グリーン ウッド 石油 ストーブ。 アラジンやコロナ、トヨトミのおしゃれな石油ストーブおすすめ7選 対流型と反射型の違いや選び方も解説

トヨトミ RL

グリーン ウッド 石油 ストーブ

ニオイセーブ消火 ニオイの原因である未燃ガスを燃やしきり、ニオイの発生を抑えます! ゆっくり消してニオイをセーブ! 2重タンク構造 万が一の転倒にも油がこぼれにくい! RoHS ローズ 指令 欧州連合 EU が施行した特定有害物質規制をクリア PSC対応品 RL-250 仕様 乾電池別売 単2 4本必要 暖房のめやす コンクリート 集合 9畳 15. 0m2 木造 戸建 7畳 11. 5m2 タンク容量 L 4. 9L 質量 6. 2kg 暖房出力 2. 5kW 火力調節幅 1. 243~0. 122 燃焼継続時間 h 最大燃焼~最小燃焼20. 2~40.

次の

石油ストーブ 【通販モノタロウ】業務用ヒーター/ストーブ:オフィス家具/照明/清掃用品

グリーン ウッド 石油 ストーブ

出典: ガスストーブは、カセットコンロの要領でガス缶をセットするだけで簡単に使用できるため、アウトドア初心者にもおすすめの燃料です。 本体も軽くてコンパクトなデザインが多いので、荷物の量を減らすこともできます。 使用するガス缶は、アウトドア専用のOB缶と自宅用カセットコンロでおなじみのCB缶がありますが、アウトドア用ストーブの燃料はCB缶(カセットボンベ)が主流です。 ホームセンターやスーパー、コンビニなどで手軽に燃料が手に入ることもメリットのひとつです。 デメリットは、石油ストーブや薪ストーブと比較すると火力が劣ることです。 ソロキャンプや少人数でのキャンプ、もしくはサブ的な使い方に向いています。 火力が強く暖かい石油ストーブ 出典: キャンプサイトにAC電源が設置されている「AC電源付きサイト」なら、手軽で安全に使用できる電気ストーブもおすすめです。 灯油やガスを使用しないため、比較的安全で、キャンプ初心者でも手軽に使用することができます。 コンパクトなサイズもあるので携帯性にも優れ、別途燃料を準備する必要もありません。 ただし、アウトドアの雰囲気が味わえないことや、石油ストーブや薪ストーブに比べると火力が弱く、足元だけやスポット的にしか暖められないなどのデメリットもあります。 ソロキャンプや、テント内を安全に暖めたい場合などに適しています。 用途で選ぶ ソロキャンプや足元用 1人で行うソロキャンプや、足元を暖める、サブ的に使用するなどであれば、手軽に使用できるストーブがおすすめです。 AC電源付きのキャンプサイトであれば、燃料の準備が必要ない電気ストーブがもっとも便利でしょう。 AC電源が付いていないキャンプサイトの場合は、CB缶に対応したガスストーブがおすすめです。 万が一、燃料切れた場合は簡単に調達でき、燃料が余っても自宅で使用するカセットコンロ用にすることができます。 大人数のキャンプや料理にも使いたい キャンプサイト全体を暖めたいのなら、薪ストーブや石油ストーブがおすすめです。 石油ストーブの場合は、できれば輻射式(ふくしゃしき)ではなく、対流式(たいりゅうしき)がおすすめです。 