竹田 恒 泰。 详讯:JOC主席竹田恒和有意6月退任

竹 田 恒 泰

竹田 恒 泰

歷史 [ ] 台灣今日的屏東縣與,在舊時為、及之領土,屏東早期是原住民居住的地方。 而排灣族曾於此建立、、等強大政權,因此部分馬卡道族及西拉雅族,甚至後來的漢族閩南人和漢族客家人會向排灣族納貢,此些政權大多於日治時代才瓦解。 荷蘭時期 [ ] 人在政府的壓力下,轉往發展,並派員勘查各地港灣,於1625年將小琉球繪製於地圖上,命名為Mattysen。 1633年開始動員白人及、、屏東等地原住民協助入侵小琉球後,由於缺乏勞動力,人不僅招徠漢人也強行徵用小琉球原住民俘虜供其勞役。 到了1636年更因為此前的糧食缺乏問題一直未見改善,開始將小琉球原住民運往巴達維亞(今),此後小琉球由人承包予漢人開墾。 雖然漢人開墾成效不彰,使小琉球原住民一度為殖民當局重新考慮留下開發該嶼,但最後仍陸續撤離殘存的原住民。 明鄭時期 [ ] 在17年(1644年),小琉球已出現福建泉州移民。 研究表明,1644年晉江李姓、1668年南安蔡姓及晉江王姓、1671年晉江林姓分批入墾現今各地。 治理台灣期間,阿猴社一帶是屬於萬年縣管轄,後來又改為隸屬萬年州。 當時曾派兵開墾到瑯嶠(今恆春)一帶,並將這些區域分為八個平地社和山地社,這些區域包括了今日的、、、、、乃至、一帶,都在今日屏東縣內。 清治時期 [ ] 則改稱為。 今日屏東縣地,隔了一條寬廣的(清朝時稱為 「下淡水溪」),交通相對不方便,因此早日鮮有外族定居,而鄭成功也曾嘗試攻打屏東一帶之原住民但未果。 所以早在西元1664年雖然有大力推行屯田之制,或到清朝統治台灣的初期之間,「下淡水溪」以東(當時分為「港東」「港西」兩里)一帶,大概都是以(即今之)來此地移民居多,且以楊、張、鄭、古等四姓人家為前來拓墾的主要家族。 所以隨著到今日屏東縣境內的逐漸增加,清代的,也在今日屏東縣境 當時俗稱為下淡水溪以東 ,設置「下淡水巡檢分署」於此,等於是鳳山縣的派出單位,但這不是真正的行政區。 到了康熙六十年(1721年),同樣也是漳州人的,隨堂兄總兵來台平定,事後,藍家等百餘宗族、兵員未返,落腳阿里港(現為)。 台灣開發初期,本縣境內的,在屏東市以北地區為漳州人移民為主,屏東市以南地區為泉州人移民為主,而屏東市本身是以泉漳族群混合。 約到雍正十二年(1734年)後,除了靠近排灣領土的地區之外,大部分皆被漢人佔據。 在清朝乾隆二十九年(1764年),今日的屏東市由村落發展為初具規模的市街。 到了道光十六年(1836年),官民合力建築阿猴城堡壘,共有東、西、南、北等四個城門,至此,屏東市街建築全部完成。 同個時期,開始往遷移,漸漸形成如今日的分布。 清年間,因為,派兵侵犯台灣,是為,清政府才重視台灣的海防事務,派到瑯嶠設海防,隔年在台灣最南端設立,將率芒溪(今)以南規劃恆春縣,這個時期等於將屏東分割成二部分,率芒溪以北屬於鳳山縣,以南屬於恆春縣,其上為臺灣府(臺灣設省後改稱臺南府)。 而在屏東縣南邊的地區,則是在光緒元年(1875年)才從劃出,建。 日治時期 [ ] 今日屏東縣內最大城市,舊名 阿猴,日治初期改 阿緱,原本為聚落,因「阿猴」地理位置位於今高雄市半屏山之東,所以後來在,「阿緱」這個地名,被日本人改名為屏東。 日本領有台灣以後,臺南府改為,而府下的恆春、鳳山兩縣改為新的臺南縣下的恆春、鳳山兩支廳。 明治二十九年(1896年)這兩個支廳自臺南縣切出為鳳山縣,並廢支廳,縣下改設,今屏東縣範圍共有阿里港(含高雄美濃)、阿猴、萬丹、內埔、東港、枋寮、恆春等辨務署。 明治三十一年(1898年)又廢鳳山縣,這幾個辨務署整併為阿猴(含高雄美濃)、潮州、東港、恆春四個辦務署,並歸臺南縣管轄。 明治三十三年(1900年),今高雄美濃自阿猴辨務署改劃給蕃薯寮辨務署,潮州辨務署廢除,轄區分隸阿猴、東港辨務署。 明治三十四年(1901年)五月,恆春辨務署自臺南縣劃出,升格為,下轄恆春、枋山、蚊蟀三個出張所。 同年11月,阿猴、東港二辨務署合併為,下設阿里港、內埔、萬丹、東港、潮州莊、枋藔等六支廳,後廢止內埔、萬丹支廳;同時恆春廳下三出張所改制為支廳(恆春出張所轄區改為廳直轄,不設支廳)。 明治三十六年(1903年)阿猴廳改稱阿緱廳。 明治四十二年(1909年)阿緱廳併入恆春廳、(今大旗山地區),下轄10個支廳。 大正九年(1920年),阿緱廳與臺南廳的阿公店、鳳山、打狗、楠仔坑四支廳合併為,今屏東縣境內設(初時含今高雄六龜、桃源、茂林,後改劃旗山郡)、、、四郡,昭和八年(1933年)除了四郡以外,將屏東郡管轄之升格為。 中華民國時期 [ ] 民國三十四年(1945年)台灣脫離日本統治,四郡改制為高雄縣下的四,而則改制為省轄市,民國三十五年(1946年),將萬丹鄉、長興鄉、九塊鄉劃入屏東市。 1949年3月,高雄縣山地鄉自原縣轄區分離,成立高峰、雄峰二縣轄區管轄。 民國三十九年(1950年)調整行政區域,原併入屏東市的3鄉,與的3鄉、的1鎮6鄉、的1鎮4鄉、的1鎮2鄉等19個鄉鎮,以及雄峰區的霧台、瑪家、三地鄉,和高峰區全域5鄉,合併新設為屏東縣,並廢除縣轄區,共轄有30個鄉鎮。 民國四十年(1951年)將省轄屏東市降為屏東縣轄市,成為屏東縣縣治,並自林邊鄉分出南州鄉。 民國四十四年(1955年)自長治鄉分出麟洛鄉。 