アメリカ 月 面 着陸。 人類が月に「もう1度行けない」理由 アポロ計画とは

月面着陸50年、人類はやっぱり月に行っていた

アメリカ 月 面 着陸

SPONSORED LINK 人類が月に「40年以上行っていない」理由 それは「アポロ計画の功罪」だった? 1969年、人類は初めて月面を歩いた。 しかし、その3年後のアポロ17号の打ち上げ以来、有人月面着陸は行われていない。 一体その理由とは? 質問サイト「Quora」に寄せられた質問に、SF作家のC・スチュアート・ハードウィックが回答した。 なぜ私たちは40年以上、月に行っていないのか? そのわけは、実に莫大な費用がかかるから、そして行かなければならない実用的な理由がないからです。 引用元:Forbes「人類が月に「40年以上行っていない」理由 アポロ計画の功罪」 この記事の中では、「 月面に人類初の足跡を残すための事業に、約50万の人力と、世界一豊かな国家の軍事力と産業力が投入された」と言われています。 つまり、そこまでお金をかけてでも、「アメリカの大偉業」として、歴史に名を遺すことに、執念とお金が懸けられていた、というわけですね。 なぜもう一度行けないのか」の答えは「お金がないから」である。 1960年代、アメリカがアポロに使った金は250億ドル、1ドル360円の時代、日本円でざっと9兆円、当時の物価は今より安かったから、今やるとなったら何10兆円になるかもしれない。 引用元: 日本の今年(平成28年度)の、税収で「約58兆円」()。 なので、「何10兆円」となると、税収のほとんどを使い果たす気で、挑戦しないとならないレベルです。 これは確かに、実現しづらい額ですね。 そもそも「月面着陸」したって、本当? 「人類が月に行ったのは、真実か?」「アポロ計画の陰謀論」という話も、昔からアツく議論されています。 事実、アメリカが大金を投入してまで、「アポロ計画」を実行した背景には、ソ連との開発競争や、威厳争いがあったとも、言われているため、「ねつ造」したのでは?と疑う方も多いようです。 一部で捏造説が唱えられる「アポロ11号」の有名な月面着陸写真。 NVIDIA社は、最新コンピューターグラフィックス技術を使って光の当たり方を再現し、捏造でないことを証明した。 引用元: まとめ 月面と言えば、漫画や映画で登場する「月面基地」や、地球からは見ることができない「月の裏側」など、宇宙・SF好きには、たまらないテーマの1つ。 人類が月面に行ったのか、再びまた着陸できるのか、真相・未来は定かではありませんが、夢が膨らみますね! ちなみに、ガンダム好きな僕の友人いわく、 「え?2045年には、宇宙世紀が始まって、「コロニー」の建築が始まるよ?」 だそうです。

