トーマツコンサルティング 年収。 【2020最新】デロイトトーマツコンサルティングへの転職を徹底分析。面接での質問や年収情報などからわかる転職難易度とは

デロイト トーマツの年収は830万円!年代・役職別・推定生涯年収を解説!

トーマツコンサルティング 年収

給与制度の特徴として、基本給に年2回の賞与が付きます。 初任給は600万円弱と初年度から全国平均の約1. 初任給は高水準であることが分かりますが、ファームによって年次毎の年収上昇率は異なるため、初任給の差がそのまま平均年収の差に繋がるわけではありません。 なお10年次以降の年収に関しては、昇進のスピードやパフォーマンスによって大きく異なるため参考値として上記のグラフに載せています。 そのため、社員教育にも力を入れており実際のプロジェクトを通じたOJTの他に、研修等のOFF-JTを豊富に揃えており教育制度は非常に充実しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張日当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• そのため、転職を繰り返して職位を上げていくうちに70%程度の方は、 30歳程度でいずれかのファームで年収1000万に到達するようです。 マネージャー以降は、更に評価が厳しくなるためコンサルティングファームから事業会社へ転職する方も増えてきます。 デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)について、更に詳しく デロイト トーマツ コンサルティングや他の総合系コンサルティングファームについてさらに研究したい方は、こちらも是非参考にしてみてください。 【関連企業の年収・初任給・給与制度】• 【関連コミュニティ】• 【関連コラム】• 【選考体験記】• デロイトトーマツコンサルティングの研究• このカテゴリーに関する他の記事•

次の

【ファーム別比較】総合・ITコンサルタントの年収・残業時間まとめ

トーマツコンサルティング 年収

本記事の目次• デロイトトーマツコンサルティングについて デロイトトーマツコンサルティングはDTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 企業のさまざまな組織、機能、目的に対応したサービスを提供する専門家に加え、さまざまな業界・業種ごとの専門的知識と豊富なプロジェクト経験をもつエキスパートたちが、クライアントと共に経営課題の解決に取り組んでいます。 さまざまな業界・業種ごとの専門的知識とプロジェクト経験をもつインダストリーサービスと、組織、機能、目的に対応し、特有の課題を解決するコンピテンシーサービスの2つの軸のプロフェッショナルがチームを組み、サービスを展開しています。 また、グローバルに事業展開するクライアントをサポートする体制を有しています。 デロイト トーマツ コンサルティングは、デジタル社会の進展に伴う変革にとどまらず、さらにその先を見据え、企業のエクスポネンシャル(指数関数的)な事業成長の加速を多面的に支援しています。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、これからのビジネスに求められている価値観であると考えています。 次世代のために、その先にある未来のために、クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングはクライアントと共に日本を、世界を進化させ続けています。 デロイトトーマツコンサルティングの会社情報 企業名 デロイトトーマツコンサルティング 本社所在地 〒100-6390 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 17階 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 1993年4月 代表取締役 宋 修永 役員 経営会議議長 副社長:川原 均、執行役員 経営会議メンバー:篠田 昌典、日下 明彦、佐瀬 真人、シニアアドバイザー:近藤 聡 上場・非上場 非上場 電話番号 03-5220-8600 FAX番号 03-5220-8601 決済月 5月 売上高 709億7,700万円 従業員数 2,381名 男女比 現在調査中 CM動画 デロイトトーマツコンサルティングの事業内容 主な事業内容は、経営コンサルティングです。 経営理念とビジョン 経営理念 経済社会の公正を守り率先してその発展に貢献する、クライアントの期待を超える知的専門サービスを総合的に提供する、各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある場を創りだす ビジョン 100年先に続くバリューを、日本から。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は486万円~1,448万円で、平均年収は815万円です。 年度別平均年収は、こちらです。 現在調査中 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:486万6,000円 25~29歳:686万円 30~34歳:787万5,000円 35~39歳:876万,7000円 40~44歳:928万円 45~49歳:970万2,000円 50~54歳:987万2,000円 55~59歳:944万7,000円 60~64歳:667万2,000円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 初任給は現在調査中ですが、初年度530万円程度 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 デロイトトーマツコンサルティングの離職率は現在調査中です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 81. 4時間 【有給消化率】 45. 社内制度はフレックスタイム制度があります。 人事制度は「アワーグラス・モデル」を適用しており、始めから専門性を固定するのではなく、 色々な分野のプロジェクトを経験しつつコンサルタントとしての基礎スキルを身につけていき、数年後に自身のこれまでのプロジェクト経験を振り返り、適性や将来を考えて専門領域を絞り込み、その中で更に経験やスキルを積み重ねていきます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 社内外で研修やセミナーに参加する機会が多く、新たな知識や見識を広げることが出来ます。 また、同業および他業種の動向やトレンドを常に追い、勉強し、自己研鑽するすることが求められる会社環境の為、常に最先端のビジネス・シーンの動きを能動的に学習するのが好きな人や、上昇志向が強く、将来的に起業独立を考えているタイプの人にはやりがいのある会社と言えるかもしれません。 出典元: ブラックな口コミは? 就業規則があるのにも関わらず部署の上司によって休みも取れません。 夏期休暇の延長も不可フレックスも使えません。 整えても使えないのでは全く意味がありません。 管理者がマネージメントを怠ってる場合規定にそわない勤務を強いられて労基問題だらけです。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 デロイトトーマツコンサルティングの採用情報 採用人数、インターン 採用人数は職種により変動で、インターンは擬似プロジェクトを通じ、経営コンサルティング業務を体感できます。 出身大学の傾向・学歴 応募は公募式なので出身大学や専攻等による不利な点はありませんが、結果として大学院卒やMBA等の学歴の方が内定者の中には多いようです。 デロイトトーマツコンサルティングのまとめ いかがでしたか?「デロイトトーマツコンサルティング」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

トーマツコンサルティング 年収

デロイト トーマツ コンサルティングとは DTCは国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。 DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 2,700名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。 課題の解決だけが私たちのゴールではありません。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、 成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、 これからのビジネスに求められている価値観であると考えます。 次世代のために、その先にある未来のために、 クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングは クライアントと共に日本を、世界を進化させ続けます。 しかし、今やそれだけでは立ち行かなくなっている。 ビジネスの枠を越えて、持続可能な社会の構築そのものへの貢献も求められている。 その考えに基づき、私たちがこれまで掲げてきたスローガン、 「日本のビジネスに、新しい力を。 」を進化させました。 私たち自身も、クライアントへのサービスという従来からのビジネスの枠に留まらず、 社会全体に、専門性と知見そして洞察をもって、 提言し行動するプロフェッショナルファームに進化-Transmute-する。 詳細は をご覧ください。 DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。 DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。 詳細は をご覧ください。

次の