快気祝い マナー。 お見舞いのお返し「快気祝い」のマナー

手土産、快気祝いや食事会のマナーについて

快気祝い マナー

快気祝いの相場は1,500~2,500円! 快気祝いはお見舞いの半分から3分の1程度と言うのはわかりましたが、全体的な相場が気になるものです。 実際、お見舞いとして渡されるのは品物で貰う事が多いのでなかなか判断が難しいところですが、一般的にはお見舞いの金額も3,000~5,000円が相場なので、この金額の半額で考えると 1,500~2,500円が快気祝いの相場となります。 金額よりも気持ちをきちんと伝えることが重要 お見舞いは現金で貰う事はないので、たくさんの人からお見舞いを貰ったとなると、全員分をきっちり半額で返すのはお金の負担も大きくなります。 明らかに安すぎるのは相手に対して失礼になりますが、少しぐらい相場額より低くなっても問題ありません。 元気になった事、お見舞いに来て貰って嬉しかった事をきちんと伝える事が大事なのです。 大人数の場合は個別に快気祝いを渡す必要はない また個人的にではなく会社の部署や課、同期からまとめてお見舞いを貰う事があります。 この場合は必ずしも1人1人に返す必要はありません。 個別にするかまとめて返すかの判断ですが、貰った品を人数分で割った時の金額を参考にします。 割った数字が500円ぐらいになれば、個別で返すと逆に相手側に負担を感じさせる事になるため、まとめて快気祝いを渡した方がスマートです。 一方、1,000円前後の金額になる場合は、個別にお返しする人が多くなります。 状況別!快気祝いの金額相場 同じようにお見舞いを貰った場合も、相手によって返す品は考えた方が良いです。 これまでの繋がり、そしてこれからのお付き合いも考慮し、相手に喜ばれる品を選びたいものです。 親や兄弟への快気祝い 身内から、特に両親からのお見舞いになると、入院費の足しにして欲しいという思いから現金を渡されるかもしれません。 ただ快気祝いをする際はきっちりと半分、または 3分の1程度の額を返さなくても大丈夫です。 親や兄弟は一番近い存在なので、病気や怪我をした時も大変な心配をかける事になります。 そのため全快した時は、 品物よりも元気になった事が何よりの贈り物なのです。 何か返したいという気持ちがあるならば、「美味しい物を食べに行こう」と食事に誘うというお返しでも喜ばれます。 親戚への快気祝い 親戚と言っても年齢にバラつきがあり、お見舞いの品も違ってきますが、 貰った額の半分程度の品を返すのが無難です。 ただ気をつけたいのが年配の親戚へのお返しで、人によって捉え方も異なります。 貰った額の半分以上を返すと、「お金に困っているように思われた」と感じる人がいる一方、半返しが当たり前と思っている人もおり、その場合は3分の1のお返しでは失礼になってしまいます。 親戚は親や兄弟ほどではないですが身近な存在で、この先もずっとお付き合いが続きます。 相手側が不快な気分にならないよう、自分より付き合いの長い両親に相談しながらお返しの品や金額を決めても良いかもしれません。 職場の目上の上司や社長への快気祝い 上司や社長へのお返しもお見舞いの半分程度の額で考えて渡すのが無難です。 お見舞いの額にもよりますが、一般的には5,000円前後の品なら失礼にあたりません。 また上司や社長になると現金でお見舞いを渡す事もありますが、これに対して現金や商品券でお返しをしてはいけません。 お見舞いの額が高額になればなるほどお返しも難しいですが、きっちり半返しにならずとも、少し上等な菓子折りでお返しする方が礼には適っています。 快気祝いを渡す時期はいつがいい? 