次の

月面着陸は捏造だった? 陰謀説の元となった証拠いろいろ

アメリカ 月 面 着陸

月面着陸は本当はなかったと、いまだにちょこっと信じていたりとかしませんか? 月面着陸50周年を心の底から楽しむために、陰謀説の出元を振り返ってスッキリしましょう。 決定打は1冊の自費出版本 月面着陸陰謀説は、ネットでフェイクニュースが社会現象になる遥か前に生まれて広まりました。 出元は1974年にBill Kaysingという人が自費出版した「」という本です。 Kaysing氏は冷戦の最中の1950年代、宇宙開発関連企業Rocketdyneでテクニカルライターとして働いていた人なので、そんな経歴の人が「月面着陸の写真はアリゾナ州のエリア51でスタジオ撮影したものだ!」と書いたもんだから、さあ大変。 みな内部告発と勘違いしてしまったんです。 でも本人もあとで認めているように、宇宙開発関連の社員といっても、ロケットの知識はゼロのド素人です。 もともと国民の3割は信じていなかった 人類が月面に初めて降り立ったのは、それに先立つ1969年7月20日。 アメリカではベトナム戦争、ウォーターゲート事件で学生運動が吹き荒れて、「もう政府の言うことなんて全然信じられねえ」という厭世ムードが広まっていました。 本が出る前から、国民の3割は「あれもどうせデマに決まってる」と思っていたことが、でわかっています。 あまりにも偉業すぎて国民の意識がまったくついていっていなかったんですね。 Bill Kaysing著「We Never Went to the Moon」 「これ本当に月面?模型? PS. これは内部告発調で、本にあることないこと書きました。 「Santa Susana研究所でロケット試験運用に何度も立ち会ったが、そこで目にしたものは数々の失敗、爆発、エンジン緊急停止だった。 ]空軍がアトラスロケットシリーズの大陸間弾道ミサイル (ICBM)への配備を承認してからも、エラーの連続だった」( 「We Never Went to the Moon」 より) 読む人が読めばウソとすぐ見抜けるんですが、もっと簡単にアウト判定できる発言もあります。 それがこちら。 「 宇宙なのに、どの写真を見ても星が1個も写っていないのが何よりの証拠だ。 本当に月で撮ったのなら星が写ってないとおかしいじゃないか」(の取材に答えて) それってただの「黒つぶれ」なんじゃ…。 暗いところで写真撮るとき、なんか明るいものがあると、暗いところが真っ黒に映るやつ。 万人スマホフォトグラファーの今なら、だれでも常識で想像がつきますよね。 ので、普通にそこに絞り値を合わせると、背景の星は消えます。 星に絞り値を合わせるとどうなるのか? これについては映画監督のS G Collinsさんが再現しています(3:35~)。 Video: そうなんですよ。 宇宙飛行士が真っ白に飛んじゃうんですね。 監督が特殊効果の技術で世界の度肝を抜いた「2001年宇宙の旅 」の翌年が月面着陸というのは単なる偶然じゃない、「映画は表向きの名目で、実はアポロ月面着陸ねつ造プロジェクト(ASP)が主目的だった。 アポロ計画は途方もない予算規模になったが、あれは映画制作費がかさんだせいでもある」と想像たくましく自論を展開しているのです。 これは派手好きなマネジャーのたっての希望でそうなった、とKaysing本には書かれています。 今だにネットで「証拠写真」として使われてます。 Image: 1969年4月22日のシミュレーション演習の写真。 これはもちろん地球だし、後ろのは模型だとNASA自身が発表している Image: 生中継用ビデオカメラの操作を練習するアームストロング船長。 (NASAがアメリカの月面に着離!)』です。 これはいまだにAmazonで買えます。 地球帰還のときも、宇宙飛行士たちは全然うれしそうじゃなかった、きっとこれだけのねつ造で国民を欺く罪悪感に苛まれて、喜ぶどころじゃなかったんだろう、とかね。 陰謀論の大家はふたりとも故人です。 …で、結局、月には行ったのか、行かなかったのか? 今は普通に考えて、行ったとしか考えられないという結論になっています。 理由は簡単。 上記の動画でCollinsさんが映像制作に関わる人の目で丁寧に説明しているように、1969年当時は高速撮影のビデオカメラがまだなかったので、スローモーションのねつ造なんて無理だったんですね。 あの世紀の映像は10FPSで撮影されていた。 短い映像だったらねつ造も簡単だけど、1969年7月のあの日は世界中がTVのブラウン管に釘付けになって、 えらい長い時間生中継して、途中でヒマになるぐらいだった。 16分でビデオカメラON。 4分で最初の一歩。 アームストロング船長が飛び回って、結局、 143分もカメラは回しっぱなしだった。 あれがすべて、3分の1にスローダウンしたねつ造映像だとすると、元の映像は連続43分。 でも1969年当時、市販のディスクは 30秒しか映像を保存できなかったんだよね。 NASAなら可能だったかもしれないが、それにしたって、とてつもなくデカいディスクが必要になる。 いくらNASAでも神じゃないんだから。 さあ、これでみんなスッキリして50周年を迎えられますね。 月面着陸50年おめでとう!• Tags :•

次の

アポロ11号月面着陸から50年、アメリカが再び月を目指す理由(池田 純一)

