ウィリアム ボールドウィン。 ボールドウィン兄弟について。

アレック・ボールドウィン

ウィリアム ボールドウィン

ウィリアム・スタイロン(: William Clark Styron, Jr. 、 - )は、出身の、である。 1990年に回顧録『見える暗闇』 Darkness Visible を出版する以前から、以下のような小説で著名であった。 『暗闇に横たわれ』(Lie Down in Darkness、1951年)• 『ナット・ターナーの告白』(The Confessions of Nat Turner、1967年)。 1831年にバージニア州で起こった反乱の指導者の独白• 『』(Sophie's Choice、1979年)。 から生き残ったソフィー、「そして2人の男達:ネイサンは才気あふれるが危険、スティンゴは寂しがり屋で欲求不満でニューヨークで作家になりたがっている」 『見える暗闇』の出版でスタイロンの影響力が深まり、読者層が拡がった。 この回顧録は著者のへの破滅的な降下、「絶望の上の絶望」を記述している。 多くの者を襲っているがまだ広く誤解されている病気を検証することで、スタイロンはこの試練の悩みを詳しく親密に語り掛けており、「死に至る絶望」という心の悩みを表している。 初期の経歴 [ ] ウィリアム・スタイロンはバージニア州にあるヒルトン・ビレッジ歴史地区で生まれた。 そこはスタイロンの最も有名で議論も呼んだ小説の題材となったの奴隷反乱が起こった場所から100マイル 160 km も離れていなかった。 スタイロンの父方の祖父は奴隷所有者であり、出身の母と進歩的人の父は、スタイロンの世代には無くなっていた人種間の関係について広い知識を与えた。 スタイロンの子供時代は難しいものであった。 造船技師の父親は鬱病を患い(スタイロン自身も後に経験した)、母親はスタイロンの14歳の誕生日前に癌で死んだ。 スタイロンは3年生までニューポート・ニューズのヒルトン小学校に通った。 その後、スタイロンの父が反抗期の強くなってきたスタイロンをバージニアの海岸地域にある大学予備校、クライストチャーチ学校に入れた。 スタイロンは後に「私が通った学校の中でも... クライストチャーチは単なる尊敬以上のものを与えた... 何というか、私の真の変わらない情熱である。 」と語った。 そこを卒業したスタイロンは、ダビッドソン・カレッジに入学したが、結局退学しての終わり頃に入った。 スタイロンは中尉になったが、船が港を離れる前に日本が降伏した。 その後に入り直して英語で文学士号を取得した。 学生時代にに強く影響を受けて最初の短編小説を学生のの中に出版した。 最初の小説 [ ] 大学をに卒業したスタイロンは市のマグローヒル社で編集者の職に就いた。 スタイロンは後の小説『ソフィーの選択』の中で自叙伝的な記述を入れこの時の仕事の惨めさを思い起こしているが、雇用主に彼をクビにするよう仕向け、一心に最初の小説に取り掛かった。 3年後の、その小説『暗闇に横たわれ』を出版した。 これは機能しなくなったバージニアの家庭で若い女性を自殺に追いやる話であった。 この小説は批評家の圧倒的な賞賛を得て、のアメリカン・アカデミーと芸術・文学アメリカン・アカデミーによる権威有るローマ賞を受賞した。 しかし、のために再召集が掛かり、直ぐに賞を受け取ることができなかった。 スタイロンはに眼疾患が原因で退役し、キャンプ・ルジューンでの体験を短編『長い行進』(The Long March)に仕上げ、翌に連作で出版した。 スタイロンはその後で長期間を過ごした。 に居るときにロマン・ゲアリー、ジョージ・プリンプトン、ピーター・マシーセン、ジェイムズ・ボールドウィン、ジェイムズ・ジョーンズ、およびアーウィン・ショー等と知り合った。 この集団は1953年にパリ・レビューを創刊して話題になった。 スタイロンにとって1953年は出来事の多い年であった。 やっとローマ賞を受賞するためにへ旅行した。 アメリカン・アカデミーで前の年にで紹介されたことのある若きの詩人ローズ・バーガンダーと出会い、親交を再開した。 二人は1953年の春にローマで結婚した。 の90分ドラマシリーズ「プレイハウス90」のエピソード『長い行進』(1958年放映)は前述の中編小説に基づいている。 この時期のスタイロンの経験は後に『この家に火を着けろ』(Set This House on Fire、)になった。 この小説はの海岸にいるアメリカの知識人海外居住者についてのものだった。 肯定否定両面のある批評を受け、ある批評家はであり洗練された作りになっていないと言って攻撃した。 しかし、この小説はヨーロッパで遙かに違った受け取られ方をし、その翻訳書はベストセラーになりアメリカでの売り上げを凌いだ。 