快気祝いを渡す時期ですが、 退院してから1週間~10日前後が目安となっています。 退院してすぐでは慌てすぎのような印象があり、逆に2~3週間過ぎた頃ではゆっくりし過ぎです。 ただ人によっては退院後の状況も異なります。 完治して退院後はすぐに復職できる人もいれば、まだ自宅で療養しつつ通院治療が必要な人もいます。 今後も治療が続く人は快気祝いを渡すタイミングも難しいですが、取り敢えず中締めとして経過報告はしておきたいものです。 例え完治していない場合でも、退院から1ヶ月以内にはお返しを渡すようにしなければいけません。 快気祝いのマナーや注意点 快気祝いを渡す際は、様々なマナーや気をつけるべき注意点があります。 快気祝い「のし」の種類と書き方 快気祝いは病気や怪我が治ったお祝いですが、二度と起こらない方がいいものです。 そこで使用する「のし」は、 紅白の結び切り水引がついたのし紙を選ぶようにします。 これは病気や怪我が繰り返し起こらないよう、一度結んだらほどけないという意味を持っています。 また表書きをする際は、のし上に 快気祝や快気内祝いと記すのが一般的です。 そして水引の下には本人の苗字を入れますが、表書きは毛筆や筆ペンなどの濃い墨の色で書いておく事が大切です。 贈り物と一緒にお礼状も添えておく 快気祝いを直接会って手渡しする際は、「お見舞いありがとうございました」など感謝の言葉も一緒に伝えられます。 ただ直接会うのが難しい人の場合は、お返しの品とともに、お礼状も添えて送るようにします。 正式なお礼状は縦書きかつ封書で送るのが一般的なマナーとなっており、特に目上の人にはきちんとした形で送りたいものです。 退院した事の報告、お見舞いに対するお礼、仕事などで迷惑をかけた謝罪、今後の展望などについて書いておくと、相手にもわかりやすく気持ちが伝えられます。 快気祝いにギフトを渡す時のマナーや注意点 使って無くなる消耗品がベスト 快気祝いは病気や怪我が無くなった事をお祝いするものなので、使えば消えて無くなるものなら何でも大丈夫です。 チョコレートや焼き菓子、砂糖、石鹸などはまさに「消えて無くなる」ものなので、快気祝いギフトのランキングでも上位を占めます。 洗剤や入浴剤、花束などがおすすめ 「病を洗い流す」という意味合いでは洗剤や入浴剤、健康の意味を兼ねて自然派食品も人気があるギフトです。 そして花束はお見舞いの時に持って来られるイメージですが、快気祝いとして渡す事も出来ます。 明るい色合いの切花にメッセージカードを添えて渡すと、相手側にも十分元気になった事を伝えられます。 商品券など、お金がはっきりわかるものは避ける 逆に快気祝いに控えたいのが、イオンなどの商品券やギフトカードなどの金券類です。 高額なお見舞いを貰った時や先方の好みに合わないと不安に感じた時は、商品券は非常に便利なのですが、金額がハッキリとわかってしまう事から目上の人に贈るのは失礼になってしまいます。 プリザーブドフラワーやパジャマはNG! 後に残るものはNGなので、花束は良いですが、鉢植えやプリザーブドフラワーは避けるようにします。 病気が残る事を連想させるシーツやパジャマなども快気祝いには適していません。 まとめ:喜ばれる快気祝いの渡し方を心がけよう 喜ばれる快気祝いを渡したいですが、一番大事なのは、心配してくれた方に元気な姿を見せる事です。 もちろん貰った物のお返しをするのは最低限のマナーですが、必死に探して疲れてしまっては元も子も無いのです。 快気祝いは消えて無くなるものが良いと覚えておけば、後はそれほど頭を悩ます必要もありません。 退院後の無理は禁物で、大切なのは感謝の気持ちなのです。

