2019年からパンデミックを予言していたインドの少年 2波3波の方が致死率は高い

人からいただいたお弁当などに入っているときは何でもありがたく食べます。 これが事実ならば、前代未聞の元大統領逮捕となってしまうだろう。

Next

インド人14歳少年の預言が的中して世界で話題 年末に感染数時間で死亡するパンデミック てんさい(い)

簡単な傷口の治療から整形手術まで不可能になる。 中国・武漢発の新型コロナウイルスが世界を席巻している中、4月末に香港でまた別の謎のウイルスに感染した患者が出ていたことが明らかになった。

Next

世界が認める14歳インド人占星術師の預言【予言】更なる驚異が世界を襲う!?

当時約600人だった感染者は現在9万人に達し、中国の感染者数を上回った。 阿蘇山噴火、桜島噴火に関して言うと、推定死者数は1億2,000万人です。

Next

インド神童が予言した次の災厄、アビギャ・アナンド(Abhigya Anand)くんについて

銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 都市伝説がリアルに!アフターコロナの世界 世界各国での外出自粛やロックダウンの成果で、感染拡大が収束する兆しを見せ始めている一方で、アフターコロナに到来するであろう「ニューノーマル」について人々の関心が集まっています。 流行ってからこの時期、予言していたといったというような自称占い師は多いですが、この少年は、きちんと昨年の8月に投稿したものが残っています。

Next

インド全土の封鎖、31日まで延長 感染拡大止まらず [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

このことは陰謀論的に言われることもありますが、確かに陰謀であるのかもしれませんが、もう限りなく現実に近いところにきています。 でも、まあ、知り合いだったら、ちょっと分けてあげたいかな、ということにはなると思います。

コロナ収束後に世界は変わる!14歳インド人占星術師の完全予言

1.感染者数の状況 前回のブログでご紹介した 2020年4月7日現在で感染者と死亡者は以下のような状況でした。 なんと、有機野菜を食べることだそうですた。 しかし、ARやVRの技術を活用すればソーシャルディスタンスの問題も解決できバーチャル上でより現実に近いことができるため、この分野も技術開発が加速しそうです。

【予言】東京オリンピックは“ない” インド暦とマヤ暦が断言していた「2020年3月20日に人類滅亡」

強引なまとめになりますが、アングロサクション・ミッション、人口削減計画、アジェンダ21などの全ての陰謀が点から線へと変わるのが、2020年の今年なのかもしれません。 とはいえ、すで日本でも多くの人が 「もう自粛良くないか?」 という風潮も強まっており、また世界各地では 「ロックダウンは本当に必要だったのか?」 という疑問も多く社会に投げかけられています。