つまり相手を丁重に扱う言動ということだが、必ず、心から相手を尊重する気持ちがないとうまくはいかない。 周囲の人たちの気分がよくなる態度が必要。 では、具体的に考えてみよう。 1.5m以内に近づいたら「こんにちは」と声をかける。 これは私一人でもできるね。 微笑むだけで気分がよくなる、人からも感じがよいと思われやすいらしい。 日本の職場でもそうかなあ。 〇日々を過ごしながら、身近な人たちをよく観察する。 (p95) 〇ロールモデルを探す。 人間観察はとっても大事だと思う。 ただ見るだけではなく、いいなと思う人のいいところを書き出す。 そして、それが相手にどんな態度や言動をもたらしたか書いてみる。 〇毎日、日記をつけてみる。 気配りの必要なことは言動のよい時間に行うようにする。 態度を改善したら、自分の気分がどう変わったのかも。 そこまで分析的にすると、意味があるよなあ。 〇人の話に耳を傾ける。 RASAというのもある。 receive 受け止める appreciate 尊重する 余計な合いの手を入れない。 summarize 要約する ask questions 質問する 話す:聞く=1:2がベスト。 また、成長するための、偏見をさけるためには、あえて自分と違う人と交流するのが大事ということを知っておく。 〇ワンランク上の礼節を身につけるための5つの心得。 情報的、社会的(つまり人間関係)、個人的(つまり自分の時間)。 情報と社会は与えても減らないが、個人的リソースは取り戻せない。 〇無礼な扱いを受けた時の対処法。 うしろめたさがなければ可能だ。 [一流のエリートほど、なぜ不機嫌にならないのか]という帯に惹かれて読んだ。 ちょうど会社で、無礼な行動の多い女性従業員のことで頭を痛めていたこともあり、職場で「礼節」がどれだけ大切か、その説得の言葉が自分の中に足りなくて、それで引き寄せられたのかもしれない。 職場でもどこでも、相手に敬意を示す行動が大切なのは当たり前だが、無礼が会社に齎らす損害を具体的に示している部分などは特に、具体的で説得力があった。 「無礼さは脳に焼き付く」「無礼な言動に触れて感情が強く動かされると、そのことは決して忘れられない。 無礼な態度を取っていた人の姿を見るだけで、また無礼な態度に触れた場所に行くだけで、その時の感情が蘇ってしまう。 」というのも、本当だなと思った。 原文が良いのか、訳者が上手なのか、文章は平易でとても読みやすい。 礼儀正しい事は、損益を生まない、礼儀ある人になる為に、そして、なぜ礼儀が大切かが書かれてある、 当たり前の事が書かれてあるようで、内容は深い1冊です! 礼儀がどのくらい社会に影響を、与えているか。 実際に数字を出し、論理的に説明されてあります。 礼儀ある会社と、そう出ない会社の差をハッキリさせる事で、礼儀は大切だ!のように! 生まれてきた場所も違えば、持っている価値観も違い、学んだ常識が異なるグローバルな時代だからこそ! 自分の常識が全てではなく、他人を受け入れる礼儀正しさを身につけることが重要かなと考えさせられました! 人生をより豊かにするためには、この、礼儀正しさを身につけることで、向上すると、私は思いました! 当然ながら無礼よりは礼儀正しいほうがいいに決まっている。 そして上司や同僚がお互いに敬意を払い合えばお互いに良い影響は伝染し合いパフォーマンスは向上する。 逆もまた然り。 本書で述べられる各礼節は自分に反省すべきところが多々あり非常に勉強になる。 他方で本書が惜しいのは礼儀正しさの阻害となる「無礼者」への対処法が人格強制か排除の二択とややチープなことだ。 経営者にサイコパスが多いという研究結果もあることだし、礼儀正しいから出世するのではなく出世した者のうち礼儀正しい人が希少だから目立つ。 礼儀正しき人も幾度となく無礼者から無礼を受けて貶められれば、人間不信や疑心暗鬼になり、段々ダークサイドに陥ってしまう。 人はそうそう聖人君子に成れる者ではない故に、重要な無礼者への処し方、無礼を受けた場合のメンタル術について一般論から踏み込んだ内容が欲しかった。 クリスティーン・ポラス ジョージタウン大学マクドノー・スクール・オブ・ビジネス准教授 活気ある職場を作ることを目的とし、グーグル、ピクサー、国際連合、世界銀行、国際通貨基金、米労働省・財務省・司法省・国家安全保障局などで講演やコンサルティング活動を行う。 その仕事は、CNN、BBC、NBC、MSNBC、CBS、ABC、『タイム』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『フィナンシャル・タイムズ』『フォーブス』『フォーチュン』『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』など、世界中の1500を超えるテレビ、ラジオ、紙メディアで取り上げられている。 ノースカロライナ大学チャペルヒル校ケナン=フラグラー・ビジネス・スクールにて博士号取得。 博士号を取得する以前は、スポーツ・マネジメントとマーケティングを行う大手企業IMGに勤務。 共著に『The Cost of Bad Behavior』がある。 「2019年 『Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』 で使われていた紹介文から引用しています。

次の