父を殺した母へ。 僕の父は母を殺した

認知症の父「捨てるな!」…母、介護疲れで家族の思い出を処分

父を殺した母へ

ユング心理学の中に、 「母親殺し」というドぎつい表現が出てきます。 「えっ、ユングって少年犯罪の心理にも詳しいの?」 …と誤解してしまう方もいらっしゃるかもしれませんよね(笑)。 実際に母親を殺すわけではありません。 母親殺しが象徴しているのは、人間の「心理的な成長」、 つまり、 母親殺し=母離れということになりますね。 人間が心理的に成長していくプロセスにおいて、 一人前になるためにどうしても克服しなければならないテーマを、 ユングは「母殺し」言い方で表現したのです。 このテーマは、実は、世界各国の神話や民話にも登場するエピソード。 それにしてもなぜ、克服すべきテーマを母親になぞらえるのか? それは、ユングが唱えた「元型論」の 「グレードマザー=太母」が持つ意味に起因しています。 確かに、母親って、口うるさいところがありますし、ともすれば 過干渉で子どもの可能性をつぶしてしまう存在でもありますからね(汗) そのため、このグレートマザー=母親と対決をして、 それに勝つ、殺してしまうことが求められるというわけ。 それで初めて「一人前になれる」ということです。 最もポピュラーなのは、 素戔鳴尊(スサノオノミコト)の八岐大蛇退治。 素戔鳴尊は、八岐大蛇を退治して、 奇稲田姫(くしなだひめ)を救いました。 そして、大蛇の尾から草薙剣 三種の神器 を奪ったのです。 彼は、せっかく手に入れた草薙の剣を、 姉である天照大神に献上してしまいます。 つまり、 母離れが完全にはできていなかったということですね(苦笑) この伝承のエピソードも踏まえ、 ユング心理学の権威である河合隼雄先生は、 「日本の男はみんな永遠の少年だ」 とおっしゃっています。 これは、ユングよりも ノイマン(ジョン・フォン・ノイマン。 ユング派の心理学者)の 考え方を紹介したほうが分かりやすいでしょう。 ノイマンによれば、 「母殺し」と「父殺し」とでは意味が異なるのだとか。 「母殺し」は太母からの自我の自立を、一方の「父殺し」は、 古い文化を否定して新しい文化を創造する心の働きを 意味しているのだと言います。 ちなみに、ユングによれば、「母親殺し」や「父親殺し」は 愛の挫折や愛の倒錯から生まれるのではないとのこと。 つまり、個人的な感情云々から生ずるエピソードではなく、 「より元型的な心のメカニズム」、 誰もが通る道として捉えられています。 ですから、 「うちの子が私に対して攻撃的なのは、育て方が悪かったからだ」 と自分を責める必要はありません。 親としては、むしろ喜ぶべきことなのではないでしょうか!.

次の

無理心中で自分を棄てた母…壮絶人生送った息子の“その後”を追う

父を殺した母へ

随分泣かされました。 温かい家庭だっただろう様子から一変して、壮絶な人生を歩まされた著者。 文面から著者が<愛のわかる人>だということが感じ取れます。 彼にとって父親は自分の母親を殺した憎むべき犯人。 でも同時に自分のたった一人の肉親でもある。 その父親の<自分に対する愛情が痛いほど分かる人>です。 母親を殺したことは許せない。 しかし「父さんが死刑になっても母さんは戻ってはこない。 今まで僕は父さんを恨み、憎み続けてきた。 でもその感情は僕の心を押し潰しただけだ。 父さんを恨んでいる限り、僕は救われない。 (本文より)」そして「終わらせる」という結論を出し、決心しました。 「前に進もう。 僕が父さんを救おう。 死刑になんてさせない。 (本文より)」それ以来著者の生活は変わっていきます。 一時的には非行に走ったり自殺未遂を繰り返したり荒れていましたが、彼の出した結論は正しく、父親の死刑確定後も決心は揺るぐどころか、人間的に益々強められていっているようです。 ホームレスになっても周りで時宜にかなった助けを出してくれる友人がいたことも救いだったと思います。 自己憐憫に陥ることなく、何かのせいにするでもなく、思いやりをもって助けてくれた友人に感謝もできる人です。 今は講演活動など続けておられるのでしょうか、頑張って頂きたいです。 それにしても、前向きに生きていこうと決心して進むことがこんなにも人を強くするということに感動します。 何も隠さず、正直でいることも彼の強さの一つなのでしょう。 とても賢い生き方だと思います。 たくさんの人に読んでもらいたいと思う本です。