庭や屋外で筒状の石油ストーブが使用されているのを見たことがあるかもしれませんが、この対流式石油ストーブは、前方だけを暖めるのではなく空気を暖めることで、空間そのものを暖かくする効果があります。 また、薪ストーブや石油ストーブの場合、天板に鍋やフライパンを置いて、調理をすることも可能です。 みんなで火を囲んで、わいわいと楽しく調理をすることができます。 アウトドアに慣れているなら薪ストーブ 出典: キャンプを複数回体験し、そろそろ本格的に冬キャンプを楽しみたいと言う方は、薪ストーブに挑戦してみてはいかがでしょうか。 薪ストーブは前述のとおり、「暖かい」「アウトドアらしい雰囲気が味わえる」「調理もできる」とたくさんのメリットがあります。 しかし、その反面、デメリットも少なくありません。 「本体と燃料にお金がかかる」「かさ張るので持ち運びにくい」「テント内での使用は一酸化炭素中毒の危険性がある」「一晩中火を絶やさないためには、途中で起きて薪をくべなければならない」などです。 ただストーブで暖まるだけでも、これだけの苦労がかかります。 しかし、これぞアウトドアだという充実感が得られるでしょう。 コストで選ぶ 秋・冬のキャンプやアウトドアに興味はあるけれど、使用頻度が少なかったり、長続きするかどうかわからなかったりする方には、できるだけコストを抑えたストーブを選ぶことをおすすめします。 コストで選ぶ場合に注目したいポイントは、「本体価格」「燃料費」「自宅用として併用できるかどうか」の3つのポイントとなるでしょう。 これらを考慮した上で、コスパが良いと感じられるストーブを選びましょう。 安全機能を確かめよう ストーブを使用する際の、安全性についても確認しておきましょう。 特にテント内で使用する予定がある場合は注意が必要です。 燃料の種類によって安全機能は異なりますが、ぶつかったり地震の揺れ感知して自動的に消火する機能や、転倒時に自動消火する機能が一般的です。 コンパクトかどうかもチェック オートキャンプで荷物の量が気にならない方は大きなストーブが暖かくて便利ですが、ソロキャンプなどで荷物をコンパクトにまとめたい方は携帯性についての確認が必要です。 このときに本体だけではなく、燃料のかさも考慮しておきましょう。 暖かさは求めるけれど、できるだけコンパクトにしたいと言う方は、石油ストーブがおすすめです。 アウトドア用ストーブを使うときの注意点 換気はこまめに テント内でストーブを使用する場合は、こまめに換気を行いましょう。 特に一酸化炭素は空気よりも軽いので、上部のベンチレーションを開けることが大切です。 周りに燃えやすいものを置かない ストーブは火を使用するため、引火の可能性がゼロではありません。 近くに燃えやすいものを置かないように、充分に注意しましょう。 また、小さな子どもやペットと一緒にキャンプを楽しむ場合は、ストーブガードがあると安心です。 テントの仕様やヒーターの使い方をチェック 最適な換気の仕方は、テントの仕様やストーブの種類によって異なります。 あらかじめテントの仕様や、安全なストーブの使い方をしっかりとチェックしておきましょう。 アウトドア用ストーブのおすすめ10選.