出版者にとってはそれだけでも成功と考えられた。 ナット・ターナー論争 [ ] スタイロンは自分のスタディオの扉の上に、の言葉を掲げた。 「 生活を規則正しく秩序有るものにしろ。 そうすれば仕事が強烈で独創的なものになる。 」 ある種金言であるフローベールの言葉はその後の数年間を予言するもののようであった。 スタイロンがとの間に出版した2冊の小説に対する反応は、まさに強烈なものであった。 スタイロンは、『この家に火を着けろ』に対する最初で真に激しい批評に傷付いており、次の小説の調査と構成に数年を費やし、1967年に18世紀に奴隷の反乱を指揮したナット・ターナーの自伝という形で『ナット・ターナーの告白』を書き上げ上梓した。 この期間、が数ヶ月間、スタイロンの客になっており、その小説『もう一つの国』を書いていた。 皮肉なことに、黒人作家ボールドウィンの『もう一つの国』は、白人を主人公にしたことで何人かの批評家によって批判され、ボールドウィンをしてスタイロンの前に大きな問題を予感させることになった。 1967年の『ナット・ターナーの告白』出版直後のインタビューでボールドウィンは、「ビル(スタイロンのこと)は両側からそれを捕まえることだろう」と語った。 ボールドウィンの言葉は予言として正しかった。 ボールドウィンや達がスタイロンを弁護したにも拘わらず、アフリカ系アメリカ人批評家大集団がスタイロンのナット・ターナーの描き方は人種差別の典型的なものであると非難した。 特に議論を呼んだ文章は、ナット・ターナーが白人の婦人を強姦することを夢想するところであり、批評家は南部で伝統的なリンチの正当化について、恒久化させる危険性があると指摘した。 一方で、多くの批評家はスタイロンの小説ではナット・ターナーがその欠点があるにも拘わらず、強く、共感を呼び、英雄的に描かれていると指摘した。 論争が続いていたものの、この小説はよく売れて営業的には成功であった。 にはの、および芸術・文学アメリカン・アカデミーのウィリアム・ディーン・ハウェル賞を獲得した。 後の作品 [ ] スタイロンの次の作品『ソフィーの選択』(1979年)は、『ナット・ターナーの告白』で得た熱烈な支援にはほとんど合わない内容であった。 スタイロンはホロコーストの非被害者について書くことで、これはこれでやや小さな議論を呼んだ。 小説の内容はの教徒での生き残りであるソフィー、その愛人で才気あふれるが危険なところのあるユダヤ人ネイサン、ソフィーに憧れる若者スティンゴを絡めた話を描き、のを受けたうえに全米でベストセラーになった。 の映画『ソフィーの選択』はの5部門でノミネートされ、ソフィーを演じたがを獲得した。 にはフランスの「プリ・モンディアル・キノ・デル・デュカ賞」を受賞した。 この年スタイロンは深刻な鬱病となり、その経験をに自叙伝『見える暗闇』に著した。 これは狂気に落ち込む様子を内面から描くことができたものであった。 スタイロンの小説『シャデラク』はに同じ題で映画になり、スタイロンの娘スザンナ・スタイロンが助監督を務めた。 スタイロンの他の2人の娘も芸術家であり、パオラは国際的に評価される現代舞踊家、アレクサンドラは『すべてが有能な女達』(All The Finest Girls、2001年)を書いた小説家である。 スタイロンの息子、トマスはの臨床心理学教授である。 スタイロンの他の作品では、戯曲『イン・ザ・クラップ・シャック』(In the Clap Shack、1973年)およびノンフィクション短編集『この静かな埃』(This Quiet Dust、1982年)がある。 スタイロンは、において肺炎で死んだ。 81歳。 語録 [ ] 私は肉体の甘いジュースが再びかき混ぜているその肉体だけの殻になったように感じた。 私は何ヶ月も最初の夢を抱いたが、今ではその中のどこかにフルートがあり、野生のガンがあり、踊る少女がいる不滅のもののように混同してきた。 作品 [ ]• 『暗闇に横たわれ』 、• 『長い行進』 、 連作 、 単行本• 『この家に火を着けろ』 、• 『ナット・ターナーの告白』 、• 邦訳『ナット・ターナーの告白』訳、1970年、新装版1979年• 『ソフィーの選択』 、• 邦訳『ソフィーの選択』訳、1983年、1991年• 『この静かな埃』 This Quiet Dust, and Other Writings、、増補版• 『見える暗闇:狂気の記憶』 、• 『海岸地方の朝:若者からの3つの話』 A Tidewater Morning: Three Tales from Youth、 脚注 [ ] 外部リンク [ ]• , obituary written by Christopher Lehmann-Haupt, published in , Nov. 2, 2006•

