ランモバ アルテ ミュラー。 【ランモバ】【キャラ】今回の挑戦の為にマシュー覚醒したやついるよなw

【ランモバ】【キャラ】今回の挑戦の為にマシュー覚醒したやついるよなw

ランモバ アルテ ミュラー

A到達時のステとか装備 レオン• メインアタッカー。 久しぶりに攻撃後の3マス移動が有難いと思った。 スキルは偶数ph対策に精神と特攻。 パシッブは、被ダメ下げの為攻撃破壊。 火力だけなら整軍の方が良いけど意外と発動して無い事多いし、こっちの方が良い感じ。 メインアタッカーその2。 ただ、レオンと違って再移動時の移動量が固定では無い為、奇数phは位置取りに苦労するのが難点。 アルテミュラー• こいつがどれだけ耐えられるかで戦えるターン数が決まるので、耐久力が重要になってくる。 となると、耐久重視にするならエンチャは鋼鉄が良い筈。 とは言え、スレイプニール戦の為だけに貴重なコンクルを1つ潰すのはなぁって感じなのでエンチャは変えない。 アクセは、偶数phで攻撃する為フェアリーブーツ。 耐久だけなら護身符だろうが用意するのが面倒だった。 スキルは増援、豪腕、奔雷だが、増援と豪腕はミスった感がある。 守勢と防御指揮の方が耐久力上だった様な気がせんでもない。 まぁ今度やる時はこっちでやってみよう。 オリビエ• 攻撃、回復、サポート全てをこなす万能マン。 コラボキャラが高難易度コンテンツで人権気味なのは良いんですかね。 石は使ってないので左ルートのみマスター。 そのせいか若干火力に不安がある。 リアナ込みの編成だとオリビエの火力伸ばさんとS取れそうに無いので、石を使った方が良い気はする。 でもまぁ、練兵上げれば何とかなる様な感じもするし、まだ石は投入せんで良いかな。 アイリス• メインの回復役。 アイリス使うなら両ルートマスターは必須だろう。 兵をセイントナイトにしたのは、ちょっと失敗。 偶数phの事を考えると、魔女にして火力上げた方が良かったな。 リアナ• サポート役。 召喚でのタンクの身代わり、チェイサー対策の再行動が主な役割。 ボーナス陣営じゃないので回復力が低いのが辛い。 耐久は、巫女で何とかなる。 立ち回りとか スレイプニール戦は、奇数phと偶数phで立ち回りが大きく変わる。 奇数ph 奇数phは、自軍に与ダメ60%減のデバフが常に掛かっている状態。 その代わり、攻撃前1マス移動する毎に与ダメ20%上昇する。 要は、助走つけて攻撃すればバ火力になる仕組み。 減ってる分を考えると3マスは移動したい所。 後は、毎ターンテレポで馬の周囲に強制移動させられるのと範囲ダメ喰らうのでターン終了時のHPには気を付ける。 テレポで飛ばされる位置がランダムなのが最高に糞。 法則性有るんですかねテレポ。 最初は、HP割合が最も低いキャラを狙う単体攻撃。 タンクのHPを下げておくか、割合の低いキャラをタンクで守るだけ。 全員同じ割合なら出撃時の初期配置でタゲが決まるらしい。 withで知った。 2手目は踏み潰し。 タンクの耐久力テスト。 リアナの召喚が使える時は召喚兵を生贄に捧げる。 無理な時は、オリビエのタレントやヒドラボウなどのバフ・デバフを駆使して、出来る限り被ダメを減らしてタンク受け。 3手目デレターン。 馬の周囲2マス以内に2体以上配置しなければ良いだけ。 偶数ph 運ゲの極み。 運が良いと呆れるレベルで簡単になる。 悪いと苦行そのものだが。 まず偶数phでは絶対に馬の直線上にキャラを配置しない。 配置するとワンパン。 そして、毎ターンランダムで1人にチェイサーが付く。 馬の直線上にキャラが居ない場合は、チェイサーが付いてるキャラを狙って攻撃。 基本的には、再行動付きスキルで解除しながら戦う。 使えるキャラに付いてくれることをひたすらお祈り。 リアナに付いたら泣こう。 無理な場合は、付いてるキャラを出来るだけ馬から遠ざける。 障害物や味方で壁を作って出来るだけ馬を移動させる様に仕向けると良さげ。 チェイサー付きのキャラを攻撃する時に使用するスキルは、1マス移動する毎に与ダメが20%減少する為。 後、偶数phはヒーラーもどんどん攻撃。 反撃が無いので安全。 まぁそんな感じにやって、26ターン目で260万削る。 時計2回残ってるから、やり直せばもう少しスコア伸ばせる様な感じもするが面倒になってきたので諦めた。 A取れてるから良いんです。 しかし、運要素多すぎて再挑戦するのが億劫になるなぁ。 偶数phのチェイサーばっか言われてる気もするけど、奇数phのテレポも大概やと思う。

