ベース,エレキベース,Hofner

(何故、現行のリシューモデルが42mmに設定されているのかは不明) コントロールパネルのスイッチにも、オリジナルモデルとリシューモデルでは異なり、リシューモデルでは、スライドスイッチがかなり大きめであり、下地に見える部分が黒くなっている(オリジナルは白)。 特徴 [ ] 外観の特徴としては、ベースとしては小型であること、左右対称の形状であること、に形状が似ていることである。 非常に可愛らしいルックスですね。

Next

HOFNER BASS part 2

可愛らしいだけではなく格好良くもあります。 とてもスタイリッシュですね。 メーカーの都合で入荷に1~2ヶ月程度お時間を頂く商品もございますので折り返し納期連絡のメールを送らせて頂いております。

Next

ヴァイオリンベース比較: Hofner '62 Vintage Reissue と Greco VB

epiphone エピフォン• 5mm 115. 他のメンバーに対して不満がある時などは、辞めるよう説得していたらしい・・・。 ユニオンジャックの「白」の部分は、色が塗られておらず、木目を生かしたデザインになっている。

Next

ヘフナー・500

コントロールパネルの位置が、通常のモデルに比べてかなりズレて取り付けられている。 が、これも個体により様々である。 63年の初期に作られた物は、このタイプが多いとされている。

Next

HOFNER BASS part 1

5mm 123. しかし95年、ジョン・ハンメル氏によるヘフナー調整の際、その紙は剥がされた模様。

Next

HOFNER BASS part 1

promo• 5mm 107. バイオリンベースで最も有名なブランドは hofner ヘフナー ですが、世界で最初に開発したのはGibson社でモデルは「EB-1」ですが、hofner社はこの「EB-1」を参考にバイオリンベースを開発しました。 とても味がありますね。

ヘフナー・500

88kg• 当時のヘフナー製のベースは比較的安価で買えるベースだったそうである。 ちなみに、ボディに対するピックアップの位置だが、61年以前のモデルでは、フロントとリアのピックアップの位置が近かったのだが、62年以降に作られたモデルに関しては、55年~56年に採用されたスタイル、すなわち、フロントピックアップとリアピックアップの距離が離されたデザインに変更された。 総じて、Greco VBシリーズは完成度も高く、古いものはジャパンヴィンテージとして評価できますし、ビザールベースファンにとってもオススメの1本であることに間違いありません。