地理 [ ] 位置 [ ] 屏東縣面積大約有二千七百多平方公里,極東為霧台鄉雄峰山頂,極西為西端,極南為恆春鎮南端,最北為高樹鄉舊寮北端,而東邊以與為界,東臨(),西臨(),兩者以南端為界,南臨(),北接上游和高雄為界。 屏東縣的西部為地形較平坦的,農漁業發達,是人口集中的菁華區。 平原區以東則為地勢較高的丘陵與山地,屬南段,其中海拔逾三千公尺,是山脈南段、也是全縣的最高峰,也是台灣原住民排灣族的聖山。 山區的地勢往南陡降,並延伸到。 水文 [ ]• 主要介於屏東至萬丹段,沿高屏溪南下• 在瑪家又分為隘寮南溪及隘寮北溪• 三地門• 里港,為合流後的隘寮溪及荖濃溪• 氣候 [ ] 屏東縣全境位於北回歸線以南,除高山地區以外皆屬於。 氣溫全年溫差不大,三月底至十一月中氣候炎熱,十二月初至隔年三月中氣候較溫和。 夏季潮濕多雨,尤以泰武鄉附近迎風坡為甚,為全台夏雨量之冠,次為恆春半島西側,平均高溫30-33度,低溫24-26度,冬季較乾燥,平均高溫24-27度,低溫16-19度。 冬季寒流南下時影響也較台灣其它地區甚小,平均溫度最多驟降3-4度,天氣晴朗時高溫則可能上升至28-30度。 恆春半島因海風調節,呈現夏季白天高溫不高,冬季夜晚低溫不低的特殊的「四季如春」的氣候。 夏季白天高溫約比屏東其他地區低2-3度,冬季夜晚低溫較屏東其他地區高約2-3度。 寒流南下時與枋寮以北溫差可達5度以上。 3 77. 5 26. 1 79 28. 2 82. 8 30. 4 86. 7 32. 1 89. 8 32. 9 91. 2 33. 5 92. 3 33. 2 91. 8 32. 7 90. 9 31. 3 88. 3 29. 2 84. 6 26. 4 79. 5 30. 11 86. 7 67. 5 20. 7 69. 3 23. 0 73. 4 25. 9 78. 6 28. 1 82. 6 29. 0 84. 2 29. 6 85. 3 29. 3 84. 7 28. 8 83. 8 27. 2 81 24. 4 75. 9 21. 0 69. 8 25. 56 78. 0 59 16. 0 60. 8 18. 5 65. 3 21. 9 71. 4 24. 5 76. 1 25. 8 78. 4 26. 3 79. 3 26. 0 78. 8 25. 4 77. 7 23. 7 74. 7 20. 4 68. 7 16. 6 61. 9 21. 68 71. 01 來源:中央氣象局 族群 [ ] 1926年的普查統計中,148,500人籍貫為福建、63,700 人為廣東。 (以移民時及的區域劃分及。 ) 1926 年日本政府實施的屏東漢人籍貫統計 省份/居民(千人) 福建 148. 5 廣東 63. 7 其他 2. 1 州府/居民(千人) 91. 6 47. 5 0. 6 1. 4 1. 4 2. 4 3. 6 7. 3 55. 6 0. 8 地區/居民(千人) 安溪 17. 4 同安 33. 5 40. 在閩南族群中也有泉州和漳州以外的,恆春半島也有所謂的存在。 在本縣則占有7. 此外,縣內尚有待中央政府修法認定的,主要為,截至2017年9月25日止,有1803人登記,其餘平埔族群人數205人,約占全縣0. 本縣各族群分布集中,例如原住民族多在三地門鄉、瑪家鄉等八個鄉鎮,客家族群主要分布在地區,馬卡道族則分布於西側、老埤等部落,因此呈現多元族群的文化風貌。 由於境內有台灣最古老的教堂,所以也常見到外國人士。 代械鬥仍頻,惟屏東平原未聞。 可能與為強勢族群有所關係。 陳盛韶 1775-1861 在《問俗錄》記載:「鳳山、淡南粵人眾,閩人寡。 」客家人的集中與組織促使漳泉人合作。 語言 [ ] 屏東縣按照語言使用分布,主要分布在、、、、、、、、;分布於;分布在、、、、、、和,其餘鄉鎮與縣治則以為主。 民國四十年(1951年)將東、南、北、中四區裁撤改為縣轄,並為屏東縣縣治,並自林邊鄉分出南州鄉,民國四十四年(1955年)自長治鄉分出麟洛鄉。 全縣轄有1(屏東市)、3(潮州鎮、東港鎮、恆春鎮)、29(萬丹鄉、長治鄉、麟洛鄉、九如鄉、里港鄉、鹽埔鄉、高樹鄉、萬巒鄉、內埔鄉、竹田鄉、新埤鄉、枋寮鄉、新園鄉、崁頂鄉、林邊鄉、南州鄉、佳冬鄉、琉球鄉、車城鄉、滿州鄉、枋山鄉,三地門鄉、霧臺鄉、瑪家鄉、泰武鄉、來義鄉、春日鄉、獅子鄉、牡丹鄉為),共有33個鄉鎮市。 但屏東縣鄉鎮市行政區劃值得注意的二個特點是:• 人口最多的屏東市,其人口數約為人口次多的潮州鎮的3. 7倍,與後者相差約14. 5萬人,可見屏東縣的城鄉差異問題頗為嚴重。 屏東縣的共計有八個,在全臺灣所有的直轄市、縣、市中,是山地鄉(或)數量最多的縣市。 屏東縣各鄉鎮市人口結構:• 總人口超過十萬:屏東市• 總人口五至十萬:潮州鎮、內埔鄉、萬丹鄉• 總人口一至五萬:東港鎮、新園鄉、恆春鎮、長治鄉、里港鄉、鹽埔鄉、枋寮鄉、高樹鄉、九如鄉、萬巒鄉、佳冬鄉、林邊鄉、竹田鄉、崁頂鄉、琉球鄉、麟洛鄉、南州鄉• 總人口五千至一萬:新埤鄉、車城鄉、滿州鄉、三地門鄉、來義鄉、瑪家鄉、泰武鄉、枋山鄉• 0670 79 1,447 198,633 -43 3,053 900 42. 4636 22 404 46,959 -34 1,594 928 136. 7630 17 268 30,526 -15 223 946 57. 