黒 プラチナ 間 質 性 肺炎。 間質性肺炎の診断と治療―確かな診断と治療で治すことも可能

間質性肺炎とは?治療や原因、症状、予防法など

黒 プラチナ 間 質 性 肺炎

キーワード• 間質性肺炎の最新治療 呼吸器内科 梅田 幸寛 副科長・助教 石塚 全 科長・教授 間質性肺炎とは 肺はスポンジのように空気を入れる肺胞という細かい部屋が無数にあります。 肺の中に空気を大きく取り込んで吐き出すために、肺は非常に柔らかく伸縮します。 間質性肺炎では肺胞の壁(間質)に慢性的に炎症を起こし、線維が沈着し厚く硬くなり、本来、柔らかく大きく膨らむ肺がガチガチになり膨らみにくくなる病気です。 50歳以上の方に多く、主な症状は空咳(からせき)や運動したときの息切れです。 間質性肺炎は一般的に慢性・進行性です。 その中で最も頻度(ひんど)の多い特発性肺線維症(とくはつせいはいせんいしょう)という病気は呼吸不全の進行のため、診断後からの平均余命が3~5年程度とされており、国の指定難病となる疾患です(写真)。 写真 正常(上)と比べ、特発性肺線維症(下)のCTでは肺に無数の穴が開き壊れている 間質性肺炎の大きな問題は、風邪(かぜ)などをきっかけに急激に病状が悪化し、治療を行っても呼吸不全が進行し非常に致死率の高い病態になることです。 このような病態を「急性増悪」と呼び、その頻度は年間5~10%程度とされます。 急性増悪は間質性肺炎による死亡の大きな要因となっており、発症抑制ができる治療法が望まれています。 しかし、期待される治療薬として2008年にピルフェニドン、2015年にはニンテダニブという抗線維化薬(こうせんいかやく)が認可されました。 これらの薬剤を服用することで肺が硬くなることを防ぎ、経年的な肺活量の減少を抑制する効果が報告されています。 さらに、最近の報告ではこれらの薬剤を内服することで生存期間が延長することが証明されました。 また、ニンテダニブには急性増悪の発症抑制効果が報告されており期待されています。 これらの治療薬は病気を元に戻すことはできませんので、病気が軽いうちに発見し内服を開始した方が有効でしょう。 抗線維化薬はそれぞれ特徴的な副作用があり、ピルフェニドンは光線過敏症という日焼けしやすくなる副作用、ニンテダニブは下痢の副作用が多くみられます。 また、共通の副作用として薬剤性肝障害、食欲不振などが出現します。 これら2つの抗線維化薬は非常に高額で(薬価:ピルフェニドン18万7839円/月、ニンテダニブ39万4464円/月)、長期間治療を継続する必要性があり、患者さんの経済的な負担が問題となります。 このため、診断のための精密検査を十分に行い、国の難病患者の認定を受け医療費助成を受ける手続きを同時に進めていくとよいでしょう。 このように、間質性肺炎の診断や治療適応の判断、治療薬の副作用管理など、この疾患の診療には専門的な知識を必要とします。 ぜひ、間質性肺炎を専門とする医師の在籍する福井大学病院での診療をお勧めします。

