タウン ハウジング デメリット。 タウンでんきの評価・評判

タウンハウジングの評判や口コミまとめ!仲介手数料や特徴をまとめてみた

タウン ハウジング デメリット

タウンハウジングで部屋探しを考えているけど… 安心入居サポートとか虫駆除って必要? 詳しく知りたい! このような疑問にお答えします。 筆者は賃貸営業歴5年の賃貸営業マンです。 宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士の資格も保有しています。 5年間で筆者は1000件以上の賃貸契約を結んできました。 その契約の中には室内消毒代や、安心入居サポートなどのオプション商品が付いた賃貸契約も多かったです。 今回はタウンハウジングのムシ駆除(室内消毒)や安心入居サポートについて詳しく解説していきます。 タウンハウジングのムシ駆除の料金は間取りによって異なり 16,500円~27,500円。 安心入居サポートは2年間で 16,500円。 決して安い金額ではありません。 この記事ではムシ駆除と安心入居サポートについて詳しい説明をしながら、賃貸営業マンである筆者の意見もお伝えしていきます。 この記事をお読み頂く事でタウンハウジングの ムシ駆除や安心入居サポートが必要なのか不要なのかしっかりと答えを出すことが出来ますよ! じんせいダニ対策 人体への安全性に配慮した厚生労働省認可の薬剤で、畳やカーペット、押し入れなどに潜むじんせいダニを駆除してくれます。 特に 小さいお子様がいらっしゃるファミリーの方には助かるサービスですね! さらにはプラス3,300円のオプションとなりますがアルコール除菌を行ってくれるオプションサービスもあります。 ドアノブやスイッチプレート、キッチンシンクやトイレの便座、水栓レバーなど… 細かいですが確かに気になる箇所を除菌してくれるので、ムシ駆除サービスと一緒に細かい箇所の除菌も行って気分良く新居に入居したい方にはおすすめです。 ムシ駆除サービスは間取りによって料金が異なっていきます。 5LDK以上の物件は賃貸ではほとんどないので 16,500円か 22,000円のプランとなる物件がほとんどでしょう。 室内消毒代の相場は約2万円前後ですから、タウンハウジングのムシ駆除サービスの料金はほぼ相場通りと言えます。 タウンハウジングのようにダスキンなどの大手企業による室内消毒施工を行う不動産会社はかなり少ないです。 賃貸営業マンの筆者としてもタウンハウジングのムシ駆除サービスは信頼が置けますし、料金も相場通りですから ムシ駆除サービスを行って損は無いと思います。 鍵のトラブルサポート• 水回りのトラブルサポート• ガラスのトラブルサポート• 在宅確認サポート などがあります。 鍵のトラブルや水回りのトラブルはもちろんですが、 在宅確認サポートは学生の一人暮らしのご両親にとってもありがたいサービス内容だと思います。 ガラスのトラブルサポートも滅多に起こることではないと思いますが、だからこそどう対処したらいいか分からないものです。 ヒビ割れでもしっかり対応してくれるようですので安心ですね。 さらに万が一、泥棒に入られてしまった場合の再入居費用として 一律10万円の補償が付いてきます! この補償を使わないに越したことはありませんが、万が一に備えてこうしたバックアップサポートが付いていると安心です。 また、パソコンのトラブルサポートにも対応してくれます。 ウイルス駆除やプリンタースキャナーなどの設定をしてくれるようです。 ですがこちらのパソコントラブルサポートの場合は有料での駆けつけサービスとなりますのであまりオススメできません。 パソコンのトラブル窓口に連絡した方が間違いないと思います。 安心入居サポート 備えあれば患いなしですので加入するに越したことは無いですが、費用も決して安くはなく、 入居中に起こり得るトラブルの大半は管理会社にて対応が出来る事がほとんどです。 学生の一人暮らしや女性の一人暮らし、賃貸の入居が初めての方などは加入をおすすめ致しますが、すでに何度か引っ越しを経験していて賃貸の入居になれている方は加入せずに初期費用を抑えた方が良いかもしれません。 安心入居サポートに関しては他の不動産会社と比べても大差なく、賃貸の入居になれている方は加入しなくても問題ないかなという感じですが、ムシ駆除サービスに関してはダスキンによるサービスですので信頼が置けて筆者としてもおすすめしたいサービスです。 どうしても費用は発生してきてしまいますが、予算的に余裕がある方はやっておいて損は無いと思いますよ!.

次の

タウンWiFiの使い方、メリット・デメリット、安全性まとめ。セキュリティは大丈夫?VPNが使えるWiFiプロテクトの評判は?