4679 30 387 50,334 -1 876 913 39. 8861 16 264 29,540 -8 741 908 16. 2600 7 112 10,867 -9 668 909 42. 0187 11 159 21,967 -23 523 904 68. 9208 14 194 25,725 -18 373 905 64. 3493 12 238 25,186 -18 391 907 90. 7315 14 247 20,314 0 334 923 81. 8554 23 547 53,441 -58 653 912 29. 0732 15 171 16,749 -23 576 911 59. 0102 7 127 9,650 -22 164 925 57. 7347 15 331 23,859 -44 413 940 38. 3109 15 292 34,210 -43 893 932 31. 2659 8 120 15,290 -5 489 924 15. 6233 10 157 17,431 -18 1,116 927 18. 9700 10 119 10,424 -17 549 926 30. 9842 12 212 18,745 -17 605 931 6. 8018 8 108 12,145 -10 1,786 929 49. 2013 8 117 7,570 -19 53 947 17. 2697 4 63 5,269 -8 305 941 196. 7960 6 34 3,271 -8 12 902 78. 7008 6 62 6,744 -2 86 903 118. 6266 6 47 5,388 -10 46 921 167. 0010 6 65 4,923 -10 31 942 301. 0018 8 58 4,880 -1 16 943 181. 8366 6 56 4,846 -19 27 945 屏東縣 2,775. 6003 463 7,387 816,173 -463 294• 人口消長計算方式為 本月人口減去 上月人口,負值以 紅字表示,正值以 藍字表示,沒有增長以 綠字表示• 各區人口密度以4捨5入至小數點前1位計之 2019年各鄉鎮市人口成長情形:• 高度成長:(暫無)• 穩定成長:泰武、春日• 不穩定增減:潮州、瑪家• 成長停滯:來義• 輕度流失:萬丹、屏東、三地門、九如、長治、恆春、萬巒、崁頂、里港、獅子、東港、內埔• 高度流失:琉球、麟洛、新園、南州、林邊、枋寮、佳冬、竹田、鹽埔、高樹、霧台、車城、牡丹、新埤、枋山、滿州 政治 [ ] 屏東縣白砂漁港 農業 屏東縣農家戶數63,289戶,占總戶數25. 耕地面積76,685公頃。 農產品原以米、原料甘蔗、大豆、紅豆、甘薯、香蕉為大宗,近年以檳榔、原料甘蔗、蓮霧、芒果、米為主。 畜牧業以養豬戶為大宗,豬隻大量的糞水臭味, 已經嚴重污染屏東空氣品質。 漁業 屏東縣漁業從業人員33,289人,其中以養殖業最多;數1,668艘,其中以鮪最多;漁業產量58,910公噸,以養殖漁業產量最多。 屏東縣共有25個漁港,其中規模最大的是,此外,還有後壁湖漁港、興海漁港、山海漁港、旭海漁港、中山漁港、琉球漁港、水利村漁港、枋寮漁港、海口漁港、小琉球漁港、天福漁港、塭豐漁港、楓港漁港、射寮漁港、後灣漁港、萬里桐漁港、紅柴坑漁港、潭仔漁港、香蕉灣漁港、鼻頭漁港、南仁漁港、大福漁港、杉福漁港、漁福漁港。 林業 屏東縣造林面積455公頃,數量98萬餘株,其中相思林217公頃,木麻黃林23公頃,砍伐面積128公頃,砍伐立木材積5,654立方公尺。 二級產業 [ ] 屏東縣工廠登記家數962家,其中以食品製造業228家最多,其次為金屬製品製造業,運輸工具製造修配業,以及非金屬礦物製品製造業,共有三大工業區 及一處農業生物技術園區: 屏南工業區 因應屏東縣之工業發展需要及加強地方資源之有效利用,提供興辦工業人優良之投資環境,促進區域均衡發展,於民國68年在屏東縣及,開發屏南工業區,占地總面積278公頃,係一綜合性工業區。 內埔工業區 為因應經濟的高度發展、解決南部地區興辦工業人設廠用地的問題與繁榮地方經濟,政府自民國69年開始開發至民國73年4月完成。 屏東加工出口區 民國89年於台灣南部屏東縣屏東市西南方設置,近屏東縣與高雄市交界處,全區佔地 123. 04公頃。 屏東農業生物技術園區 主條目: 為發展農業科技,營造農業科技產業群聚,促進農業產業之轉型,依「農業科技園區設置管理條例」設置。 園區第一期開發計畫「海豐基地」座落於屏東縣,西鄰仁義里、玉泉村,土地面積約233公頃,位於台27省道以東、南二高與屏26鄉道間,預定於93年2月開始接受廠商進駐園區破土開工建廠;第二期「太源基地」土地面積約100公頃,預定於93年度開始規劃。 三級產業 [ ] 商業 屏東縣商業登記家數25,901家,其中以商業最多,公共行政、社會服務及個人服務業次之。 金融業 屏東縣內金融機構計149家,均為工商企業融資機構,並兼辦各種存款、匯兌業務;其中公營銀行19家,農會信用部12家,漁會信用部3家,地區中小企業銀行18家,其他私立銀行78家。 郵電業 屏東縣縣內郵電機構754所,其中自辦67所,委辦687所,電信機構15所,市內電話用戶數346,912戶,每百人用戶數38. 