次の

間質性肺炎合併肺癌

黒 プラチナ 間 質 性 肺炎

間質性肺炎・肺線維症はこんな病気 「呼吸」とは、吸った空気 吸気 を気管から続く気道を介して、末端の肺胞という小さな袋にまで運び、肺胞の周りの「間質」の中を流れる毛細血管中の血液に酸素を与えるための作業です。 間質性肺炎は、この間質にさまざまな原因による炎症が起こり、壁が厚く硬くなって 線維化 、血液中に酸素が取り込まれにくくなる病気です。 症状としては、歩行やそのほか日常生活の中で身体を動かしているとき 労作時 に感じる息切れ、痰 たん を伴わないせきなどが現れます。 比較的ゆっくり進行する病気であるため、症状を自覚した段階ではかなり病気が進んでいることもあります。 線維化が進むと、蜂巣肺 ほうそうはい と言われるような多数の穴 嚢胞 がCTなどで確認できます 肺線維症。 間質性肺炎・肺線維症のしくみ 間質性肺炎の原因としては、職業上の粉塵吸入やペット飼育などの住環境、薬剤や健康食品 薬剤性肺障害 、他のなどさまざまなものが知られていますが、原因がはっきりしない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」と呼び、一定の基準を満たすと公費負担の対象となります。 診断のためには、医師の問診・聴診などの診察、血液検査、肺活量などをみる呼吸機能検査、胸部X線やCTなどの画像検査を行いますが、場合によっては気管支鏡や胸腔鏡 きょうくうきょう などで検査入院を必要とすることもあります。 呼吸器科の専門医を受診するのがよいでしょう。 間質性肺炎・肺線維症の治療法 特発性間質性肺炎・肺線維症以外の間質性肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの間質性肺炎であるかの診断が重要です。 特発性間質性肺炎・肺線維症は徐々に進行する場合が多く、難治性で今のところ特効薬はありませんが、抗線維化薬やステロイドと免疫抑制薬の併用、NAC Nアセチルシステイン 吸入などを症状に応じて行います。 病気が進行して血液中の酸素が不足すれば、在宅酸素療法が必要になります。 早期発見のポイント 間質性肺炎・肺線維症の主な自覚症状は、徐々に進行する息切れと長引くせきです。 初期には身体を動かすことで軽い息切れを感じますが、病気の進行とともに安静時でも息切れが持続するようになります。 せきはなかなか止まりにくく、深呼吸や体動時に出やすい傾向があります。 通常、痰の出ない空せきですが、気管支拡張症を合併した場合や喫煙量の多い人では痰を伴います。 息切れや止まりにくいせきが持続する場合は、風邪をこじらせたなどと自己判断せず、早めに医療機関を受診することをお勧めします。 また、などのに伴う間質性肺炎では、関節痛が初期症状となることもあります。 健康診断や人間ドック受診での初期発見 初期の間質性肺炎では症状がなく、健診における聴診などの診察、胸部X線や呼吸機能検査で異常を指摘されることがあります。 特に、胸部CTでは軽度の変化をとらえることが可能です。 健康診断や人間ドックなどの機会は、積極的に活用するのがよいでしょう。 予防の基礎知識 いくつかのタイプの間質性肺炎・肺線維症はタバコによって発症しやすくなるといわれているため、何といっても禁煙することが大切です。 喫煙は、肺気腫などののほか、多くの呼吸器疾患の原因にもなります。 まず、タバコを吸い始めないことが重要ですが、未成年者の喫煙防止には、学校における教育や家庭での取り組みが必要です。 喫煙習慣の本質はニコチンに対する一種の薬物依存であると考えられていますので、自発的に禁煙できない場合には、禁煙外来を行っている医療機関で指導・治療を受けることをお勧めします。 特発性間質性肺炎・肺線維症と診断された場合は、急性増悪 慢性経過中に急激な悪化が起きること の予防が重要です。 風邪に似た症状で発症することが多く、ウイルスなどの感染がきっかけになることもあるので、外出時のマスク着用、手洗い・うがいの励行、予防接種などが勧められます。 規則正しい生活によって、過労や睡眠不足などの身体に対する負担を避けることが大切であることは言うまでもありません。

