胃 が キリキリ 下痢。 胃もたれ、下痢は食物繊維と乳酸菌で克服:Dr.松倉のサプリのすすめ:日経Gooday(グッデイ)

お腹が痛い、胃が痛い、下痢が・・・吐いてしまう・・・増えています('Д')

胃 が キリキリ 下痢

・胃酸の過剰分泌 ・胃粘液の現象 ・胃の運動機能低下 この3つが絡み合って引き起こしています。 そしてこの3つを管理しているのが 「自律神経系」。 寝不足が続くと自律神経が正常に働かなくなります。 すると交感神経・副交感神経のバランスが崩れ、胃酸・胃粘液・胃の運動に支障をきたし 「胃痛」という胃の炎症が起こるのです。 寝不足とストレスは自律神経でつながっている 結局、寝不足が自律神経系の乱れを引き起こしているのなら、 精神的ストレスで自律神経のバランスを崩してしまう症状と同じ原理です。 寝不足もストレス同様に神経器官にかなりのダメージを与えているのです。 たかだか寝不足だと侮れません。 胃痛が慢性化すれば日々の生活も困難になってしまいます。 寝不足で腹痛ツライ!下痢やガスの症状• 暴飲暴食してないのに下痢が続く・・• すぐお腹が痛くなってトイレから離れられない• お腹がゴロゴロ、お腹が張ってガスがいつも溜まっている 急な下腹部の痛み、下痢が続く、ガス(おなら)が多いなどを繰り返す病気を 「過敏性腸症候群」と言います。 過敏性腸症候群と聞くと、精神的ストレスの原因をイメージされると思いますが、ここにも 「寝不足の原因」が潜んでいるのです。 なぜなら 過敏性腸症候群も「自律神経の乱れ」から来る症状だからです。 自律神経系は胃と同様、腸の動きも司っています。 自律神経である「交感神経」と「副交感神経」がバランスよく働いていれば、 日中の作業中(仕事中や勉強中)の交感神経が働いている時に、副交感神経の下で動く腸が活発化し、強い腹痛・下痢を引き起こすことはないのです。 しかし寝不足でこの2つの交感神経のバランスが崩れると、痛くなってほしくないところでお腹に激痛が走ったり、下痢等の便意を感じたりしてしまうのです。 睡眠不足とストレスからの腹痛 過敏性腸症候群の原因を見ても分かるように、腸はストレスを最も受けやすい器官です。 この見えない「圧力」によって自律神経バランスが崩れ、 学校や仕事に行くのが不安になるほどの激しい腹痛・下痢・ガスなどの腸のダメージを受けてしまうのです。 一般にストレスを「精神的ストレス」というのなら、 寝不足は「身体的ストレス」と言えると思います。 寝不足も身体から見ると大きなストレス(圧力)なのです。 寝不足を軽く思っていると、実はあなたの自律神経が悲鳴をあげているのかもしれません。 最後に寝不足時の腹痛の治し方・対処法をお伝えします。 腹痛の解消 まずは腹痛そのものの治し方です。 腹式呼吸 胃痛も腹痛・下痢も寝不足は「自律神経の乱れ」が原因でした。 この乱れを整えることが先決です。 その対処法として 「腹式呼吸」が効果的。 お腹に空気を送り込みながら「ゆっくり吐きゆっくり吸う」を繰り返します。 副交感神経が優位に働き、緊張緩和を促します。 ベストは1分間に5・6回の間隔(1セットの呼吸が約10秒)を目安に。 胃腸を温める 胃腸を温めることで自律神経を整えます。 寒いと胃の痛みも激増します。 自律神経を整えて腸の収縮も抑えなければなりません。 ・ぬるめの入浴20分 ・温かい飲み物・食べ物 ・お腹にカイロを貼る(これはかなり効果的です!) などの対策を。 食事は消化の良いものを摂る 胃や腸に負担をかけないことが先決。 消化の良い(うどん・豆腐・スープ・バナナ・白身魚)などを基本に摂る。 アルコール・コーヒーは避ける 寝不足だからとコーヒーを過剰に摂っていませんか? コーヒーやアルコールなどの刺激物も胃腸に負担をかけるので痛みがあるときは避けましょう。 また、ニンニク・唐辛子等の料理の刺激物も負担をかけますのでご注意を。 寝不足そのものの対処法 寝不足からくる腹痛なので、やはり根本的に寝不足を少しでも対処しなければいけません。 できるところからまずはやって見ましょう。 睡眠時間の確保 やはり寝不足で何らかの症状があるのなら、睡眠時間を確保することを考えなければなりません。 効率の良い、質の高い睡眠を得るために、ご自分の1日のスケジュールをじっくり観察し、少しでも睡眠量を確保しましょう。 睡眠サイクル(レム・ノンレム睡眠の1セット)である 「45分」を取り入れるだけで かなり睡眠不足は解消されます。 背筋ストレッチ 背中には長時間安定したエネルギーを作り出す「遅筋(ちきん)」という筋肉が存在します。 日中この 筋肉をストレッチを行うと体温が上がり、かなり目がスッキリします! 日中体温を上げて筋肉を動かすことで夜の入眠をスムーズに。 効率よく寝不足を解消する手助けをします。 ショートナップの活用 日中にショートナップ(短いお昼寝)を取り入れます。 これは精神的ストレスで自律神経のバランスが乱れるメカニズムと同様である。 この「過敏性腸症候群」も「自律神経の乱れ」から来る症状である。 どちらが原因でも影響の出る箇所が自律神経系だからだ。 寝不足で腹痛を伴っている場合、精神的ストレスの負荷がかかっていないかも考えた方が良い。 腹式呼吸• 胃腸を温める• 消化の良いものを摂る• アルコール・コーヒーは避ける 寝不足そのものの治し方• 睡眠時間の確保• 背筋ストレッチ• ショートナップの活用 以上をお伝えしました。 突然の腹痛・キリキリする胃痛・下痢・・ どれもそうなってみないと分からない辛さです。 寝不足が自分に負荷をかけていることに気づいて 自分のできる改善策を一つでも取り入れてみましょう。