次の

ウィリアム・スタイロン

ウィリアム ボールドウィン

経歴 [ ] 出身。 兄の、、弟のも俳優。 を卒業。 学生時代はの選手だった。 俳優になる前はモデルとして活躍。 1989年には主演の『7月4日に生まれて』に端役で出演。 その後ハリウッドで活躍し、1990年『フラットライナーズ』1991年『バックドラフト』1995年の『フェア・ゲーム』では主演も勤めている。 アメリカのテレビ映画作品への出演が多い。 プライベート [ ] 1995年9月9日に歌手のと結婚。 3人の子供がいる。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1989 N. 殺人捜査線2 Primary Suspect クリスティアン・ボックス Relative Values ドン・ルーカス 2001 Double Bang ビリー One Eyed King フランク Say Nothing ジュリアン テレビ映画 2002 プリティ・イン・ニューヨーク You Stupid Man ブラディ R. テレビ映画 2003 Red Rover ウィル・テイラー E. マイク テレビ映画 2004 策謀のシナリオ Art Heist ブルース・ウォーカー 2005 The Squid and the Whale アイヴァン 2006 Park デニス Full Count ダン・クーニー・ジュニア Feel ネイサン 2007 NOISE ノイズ Noise Humble Pie トゥルーマン・ホープ Adrift in Manhattan マーク・フィップス A Plumm Summer プラム 2008 Forgetting Sarah Marshall ハンター・ラッシュ 2010 Justice League: Crisis on Two Earths バットマン 声の出演 1 a Minute 本人 2011 クレイグスリスト・キラー The Craigslist Killer ベネット テレビ映画 Garbage 本人 Jock the Hero Dog 船頭 声の出演、アニメ 2012 Aftermath シェーン 声の出演 Dino Time サルコ 声の出演、アニメ 2013 Sexy Evil Genius バート・メイフェア ビデオ映画 Be My Valentine ダニエル・ファレル テレビ映画 2014 The Wisdom to Know the Difference デニス 2015 Back to the Jurassic サルコ 声の出演、アニメ Blowtorch 探偵フランク・ホーガン Lead with Your Heart ベン テレビ映画 Minutes to Midnight Mr. ウォルタース Christmas Switch ミッチ・テイラー 2019 Backdraft 2 ブライアン・マカフレイ オリジナルビデオ テレビシリーズ [ ] 放映年 邦題 原題 役名 備考 2007-2009 Dirty Sexy Money パトリック・ダーリング 23エピソード 2010 Parenthood ゴードン・フリント 8エピソード 2010-2012 Gossip Girl ウィリアム・ヴァンダーウッドセン 9エピソード 2011-2012 Hawaii Five-0 フランク・デラーノ 5エピソード 2012 30 Rock ランス・ドレイク・マンドレル Kidnapped by Danger メン・アット・ワーク Men at Work シェパード・ピーターズ 2013 The Trouble with Billy ジョーイ Copper ウィリアム 2014 Wilfred ブルース 2015 Hot in Cleveland デーン Forever オリヴァー・クラウステン The Wolves of Deep Brooklyn 参照 [ ].

