ジョルノ ジョバァーナ スタンド。 ゴールド・エクスペリエンス/ジョルノ・ジョバァーナ[ジョジョ5部]

ジョルノ・ジョバァーナのゴールド・エクスペリエンス

ジョルノ ジョバァーナ スタンド

[目次] ジョルノ・ジョバァーナ ジョルノ・ジョバァーナとはイギリス人のと日本人女性との間に生まれる。 この時のディオは首から下がジョナサン・ジョースターの肉体を乗っ取ったものであり、これが完全になじんでいないため、結果としてディオとジョナサンの二人の遺伝子を受け継いでいる。 ジョナサンを通した血縁で言うと、ジョージ・ジョースターII世にとっては異母弟、ジョセフ・ジョースターにとっては年下の叔父に当たる。 イタリア人の養父がおり、ジョルノも国籍上はイタリア人である。 本名は「汐華初流乃」(しおばな はるの)だが、イタリアで生活する関係からジョルノ・ジョバァーナ Giorno Giovanna を名乗っている。 ちなみにイタリア語のジョバァーナ(ジョヴァンナ)は英語のジョナサンに関係のある言葉である。 幼少の頃は母親の愛をほとんど受けず、義父からは虐待を受け、さらに近所の子供達からもイジメられるなど悲惨な生活を送っていたため、心の捻じ曲がった人間になりかけていた。 しかしある日偶然ギャングの男を助け、その男がジョルノに対し、一人の人間として対等に接してくれたその姿から「人を信じる」ことを初めて学び、彼の姿に生きる目的を見出して「ギャングスター」を目指すようになる。 その後は不幸に見舞われることはなくなったが、親との折り合いもつかない所為もあり、作中初盤はネアポリス地区のハイスクールの寮で生活し、空港などでマフィアに許可を得ずに白タクシーの運転手などをしていた。 ハイスクールでは同年代の女生徒達の人気も高く、かなりモテていたが、ジョルノ自身は全く相手にしていなかった。 作中初盤、自分の耳を自分の耳の穴に入れたり、刑務所の看守に全く気付かれないまま、看守の持ち物を抜き取り、さらに気付かれないまま返すという特技を見せたことがある。 ジョースター家の血を引く歴代主人公と同じく、勇敢で正義感が強く、咄嗟の機転と行動力を持ち合わせる。 常に冷静沈着で、仲間であっても丁寧語で接し、物静かで感情的になることはほとんどない。 彼が劇中で怒りを露にしたのは、無関係の老人の命を侮辱(殺害)したポルポ、自らの快楽のためだけに無差別殺戮をした、そして仲間達の命を次々と奪っていったの3人だけだが、一度怒りを見せると徹底して容赦を見せず、報復を貫徹するなど、父であるディオのような冷酷冷徹さを見せることもある(対戦、対チョコラータ戦での台詞から)。 それまでの主人公と違い、スタンド能力がサポートに適している事や、メンバー内のスタンド能力が直接攻撃型という事もあって、直接戦闘をした回数は最も少ない。 しかし、各種科学知識や洞察力が非常に高く、控えめな性格もあってか彼の助言がほとんどの敵スタンド攻撃に対する突破口になり(対戦や対チョコラータ戦)、メンバーの信頼を勝ち得るようになった。 発音の都合上からか歴代主人公で唯一、一度も「ジョジョ」と呼ばれたことがなく、またジョースター家の存在も知らない。 ディオが乗っ取っていたジョナサン・ジョースターの肉体の影響で、ジョースターの血統の人間にみられる星型の痣が首筋にある。 吸血鬼であったディオの脅威的な身体能力や太陽に弱いなどの欠点は受け継がれていないが、ジョルノの場合、前述の通り性格の一部や、ある年齢でスタンド能力に目覚めた途端に髪の色が黒から金になる、ラッシュ時には「無駄無駄ァッ」と叫ぶ、ヒートアップすると「WRYYYYYY」という咆哮をあげるなどディオとの共通点がいくつか見られる。 物語序盤に不可抗力とはいえ涙目のルカというチンピラを再起不能にした事から、その報復としてギャング組織「パッショーネ」の刺客ブチャラティに襲われるが、組織を乗っとり麻薬で汚染された街を変えるという自らの夢を語り、それに共鳴したブチャラティと和解し、組織に入団する。 