次の

胃痛と下痢が同時に起こる場合

胃 が キリキリ 下痢

Sponsored Link 下痢や吐き気を伴う胃の痛みの原因は? 下痢や吐き気を伴う胃痛の原因は色々と考えられますが、基本的には 何かしらの原因で胃腸に炎症を起こしている可能性が高いと言えるでしょう。 いわゆる 「胃腸炎」ですね。 胃腸炎は大きく分けると、胃腸への刺激によって起こる胃腸炎と、細菌やウイルスによる胃腸炎に分けられます。 アルコールやカフェイン、香辛料などの摂りすぎ• 冷たいものや熱いものの摂りすぎ• 痛み止めや解熱剤、ステロイドなどの使い過ぎ• タバコの吸いすぎ• 生活習慣の乱れ• インフルエンザ• ノロウイルス• ロタウイルス• アデノウイルス• 食中毒 胃腸炎は大抵の場合、無理をしなければ自然と治る病気です。 原因にもよりますが、無理をしなければ数日ほど、長くても1週間前後で良くなることがほとんどですからね。 つまり、胃の痛みとそれに伴う下痢や吐き気を早く治すには、自然治癒を妨げないことが大切になります。 自然治癒を助けるような対処法を中心に行いつつ、体に負担のかかる間違った対処法を行わないことがポイントと言えるでしょう。 Sponsored Link 下痢や吐き気を伴う胃の痛みの正しい対処法5つ 繰り返しになりますが、胃の痛みを伴う下痢や吐き気を早く治すには、対処法を間違えないことが大切になります。 具体的には、以下の5つの対処法をチェックしておくと良いでしょう。 熱が無くても安静にする• 水分補給をこまめに行う• 胃に優しい食事を摂る• 下痢や吐き気は無理に止めない• 症状がひどい時は薬を使う 熱が無くても安静にする 熱などが無く胃が痛いだけだと、ついアレコレと動いてしまう人が多いのですが、 早く治すには出来るだけ安静にしておきましょう。 免疫力を高めるには、他のことにエネルギーを割かないことが大切になります。 むやみに動いてしまうと、それだけエネルギーを消費してしまいますからね。 また、無理に仕事をしてストレスがかかってしまうと、症状が悪化してしまう可能性もありますので、 出来るだけ会社なども休むようにしてください。 水分補給をこまめに行う 胃痛に加えて発熱や下痢、吐き気・嘔吐などの症状がある場合は、脱水を起こしやすくなっています。 脱水症状を起こすと症状が悪化してしまいますので、 水分補給はこまめに行うようにしましょう。 水分補給で気を付けたいポイントは、 胃腸に負担がかからない飲み物を選ぶことと、塩分も合わせて摂ることです。 おすすめは塩分などのミネラルを豊富に含んでいる 「経口補水液OS-1」ですね。 手元にない場合は、 ポカリスエットなどのスポーツドリンクでも大丈夫ですよ。 胃に優しい食事を摂る 胃痛や下痢、吐き気などの症状が出ている時は、胃腸がとても弱っている状態です。 胃腸に余計な負担をかけないためにも、食事には注意する必要があると言えるでしょう。 基本的には、 消化が良く、胃腸に刺激を与えないものを選んで食べるようにしてください。 飲み物なども同じで、 刺激になるアルコールやカフェインなどは避けるようにしましょう。 ただし、 吐き気や嘔吐がある時には無理に食事を摂らなくて大丈夫です。 水分補給だけ続けて、吐き気が落ち着いたら徐々に食事を再開するようにしてください。 