次の

野ぶどう研究継承!肝硬変・間質性肺炎など線維症に続く薬効、徳島大で抗アレルギー作用確認

黒 プラチナ 間 質 性 肺炎

間質性肺炎・肺線維症はこんな病気 「呼吸」とは、吸った空気 吸気 を気管から続く気道を介して、末端の肺胞という小さな袋にまで運び、肺胞の周りの「間質」の中を流れる毛細血管中の血液に酸素を与えるための作業です。 間質性肺炎は、この間質にさまざまな原因による炎症が起こり、壁が厚く硬くなって 線維化 、血液中に酸素が取り込まれにくくなる病気です。 症状としては、歩行やそのほか日常生活の中で身体を動かしているとき 労作時 に感じる息切れ、痰 たん を伴わないせきなどが現れます。 比較的ゆっくり進行する病気であるため、症状を自覚した段階ではかなり病気が進んでいることもあります。 線維化が進むと、蜂巣肺 ほうそうはい と言われるような多数の穴 嚢胞 がCTなどで確認できます 肺線維症。 間質性肺炎・肺線維症のしくみ 間質性肺炎の原因としては、職業上の粉塵吸入やペット飼育などの住環境、薬剤や健康食品 薬剤性肺障害 、他のなどさまざまなものが知られていますが、原因がはっきりしない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」と呼び、一定の基準を満たすと公費負担の対象となります。 診断のためには、医師の問診・聴診などの診察、血液検査、肺活量などをみる呼吸機能検査、胸部X線やCTなどの画像検査を行いますが、場合によっては気管支鏡や胸腔鏡 きょうくうきょう などで検査入院を必要とすることもあります。 呼吸器科の専門医を受診するのがよいでしょう。 間質性肺炎・肺線維症の治療法 特発性間質性肺炎・肺線維症以外の間質性肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの間質性肺炎であるかの診断が重要です。 特発性間質性肺炎・肺線維症は徐々に進行する場合が多く、難治性で今のところ特効薬はありませんが、抗線維化薬やステロイドと免疫抑制薬の併用、NAC Nアセチルシステイン 吸入などを症状に応じて行います。 病気が進行して血液中の酸素が不足すれば、在宅酸素療法が必要になります。 早期発見のポイント 間質性肺炎・肺線維症の主な自覚症状は、徐々に進行する息切れと長引くせきです。 初期には身体を動かすことで軽い息切れを感じますが、病気の進行とともに安静時でも息切れが持続するようになります。 せきはなかなか止まりにくく、深呼吸や体動時に出やすい傾向があります。 通常、痰の出ない空せきですが、気管支拡張症を合併した場合や喫煙量の多い人では痰を伴います。 息切れや止まりにくいせきが持続する場合は、風邪をこじらせたなどと自己判断せず、早めに医療機関を受診することをお勧めします。 また、などのに伴う間質性肺炎では、関節痛が初期症状となることもあります。 健康診断や人間ドック受診での初期発見 初期の間質性肺炎では症状がなく、健診における聴診などの診察、胸部X線や呼吸機能検査で異常を指摘されることがあります。 特に、胸部CTでは軽度の変化をとらえることが可能です。 健康診断や人間ドックなどの機会は、積極的に活用するのがよいでしょう。 予防の基礎知識 いくつかのタイプの間質性肺炎・肺線維症はタバコによって発症しやすくなるといわれているため、何といっても禁煙することが大切です。 喫煙は、肺気腫などののほか、多くの呼吸器疾患の原因にもなります。 まず、タバコを吸い始めないことが重要ですが、未成年者の喫煙防止には、学校における教育や家庭での取り組みが必要です。 喫煙習慣の本質はニコチンに対する一種の薬物依存であると考えられていますので、自発的に禁煙できない場合には、禁煙外来を行っている医療機関で指導・治療を受けることをお勧めします。 特発性間質性肺炎・肺線維症と診断された場合は、急性増悪 慢性経過中に急激な悪化が起きること の予防が重要です。 風邪に似た症状で発症することが多く、ウイルスなどの感染がきっかけになることもあるので、外出時のマスク着用、手洗い・うがいの励行、予防接種などが勧められます。 規則正しい生活によって、過労や睡眠不足などの身体に対する負担を避けることが大切であることは言うまでもありません。

次の