中盤でチームリーダーのブチャラティとともに組織のボスであるディアボロを裏切り、次々と仲間を失いながらもローマのコロッセオにてディアボロと対決、「矢」によって自らのスタンドを進化させ打倒する。 その後日、ボス亡き後の「パッショーネ」を掌握したと見受けられる場面にては幕を閉じる。 破壊力:Cスピード:A射程距離:E 2m 持続力:D精密動作性:C成長性:A ゴールド・エクスペリエンス(黄金体験)とはテントウムシをモチーフにした人型の近距離パワー型のスタンドで、殴るか触れるかした物質に生命を与え、動物や植物に変える能力を持つ。 この能力で生まれた命は、ジョルノの意思で成長や死が自在であり、命を失うと再び元の物体に戻る。 また、持ち主のところへ戻っていく習性がある。 元々生命を持っているものに対してこの能力を使い、生命エネルギーを与え続けることで老化を加速させ一気にその命を終わらせるという芸当も可能。 ただし、生命が物理的に生育しえない環境下(劇中ではによる超低温)では物体に生命エネルギーを与えても物体は生物へと変化しない。 猛毒下など、生物の進化による適応次第では生育可能な環境下なら、それに適応した状態で生まれる。 劇中中盤ではこの能力を応用し、人体の部品を生成して負傷した箇所に移植、外傷の治療を行うこともできるようになる。 ただし、ののように「治す」行為ではないため、傷にはめ込むという性質上治療には痛みが伴う他、瀕死の者は治療しても助からないことがある。 ただし、クレイジー・ダイヤモンドと違い自分の治療や、消滅してしまった部位も作り出せる。 死者を蘇生させることはできないが、が死亡した際、ゴールド・エクスペリエンスの生命エネルギーによって、数日間、肉体が死亡した状態のまま活動することができた。 ただし、には同じことは起こっておらず、あくまでイレギュラーに発現した能力と思われる。 幼少期にも無意識のうちに能力の片鱗を現したことがある。 登場初期は「生み出した生物は受けた攻撃を相手に反射する」「元々生命を持っている者に過剰に生命を与えることで、相手の感覚だけを暴走させる」という設定があったが、スタンド能力の成長に伴い消失したのか中盤以降は全く見られなくなった。 なお、上記のスタンド能力評価は、登場初期の頃に発表されたものである。 破壊力:なしスピード:なし射程距離:なし持続力:なし精密動作性:なし成長性:なし ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムとは作中、最強と評されるスタンド。 が「矢」に貫かれたことによって進化した、スタンドを超えたスタンド『鎮魂歌(レクイエム)』。 ゴールド・エクスペリエンス内部から脱皮するように現れた。 デザインも進化前から変化しており、ゴールド・エクスペリエンスの手首から内部へ進入した「矢」の矢尻部分が額にある。 レクイエム化した直後、虚空から生み出したサソリをディアボロにも視認出来ない程の速さで飛ばし攻撃する場面があり、その際のディアボロには「ゴールド・エクスペリエンスのパワーがアップしただけの存在」と認識されていた。 進化前の「生命を与える」能力に加え、「動作や意思の力をゼロにする」という究極の能力が備わっている。 そのため、への干渉は巻戻しの様に戻され無効化される。 また、このスタンドの前に立つ者はどんな能力を持っていようともどこへも向かうことはなく、永遠に真実に到達することは決してない。 本体であるジョルノにとってもこの能力ははっきりとは見えないが、心に確信はある。 彼曰く「終わりのないのが『終わり』 それがゴールド・E・レクイエム」。 ゴールド・エクスペリエンスのときとは異なり、スタンド自体が明確な自我を持っている。 なお、スタンド評価では全ての項目が「なし」となっている.