タウン ハウジング デメリット

ベッドタウンとは何か その街が栄えているかどうかを判断する基準として「人口」を利用することは多々あります。 住んでいる人が多ければそれだけ街が発展しているといえますし、少なければ寂れていると考えるでしょう。 ベッドタウンとして機能している街は、人口も多い傾向にあります。 しかし、その街がベッドタウンかどうかを考える際、もう1つ指標となるものがあります。 それは「昼間人口」と「夜間人口」です。 それぞれ昼間の人口と夜の人口をことを指しており、ベッドタウンでは学校や仕事で昼間は都会に出ている人が多く、夜に帰ってくるため昼間人口と夜間人口の差が大きくなります。 このように、昼間人口と比べて夜間人口が多く、なおかつ都市部へ移動しやすいという特徴を持った周辺の街を「ベッドタウン」と呼びます。 「ベッド」という名前の由来はいくつかありますが、その名の通り「昼間は働き、夜寝るために帰る場所」という意味で「ベッドタウン」となったというのが一般的な解釈です。 そんなベッドタウンは、今大きな局面を迎えつつあります。 それらについて、ベッドタウンの歴史を振り返りながら確認しましょう。 ベッドタウンの歴史【成長期】 そもそも、なぜベッドタウンという概念が生まれ、それが定着したのでしょうか。 1960年代以降の高度経済成長期の日本では、経済の急成長により国の規模が大きくなり、それに伴い若者が大都市へ進学・就職するようになりました。 地方に住んでいた人も、東京や大阪などの大都市へ移住し、生活の基礎を築いたのです。 そして、歳を重ねやがて結婚するようになります。 しかし、当時の大都市は高度経済成長期によってビルの建設ラッシュが起きており、新築の一軒家を立てるという選択肢がありませんでした。 築何十年という古い戸建てに住むか、木造のアパートや長屋に住むのが一般的。 そこで、結婚を機に大都市へ通うことのできる周辺の街に移住する人が増えました。 これがベッドタウンの始まりです。 都会である東京や大阪に人が住まず、周辺都市に人が集まったことから、真ん中にぽっかりと穴が空いたようだということで「人口のドーナツ化」と呼ばれたりもしました。 ベッドタウンの歴史【衰退期】 しかし、ご存知の通り高度経済成長期は永遠ではありませんでした。 バブルの崩壊、それに伴う収入の低下により共働き家庭が増加し、さらに大都市の地価が下落したことでベッドタウンで暮らすメリットが小さくなってしまったのです。 これにより「都心回帰」の流れが進み、1990年代以降都会の人口が増え、ベッドタウンの人口が徐々に減少しています。 また、高度経済成長期にベッドタウンに移住した人々は高齢化しています。 その結果、街に空き家が増え、ベッドタウンの人口減少は歯止めが利かなくなってきています。 虫食いのように空き家が増えていることから「ベッドタウンのスポンジ化」と呼ばれることも。 このような問題を解決するべく、ベッドタウンと呼ばれる郊外の街では、人々を呼び込むためのさまざまな工夫がなされています。 それが次のメリットへとつながるのです。 メリット 家賃・物価が安い ベッドタウンで暮らす最大のメリットといえば、やはり「家賃や物価が安い」ということではないでしょうか。 地方から出てきた人が「東京は何でも高い!」と言っているのを聞いたことがあります。 それだけ値段が高くても売れる、地場のものがないなど、さまざまな理由が考えられますが、例えば子育てをしながら東京に住むとなると負担は大きくなりますよね。 家賃で比べてみても、同じ間取りで2~3万円程度は東京の方が高い傾向にあります。 23区外などに出れば多少安くなりますが、それなら東京に住む理由もあまりないかもしれません。 家賃などを抑えたいという方は、都会から一歩出てみることをおすすめします。 