次の

『ザ・ノンフィクション』思い出がもたらす生きる力「父を殺した母へ あれからの日々~無理心中から17年目の旅~」(2019/12/24 11:50)|サイゾーウーマン

父を殺した母へ

白一色だった世界が、田んぼの黒い土、トタン屋根の錆びた鉄の色と混ざり合い、まだら模様の様相を呈してきた。 もう純白じゃない。 白さはいろんな色にとって変わっていく。 それでも、日没後の、いつもとは違う蒼白い風景がいいなあ、と思う。 ベランダにいびつな雪ん子を3体つくった。 どの話も知っている話だった。 その中で唯一知らなかったアイヌの物語が最後のほうに紹介されていた。 育ての父親を殺す娘の話である。 これは印象に残った。 だいたい親殺しは「父-息子」の間で成り立つ話が多いからだ。 でも、この間見た「キルラキル」では、娘である皐月が母親殺しをしていたな。 (精神的には父-息子の話と同系) 物語を作る際、親子関係というのは重要なベースになる。 なぜなら、親子関係とは自分と世界の関係と同じになるからだ。 その中で、娘が父を殺す話。 ちなみに、父-娘の物語では、「つぐみの髭の王さま」や「リア王」を思いつく。 「リア王」に至っては、娘のコーディリアはほどんど夫であるフランス王を顧みなかった。 あんなに出来た夫だったのに……。 さて、物語は、アイヌの娘が父親の告白で彼が人食いの神だと知る。 父親は人食いの性をもちつつ、娘を食べるのは我慢してきたが、狩小屋にいる村長の息子たちを食べるつもりだ、と娘に告げる。 娘は驚くが、素知らぬ振りをする。 ひそかに村長の息子たちに逃げるようにと伝え、自分は小屋に父親を閉じ込め、火を放つ。 アイヌの世界観によって、人食いの神である父親はあの世で救われるが、実際、父殺しの罪を1人の娘が抱えていくのは、たいへんなことである。 この話の場合、村長の息子たちが娘の力になってくれて、父親もあの世でより良き神として生まれ変わり、最終的にはハッピーエンドなのだが、この世界観がないと、どう収拾つけてよいかわからないくらい難しい話だ。 父-息子の軸: 神話の時代からある。 父が息子を殺したり、息子が父を殺したり、この場合、どちらもが生き残る、というのはほとんどない。 少年成長物語によくある、一般的な物語の基本ベースである。 母-息子の軸: まあどろどろとした母殺しの物語(およびドラマ)がいっぱいある。 この場合、母を死なせて、息子は自立しました、という健全な話にはあまりならない。 物理的な母殺しをすると、確実に病んでしまう。 母-娘の軸: 神話の時代から一心同体である。 これを破るには他者(だいたい男性)の介入が起こる。 そう言えば、「銀河鉄道999」ではメーテルは物語の最後に母である女王を殺すが、結局メーテルも母の系譜を受け継いだような……。 とにかく母性のしぶとさは折り紙つき。 父-娘の軸。 この軸も最初は一体感から始まる。 「テンペスト」では父と娘だけが住む島にいろんな訪問者が現れることによって物語が進む。 あまり破壊的な関係にならないのは、娘がだいたい他の男にかっさらわれるから。 大国主命と須世理姫だって、どちらかというと昔話でよくある、娘婿と父親の対決である。 では、父-娘の対立はあるのか、という疑問がわく。 アイヌの物語では、「育ての親である父親を殺してしまった」と娘が嘆くが、村長の息子たちが逆に「あなたはお父さんを救ったのだ」と説得する。 ただのなぐさめではない。 息子たちは神送りの儀式を通して、父親の魂を救うのである。 しかも、父親が夢の中に出てきて礼を言う、という完璧な落とし所で終わる。 これは「父殺しの話」であっても、「人食いの性をもつ父を救う話」でもあるから、一般的な父殺しの話とは一線を画している。 だって、殺しによる「罪悪感」が「儀式」によって昇華しているから。 「父殺し」「母殺し」の話は、「自立」の物語であり、「罪悪感」にどう折り合いをつけていくかの物語であり、自分は「世界」をどう認識し、創造するかの物語なのだ。 だから、アイヌ的世界観の「神送り」はすごい知恵だと思うが、物語単独で読むと物足りない。 「エデン」を追放された人間が「罪」を負ったのも、当たり前だ。 「自立」と「罪」はセットであり、そうでないと、また「世界」も生まれないから。 「父殺し」をした娘は、アイヌの物語の場合、すぐに救われたが、わたしの中の、「父殺し」「母殺し」をする娘がどう救われるかは、まだ決まっていない。 雪見をゆっくり出来たし。 天気のいい雪の日の休日っていいね!.

次の