アメリカ 月 面 着陸

アポロ月面着陸とはどういうモノだったのか? 人類が初めて月に行ったのは1969年の事。 もうかなり昔の事なので、リアルタイムでこの大偉業を見た事のない人も多いと思います。 という事で、この月面着陸について簡単に振り返ってみると。 1969年7月16日~アポロ11号打ち上げ ニール・アームストロング(下写真左)を船長に、バズ・オルドリン(下写真右)、マイケル・コリンズ(下写真中央)の3人の宇宙飛行士を乗せた全長約110メートルもあるサターンV型ロケットが、アメリカのケネディ宇宙センターから月に向けて打ち上げられました。 「画像参照:アポロ11号搭乗の3人の宇宙飛行士とサターンV型ロケット(Wikipediaより)」 1969年7月20日~着陸船月面着陸成功 約3日間の飛行ののち月周回軌道上に到達したアポロ号は、 司令船「コロンビア」から月着陸船「イーグル」を切り離し、イーグルは月面に向け降下します。 この時、月面に向かったのはアームストロング、オルドリン飛行士の2名。 コリンズ飛行士はコロンビアに残り、月軌道上で月面着陸のサポートを行います。 「画像参照:切り離し後の司令船コロンビア(左)と着陸船イーグル(右)(Wikipediaより)」 イーグルの着陸予定地は、月の赤道に近い比較的平地が多い領域と思われる「静かの海」。 しかし、自動操縦でコンピューターが着陸誘導しようとしているのは、 クレーターの中の岩がゴツゴツした着陸には危険な場所。 これを見たアームストロング船長は急遽操縦を手動に切り替え、 自らの判断で着陸場所を探し軟着陸を決行。 常に冷静沈着だったアームストロング船長の操縦は見事で、 安全な平地のある場所を見つけ、そこにスムーズに着陸成功。 ちなみにこの時、着陸用エンジンの燃料はほぼ空の状態だったといい、 まさにギリギリのタイミングで着陸に成功したそうです。 そして、人類初の月面着陸という世紀の瞬間が訪れます。 「画像参照:月面に降りようとするアポロ11号アームストロング船長(左)オルドリン宇宙飛行士の靴跡(右)(Wikipediaより)」 この着陸の時、アームストロング船長が発したこの言葉はあまりにも有名です。 「 一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大なる飛躍だ!」 しかし、これほどではありませんがアームストロング船長の言葉がもたらした、 もう一つ有名なエピソードをご存知でしょうか? それは、着陸に成功した後、アメリカのホワイトハウスとの交信の一コマ。 「(私たちは) 米国人だけではなく 平和を愛する世界中の人々の代表です。 」 時はベトナム戦争の最中です。 大統領はアメリカの力を誇示したくて、このような祝意を贈ったかも知れませんが、国境の無い月面に立った宇宙飛行士は、戦争など無意味で、そんな事は超越した気持ちでこのような言葉が自然と出たのかも知れません。 その後、2人の宇宙飛行士は約2時間半における月面での船外活動を行い、月面滞在約21時間で再び司令船・コロンビアとドッキングして、約8日間の任務を終え、無事地球に帰還します。 「動画参照:YouTube 」 1969年-1972年~合計6回の月面着陸成功! 記念すべきアポロ11号の月面着陸から3年間に渡ってアポロ計画は17号まで実施され、合計12人の人類が月面の地に降り立っています。 当初の計画によるとアポロ計画は20号まで予定されていたと言われていますが、莫大な費用がかかる事もあり予算削減のため18号以降は断念。 その後、アポロ計画は やへと引き継がれ、事実上アメリカは宇宙開発のトップに立つ事に。 21世紀の現在も国際宇宙ステーション等、アメリカを中心に宇宙開発は続いていますが、現在では民間も参入する事で宇宙進出は改変を見せようとしています。 Sponsored Link アポロ月面着陸に何故捏造説が生まれたのか? これほどまでの素晴らしい偉業となったアポロ月面着陸。 この後、この偉業に水を差す出来事が起こります。 それは「人類は月など行っていない!すべては仕組まれた捏造だ!」という一部の人々の意見。 その発端は1冊の自費出版本にありました。 それが1974年に出版された「We Never Went to the Moon」という本。 