次の

ジョルノ・ジョバァーナのスタンドは最強?名前の由来と意味についても

ジョルノ ジョバァーナ スタンド

「このジョルノ・ジョバァーナには夢がある!」 「覚悟とは!! 暗闇の荒野に!! 進むべき道を切り開くことだッ!」 プロフィール 名前(年齢) ジョルノ・ジョバァーナ(15歳) 名 生年月日 1985年4月16日 血液型 AB 身長 172cm 好きな音楽 好きな物語 好きな食べ物 、、の 嫌いな食べ物 とくにの肉 ヒーロー 幼い頃出会った名も知らぬギャング 性格 ジョルノが一番欲しているものは「希望」である。 希望さえあればどんな所にでもたどりつけると決心している。 ジョルノは幼少の頃、母親の愛をほとんど受けることなく、むしろ義父から虐待されていた。 くじけそうになっていた一歩手前で出会った見知らぬギャングの「仁」の姿がジョルノにとって「正義」であり、「希望」となった。 ジャンプコミックス63巻より 概要 第5部「」の。 歴代主人公の宿敵と日本人女性との間に生まれた。 (及び、その体であるはイギリス人であるため、一応日英ハーフと表現すべきか) 1985年4月16日生まれの15歳。 身長172cm。 AB型。 本名は(しおばな はるの)だが、母親がイタリア人の男と結婚したためイタリア国籍となり、イタリアで生活する都合上、「ジョルノ・ジョバァーナ」を名乗っている。 父親はだが、彼はの肉体を奪っており、そのためジョルノには誇り高きの血が受け継がれたらしい。 ギャングによって腐りきった街を救うため、自らがギャングスターになり街を救うことを決意。 実は本編で「ジョジョ」と呼ばれたことは一度もなく、ジョースター家の存在も知らない異色の存在である。 また、今のところ歴代最年少の主人公である。 性格 常に冷静で理知的。 あの熱血漢ジョナサンの血が流れているということを忘れそうになるぐらいである。 また、ラッシュ時には「無駄無駄」と叫ぶ、ヒートアップすると「WRYYYYYY」という咆哮を上げるなど、父との共通点がいくつか見られる。 無表情なことが多く、味方からも「何を考えているのか分からない」と言われることが多い。 ただ、はしっかりと受け継がれており、そこに加えてとっさの機転が回る頭脳派な一面も備えている。 第5部の作風を体現しているかのごとく、"黄金の精神を備えた正義漢"であると同時に犯罪行為には全く抵抗の無い"ワル"でもある。 法の正義は彼の正義とは異なるのだ。 幼い頃から家庭にも友人にも恵まれず、治安も悪い過酷な環境で孤独に生き抜かざるを得なかったという、歴代主人公の中でも特に不幸な生い立ちのせいなのだが、その初登場シーンは空港の警官を賄賂で買収し、前作第4部の語り部・を無免許運転の白タク行為で招いて彼の荷物をブン盗り躊躇なく売り捌く、という、流れるような不法行為の数々であった。 爽やかな人当たりを装いながら生きるための悪事を平然と繰り返していた第一部の頃の父親ディオとの共通項を連想させる。 また、見た目は典型的な不良学生でありながら素行は比較的に優等生とも言えた前作主人公・との対比でもあったのだろうか。 兎にも角にも、己の目標や目的を達成するために大局的・客観的にモノを見ることができ、それを実現させることのできる器量と行動力を有している。 その覚悟と器の大きさは、味方からも感嘆や敬意で表されるほどの 「」にあふれている。 相手が自身の障害となると考えればそれを躊躇なく排除する冷徹な一面もあり、序盤で襲撃を掛けてきたに対しても、彼が恐るべき本物のギャングであると承知の上でビビること無く抹殺を決意するほど。 ジョナサンたちが第一部でディオに勝利した後、戦いの終結を願って石仮面を破壊したのに対し、ジョルノが第五部最終回にて入手した「矢」を「破壊しない!」と宣言して未来のために利用しようと決断するところは、ジョースター一族とDIOの性格が合わさった彼の主義が強く現れている場面であろう。 一方、そのジョルノ=" Giorno"という名前がイタリア語において吸血鬼DIOの弱点である 太陽を意味していたり、ギアッチョとの戦いのクライマックスでは 登りゆく朝日を背に無駄無駄ラッシュを炸裂させたり、自分さえ良ければ他はどうでもいいというの持ち主・をで憤怒と共に断罪するなど、実父DIOとの対照や否定が垣間見える描写もしばしば成された。 