次の

【楽天市場】トヨトミ 高級石油ストーブ RC

グリーン ウッド 石油 ストーブ

2019年9月6日 更新• 出典: 石油ストーブというと、どこか古くて、大きくて「おしゃれではない」というイメージをお持ちではないでしょうか。 しかし最近では、かっこいいアンティーク調や、おしゃれなレトロデザインなどが多く、石油ストーブをあえてインテリアに取り入れるという人も増えています。 そこで、人気メーカーのアラジンやコロナ、トヨトミのおしゃれなおすすめ石油ストーブを紹介します。 デザインはもちろん、気になる選び方なども確認していきましょう。 出典: 石油ストーブとは灯油を燃料とする暖房器具で、その独特な暖かさにファンも多く人気を集めています。 実際に、灯油を使用し火を起こすため、暖まるのが早く、長時間暖かさが続くのも人気の理由です。 また、石油ストーブは使用の際に、二酸化炭素と水蒸気を発するため、長時間使用しても乾燥しづらく、加湿器いらずな点も大きな魅力です。 出典: その他にも、電気を使用せずとも暖をとれるため、災害が相次ぐ国内では停電時や災害時にもあると便利と話題です。 石油ストーブは昔から親しまれていたものですが、人気と共にデザイン性も豊かになり、再び注目が高まっています。 石油ストーブは、大きく分けて対流型と反射型の2種類あります。 対流型は筒状でスタイリッシュなデザインを、反射型は昔ながらのオーソドックスなデザインを思い浮かべてもらうと分かりやすいでしょう。 出典: 対流型の一番のメリットはおしゃれでかっこいいデザインが多いこと。 アンティークなものやレトロなものなど、デザインの種類が豊富です。 また、対流型の石油ストーブは温かい空気を天井へ上昇させ、天井から壁の四隅、床へと空気が循環することで部屋全体を温めることができます。 部屋の中央に設置が可能であれば、効率良く暖をとることができるのです。 出典: 反射型の石油ストーブには熱源の後ろに反射板が付いており、温めた空気を一方向へ反射することで部屋を暖めます。 部屋の角や壁際に設置するため、部屋の中央に置かずに済むところがメリットのひとつです。 ストーブの前に来れば温かさを直に感じることができるところも反射型の特徴。 また、広い部屋を暖めるには、即効性のある反射型が向いています。 節電や加湿をしながら部屋を暖められる石油ストーブですが、きちんと部屋に合ったものを選ばなければ、その実力が十分に発揮されません。 対流型や反射型など、石油ストーブの基礎知識や選び方を確認しておきましょう。 出典: 温めたい部屋の広さによって、適した石油ストーブは異なります。 あまりにも広い部屋にコンパクトでおしゃれな石油ストーブを設置しても、暖房機能は劣るばかり。 石油ストーブには対応する広さが決まっているため、必ず設置スペースに見合ったものを購入しましょう。 出典: 住宅の構造は木造や鉄筋コンクリートなどさまざま。 木造は熱が逃げやすい特徴を持ち、鉄筋コンクリートは保湿機能が高いという特徴を持ちます。 木造なら何畳、鉄筋コンクリートなら何畳など、製品によって住宅の構造ごとに対応範囲が設定されているため、そちらも確認しましょう。 出典: 石油ストーブの燃料は灯油になるため、フル稼働する冬には灯油の補充も頻繁になります。 それなりにコストや給油の手間がかかることは頭に入れておくといいでしょう。 また、灯油を燃焼させて温かい空気を放つ石油ストーブは高温になります。 子供やペット、高齢者などが誤って火傷しないように注意が必要です。 特に対流型で部屋の中央に置く場合は、間違って触れないように管理する必要があるでしょう。 また、一酸化炭素中毒を防ぐためにも定期的な換気が必要です。 このように注意点がいくつかある石油ストーブですが、気をつければ快適に暖をとることができる優れものです。 ぜひ安全に使用しましょう。 ブルーフレームヒーターで有名なアラジンの石油ストーブや、トヨトミやコロナなど国内を代表する石油ストーブメーカーなどから、おしゃれでかっこいいおすすめの石油ストーブを紹介します。 出典: 青い炎を象徴とするブルーフレームヒーターは、イギリスの伝統ブランド「アラジン」のもの。 どの角度からも青い炎を眺めることができ、炎の揺らぎに心が癒されます。 対流型で、暖かい空気が部屋中を包み込む仕組みです。 震動を受けると自動で消化するため、地震時にも安心。 アラジンの長い歴史を物語るアンティークさと、現代のインテリアにもマッチするスタイリッシュなブラックがかっこいいデザイン。 