參見: 文學 [ ] 在文學史及其相關論述方面,截至2012年2月20日為止,還沒有一本「屏東文學史」、「屏東文學發展」之類的專書出版。 比較相關的專書有:文訊雜誌社所出版的「高屏澎地區文學會議」論文集、林欣慧與吳中傑合著的《屏東地區族語言與音樂研究》。 其次,屏東地區的古典詩歌、縣市文學獎、日治時期新文學作家等議題,已有人從事研究。 博碩士論文有王俊勝《清代台灣詩歌研究》、邱春美《客家古典文學研究》、張宏誠《台灣解嚴後縣市文學獎研究 1987~2010 》等;期刊論文有莊永清《日治時期高屏地區新文學作家簡介》、文訊雜誌社所出版的「高屏澎地區文學會議」論文集、江海《屏東文學發展現況淺析—從屏東縣文學泰斗說起》等論文。 在民間文學方面,有陳枝烈等人採訪、編輯而成的《神話故事》、戴錦花編採而成的《傳統歌謠精華》;盧正君編採《歌謠採擷》、陳美玲編著《之歌》(有聲書);康啟明編註的《台灣三字經:漢文讀本》、賴慶智等人著的《客謠新調》、江海主編的《念念屏東集作品集》 等書。 縣內屏東市於2008年3月成立阿緱文學會。 文學活動方面,屏東縣政府舉辦「大武山文學獎」徵文活動 ,每隔幾年也會舉辦「青少年大武山文學獎」徵文活動。 教育 [ ] 參見: 屏東縣擁有5所,分別為1所大學,;3所科技大學,、、;1所專科學校,。 除慈惠醫護管理專科學校只授予學位以外,其它4所大學或學院授予學位、學位或學位不等。 屏東縣擁有64所,擁有21所,公立部分有:、、、、、、、、、、、、和等,有43所,計171所。 醫療 [ ]• 宗教 [ ] 屏東縣有及共1341間,寺廟數量僅次於與,為全臺灣第三,屏東縣寺院有160間,的廟有928間,教堂65間、教堂187間、還有1間的廟。 其中是位於萬金村的,又稱 萬金天主堂,也是台灣兩座之一,其歷史可追溯至1861年,為台灣現存最古老的教堂建築。 另外,屏東縣內還有數個原住民所擁有的傳統文化信仰中心的,每年會進行傳統的平埔夜祭文化。 主條目: 現行的最南站是位在高雄市的高鐵左營站,南邊的屏東縣沒有高鐵車站,故縣民搭乘高鐵多至搭乘。 高速鐵路延伸屏東議題即為是否要將台灣高速鐵路延伸到屏東縣。 為此,許多支持者組成爭取高鐵到屏東聯盟,爭取將高鐵延伸至屏東。 2019年9月,行政院院長正式宣布台灣高速鐵路延伸屏東,且將盡全力協助延伸屏東和。 公路 [ ] 國道• : 福爾摩沙高速公路• (連接 )• : 高雄支線• 省道快速公路• : 東西向快速公路高雄潮州線• :縱貫公路• :內山公路• :南迴公路(包括)• :舊南迴公路• :西部濱海公路• :旗楠公路• :霧台公路• :南部濱海公路• :新發公路 市道、縣道• :沿山公路• 鄉道 的Isuzu NQR中型巴士 航空 [ ]• 最大的國際轉運中心,也是屏東現行最主要的聯外機場,以服務屏東幾個市區及墾丁、大鵬灣等觀光景點為主力,並有作為聯外軌道運輸,此路線亦有規劃及連結縣內數個地區。 恆春機場,正式名稱恆春航空站,或以地名俗稱五里亭機場,為位於台灣屏東縣恆春鎮之機場,以飛行國內航線為主。 因為問題常常停飛。 屏東機場,正式名稱屏東航空站,或稱屏北機場,位於台灣屏東縣屏東市,民用部分是屏東航空站,軍用部分為空軍屏東基地,為一軍民合用之機場。 因與過近而生意不佳。 已於2011年8月廢除。 小琉球機場,正式名稱小琉球航空站,位於屏東縣琉球鄉,現已廢止。 僅留數個直升機停機坪、風向球及一棟廢棄的航站。 客運 [ ]• 站名 地址 電話 屏東縣屏東市光復路45號 08-7338574 站 屏東縣麟洛鄉中山路25號 08-7228899 站 屏東縣枋寮鄉中興路7號 08-8782027• 站名 地址 電話 屏東縣屏東市光復路45號 08-7325809 站 屏東縣麟洛鄉中山路340號 08-7214622• 站名 地址 電話 屏東縣屏東市光復路45號 08-7324103 站 屏東縣高樹鄉興中路352號 08-7962589 站 屏東縣里港鄉中山路17號 08-7752144 站 屏東縣內埔鄉中山路181號 7992265 站 屏東縣東港鎮中山路3號 08-8322385 站 屏東縣潮州鎮中山路178之2號 08-7882206 站 屏東縣恆春鎮中正路30號 08-8891464• 另外還有行駛於高屏沿海的-線客運,由、、、四家客運公司聯合經營。 交通船 [ ]• 往返屏東縣東港鎮、琉球鄉的交通船航線,目前分別為公營、民營的交通船公司負責此航線,東港、琉球鄉民稱公營交通船為「公船」,民營則因為有五家民間公司聯合經營稱為「聯營」。 另有一家民間公司「泰富」獨自營運。 旅遊與休閒 [ ] 博物館 [ ] 位在屏東縣境內,列入《台灣博物館名錄》的博物館有 :• :、、• :、、、• : 藝文與育樂 [ ]• 屏東縣青年學院• 屏東縣青創聚落• 屏東縣政府恆春民謠館• 屏北地區 [ ] (定義:里港鄉、高樹鄉、三地門鄉、霧台鄉、九如鄉、鹽埔鄉、長治鄉、內埔鄉、瑪家鄉、屏東市、麟洛鄉)• 民族路夜市• 屏南地區 [ ] (定義:萬丹鄉、潮州鎮、萬巒鄉、泰武鄉、竹田鄉、新園鄉、崁頂鄉、新埤鄉、東港鎮、林邊鄉、佳冬鄉、南州鄉、枋寮鄉、來義鄉、春日鄉、琉球鄉)• 林後四林• 春日 恆春半島 [ ] (定義:枋山鄉、獅子鄉、車城鄉、牡丹鄉、恆春鎮、滿州鄉)• 風景區• 砂島貝殼砂展示館• 茂伯居地• 名特產 [ ]• 排灣族• 排灣族• 內埔、高樹• 霧台、三地門• 枋山、獅子• 屏東市• 九如、萬丹• 九如、里港• 主要位於萬巒及內埔,特質為咖啡與檳榔共享同一片土地• 里港、高樹• 林邊、南州• 九如、鹽埔、高樹• 恆春半島• 九如、鹽埔• 萬丹、新園• 恆春半島• 林邊、佳冬、長治• 東港、琉球• 東港、琉球• 佳冬、枋寮• 內埔、萬巒 重要設施 [ ]• :建於1978年,位於屏東縣恆春鎮,簡稱 核三,又稱馬鞍山發電廠(鄰近馬鞍山),由台灣電力公司所經營。 