過去 二歳の頃に母親から育児放棄、四歳の頃には再婚相手の義父からの虐待を受ける。 (これが原因で常に人の顔色を伺う臆病な性格になってしまった)更に、不良少年たちから虐めを受ける日々を送ることになる。 そんな日々が続き六歳になった頃、 『僕は、この世のカスなのだろうか?』と考えていくようになっていった。 だが、ある日。 成長していくと全寮制の中学校に通学し、学生寮で生活を始めた。 アニメ版ではそのジョルノの母(CV:)、義父(CV:)、恩人のギャング(クレジットでは『』の表記。 CV: )ら関係者の描写が少しながら掘り下げられており、義父が結婚式で初対面のジョルノに対して猫被るような感じで 『初流乃、お父さん達と一緒に写真を撮ろう』と愛想良く接するシーンが追加されている。 命の恩人のギャングとは 『君がしてくれた事は、決して忘れない』と感謝を受けると同時に間接的ではあるが一緒の時間を過ごし、彼から 人を信じるということを学んだ。 (その時に御馳走になったジェラートは、この経緯があったからなのか第1話のプロローグで名も知らぬ少年にも御馳走している) また彼が、女子供にまで麻薬を流す男を殺め、男の息子に銃を向けられながらも、確固たる意志と覚悟を示す姿にジョルノが憧れるシーンなどが追加されている。 進化前の生命を与える能力に加え、「攻撃してくる相手の動作や意思の力をゼロに戻す」能力を持つ。 詳しくは当該記事を参照。 その他 戦歴最少の主人公 実はまでに登場した主人公陣では 戦闘回数が一番少ないらしい。 彼の場合、その頭脳と機転を生かして味方の援護に回ることが多く、結果として直接戦闘に出る回数以上に護衛チームの軍師的な存在となった部分がある。 またな話だが、第5部自体が「群像劇」としての色を強く打ち出して制作されたため、ジョルノばかりに出番を回すわけにもいかなかったという部分も大きい。 外伝小説『』では、ギャング組織のボスとして君臨。 父親譲りのカリスマ性で、パッショーネを前以上の巨大組織に発展させており、主に治安回復と時代の負の遺産(、など)の掃討に力を注いでいる。 なおディアボロを連想させる「ボス」の名称は嫌い、周囲には「ジョジョ」と呼ばせている。 好物など 好きな食べ物は「プリン」「チョコレート」「タコのサラダ」と、15歳の少年らしいラインナップ。 特にプリンは、普段冷静で理知的な性格とのギャップからか、共に描かれるイラストが多い。 嫌いなものは「鶏肉」となっているが、この理由について『恥知らずのパープルヘイズ』にて「日本で暮らしていた頃に夕食として出されたを思い出してしまうから」「ぼそぼそとした食感が機械油を吸ったスポンジみたいだから」と述べている。 作中では文句を垂れながらも食べているので、絶対に食べられないというほど嫌っているわけではない模様。 異母兄弟・血縁者 第6部において同じく、すなわちジョルノにとっては腹違いの兄弟にあたる、、の3人が登場。 いずれも不幸な幼少時代を過ごした上、ジョルノのような転機も訪れなかったため、初登場時は全員暗くひねくれた性格となっていた。 がDIOより受け継いだ野望をサポートするために6部主人公のたちに立ちふさがる。 3人が神父の前に集結したのは、DIOの力を受け継いた神父の引力に引かれたためだったため、6部連載当時から「ジョルノもアメリカに来ているのでは? 」とささやかれていた。 そして単行本のコメントにおいて、ジョルノも彼らと同様にフロリダのどこかに来ていたかもしれない事が示唆された。 だが本編には未登場だったため、本当に来ていたのか、来ていたとしても何をしていたのかは定かではない。 ちなみにジョルノと3人の弟たちの間に面識はない。 おそらくお互いの存在も知らない。 また、作中では特に触れられなかったが、DIOの肉体がジョナサンのものである為、ジョナサンの息子でもあると考えることもできる関係上、ジョルノはジョージ二世にとって「腹違いの弟」、そしてそのジョージ二世の息子である第2部主人公にとっては 「66歳年下の叔父」ということになる の掛け合いで老ジョセフがそれを察し驚愕している。 ディオ・ブランドーとの比較 ディオの息子であるジョルノは、父と似通っている場面や対となる場面が劇中で描写されている。