子育てを意識した街づくり 今窮地に追い込まれつつあるベッドタウンは、都会との差別化を図っています。 その代表例が「子育て」を意識した街づくりです。 都会よりも緑豊かな街を目指すことや、子育て支援センターなどを作ることで、都会より子育てしやすい街づくりを行なっています。 地方へのアクセスの良さ ベッドタウンは都会の周辺にあるということもあって、道路や公共交通機関も発達しています。 その結果、都会だけでなくいわゆる田舎と呼ばれる地方へのアクセスも良くなっています。 趣味や日帰り旅行で地方に行く際や実家に帰る際は、その特徴が便利に働くでしょう。 車を所有しやすい 「車」についても、都会とそれ以外でかなり考え方が分かれます。 東京に住んでいる方の中には、「車なんて維持費が高すぎるしいらない」という考えの方も多いでしょう。 しかし、実際に車を持っているとやはり何かと便利です。 そんなとき、ベッドタウンであれば車を所有しやすいという特徴があります。 特に駐車場代は大きな差が出ます。 東京都内で駐車場を借りようとすると、1か月数万円が当たり前ですが、ベッドタウンであれば5,000円もあれば借りられます。 維持費が安く済むというのは、車を所有する上で大きなメリットになるでしょう。 デメリット 移動に時間がかかる そんなベッドタウンにももちろんデメリットがあります。 例えば、移動する際に何かと時間がかかるのはデメリットでしょう。 仕事が学校で都会に出るとき、地方へ遊びに行くとき、簡単に移動できないのは人によってはストレスかもしれません。 都会に住んでいれば、すべてを都会に済ませてしまい、地方には出ないという方法も選択できます。 また、新幹線で移動するにも駅までが遠いなんてこともしばしばあります。 施設が少ない 施設の充実度はやはり都会に比べて劣ります。 例えば、娯楽施設やコンビニ1つ取っても、都会なら首を振るだけで1つは見つけることができますが、ベッドタウンの場合車で移動しなければならないことさえあります。 また、閉店時間も都会と比べると早いですね。 車社会 ベッドタウンはどこも圧倒的な車社会です。 先ほどメリットで紹介したように、維持費が安く済むというのが大きく影響しているのでしょう。 店と店が離れているので、車を持っていないと住みづらい場合も。 代表的なベッドタウン それでは最後に、日本の3大都市である「東京」「大阪」「名古屋」それぞれのベッドタウンを確認します。 周辺への移住を検討している方は、ぜひ以下の街を見てみるといいでしょう。 東京のベッドタウン 東京はやはり別格で、周辺の都市すべてがベッドタウンといっても過言ではありません。 代表的なところでいえば、横浜や川崎・埼玉・千葉などでしょうか。 また、都内でも23区外は都心のベッドタウンという位置づけをされることがあります。 ただし、東京周辺のベッドタウンは、その街自体の規模も大きくなっているので、地方のベッドタウンと比べると家賃は物価は高くなる傾向にあります。 その分施設の充実度などは高いといえるでしょう。 大阪のベッドタウン 大阪のベッドタウンとして有名な街は、豊中市や・吹田市・池田市・箕面市・高槻市などがあります。 いわゆる「北摂」と呼ばれる地域の街ですね。 大阪中心部へのアクセスもよく、治安のいい街並みが特徴的でベッドタウンとしての魅力を備えています。 名古屋のベッドタウン 名古屋のベッドタウンは、東京と比べても遜色ないほど広いエリアだと言われています。 例えば愛知県内だと、万博で有名になった長久手市や一宮市・犬山市などがあり、県外に目を向けてみると岐阜県岐阜市・多治見市、三重県桑名市・四日市市もベッドタウンと言われます。 どこも名古屋まで電車1本で通うことができるのが特徴的です。