唯一位於台灣南部的核能發電廠。 反應爐型式為壓水式反應爐,是台灣唯一使用此型式核能反應爐的發電廠。 城市遠景 [ ]• 延伸屏東• 屏東大武分院 國際交流 [ ] 屏東縣目前在世界各地共締結了五個省、郡、市,3個,1個省,1個市。 註釋 [ ]• 後改名「阿緱廳」。 、福建人口的總和最多,其次。 最多廣東人口,其次。 最多其他人口,其次。 、泉州人口的總和最多,其次。 最多漳州人口,、其次。 最多潮州人口,其次。 最多嘉應人口,屏東其次。 最多惠州人口,其次。 、安溪人口的總和最多,其次。 、同安人口的總和最多,其次。 最多三邑人口,其次。 三邑指的晉江、南安、惠安三縣。 2000年12月9日屏東縣政府文化局舉辦第一屆「話我先人-念念屏東情說故事比賽」,事後由文史工作家江海將參與者所述故事潤飾增刪而成。 天主教在臺復教後所興建的第一座教堂是位在高雄市的,但是教堂建築在1928年從原本的式平面建築改為現在的仿哥德式建築,故萬金聖母聖殿成為臺灣現存最古老的教堂建築。 參考資料 [ ]• 內政部戶政司. 2016-07-11. 〈小琉球的社會與經濟變遷(1622-1945)〉,頁19、20,2004,溫振華、李宗信• 〈小琉球的社會與經濟變遷(1622-1945)〉,頁25、26,2004,溫振華、李宗信• 〈小琉球的社會與經濟變遷(1622-1945)〉,頁37,2004,溫振華、李宗信• (存檔於2017-06-12). Taiwan Sotoku Kanbo Chosaka. 台灣在籍漢民族鄉貫別調查 [Investigation of the regions of origin of Han people in Taiwan]. Taihoku-shi Taipei : Taiwan Sotoku Kanbo Chosaka. 1928. 屏東平原的地域發展歷程(1683年~1945年),黃瓊慧,第四章• 王御風. 重修屏東縣志 - 社會型態與社會構成. 屏東縣政府. 2014: 39—44. [ 2020-05-03]. 林和生. 中時電子報. 2020-04-13 [ 2020-05-03]. 郭芷瑄. 中央社 CNA. 2019-09-10 [ 2019-09-10] (中文). 中華民國博物館學會. [ 2020-05-03]. [ 2017-05-18]. (存檔於2017-03-27). [ 2017-03-27]. (存檔於2017-03-27). [ 2017-05-18]. (存檔於2017-03-27). [ 2017-05-18]. (存檔於2017-03-27). 屏東縣政府. 2019-07-18 [ 2020-05-03]. 外部連結 [ ] 上的相關旅行指南:• 臺灣主要山脈連綿縱貫於本島中央地帶,可以此二分為西部及東部。 本島縣市以外的地區為外島。 四分法有數種版本,此為最常見並使用的版本,即依據行政院國發會擬訂之「臺灣地區綜合開發計畫」而來。 除了東臺灣之外,其餘北、中、南三區皆各自形成都會核心,構成臺灣。 六分法係參照的(五州範圍各為一區、東部兩廳範圍合視為一區)而來,因臺灣現今的行政區劃乃依循此日治時期的行政區調整而來,故在區域劃分上仍有很大的程度相互適用。 恰好平均約三個縣市劃分一區。 宜蘭縣位置在臺灣北部、東部之過渡帶,故有「北基宜」、「宜花東」二種劃分法。 澎湖縣位置在雲林、嘉義外海一帶,有與金馬地區一起被劃分在「澎金馬」做為一區,即外島三縣之合稱;另有「嘉南澎」、「雲嘉南澎」、「高屏澎」、「高屏澎東」等多種劃分法。 統治地區為,故通常與合稱「金馬地區」。 因其位屬福建省,故常視為一獨立區域,而不包含於四分法或六分法之中。

次の

Yahoo is now a part of Verizon Media

竹田 恒 泰

2019年03月21日 来源:共同社, 文体娱乐, 东京奥运 【共同社3月18日电】陷入2020年东京奥运申办疑云的日本奥委会(JOC)19日将在东京都内召开理事会会议。 成为法国司法部门调查对象的JOC主席竹田恒和(71岁)预计将表明退任意向。 18日采访多名相关人士获悉,竹田有意在6月任期届满后退任。 另一方面,担心形象受损的奥运会相关人士方面则有较强意见认为其有必要立即辞职,最终决断受到关注。 竹田本人一贯主张清白,希望避免可能被理解为承认相关嫌疑的辞职。 东京奥运会开幕在即,焦点将对准主席退任时期和继任人选。 竹田因该问题缺席国际会议等,活动已受到影响,是否继续担任退休期限延长至东京奥运的国际奥委会(IOC)委员也成为重要焦点。 竹田2001年起担任JOC主席,目前已进入第10个任期。 原来被认为极有可能在6、7月的高层改选中连任。 他还担任奥组委副主席等要职。 (完).