胃が痛い時の食事については、で詳しく説明していますので、合わせてチェックしておきましょう。 下痢や吐き気は無理に止めない 胃腸炎などで起こる下痢や吐き気は、胃腸の異常をこれ以上悪化させないために起こる防御反応のようなものです。 体に良くないものを出そうとしている状態なので、 下痢や嘔吐は基本的には無理に止めない方が良いと考えておきましょう。 特に感染性胃腸炎の場合は、下痢や嘔吐によって体外に細菌やウイルスを出そうとしているので、出来るだけ止めないようにしてください。 症状がひどい時は薬を使う 下痢や嘔吐は無理に止めないのが大前提ですが、 下痢や嘔吐をしすぎて体力を奪われすぎてしまっては元も子もありません。 あまりに症状がひどい場合には、胃薬や下痢止め、吐き気止めなどを使うことも検討するようにしましょう。 ただ、薬の中には胃腸に負担をかけてしまうものもありますので、市販薬を選ぶ際には薬局やドラッグストアで薬剤師に相談するようにしてくださいね。 Sponsored Link 胃腸の環境を整えることも大切 胃痛の原因となる胃腸炎は、日々の生活習慣やストレスなどによって胃腸にダメージが蓄積されることで起こる症状でもあります。 そのため、 胃腸炎を繰り返さないためには、常日頃から胃腸の環境を整えておくことも大切と言えるでしょう。 特に気を付けておきたいのが、毎日の食生活ですね。 特にアルコールの飲みすぎや脂っこいものの食べすぎなどは、うっかりやってしまいがちなので注意しておきましょう。 ただ、1人暮らしの社会人の場合などは、 日々の生活で手一杯で、なかなか毎日の食事にまで手が回らないという人が多いのも事実です。 コンビニ弁当やカップ麺などが続いてしまう、飲み会の席でついつい暴飲暴食をしてしまうといったことも少なくはありませんよね。 もしあなたがこういった悩みを抱えているのであれば、 腸内環境を整えるサプリメントなどを使うようにしましょう。 毎日手軽に摂ることが出来ますし、下手に食事にこだわるよりはお金もかからないことが多いですよ。 まとめ 以上が、胃が痛い時に下痢や吐き気が出てきた時のよくある原因と対処法ですね。 対処法について、もう一度簡単にまとめておきましょう。 熱が無くても安静にする• 水分補給をこまめに行う• 胃に優しい食事を摂る• 下痢や吐き気は無理に止めない• 症状がひどい時は薬を使う• 繰り返さないように胃腸の環境を整える どれも重要な対処法ですので、 時間があれば全ての対処法をもう一度よく見直しておくようにしましょう。 特に、なんとなくで下痢止めや吐き気止めの薬を飲んでしまうと、治療にかかる期間が延びてしまうこともありますので注意が必要です。 市販薬は、体力的に辛い時やあまりに症状がひどい時など、状況を選んで服用するようにすると良いでしょう。 胃痛自体を早く治したい場合には、で詳しくご紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。 また、明らかに症状が辛い場合には、別の病気の可能性も考えられます。 で他の原因もチェックしてみましょう。 あとは、症状がひどいのであれば一度検査を受けておくことも大切になります。 我慢をせずに、消化器内科のある病院を受診するようにしてくださいね。 Sponsored Link•