次の

アルテミュラーの評価と使い道

ランモバ アルテ ミュラー

スキル スキル名 評価・感想など 奔雷(初期) 唯一の単体攻撃スキル。 結構お世話になります。 増援(ホークナイト) 自動回復はあると便利。 守勢(ジェネラル) 枠の都合でタンクする場合これを使う事があります。 戦場統帥(マーシャル) 超凶悪な超絶強化。 レオンや弓ルナが暴れ回ります。 豪腕(マーシャル) 防御力の上昇やコストの関係で守勢の方がいいかも。 防御指揮(ドラゴンナイト) 付ける余裕は無いです。 疾風(ドラゴンマスター) 運次第で2回行動。 他の1コストも優秀なので悩む。 ドラゴンブレス(ドラゴンマスター) 自分中心の範囲攻撃。 それなりの火力、弱化付与で結構強い。 堅守(ハイランダー) これを取るために魔導石はちょっと… おすすめスキル:奔雷orドラゴンブレス+戦場統帥+1コスト自由 おすすめエンチャント 満月:アタッカーもタンクもする事がある関係で怒涛よりこちらの方が良さそう。 おすすめ兵士 吸血バット:自分で回復可能。 優秀な兵士。 ガーゴイルorロイヤルグリフィン飛兵:特殊効果の関係でこちらの方がステータスは高いです。 評価・感想 超絶強化がとにかく強力な英雄。 レオンが暴れ回れるようになるのでとりあえずレオンのお供として出すことも多々あります。 本人も結構な火力と耐久力を持っていて、守勢や防御力を上げる装備を付けてのタンクや、火力を上げてのアタッカーなど色々出来ます。 非常に強力で使いやすい英雄なのでガンガン育成していくと色々と楽になっておススメです。 魔導石が無い場合はとりあえずマーシャルで超絶強化を拾ってレオンのお供をし、アルテミュラーに回せるだけの魔導石が手に入ったらドラゴンマスターにしてアルテミュラーにも暴れ回ってもらうのが良い感じでした。

次の

【ランモバ】アルテミュラーの性能・評価

ランモバ アルテ ミュラー

かねてより気になっていた槍兵アルテミュラーを試してみました。 まだクリアできていない雷竜Lv50にアルテミュラー(槍兵)、レオン、ルナ、ティアリス、アメルダで挑戦。 結論から書くと、道中越せなくて諦めました。 槍兵アルテミュラーはだいぶ弱い、かな・・。 まずはステから。 装備はバルガスの装備を全て流用。 素材足りなかったのでLv45の熟練度UPはできず。 ステがもうちょっと上がるのと、「豪腕」が取れなかったのでガード役としては不完全ですが、被ダメは変わらないので受け性能は把握できました。 ちなみにバルガスのステはこちら。 魔防以外はほぼ同じと言っていい。 ただ、アルテミュラーは絆をかなり進めているので、進めてないバルガスとほぼ同じなのはちょっと・・。 ここは「バルガスが優秀」と見ていいのだと思います。 被ダメはアルテミュラーでもバルガスでも体感できるほど差はありませんでした。 ステ同じくらいだから当然か。 歩兵2体と弓兵1体を処理しきれず、歩兵1と弓兵1にアルテミュラーを落とされて終了。 ここ、バルガスなら耐えていたところです。 ちなみにアルテミュラーの兵種はガーゴイルのままでいきました。 重装槍兵のほうが良かったのかも? パーティの火力不足も原因ですね。 役立たずもいいとこでした。 アタッカー1体だとキツイ・・。 槍兵アルテミュラーって評価決して低くないと思うんですけど、盾としてはバルガスに分があるんじゃないかな。 あと、せっかく高めの攻撃力が死にますね。 騎兵相手にならそれなりに出してくれると思いますが、攻撃力が防御の1. 6倍になるバルガスのほうがダメージ出してくれると思います。 レオンはLv40最後の騎士とLv30裁きのルーンを装備したら攻撃力けっこう伸びました。 攻撃力は全く同じになりましたが、レオンは防具が流用できなかったため弱く、耐久面ではかなりの差があります。 攻撃力は全く同じでしたが、レオンの攻撃スキルを特攻にしてるせいかな、アルテミュラーほどダメージ出してくれませんでした。 特攻にしてるのは、千騎兵はCD5ターンが重すぎて使いづらい、猛攻(1. 4倍)より特攻(1. 変えてみよう。。 槍兵アルテミュラーについてまとめ。 ・盾としてはバルガスに劣る。 ・高めの攻撃力が死ぬ。 ・素の魔防が高く、自身が超絶強化を使えるのでパーティでのスキル構成の自由度は高い。 個人的にはアルテミュラーは飛兵アタッカー推しですね。 火力も耐久も高く、増援で自己回復し、まだ使えないので使用感わからないけど兵種に吸血バットを選べる点もポイント高いです。 「どうせパーティで攻めるし自己完結してても意味ないのでは?」 と思われている方も多いかと思いますが、片側をアルテミュラーに任せつつ、片側をバルガス、ティアリス、レオンで攻めれるのは便利ですね。 多少なら全然耐えますし、回復が届かなくても増援で勝手に回復していきますから。 私はティアリスのリジェネと奇跡を付けてからつっこませてます。 槍兵アルテミュラーってもしかすると、防御を上げてタンクとして作るんじゃなくて、槍兵アタッカーとして作るものなのかもしれませんね。 素で耐久が高いので「倒しそこねた敵から味方を守る」使い方をすれば良いのかも・・。

次の