次の

【ジョジョ5部】ジョルノ・ジョバーナには夢がある。主人公の名言集

ジョルノ ジョバァーナ スタンド

彼の父はジョースター一族の宿敵・DIO(ディオ)です。 日本人である母のもとで生まれ、ジョルノ(当時の名前は汐華初流乃)は日本で育てられました。 しかし母に愛されず、半ば育児放棄のような扱いを受け、孤独のなかで生きてきました。 そんな彼は幼少期、母がイタリア人男性と再婚したことを期にイタリアで暮らすことになります。 そして名前を「ジョルノ・ジョバァーナ」と改めて新しい生活を始めることになりました。 しかし父親にも暴力を振るわれ、街の子供達にもいじめの標的となり、暗くふさぎ込んだ、人を信じられない子供になります。 そして幼少期からスタンド能力の発現がありますが、彼は気づいていません。 そんなある日、偶然助けたギャングの男から「ひとりの人間」としての扱いを受けたことに感激し、「人を信じること」ことを学ぶこととなります。 名も知らぬギャングにあこがれ、彼を人生の目標としたジョルノは思います。 「いつか必ずギャング・スターになる」と。 謎のスタンド使い・ブローノ・ブチャラティの正体は!? 【第2話「ブチャラティが来る」放送情報】 本日放送!!OP&EDも2話よりスタートです。 自分の属する組織の「涙目のルカ」が重体で発見された一件にジョルノが絡んでいるのではないかと踏み、彼を詰問しにやってきます。 ssl-images-amazon. 破壊力:A• スピード:A• 射程距離:E(2m)• 持続力:D• 精密動作性:C• 成長性:D 【特殊な能力】 殴ったものにジッパーをとりつけ、空間を作り出すことができる。 ジッパーを開くことで物を切断し、逆に閉じることで縫合も可能。 この能力を使ってジョルノを拷問し、ルカのことを聞き出そうとするのです。 ジョルノは「生命を生み出す」スタンド、 「ゴールド・エクスペリエンス」 の使い手。 しかし、これまで人間に対しての攻撃に使用したことはありません。 人間を攻撃したらどうなってしまうかわからない。 でも、やるしかない……。 そう決意したジョルノのスタンド攻撃は、ブチャラティに届きます。 その瞬間、過剰な生命力を与えられたブチャラティの感覚はゆっくりと暴走することに。 鋭い痛みをゆっくりと感じる、とんでもない苦痛に、ブチャラティは怯みます。 「あなた、覚悟して来てる人…ですよね」 誰かを殺しに来るということは、自分も殺されるかもしれないという覚悟を持って己に対峙しているのかと。 ジョルノの「スゴ味」に圧倒されるブチャラティ。 ジョルノの底知れない力が垣間見えるシーンです。 しかし、ジョルノは機転でブチャラティを引きずり出し、追いつめます。 ブチャラティは再びジョルノの攻撃を受けることに恐怖しますが、(あの「ゆっくり襲ってくる痛み」は、ものすごくつらいのです)なぜかジョルノは間合いの外に出てしまい、ブチャラティへの攻撃をやめてしまいました。 「なぜ俺への攻撃をやめた」と問いかけるブチャラティに、ジョルノは答えます。 「あんたが『いい人』だからな」 ブチャラティが隠れ蓑にした少年は、腕に麻薬を打った痕がありました。 ブチャラティはその腕を見て、一瞬ジョルノへの攻撃を躊躇したのです。 ブチャラティはギャングでありながら、麻薬を嫌悪していました。 組織に忠誠を誓いながらも、子供にまで麻薬を流すような組織のあり方に対し、強い憤りと矛盾を感じていたのです。 「あんたはぼくの仲間になる」 ジョルノはブチャラティにそう告げ、ブチャラティの属するギャングの組織を乗っ取り、自分がボスになる……。 「ギャング・スターになる」その決意を語り、第2話は幕を閉じます。 