次の

竹田恒泰

竹田 恒 泰

御年百歳であられた。 臣民の一人として心から哀悼の意を表したい。 殿下は、戦時中は皇族軍人そして弟宮として昭和天皇をお支えになり、戦後は国民から親しまれる皇室を築く上で絶大なお力を発揮なさった。 現在の皇族方が、様々なご活動をなさり、国民との間に多種多様な接点をお持ちになっておいでなのも、宮様がその基礎をお作りになったからではないかと思う。 皇族最長老であられ 「大殿下(おおでんか)」 として親しまれた宮様だった。 殿下と妃殿下との間には男のお子様三方、女のお子様二方がおいでで、子だくさんの宮様として知られていた。 ところが、三笠宮家は、あれだけ栄えたにもかかわらず、男のお子様は長男の寛仁親王殿下、次男の桂宮殿下、三男の高円宮殿下ともすでに薨去あそばされ、今般崇仁親王殿下がお隠れになったことで、三笠宮家には男性皇族がお一方もいらっしゃらなくなった。 これにより、三笠宮家が断絶することが確定してしまったことは実に残念である。 父親としてご子息三方を看取ることのお苦しみはいかばかりであったろうか、想像するに余りある。 平成二十四年に寛仁親王殿下の斂葬の儀 (葬儀) にご出席になった翌日の六月十五日、大殿下はご体調不良でご入院あそばし、心臓の手術をお受けになったことからもそのお苦しみが拝察される。 三笠宮は、秩父宮、高松宮に次ぐ昭和天皇の弟宮ご一家で、大正・昭和生まれの人にとっては馴染みが深い。 また、お子様の寛仁親王殿下、桂宮殿下、高円宮殿下はいずれも各方面で活躍なさり多くの国民に親しまれたため知る人も多い。 桂宮殿下は生涯独身でいらっしゃったが、寛仁親王殿下のお嬢様お二方、高円宮殿下のお嬢様お三方ともすでに成人あそばし、近年は精力的に御公務をなさっていらっしゃる。 特に高円宮殿下の次女であられる典子女王殿下が出雲国造家の千家家にお嫁ぎになったことは、国民的な慶事として多くの国民が祝福した。 平成生まれの人も、たとえ三笠宮殿下を知らずとも、お子様方やお孫様方を知っている人は多いであろう。 このように、たくさんのお子様方やお孫様方が、自らの個性を活かして伸び伸びとご活躍になるのも、大殿下の皇族としての型にはまらない自由な発想とご性格の影響によるものが大きかったのではないかと思う。 同じ大正天皇の皇子でも、長男と四男では全く別の人生を歩むことになる。 大正十五年 (一九二六) に大正天皇が崩御となると、長男の裕仁親王殿下は天皇にご即位になり、崇仁親王殿下は十一歳にして 「天皇の弟宮」 となった。 その後、殿下は明治以来の慣習に従い、軍人としての道を歩むことになる。 昭和七年 (一九三二) に陸軍士官学校にご入学になり、陸軍騎兵学校を経て、陸軍大学校をご卒業になる昭和十六年 (一九四一) 十二月、日本は米国との戦争に突入。 殿下は戦争中の昭和十八年 (一九四三) に、お印の 「若杉」 にちなんで 「若杉参謀」 を名乗って皇族の身分を隠し、支那派遣軍参謀として南京に赴任した。 中国では総司令部の通訳官をしていた木村辰男が、三笠宮殿下の中国語教師に任命された。 既に殿下は中国語を勉強していらっしゃったようで、木村が初めて殿下に拝謁した時、殿下は中国語を研究する抱負を次の様に話していらっしゃったという。 「自分は過去において英語を学んだ。 〔中略〕 英語を勉強していると、自然と英語を使用している民族に対する理解が出来てくる。 一切の言動に好感がもて、かつ親愛の情がわいてくるものである。 〔中略〕 自分が今日、中国語を研究せんとするのはそのためであって、必ずしも中国語を学んで、中国人との直接意思疎通を図り、また外交的な道具に供することを主眼とするものではない。 中国および中国人を深く理解したいという念願からである。 異民族を理解するための最短距離は、まずその民族が平素用いている言葉を学ぶことだ。 況んや中日の関係が今日の如く、戦争状態にある秋にこそ、その必要を殊更、痛感する」 (木村辰男 「南京の若杉参謀」 『週刊朝日 (臨時増刊)』 昭和二十七年三月二十五日号) 将来学者となられる殿下らしい論理的思考もさることながら、異民族を理解しようとする深い人間愛を感じるのは筆者だけではないであろう。 この講和の記録によると、冒頭で殿下は次の様に仰せになったという。 「戦争指導の要請上、言論は極度に弾圧せられあり。 若干にても日本に不利なる発言をなし或は日本を批判する者は、たとえ真に日本を思ひ中国を愛し東亜を患ふる情熱より発するものといえども、之を遇するに日本人に在りては 『売国』 を以てし、中国人に在りては 『抗日』 『通的』 あるいは 『重慶分子』 を以てせらるる。 今日一般幕僚に於ては大胆なる発言は困難なり」 (若杉参謀 「支那事変ニ対スル日本人トシテノ内省」。 一部の漢字表記とカタカナ表記をひらかなにし、句読点を補った) 当時は言論が厳しく制限され、軍の参謀が自由に 「日本に不利なる発言」 をすることができないなか、皇族であるが故に言わねばならないとの強いご信念から御発言になったことと拝察される。 このなかで殿下は、日本軍の軍紀が乱れていたことを憂慮なさり、支那事変が解決しない原因は 「日本軍軍人の 『内省』 『自粛』 の欠如と断ずる」 と、強い言葉で日本軍の問題をご指摘になった。 この日本軍を批判する御言葉は、終戦後に語られたものではない。 戦時中に、戦地において百二、三十人の尉官を前にして講義なさったもので、当時はタブー中のタブーとされる内容だった。 当時、たとえ皇族であっても、これほど明確に軍を批判する記述を残した方はいらっしゃらない。 その後、殿下は大本営参謀となり、陸軍少佐で終戦をお迎えになった。 昭和天皇がポツダム宣言受諾の御聖断をお下しになると、それを翻意させようとした阿南惟幾陸軍大臣が三笠宮邸を訪れた。 