次の

タウンハウジングのムシ駆除や安心入居サポートは不要?解説します|最強のお部屋探しブログ

タウン ハウジング デメリット

地震に対する備えはできていますか? 皆さんの会社では自社内にサーバーをおいて運用されていますか。 東日本大震災を引き合いに出すまでもなく、日本は大地震等の天災がいつどこで起きても不思議ではない状況です。 大きな地震が発生した場合、サーバーをむきだしで置いているとラックが倒壊しサーバーは破壊されてしまいます。 自社内の業務にしかサーバーを使っていない場合、伝票処理に戻すなど他の手段で代替が可能ですが、ホームページを運用したり、電子商取引を行うなど外部に情報発信している場合はサービスを止められません。 そこで自社内にサーバーを置かず、外部にアウトソーシングする方法を採用する企業が多くあります。 アウトソーシングには色々なサービスがあります。 ではどんなサービスがあるのかみてみましょう。 大きく分けて「ホスティング」と「ハウジング」があります。 <目次>• ホスティングサービス=レンタルサーバーのこと ホスティングとはサービス事業者が用意したサーバーを貸し出すサービスのことで、サーバーの所有権は事業者側にあります。 サーバーを丸ごと貸し出す「専用ホスティング」、1台のサーバーを複数のユーザーで共有する「共用ホスティング」があります。 「共有ホスティング」は「シェアードホスティング」と呼ぶ場合もあります。 丸ごと貸し出す専用ホスティングに比べ、共用ホスティングは費用が安くなります。 ホスティングは「レンタルサーバー」とも呼びます。 ハウジングサービス=サーバーを預けるサービス ハウジングとは顧客がサーバーなどの機材を用意してサービス事業者に預けるサービスです。 自社で独自の機材を持ち込むので機材の選定や組み合わせは自由になります。 サーバーの所有権は自社にあります。 サービス事業者が提供するのはサーバーを置くスペースやバックボーン回線となります。 ハウジングは「コロケーション collocation 」サービスとも呼びます。 サービス事業者の規模は色々ありますが、規模が大きく、高スペックでスケールの大きなハウジングサービス提供事業者をデータセンターやIDC(インターネット・データセンター)と呼んでいます。 企業がハウジングやホスティングを使うメリットはコスト減 昔はアウトソーシングを受託するサービス事業者が存在せず自社でサーバーを管理・保守する必要があり、大変な手間やコストをかけて管理していました。 インターネットが普及し、通信容量が増え、回線使用料が下がったこともありアウトソーシング事業が成り立つようになりました。 2000年頃から数多くのサービス事業者が誕生しました。 ではアウトソーシングするメリットを考えてみましょう。 自社サーバーで運用する場合、光ファイバーを申し込み、回線をひき、システムを立ち上げるのに時間がかかりますが、アウトシーシングの場合、素早く立ち上げることができます。 また自社サーバーの場合、サーバーを設置する場所を耐震構造にする必要がある、24時間365日稼働する場合は要員を配置する必要があるなど、コスト高になります。 また日進月歩で性能が向上するサーバーの状況では自社サーバーの減価償却が終わる前に陳腐化することもあります。 これらがアウトソーシングする上で避けられるのです。 他のメリットとしては、• データのバックアップができる• 安定した高速回線を利用できる• 社外からは自社サーバーを運用しているようにみえる• 高度な専門知識が不要 といったことがあります。 反対にアウトソーシングのデメリットは何かあるのでしょうか。 みてみましょう。 企業がハウジングやホスティングを使うデメリットは業者リスク 大手のデータセンターではサーバが故障しても別系統のサーバにすぐ切り替える アウトソーシングサービス事業者が業績不振などで倒産してしまった場合、Webサービスが途切れてしまいます。 ホスティングサービスでは月額数百円でサービスを提供する事業者が登場しています。 事業者の事業基盤がしっかりしていればよいのですが、中には従業員2名ほどの会社でホスティングサービスを提供しているところもあり、倒産リスクが懸念されます。 少し価格が高くても財務状況のよいサービス事業者を選ぶ必要があります。 また24時間365日稼働させていると、どうしてもハード的なエラーが発生します。 大手のデータセンターではサーバーが故障しても別系統のサーバーにすぐ切り替えるなどサービスが継続されるようにしますが、小さなサービス事業者では二重化しておらず「ハードエラーが直るまではサービス休止」という場合もあります。 価格はオプションサービス次第 価格は色々な機能や付加サービスを要求すればするほど高くなります。 サービス提供事業者にとっては耐震構造のビルを建てるコストや24時間365日体制で監視する要員配置を3交代制で行うなどコスト増となりサービスを提供する料金にはねかえります。 一般的な付加サービスとしては下記があります。 トラブル時に連絡する• UPS(無停電装置)を備え、停電にも対応する• 耐震構造、防火構造になっている• 電力会社からの電源が二重化されている• 必要時にさらに高速な回線に切り替えたり、大容量のハードディスクへの移行ができる• 入退室管理等セキュリティがしっかりしている ハウジング・ホスティング選択のポイントはSLAをよく見る! 自社にとってどこまでの機能が必要なのか見極めることが必要です。 その中で安いサービス事業者を選択するのがよいでしょう。 ただし実際に使ってみないと分からない点もあります。 共有ホスティングを申し込んで最初は快適に使っていましたが共有するユーザが増えてレスポンスが低下することもあります。 多くのサービス事業者はSLA(Service Level Agreement:サービスレベルの保証契約)を呈示しています。 内容を確認して必要とするサービス保証となっているか確認をしましょう。 ただし注意が必要です。 例えば「稼働率99. 76時間」となります。 つまり年に8時間は止まってしまうということです。 自社にとって、この時間は許容範囲かどうか判断する必要があります。 SLAには他にもサーバのレスポンスタイム(応答時間)の保証、障害復旧時間の保証などがあります。 ただ高いレベルのSLAを要求しますと価格も高くなりますので、バランスの優れた事業者を選ぶのがコツです。 サーバーのサービス事業者を選ぶポイント ハウジングサービスの場合はサービス事業者の場所が問題となります。 トラブル時にはユーザー企業がデータセンターへ駆けつける必要があり、自社に近いところにする必要があります。 ホスティングサービスは自社が駆けつける必要は特にありませんので、場所はどこでもかまいませんが、バックボーン回線が自社が必要とするレベルか等は確認が必要です。 大切なサーバーを預けたり借りるところなので実際に現場を見せてもらうのもよいでしょう。 しっかりとしたセキュリティ管理がなされているかを確認できます。 ネット上の口コミ情報も参考となります。 事業者の規模は大きければいい、というものでもなく、小さなサービス事業者でも無理をきいてもらったり小回りがきいたり等、大手にできない柔軟な対応をしてもらえることがあります。 【関連記事】•

次の