「ジョジョ5部」次回はどうなる!?主題歌情報もご紹介! 【「Fighting Gold」好評配信中!!】 OPテーマ Coda 「Fighting Gold」フルサイズ先行配信、好評配信中です。 ジョルノ達の生き様が熱く歌われた一曲。 次回は、ギャング組織に入団するためのジョルノの試練が描かれます。 そして、今回は悪役として登場したブチャラティは、ジョルノに共鳴する大切な仲間としてその存在感を放っていきます。 原作ファンからの人気も高いブチャラティ。 その理由を、ぜひ感じながらお楽しみくださいね。 そして、ブチャラティ・チームの魅力的な仲間たちの登場ももうすぐ。 目が離せない展開が続きます! そして、今回の放送からオープニング・エンディング映像がオンエアされました! オープニングテーマは 「Fighting Gold」。 歌っているのは、第2部アニメの主題歌も担当したCoda。 クールでおしゃれな第2部の主題歌は人気を博しました。 登場人物の生き様や決意を歌った曲。 CDのリリースは11月14日ですが、現在、各種配信サイトで先行配信中。 ぜひチェックしてみてください! エンディングテーマは、毎回のジョジョアニメ恒例の洋楽。 これもまた、5部の雰囲気を表現した、おしゃれでムーディーな1曲。 映像と合わせてぜひ楽しんでみてくださいね。 ジョジョ(5部)第2話まとめ!ブチャラティのスタンド能力とは!? まとめ 【「Fighting Gold」好評配信中!!】 OPテーマ Coda 「Fighting Gold」フルサイズ先行配信、好評配信中です。 ジョルノ達の生き様が熱く歌われた一曲。 第5部の主人公・ジョルノ・ジョバァーナの過去とは!?• 謎のスタンド使い・ブローノ・ブチャラティの正体は!?• ジョルノとブチャラティ、その戦いの結末は!?• 「ジョジョ5部」次回はどうなる!?主題歌情報もご紹介! 『ジョジョの奇妙な冒険・黄金の風』見放題配信開始!最新作から過去作までを見放題できる方法をご紹介!• 見放題作品 80,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信しております。 (2018 年 9 月 20 日時点)• U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。 ビデオ見放題サービス 1,990 円を 31 日間無料• 600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント!• 上記特典を利用することで、 見放題作品 80,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能です。 「ポイント作品・レンタル作品」はU-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1 ポイント 1 円(税込)相当として利用可能です。 無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。 このようになります! 31日間の無料トライアル期間が利用できることによってジョジョ作品はもちろんの事、その他の無料作品も見放題ですから、今後の楽しみも増えますし、アナタの お財布事情にも関わってきますから、この 条件はかなりメリットがあります! しかし、この特典サービスもいつまで続くかわかりません。 もしかすると早期で終了してしまう可能性がありますから、今の好条件が揃っているうちに無料登録しておいた方がゼッタイにお得ですよ!.

次の