「燃焼時、消化時のニオイがほとんど気にならない」「小さいのに18畳の部屋でも温まる」など、使用者の評価もなかなかです。 外形寸法 幅38. 8cm 奥行40. 5cm 高さ55. 1cm• 重量 8. 7kg• 付属品 芯クリーナー、収納袋• 暖房の目安• 木造 7畳 11. 5m2• コンクリート 10畳 16. 5m2• タンク容量 4. 燃焼持続時間 15時間• 燃料消費量 0. 災害に備えて安心できる石油ストーブを探している人にもおすすめです。 中でもSLシリーズはグッドライフデザインアワードも受賞しているおしゃれなシリーズで、優しいホワイトの円筒と、遠赤外線で部屋と体を芯から温めます。 「点火が早い」「おしゃれ」「温まるのが早い」など、実用性の高い口コミ評価が寄せられています。 外形寸法 幅46cm 奥行46cm 高さ59. 8cm• 重量 11. 2kg• 暖房の目安• 木造 17畳• コンクリート 23畳• タンク容量 7L• 燃焼持続時間 10. 9時間 出典: 半世紀に渡り、石油燃焼機器・家庭電気機器メーカーとして世界中に暖を届けているトヨトミの石油ストーブ。 こちらはどこか懐かしいアンティークなデザインがおしゃれです。 ステンドグラスをモチーフとした天板、唐草模様のフレーム、藍色に金のロゴがクラシックな空間を演出します。 「とにかくかわいい」とデザインで購入を決める人も多いよう。 およそ40Wの明るさで、非常時には照明の役目も果たす便利な石油ストーブです。 ゆっくり消化することで嫌なニオイを発生させないところも特徴で、デザインだけでなく機能性も十分です。 外形寸法 幅38. 8cm 奥行38. 8cm 高さ48cm• 重量 6. 2kg• 暖房の目安• 木造 7畳 11. 5m2• コンクリート 9畳 15. 0m2• タンク容量 4. 燃焼持続時間 20. 燃料消費量 0. 遠赤外線でじんわりと温かさを感じられます。 口コミでは「ストーブの周りはそこまで熱くならないのに、部屋全体はまんべんなく温かい」など、暖房機能も高評価。 キャンプ用に購入した人もいるようです。 外形寸法 幅47. 4cm 奥行47. 4cm 高さ56cm• 重量 12kg• 暖房の目安• 木造 12畳 20. 0m2• コンクリート 17畳 28. 0m2• タンク容量 7L• 燃料消費量 0. トヨトミだけの対流型の電子点火型で、ヒーター切れの心配がないところが大きな特徴です。 コロナの石油ストーブと同様に、防災製品等推奨品マークを取得しています。 「デザインが最高、かっこいい」「災害時にも電気なしで使えるから安心」などの口コミも。 特殊なガラスコーティーングにより、炎が七色に光ってみえるところがまたおしゃれです。 外形寸法 幅38. 8cm 奥行38. 8cm 高さ48. 5cm• 重量 6. 2kg• 暖房の目安• 木造 7畳• コンクリート 9畳• タンク容量 4. 燃焼持続時間 20. 燃料消費量 0. オーソドックスな石油ストーブの形ですが、くすみがレトロなパステルグリーンの色が洋室にも和室にもハマります。 ワンプッシュで点火可能なところや、分かりやすい火力調整や給油サイン、3・5・8時間のタイマー機能など、必要な機能がシンプルに搭載されており使いやすそうです。 外形寸法 幅34. 5cm 奥行32. 7cm 高さ49. 6cm• 重量 7. 2kg• 暖房の目安• 木造 8畳• コンクリート 10畳• タンク容量 4. 「畳数の多い石油ストーブはおしゃれさに欠ける」という人にもおすすめの、かっこいいデザインも特徴です。 倒れても安心の二重タンク、消化時のニオイが気にならないダブルクリーン機能、芯の劣化に対応するでるでる芯など、トヨトミならではの機能をたっぷり搭載しています。 「ふんわりとした温かさに包まれる」「災害時でも安心して使える機能が魅力」など、口コミ評価も高い実用的な人気シリーズです。 外形寸法 幅56. 2cm 奥行27. 9cm 高さ45. 4cm• 重量 10kg• 暖房の目安• 木造 10畳• コンクリート 13畳 昔は石油ストーブというとデザインも機能も限られていましたが、現在ではおしゃれでかっこいいものがたくさん出てきています。 それどころか、インテリアの雰囲気を一気におしゃれにしてくれる物もありました。 おしゃれにかっこよく暖をとれる石油ストーブを、ぜひチェックしてみてください。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の