次の

ウィリアム・ボールドウィン

ウィリアム ボールドウィン

宇宙から飛来した電磁波生命体と衛星探査船の乗組員の対決を描いたSFアクション。 監督はジェームズ・キャメロン作品の「アビス」「トゥルーライズ」などで視覚効果を担当したジョン・ブルーノで、彼の監督デビュー作。 SFXはデジタル・エフェクトを「スターシップ・トゥルーパーズ」のフィル・ティペットが担当。 脚本はチャック・ファラー(「バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記」「ジャッカル」の脚本担当)の同名コミックを元に、ファラーと「スピーシーズ 種の起源」のデニス・フェルドマンが担当。 製作は「アルマゲドン」のゲイル・アン・ハード。 製作総指揮はファラー、「バーブ・ワイヤー」のマイク・リチャードソンと「パーフェクト・カップル」のゲーリー・レヴィンソンとマーク・ゴードン。 撮影はデイヴィッド・エグビィ。 音楽は「アベンジャーズ」のジョエル・マクニーリー。 美術はメイリン・チェン。 編集はスコット・スミス。 出演は「トゥルーライズ」のジェイミー・リー・カーティス、「フェティッシュ」のウィリアム・ボールドウィン、「トゥームストーン」のジョアンナ・パクラ、「悪魔を憐れむ歌」のドナルド・サザーランドほか。 監督 出演キャスト 選挙活動のノイローゼから自分の暗殺を依頼した上院議員が、それをきっかけに過激に本音をブチまけ始めて大騒動を巻き起こす様を描いた諷刺コメディ。 監督・主演は「レッズ」「ディック・トレイシー」(監督も)「めぐり逢い」(製作・脚本も)のウォーレン・ベイティで、彼の監督第4作。 脚本はベイティの原案を元に、彼と「レッズ」のジェレミー・ピクサーが共同で担当。 製作はベイティと「ヒート」のピーター・ヤン・ブルッグ。 製作総指揮はローレン・シュラー・ドナー。 撮影はベイティとは「レッズ」以来コンビを組む名手ヴィットリオ・ストラーロ(「タンゴ」)。 音楽はスコアを巨匠エンニオ・モリコーネ(「めぐり逢い」「Uターン」)、サウンドトラック製作総指揮を「グレイス・オブ・マイ・ハート」のカリン・ラクトマンがそれぞれ担当。 美術は「ゴッドファーザー」(シリーズ3作)「ライジング・サン」のディーン・タヴーラリス。 編集は「めぐり逢い」のロバート・C・ジョーンズと「イレイザー」のビリー・ウェバー。 衣裳は「ディック・トレイシー」のミレナ・キャノネロほか。 共演は「エグゼクティブ デシジョン」のハル・ベリー、「アウト・オブ・サイト」のドン・チードル、「ドクター・ドリトル」のオリヴァー・プラット、「ノックオフ」のポール・ソルヴィーノ、「誘惑のアフロディーテ」のジャック・ウォーデン、「ゲット・オン・ザ・バス」のイザイア・ワシントン、「バニシング・ポイント」(監督)「バウンド」のリチャード・サラフィアン、さらに有名司会者のラリー・キング、ウィリアム・ボールドウィン、ジョージ・ハミルトンらが本人としてノー・クレジットで顔を見せる。 全編に漂う奇妙なテイストとラストのオチが愉快。 64年生まれの新鋭映画作家レブ・ブラドッグがフロリダ州立大学映画学科修士課程の卒業制作として91年に発表した30分の短編『Curdled』が世界各国の映画祭で数々の賞を受賞し(同年に東京で開催された第1回国際学生映画祭にも出品)、イタリアのミステリー映画祭で上映された際にゲストとして招かれていたクエンティン・タランティーノの目に止まり、彼がエグゼクティヴ・プロデューサーをつとめて長編化された。 脚本はブラドックと彼の学生時代からの盟友のジョン・マースが、短編版に続いて執筆。 製作はマースとポール・プイグ。 撮影はスティーヴン・バーンスタイン、プロダクション・デザインはシャーマン・ウィリアムス、美術監督はウェンディ・マカロック、編集はマロリー・ゴッドリーブが担当。 