この本により、 「宇宙に行ったハズなのに、星が1個も映ってない。 」 「真空なのにアメリカ国旗がはためいている。 」 「宇宙飛行士の影の向きがおかしい。 」 等といったアポロ月面着陸の様々な矛盾点を指摘して行き、 その結果、世間の否定派の人たちを煽るカタチになってしまいます。 確かにアポロ月面着陸には無理があった 当時のアポロ月面着陸の背景には、大国旧ソ連との冷戦がありました。 人類初の人工衛星打ち上げ、有人宇宙飛行、さらには有人による宇宙遊泳等、 宇宙進出でアメリカはどれも旧ソ連に遅れをとっていました。 そこで焦った?アメリカは、とんでもなく無謀な計画を立てる事になります。 それが1961年。 当時のケネディ大統領の 『10年以内に人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させる。 』という声明。 「画像参照:1961年5月25日ケネディ大統領演説の様子(Wikipediaより)」 これを発端にNASAは、急ピッチで有人月面着陸計画を進める事になります。 しかし、アメリカが初めて人工衛星の打ち上げに成功したのは1958年です。 つまり、初の人工衛星の打ち上げ成功からわずか10年余りで人を月に送るなんてあまりにも無謀。 しかも、宇宙進出には欠かせないIT技術もまだ未発達で、 当時、最高水準のコンピューターは、今で言うところのゲーム機ほどの性能しかありませんでした。 普通に考えれば、宇宙に対する経験も技術も未熟なヨチヨチ状態で月なんかに行けるワケがない! この背景があって捏造説が広まったのは、無理もなかったのかも知れません。 アポロ月面着陸成功は紛れもない事実! 「人類は本当に月に行ったのか?」と疑って本を出版した著者は、 基本的にロケット技術の知識はゼロの素人でした。 つまり、捏造説は技術面や宇宙の知識からみたら全く根拠等無いワケで、 しっかり検証すれば、捏造の意見は根本から覆されることになります。 例えば、「宇宙に行ったハズなのに星が1個も映っていない。 」疑問は? 「画像参照:Wikipedia」 太陽光が強い月面では、撮影のため太陽光の反射を防ぐ必要があり、 カメラの口径を狭くして撮影している事で星の明かりが写り込んでいません。 また「真空なのにアメリカ国旗がはためいている。 」の原因は。 「画像参照:月面でアメリカ国旗に敬礼する宇宙飛行士(Wikipediaより)」 単に、旗の布にシワがよっただけで、 真空だからこそこのように見えているのです そして、月面着陸が捏造などではない!という決定的な証拠が、 当時、何億人という人が視聴したというテレビの生中継! この時、月面でのテレビ中継は、カメラを回しっぱなしで2時間以上も放送しています。 この頃は映像技術も未発達で、捏造出来る高性能カメラも無い時代。 また、地球の6分の1しかない月の重力下で、スローモーションのように動き回る宇宙飛行士の様子など中継できるハズもないワケで、それを捏造映像として世界中の人たちの前で2時間以上の長い時間で公開するなど、とても技術的に無理だった事が証明されています。 21世紀。 人類は再び月へ! 偉大な先駆者たちが打ち立てた月面着陸から半世紀を過ぎ、 人類は再び月面の地に立とうとしています。 新しい計画の名前は 「アルテミス計画」と言います。 ちなみに、アポロとアルテミスの関係は、 ギリシャ神話で太陽神をアポロン。 月の女神の事をアルテミスと言い、 アポロンとアルテミスは双子の兄妹だと言います。 つまり名前からも、アルテミス計画はアポロ計画を継承するモノだと言えますが、今回の計画は、単に人類を月面に送り科学・資源調査をする事だけが目的ではなく、将来人類が月面で活動できるよう、月のインフラ整備を進める事。 具体的には、月面に基地を建設し、その軌道上には人類が火星等の天体に進出するための拠点となる宇宙ステーションも建造する事にあります。 「画像参照:JAXA資料より」 予定では2020年代前半から計画が実施されるとの事。 これにはアメリカだけでなく世界各国が参加。 もちろん、日本も参加するとの事です。 とにかく、スグそこまでやって来ている新しい宇宙時代。 いったいどうなるのか?とても楽しみです。

次の