グク ハンバーガー。 防弾少年団のジョングクに

6/6Vapp 防弾少年団のジョングク(ぐぅたん)を共演者チョセホらが無視「自分に投票しないで」のジェスチャー・ハンドサイン#BTS

グク ハンバーガー

グクの様子がおかしい 何があったとファンの間で話題に 本日放送のVappで、BTSのグクの様子が明らかにおかしいとネット上で話題に。 6月6日、Vapp放送の番組に出演した防弾少年団(BTS)のメンバージョングク(ぐぅたん)の様子が明らかにおかしい。 グクは共演者にハンバーガーを差し入れで買っていくも、チョセホら共演者らは、このハンバーガーの受け取りを拒否。 番組が始まると、視聴者が投票する企画の際に、グクは「自分に投票しないでほしい」というハンドサイン、ジェスチャーを視聴者に送った。 こうした、グクの異常な行動に対して、ネット上では、「明らかに様子がおかしい」「共演者と何があった?」「なんかめっちゃ可愛そう」など心配の声が相次いだ。 グクのこのこの辛そうな顔とか 頑張って笑ってる顔とかもう見たくないよ涙止まらん。 グクが嬉しそうに説明 してんのに、ガン無視。 ほんと人としてどうなのさ😭😭 投票しないでって顔がすごい切ない。 なんで1位になって、あんな 強ばった顔しなきゃいけないの ほんと泣いちゃう😢😢😢😢。 僕は最下位でいいから」ってすごい怖がってる顔してる グクが本当にかわいそう.

次の

BTSのグクのハンバーガー事件?みたいなのってどういう内容ですか??詳しく教...

グク ハンバーガー

その際、友人関係でうまくいってないと、コメントしたファンがいた。 するとVは、そのファンを励ますため、以前自分がクラスメイトにいじめにあっていたことを明らかにした。 「僕も前に、友達が全員いなくなってしまいそうだったことがあるんだ。 僕はすごく仲が良い友達がいて、その子は勉強もスポーツもできて、なんでもできてる子だったんだ。 でも僕はごく普通の人だった。 だから、彼は僕のことを友達じゃなくて、自分よりも下の人って思っているんじゃないかなって感じていたんだ。 僕はそれに気がついたけど、友達でいたけどね」-V ある日、その友達の誕生日会があったとき、Vは実際にバースデーパーティーが行われる場所教えてもらず、仲間はずれにされたことがあるという。 「どこに行けばいいのかわからなかったから、プレゼントを持って外で3時間待っていたんだ。 どうにか場所が分かって、その人にプレゼントを渡したんだけど、『もう帰らなきゃいけない時間だ』って言って帰ってきたんだ。 歩いて家に帰りながらすごく泣いたんだ」-V しかし、Vは難しい友人関係を解決するキーは、「コミュニケーション」をとることだと説明した。 「これは後からわかったことなんだけど、彼は僕にかなり嫉妬していたみたいなんだ。 少し経ってから彼が、僕が他の友達とすごく仲がいいのが羨ましかったって話してくれたんだ。 あの時は小学生だったし、すごく子供だったんだ。 彼は、2年後くらいに僕にあやまってくれたんだ、それから少し気まずかった。 けど彼は僕に真剣にあやまってくれたから、ありがとうって伝えたんだ」-V そしてVは、友達には誠実で、素直でいることが大事だとつづけた。 人を羨ましがることは普通のことで、それを認めることも重要なんだと話した。

次の

BTS ジョングク...本当はいったい何歳!? 愛らしすぎる食事風景に胸キュン...全ファンの思いを代弁するメンバーの言葉に共感の嵐

グク ハンバーガー

その際、友人関係でうまくいってないと、コメントしたファンがいた。 するとVは、そのファンを励ますため、以前自分がクラスメイトにいじめにあっていたことを明らかにした。 「僕も前に、友達が全員いなくなってしまいそうだったことがあるんだ。 僕はすごく仲が良い友達がいて、その子は勉強もスポーツもできて、なんでもできてる子だったんだ。 でも僕はごく普通の人だった。 だから、彼は僕のことを友達じゃなくて、自分よりも下の人って思っているんじゃないかなって感じていたんだ。 僕はそれに気がついたけど、友達でいたけどね」-V ある日、その友達の誕生日会があったとき、Vは実際にバースデーパーティーが行われる場所教えてもらず、仲間はずれにされたことがあるという。 「どこに行けばいいのかわからなかったから、プレゼントを持って外で3時間待っていたんだ。 どうにか場所が分かって、その人にプレゼントを渡したんだけど、『もう帰らなきゃいけない時間だ』って言って帰ってきたんだ。 歩いて家に帰りながらすごく泣いたんだ」-V しかし、Vは難しい友人関係を解決するキーは、「コミュニケーション」をとることだと説明した。 「これは後からわかったことなんだけど、彼は僕にかなり嫉妬していたみたいなんだ。 少し経ってから彼が、僕が他の友達とすごく仲がいいのが羨ましかったって話してくれたんだ。 あの時は小学生だったし、すごく子供だったんだ。 彼は、2年後くらいに僕にあやまってくれたんだ、それから少し気まずかった。 けど彼は僕に真剣にあやまってくれたから、ありがとうって伝えたんだ」-V そしてVは、友達には誠実で、素直でいることが大事だとつづけた。 人を羨ましがることは普通のことで、それを認めることも重要なんだと話した。

次の