この時殿下は 「陸軍は満州事変以来大御心にそわない行動ばかりしてきた」 と仰せになり、大臣の要請をお退けになったという。 帰りの車のなかで大臣は低い声で 「そんなにひどいことを仰せにならなくてもよいのに」 とつぶやき、ひどく落胆した様子だったと伝えられる。 その阿南大臣が八月十五日未明に自決したことは周知の事実である。 また、終戦後の早い段階で、殿下が天皇の譲位について独自のお考えを示していらしたことは、いま注目されている。 天皇の譲位に関して、殿下は終戦後の昭和二十一年十一月に 「新憲法と皇室典範改正法要綱(案)」 と題する意見書をお書きになり、皇室典範改正を審議していた枢密院にこれをご提出になった。 その中で殿下は、崩御以外に譲位の道を開くべきであると書いていらっしゃる。 結局殿下のご意見は採用されず、新皇室典範に譲位の制度は盛りこまれなかった。 その翌月、殿下はこの点について 「自由意志による譲位を認めていない、つまり天皇は死なれなければその地位を去ることができないわけだが、たとえ百年に一度ぐらいとしても真にやむをえない事情が起きることを予想すれば必要最小限の基本的人権としての譲位を考えた方がよいと思っている」 との意見を新聞に掲載なさった。 七十年も前の時点で明確に譲位を肯定していらっしゃったことは、先見の明と言うべきであろう。 このように皇族軍人として激動の時代を生き抜いた殿下は、終戦後は全く異なる世界に身を投ぜられた。 殿下は昭和二十二年 (一九四七) 四月から東京大学文学部の研究生となり、古代オリエント史のご研究に没頭なさった。 通学では電車とバスをお使いになった。 昭和三十年 (一九五五) からは東京女子大学で、皇族としては初めて教鞭をとり、その後も東京芸術大学、青山学院大学、専修大学などでも授業を受け持った。 先述の中国語同様に、殿下はオリエント史を研究するにあたり、『旧約聖書』 の原典を読むためにヘブライ語を学習なさり、流暢にお話しになるほどに達せられた。 その他、英語、フランス語も堪能であられた。 殿下は日本オリエント学会設立を提言なさり、会長にご就任になったほか、中近東文化センターと日本トルコ協会では名誉総裁をお務めになった。 「歴史の研究は年代の枠を土台として進められる。 もしこの土台に少しでもゆるぎがあったならば、いかにみごとな歴史を組み立てても、それは砂上の楼閣にすぎない。 私は重ねて歴史研究者として、架空の年代を国の権威をもって国民におしつけるような企てに対しあくまで反対するとともに、科学的根拠、いいかえれば今まで考古学者や文献学者が刻苦精励、心身をすりへらしてまでも積みあげてきた学術的成果の上に立って、改めて日本古代の神話継承の研究をさらに押し進めるような感情論から、学問研究の百年の計を一瞬にして誤るおそれのある建国記念日の設置案に対して深い反省を求めてやまない」 (崇仁親王殿下 「紀元節についての私の信念」 『文藝春秋』 昭和三十四年一月号) 確かに、四世紀以前は国内で文字は使用されていなかったため、その時代の固有名詞や日付は伝わらない。 『日本書紀』 に記された神武天皇ご即位の日は、後世にそう決めたものであり、それをグレゴリオ歴に換算して得られた 「二月十一日」 を史実として断定することは学問的に問題であるという主張は、学者としての良心に照らし合わしてのことと拝察する。 このご指摘に対して、復帰を推進する立場の里見岸雄が 「宮は、観察眼を正確にして直視されなければならない」 と公然と反論するなど、数多くの強い批判にも晒され 「赤い宮様」 とも表現された。 筆者は、史実はともあれ 『日本書紀』 に書かれていることにちなんで、差し当たりその日を建国の日と理解して祝うことは別段問題ないと考えるが、史実と神話を混同させてはいけないこともまた重要である。 そのため、皇族であられる殿下が学者としてご指摘をなさったことは意義深い。 日本軍の問題を目の当たりにし、戦時中に軍批判をなさった殿下には、神話の不確実な部分を事実と断定して国民に押しつけることを嫌悪なさったのではないかと拝察する。 明治時代の日本は冷静だった。 神話は神話として価値があり、神話を歴史的事実として国民に押しつけることはしてこなかった。 具体的には、大日本帝国憲法と教育勅語を起草した井上毅は、これらに神話を持ち込むことを嫌い、天皇の根拠は神話ではなく、歴史に求める態度を貫いた程である。 ところが、先の大戦では、政府は神話を事実と混同するような態度を取り、天皇を 「神」 として扱うようになった。 紀元節復活に当たっての三笠宮殿下のお考えは、そのような過去の戦争の反省から素直に表現なさったと思う。 以前の殿下の考え方に立てば、「万世一系」 は神話要素を含むものであるから歴史的事実と断定できないと仰せになってもおかしくはない。 ところが、殿下は伝統的な皇位継承原理に変更を加えることを良しとなさらなかった。 たしかに、殿下はこの問題について御自身のご意見を公表していらっしゃらない。 しかし、ご子息の寛仁親王殿下が、崇仁親王殿下と妃の百合子殿下が共に女性・女系天皇に反対であられることを公言なさった。 私も寛仁親王殿下からそのことを直接伺った。 小泉政権が女性・女系天皇を成立させる動きをしたのに対し、寛仁親王殿下は、これに反対するご意見を福祉団体である柏朋会の機関誌に寄稿なさった。 このことが、読売新聞によって拡散された時に、寛仁親王殿下は、お母様の百合子殿下に電話なさり、「読まれましたか? 親父はどう考えているのかしら?」 とお尋ねになったという。 この時のことは次の様に記事にお書きになっていらっしゃる。 「 本当は、私 〔寛仁親王殿下〕 が発言するより皇族の長老である父 〔崇仁親王殿下〕 に口火を切ってもらいたかったわけです。 すると、母 〔崇仁親王妃百合子殿下〕 の話では、父は宮内庁次長を呼んで、あまりに拙速な動きについてクレームをつけているということでした。 