音楽はジョゼフ・ジュリアン・ゴンザレスがスコアを書き、ロックバンド〈ガンズ・アンド・ローゼス〉のギタリスト、スラッシュが挿入曲を2曲提供している。 主演は短編版に続いて新星アンジェラ・ジョーンズ。 短編版で彼女に惚れ込んだタランティーノは、自作「パルプ・フィクション」に同じ役で登場させている。 共演は「フェア・ゲーム」のウィリアム・ボールドウィン、「男が女を愛する時」のバリー・コービンほか。 監督 出演キャスト KGBの暗殺集団に命を狙われる女性弁護士と、彼女を守る刑事の戦いを描いたノンストップ・アクション。 86年にシルヴェスター・スタローン主演の「コブラ」として映画化されたこともある、女性ミステリー作家ポーラ・ゴズリングの『逃げるアヒル』(邦訳・ハヤカワ文庫)を、構想も新たに再映画化。 監督はアンドリュー・サイプス、脚本はチャーリー・フレッチャーの新鋭コンビ。 製作は「ダイ・ハード」「リーサル・ウェポン」の両シリーズや「暗殺者」などアクションで定評あるジョエル・シルヴァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはトーマス・M・ハーメル。 撮影は「ピュア・カントリー」のリチャード・ボーウェン、音楽は「暗殺者」のマーク・マンチーナ、美術はジェームズ・スペンサー、編集は「逃亡者」のデイヴィッド・フィンファー、「バッドボーイズ 1995 」のクリスチャン・ワグナー、「タイムコップ」のスティーヴン・ケンパーが担当。 主演は念願の映画デビューとなるスーパーモデル出身のシンディ・クロフォード。 相手役に、「スリー・オブ・ハーツ」のスティーヴン・ボールドウィン。 「ランボー 怒りの脱出」など、ロシア人の悪役で知られるスティーヴン・バーコフ、「クイズ・ショウ」のクリストファー・マクドナルド、「エル・マリアッチ」のサルマ・ハエックらが助演している。 監督 出演キャスト レズビアンの恋人たちとひとりのホストの奇妙な三角関係を描いた恋愛ドラマ。 監督はポーランド出身で「アンナ」のユレク・ボガエヴィッチ。 アダム・グリーンマンの原案を元に、彼とミッチ・グレイザーが共同で脚本を執筆。 製作は「ユニバーサル・ソルジャー」のジョエル・B・マイケルズと、マシュー・アルマス。 エグゼクティヴ・プロデェーサーは「プラインド・デート」のデイヴィッド・パーミュット。 撮影は「レザボア・ドッグス」のアンジェイ・セクラ、音楽はリチャード・ギブスが担当。 主演は「硝子の塔」のウィリアム・ボールドウィン、「ドラッグストア・カウボーイ」のケリー・リンチ、「ボクシング・ヘレナ」のシェリリン・フェンほか。 監督 出演キャスト 何者かに常に窃視されるヒロインが連続殺人事件に巻き込まれていくさまを描いた、エロティックなサイコ・サスペンス。 監督は「パトリオット・ゲーム」のフィリップ・ノイス。 製作は「ローズマリーの赤ちゃん」のロバート・エヴァンスで、原作は同作のアイラ・レヴィン。 エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・W・コッチと、脚本を手掛けた「氷の微笑」のジョー・エスターハス。 撮影は「虚栄のかがり火」のヴィルモス・ジグモンドが担当。 音楽は「裸のランチ」のハワード・ショアがスコアを書き、UB40、エニグマ、ネナ・チェリーなど14組のアーティストの曲が挿入曲として使用されている。 主演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン。 ほかに「バックドラフト」のウィリアム・ボールドウィン、「山猫は眠らない」のトム・ベレンジャー、「ウディ・アレンの重罪と軽罪」のマーティン・ランドーらが共演。 監督 出演キャスト.

次の