次の

ストレスが原因の胃腸炎の症状は?胃がキリキリ。脂が多い食事はNG

胃 が キリキリ 下痢

家でのんびりしているときや外出先など、 それは時と場所に関係なく突然やって来る。 そう、 お腹やみぞおちが急に痛くなるってことは たぶん誰でもありますよね? ただ、 お腹やみぞおちなどチクチクキリキリと痛くなっても、 ほとんどの場合はトイレに1回行けば治ると思います。 しかし、まれに トイレに駆け込んだ後も痛みが続くことがあります。 実はこれはちょっと問題があるかもしれません。 具体的に問題というのは病気である 可能性があるということです。 しかも、場合によってはすぐに病院に行ったほうが いいこともあるので注意が必要です。 また他にも日常的に痛いときなども 気をつけなければいけません。 そこで今回はみぞおちやお腹が痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介します。 1.過敏性腸症候群 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 お腹の辺りがキリキリと痛くなる原因としては 「過敏性腸症候群」と呼ばれる病気の場合が多いそうです。 たぶん名前を聞いてもなんだそれって 思う人も多いかと思います。 主な症状としては下痢が続く、便秘が続く、 または両方が交互に来るという3つのものがあります。 理由はわかならいけどしょっちゅうお腹が痛い場合は 実はこの病気だったということもあるわけです。 この病気になる原因としてはストレスなど 心理的異常で起こると言われています。 先進国で多く見られる症状で日本人は10%~15%ぐらい この病気にかかっていると認められているそうです。 そう考えるとちょっと怖くなってきますね。 しかも、特別な治療法がなく、生活習慣の改善や、 ストレスを解消するという感じになるそうです。 こういったことで軽減することはできるかもしれませんが、 完全に治るということは少ないそうです。 現代社会においてストレスを受けないようにするのは、 相当難しいというか働いている限りはほとんど無理ですよね。 普段の生活の中でリラックスする方法を見つけて、 なるべく症状が起こらないようにしていく感じになりますね。 2.急性胃炎 まずは実際に解説している動画があるのでご覧ください。 動画では胃腸炎の解説ですが、胃炎とも繋がる部分が多いので。 上腹部やみぞおち辺りが痛い場合は 急性胃炎の可能性があります。 胃の粘膜が急性的に炎症を起こすものです。 短時間のうちに吐き気や嘔吐、食欲不振など 明らかな異変が症状として現れます。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.コーヒー、アルコール、辛いものなど刺激のある飲食物の過剰摂取。 2.抗生物質など薬による副作用 3.ストレス 5.風邪などのウイルスによる感染症 6.食物によるアレルギー 治療法としては原因がわかっている場合は、 それを止めるなり 元となるものを除去するそうです。 ただすでに胃が炎症をしているので、 半日~1日の間は物を食べてはいけないと言われています。 また飲みも物も冷たいものを避けて、 ぬるま湯などを飲むようにします。 さらに症状にあわせて薬を服用していくそうです。 絶食をした後も脂っこいものなどは避けて、 おかゆなどやわらかい消化の良い物から 慣らして食べていきましょう。 まあ何にしてもすぐに病院に行きましょうってことです。 こんなことを言っては元も子もないのですが、 やはり専門の人に診てもらわないと詳細はわかりませんからね。 3.慢性胃炎 それではまずは参考までに動画のほうをご覧ください。 急性胃炎の場合はちゃんと対処すればすぐに治りますが、 まれに 慢性的にキリキリシクシク痛みが伴う場合があります。 特に空腹時などに症状が強まり、食欲が出なかったり、 吐き気などもあり常に状態があまり良くないことが続きます。 この場合は慢性胃炎の可能性があります。 主な原因としては以下のようなものが上げられます。 1.ピロリ菌 2.過度の喫煙や飲酒 特に ピロリ菌という可能性は高い傾向にあります。 治療法としてはまずは 胃の中を検査する必要があるそうです。 まあこれも病院に行って検査が必要ということです。 4.胃潰瘍 こちらも実際に解説しているものがあるのでご覧ください。 みぞおちが痛む原因としては胃炎以外にもあります。 その1つが 胃潰瘍です。 こちらの場合は胸やけ感、酸っぱいゲップ、 さらに出血が伴ったりなどの症状がでるそうです。 主な原因としては以下が上げられます。 1.ストレスや過労 2.ピロリ菌 ストレスや過労などでは大きな要因となりますが、 最近ではピロリ菌もかなり影響しているようです。 治療法としてはバリウム検査や内視鏡検査して、 胃に穴が開いていないかをチェックするそうです。 開いていない場合は手術の必要はなく、 胃酸を押さえる薬の服用や食事療法で治していきます。 胃がん そしてこちらも同じく解説している物があるのでご覧ください。 先ほどのチェックをした際にがん細胞が見つかると、 胃がんということになります。 こちらも 原因の1つとして生活習慣やピロリ菌とされています。 ここでもまたピロリ菌がいますね。 もう、こいつは本当にやっかいなやつですよね。 ちなみに胃がんは初期症状が殆どありません。 早期発見できれば内視鏡で治療もできるそうなので、 回復の可能性もグッと高まるそうです。 違和感があればこまめなチェックが必要です。 また関連記事として以下も良ければご覧ください。 1. 2. 3. 4. まとめ ここまではお腹やみぞおちが痛い場合の 5つの原因と治し方についてご紹介しました。 ただここに書いているのはあくまでも参考程度の情報なので、 違和感があれば必ず病院に行って検査してくださいね。

次の