次の

快気祝いの基本マナー!あなたは勘違いしていませんか?

快気祝い マナー

快気祝いとは… 怪我や病気が治り、お見舞に来てくれた方や心配を掛けた方へ、お礼と退院の報告をする事を快気祝いと言います。 お見舞いや退院祝いのお返しと覚えておけば良いかと思います。 よく退院祝いと勘違いされている方もいますが、 快気祝いは退院した本人が贈る物ですので勘違いしないようにしましょう。 最近では、完治している場合には快気祝い、自宅療養や通院などの退院したけれど治療が必要な場合には快気内祝いと使い分けることも多いようです。 快気祝いはいつごろ贈る? スポンサーリンク 一般的には、 退院後10日~1ヵ月以内に贈りますが、体調などもありますので遅れても大丈夫です。 10日まで待たなくても完治していて元気な場合はその前でも大丈夫ですので感謝の気持ちを伝えましょう。 出来るだけ元気な姿を見せられるように直接手渡しでお礼と報告をするようにしましょう。 会社関係の方へは、出社日に持参すると良いですね。 遠方の方へは郵送で贈ります。 2週間以内には贈るように手配しましょう。 お見舞いをいただいた際に手帳などに金額をメモしておき、失礼のない金額の物を選ぶようにしましょう。 のし付きで水引は紅白の結び切り 怪我や病気は繰り返したくない事なので のし付きで 水引が紅白の結び切りの物を選びましょう。 表書きは 「 快気祝」「 御礼」「 全快祝」 になります。 もしも退院が長引きそうで、お見舞いのお返しをする場合は表書きは「御見舞御礼」になります。 退院している場合には使わないので気を付けましょう。 快気祝いは何を贈るのが良いの? 基本的には、後に残らない物がよいとされています。 消耗品や食べ物・飲み物などが一般的です。 洗剤や石鹸などのバスグッズには洗い流すという意味があり快気祝いに贈られることが多いです。 他にもタオルには拭き取るという意味があるので病を拭き取ることを意味して快気祝いに適しています。 焼き菓子やジュースも人気ですが、最近ではドレッシングやジャムなども良く選ばれているようです。 連名でお見舞いをいただいた場合や職場への快気祝いには、個包装タイプのお菓子や飲み物を選ぶとみんなで分けることができるので良いかと思います。