これは去年 〔平成十七年〕 の十月ぐらいの話です。 ああそうか、それは結構なことだ、もっとどんどんやって欲しいなと思いました。 それから 『お袋は女帝・女系になったら大変なことになること、わかっているの』 と聞いたら、『もちろん大変なこと』 だと言っていました。 その後、父が年末に来たときに、『いいことを言ってくれたね』 と、一言いって、さらに 『八人の女帝』 (高木きよ子著) という単行本を 『読んでおいて欲しい』 と持ってきて、それから月刊 『文藝春秋』 一月号に工藤美代子さんがお書きになった論文を、『私の意見はこれと同じである』 と、娘の分までコピーして持ってきてくれました。 ですから三笠宮一族は、同じ考え方であると言えると思います」 (寛仁親王殿下 「皇室典範間題は歴史の一大事である 〜 女系天皇導入を憂慮する私の真意」 『日本の息吹』 平成十八年二月号。 ただし〔 〕内は筆者注) 寛仁親王殿下が仰せのように、本来なら皇族の長老であられる崇仁親王殿下が意見を表明なさればより重みがあったであろう。 しかしながら、ご子息の寛仁親王殿下も大変なご覚悟の上でご発言になったことと拝察される。 そのようなご覚悟で寛仁親王殿下がご発言になったことにつき、お父様の崇仁親王殿下は 「いいことを言ってくれたね」 と仰せになっただけでなく、同意見の論文をお孫様の文までコピーしてご持参になったというのであるから、余程強い信念をお持ちのことと思う。 今思い起こせば、誠に畏れ多いことである。 紀子殿下のご懐妊によって、小泉政権下での皇位継承議論は沙汰止みとなった後の話である。 私たち男系維持を是と考える一派は、麻生政権において、男系維持のための皇室典範改定を目指していた。 そこに、思わぬ横槍が入った。 時の政府高官が語ったとされるある噂が永田町を駆け巡った。 噂とは 「麻生総理の内奏の折に、天皇陛下が女性天皇・女系天皇を望んでいらっしゃることが伝えられた」 というものだった。 「内奏」 とは、内閣総理大臣が折に触れて参内し、政治の状況などを陛下にお伝えすることである。 もしそれが本当なら、男系維持を切望する我々一派の活動は、陛下の御意思に反していることになってしまう。 この噂は、内容が具体的だったため、相当信憑性の高い情報とされたが、私はこの噂は偽情報と考えていた。 噂を流したのが政府高官か、それともその周辺の人物か定かではないが、この噂を流した人物はこの情報の真偽を確認できる者はいないと考えていたのであろう。 真偽を確認する手段が存在しないが故に、情報を流した者勝ちと考えたのであろうか。 私は寛仁親王殿下に、この噂は本当でございますかと伺った。 すると殿下は 「陛下がそのようなことを仰ることは絶対にない」 と断言なさった。 そこで殿下は 「念のため、おやじ 〔崇仁親王殿下〕 に頼んでその噂が本当かどうか確認してきてもらう」 と仰った。 それから暫くして寛仁親王殿下からご連絡があった。 崇仁親王殿下が参内なさった際に、陛下にこの噂の真偽を直接お尋ねになったところ、陛下のお答えは 「麻生総理の参内の折に、皇位継承の話が出たことは無い」 というものだった。 何とあの噂は嘘だったのである。 政治問題につき、ありもしない 「陛下の御意思」 を捏造するとは言語道断である。 この時の陛下の御言葉は、陛下がお身内に発せられたものであり、本来はその御言葉の内容を公表することは憚らなくてはならない。 しかし、ここから陛下が皇位継承にどのようなお考えをお持ちであるか分からない。 「女系継承が陛下の御意思」 というあの噂が嘘であったことが分かるだけである。 さすが陛下のお答えだと、深く感心致した次第である。 したがって、私はこのお答えは公表してよいと考え、この機会に書かせて頂いた。 女性・女系天皇を望むという 「陛下の御意思」 の真偽を確かめるために、御尽力くださったこの一件から、崇仁親王殿下は、男系継承にとても強いこだわりを持っていらっしゃったことが窺える。 このように、殿下は右翼でも左翼でもなく、まして 「赤い」 などと揶揄されるような方ではあられない。 昭和期までは 「天皇の弟」 として、平成の御世では 「天皇の叔父」 として、また戦前は 「軍人」 として、戦後は 「学者」 として、常に良心に照らし合わせて正しいと思し召されたことを、正直に勇気をもってご発言になっていらっしゃったのであろう。 大正天皇の長男の裕仁親王殿下は天皇に、また次男の秩父宮殿下は万一の時に天皇になる方とされた。 ところが、秩父宮殿下は昭和十六年 (一九四一) に結核で療養生活にお入りになったため、三男であられる高松宮殿下が、万一の時に天皇になる方とされた。 よって、長男から三男までは特別な存在であられたが、四男の三笠宮殿下はそのような特別な地位にいらっしゃらなかっただけでなく、一つ上の高松宮殿下とも十歳も年が離れておいでで、ご兄弟のなかでもお一人だけ自由な環境でお育ちになった。 しかも、大正天皇と貞明皇后のご意思により、四兄弟のなかで三笠宮殿下だけが両親の元で育てられた。 そのようなことが影響してか、殿下はご幼少期から伸び伸びとお育ちになり、軍人としての立場をお離れになってから、益々個性を発揮なさったように思う。 学者として業績をお遺しになっただけでなく、天皇の名代として、流暢な外国語を駆使して数々の国際親善を担っていらっしゃった。 また、ダンスをなさるお姿は、国民から親しみを持たれ、戦後の皇室像形作の過程で尽力なさった。 殿下の自由で明るいご性格が影響してか、お子様方もお孫様方も、自由で明るいご性格の方ばかりで、皆様、様々な分野でご活躍なさっていらっしゃる。 そして、三笠宮家だけでなく、東宮ご一家、秋篠宮ご一家にも大きな影響をお遺しになった。 三笠宮殿下なくして、現在の親しまれる皇室は無かったのではないかと私は思っている。

次の