次の

快気祝いに花を贈ろう!【マナーと花の選び方】

快気祝い マナー

病気やケガで入院していた時にお世話なった方や、お見舞いに来ていただいき、元気づけてくれた方々には特別に感謝の気持ちを込めてお礼をしたいと思う方は多いはず。 しかし何を贈れば良いか悩んでしまいなかなか決まらない、どのようなものが喜ばれるか考えてもあまり良くわからない…。 そんな時自分の退院の報告と元気になったというメッセージを添えてお花を贈ってみてはいかがでしょう。 ここでは快気祝いにお花を贈る際のお花の選び方や、注意点などをご紹介したいと思います。 快気祝いとは? 快気祝いとは本来、病気やケガが良くなり、治ったことを、療養中にお世話になった方々を自宅などに招いておもてなししたり、お礼の品を配ったりすることをいいました。 、現在では、自分が病気やケガなどで入院した際に、お見舞い金やお見舞いの品をいただいた方、自宅療養中にお世話になった方などに、お見舞いへの感謝と退院、快復したことの報告を兼ねてお礼の品などをお返しするということが一般的になっています。 快気祝いにお花を贈ってもよい? 快気祝いに贈るもので良いといわれている品は、病気などが長びかないように、ケガなどが後に残らないようにという意味を込めて消えてなくなる「消え物」が良いといわれています。 世間一般でいう消耗品や食べ物のことです。 洗剤やせっけんは性別や年齢が特に関係なく皆さん日常使うものだので、いくつあっても構わないという内容のものです。 お花は綺麗ですし、いつか枯れてなくなるという部類に入るので、むしろお花は自分の体調が良くなったことを報告するにはとても良い贈り物になります。 どのような花を贈る?【お花の選び方】 快気祝いのお花は綺麗な明るい色合いの花や何種類かのお花を組み合わせて作るフラワーアレンジメントなどがお勧めです。 鉢植えは「病気が根付く」という意味にとられてしまう事が多いので、お見舞いなどで贈ることはふさわしくないといわれていますが、快気祝いでは必ず避けた方が良いということはないようです。 胡蝶蘭などのように花言葉も素敵なものは鉢植えでも贈られることが多いです。 しきたりなどに厳しい方などの場合はやはり鉢植えは避け、届いてからすぐに飾ることのできるフラワーアレンジメントがおすすめかもしれません。 もちろんお花好きの方にはその方の好きな花束をお届けするというのも良いでしょう。 快気祝いにふさわしい花の色は? 快気祝いは元気になったという報告を兼ねるものですので、自分が元気になりましたということが伝わる様な、明るく華やかな色合いのお花を選ぶことをお勧めします。 一色のみではなく季節に合った色合いなどでピンク系やオレンジ系、イエロー系などが綺麗に組み合わせて同色でも何種かのお花を組み合わせてある物が華があって素敵です。 どんな花がお勧め? ・ピンクのバラ 快気祝いにおすすめのお花の一つめは、ピンクのバラです。 ピンクのバラには「感謝」という花言葉が含まれており、やさしさの象徴のようなピンクは、お礼を伝えたい女性の方への贈り物として最適です。 優しい気持ちになるピンクのバラであれば安心してどなたにも贈ることができますね。 ・白のダリア 白のダリアには「感謝」、「豊かな愛情」などの花言葉があり、結婚式での花嫁さんのウエディングブーケにも使われる人気のお花です。 ピンク系や黄色系などのお花と合わせてアレンジメントに入れてもらうと存在感も出て素敵です。 ・ガーベラ ガーベラはたくさんの色がありますが、ガーベラの花言葉としては「希望」、「前進」という前向きな花言葉があり、ピンクのガーベラには「感謝」、黄色には「究極美」、オレンジ「冒険心」などが含まれています。 アレンジメントフラワーには欠かせないかわいらしくて存在感のあるお花はどの色を選んでも素敵なアレンジメントになります。 ・スイートピー スイトピーは「門出」「永遠の喜び」「私を忘れないで」などの花言葉があり、贈り物の花としても人気です。 春の花で「門出」という花言葉があるので、卒業式などで贈る花としても有名です。 春に退院した際にも新しい「門出」としてスイトピーをアレンジメントに入れるのもよいかもしれません。 見た目はふんわりと優しいイメージのお花なのでアレンジメントも素敵になります。 快気祝いの花を贈る時期は? 快気祝いを贈る際は、一般的には退院してから1週間か10日ほどを目安に自宅に戻って自分の体調が回復してからお見舞いをいただいた方へ感謝の気持ちと退院や病気の快復などを報告するお礼状を添えて贈るようにします。 ただし、自宅療養が必要であったり、ご自身の体調がすぐれない場合などは元気になってからで問題ありません。 自宅療養が長くなる場合などは快気内祝いとして1カ月を目安に家の方などから快気内祝いのお花とメッセージを添えて近況を報告すると心配してくれている方々も状況が把握できて安心してもらえます。 快気祝い花の相場は? 快気お祝いのお返しは通常、いただいたお見舞いの3分の1から半額程度が目安となります。 地域での慣習や花を贈る方と自分との間柄によって金額には差が出てくると思いますが、一般的にお見舞金の金額の相場は3000円~1万円程度が多いので、千五百円~五千円程の金額が一番多くなるかと思います。 快気祝いで花を贈るときのマナー 快気祝いで花を贈る際には気を付けなければならない点がいくつかあります。 ・花の色に気を付ける 快気祝いの際の花には元気になりましたということが花で伝えられるような明るく優しい色合いのお花をアレンジします。 白や青、濃い紫色の花などは弔事の際に選ばれることが多いため、避けるようにしましょう。 もちろん差し色として少量入れる程度であれば問題ありません。 あまりにも全体が暗く寂しげなイメージになるようなアレンジは避けたいものです。 ・生花を贈る 昨今贈り物としてブリザーブドフラワーやドライフラワーなど、加工した花は一般的には手入が少なく長持ちするので、人気ですが、快気祝いの場合は長持ちするということが「治るのに長く(時間が)かかる」のイメージに繋がるので退院祝いに贈る花としてはタブーです。 ・タブーな花 花の名前や花言葉、縁起が良い悪いなど花にはいろいろないわれがある事をご存知でしょうか。 快気祝いなどにはふさわしくないと思われる花がありますので、参考にしてみてください。 シクラメン:名前から「死」や「苦」連想させます。 菊:葬儀などに使われることが多い チューリップ:花が落ちてしまうので贈り物としては縁起が良くないとされています アジサイ:徐々に色あせていく様子がお祝い事には不向きとされています 最後に 花にはそれぞれに花言葉があったり、メッセージが込められていたりするので、贈る相手の方が花に詳しい方などであれば、ある程度慎重に選ぶようにすると良いですね。 通常は生花店の方などが詳しくマナーを身につけていることが多いので、ここでの内容を参考にしていただき、生花店の方と相談して決定されると素敵なアレンジメントフラワーを贈ることができ、贈った相手の方にも喜んでいただけることでしょう。

次の