初盆 相場。 初盆(新盆)に必要なお布施の相場は?お布施の渡し方とタイミング!

初盆・新盆とは?お供えや香典の金額相場。お布施と服装のマナー

初盆 相場

見出し• 初盆に必要なお布施って何? 初盆に限らず、法要や法事で僧侶を招いて読経してもらった場合には、僧侶が所属するお寺へ謝礼金を渡す必要があります。 いかにお寺といえどもボランティアでありがたいお経をあげてくれるわけではないので、きちんとお礼を差し上げなければなりません。 この謝礼金がお布施と呼ばれるもので、実際には僧侶やお寺に対して渡しますが、本来は仏様などのご本尊に対して捧げる感謝のしるしを意味します。 お寺は、受け取ったお布施をもとに法務を行ってご本尊をお守りします。 また、お布施はご本尊を守るために活動する僧侶や家族の生活を助けるためにも用いられ、最終的にはやはりご本尊のために使用されます。 お布施はあくまでもお礼という意味合いが強いため、一般的なサービスの対価のように金額が決まっているわけではありません。 地域によってはお金ではなく品物を渡すところもあり、檀家の感謝の気持ちを示すものだと覚えておきましょう。 現実的にはお金による謝礼が行われるのが一般的で、初盆の場合は特に重要な法要なので金額も高くなることが多いです。 お布施の内容や金額については地域ごとに特徴が異なるため、事前に確認しておきましょう。 初盆のお布施の相場はいくら? 初盆のお布施としていくら必要になるかは、宗派やお寺によってそれぞれ異なります。 お布施はお礼という意味合いが強いため、明確な料金表などは存在していません。 仏様へ対する感謝の気持ちを金額に変えて包むのが基本とされ、実際に金額についてお寺に尋ねても明確に提示されないことが多いです。 こうなると施主としては悩んでしまいますが、いくら気持ちで良いとは言われても、1,000円だけ包むなどということはあり得ません。 初盆は初めてのお盆の法要であり、故人を亡くしてから時間もあまり経っていないため、特に重要な供養だと考えられています。 このことはお寺も僧侶も十分承知しており、通常の法要以上に入念に供養を行ってくれます。 ここで不十分なお礼をしてはお寺に対して失礼ですし、何より故人の面目まで潰してしまいます。 このため、初盆のお布施の相場については正しく理解しておくことが大切です。 一般的な法要の場合、規模にもよりますが約5,000円から20,000円程度が相場です。 これに対し、初盆だと親戚や知人などにも声をかけて法要を行うため、かなり大掛かりなものになります。 僧侶が自宅まで来てくれたりお墓の前まで足を運んでもらったり、お寺の本堂を借りて行うなど形態は様々ですが、いずれも手間や労力がかかります。 このため初盆のお布施は金額も上がり、約30,000円から50,000円前後を包むのが一般的なマナーとされています。 金額が高いと驚く人もいるでしょうが、お盆の法要は毎回これだけかかるというわけではなく、あくまでも初盆の時だけの特別な金額です。 一度きりの特別な法要なので、必要経費としてしっかり支払うようにしましょう。 地域によっては読経の後に僧侶も交えて食事会が開かれたり、折詰弁当やお土産などを渡すこともあります。 この場合はお布施の金額からその分を差し引いて良いのかと思いがちですが、お布施は読経や法要全般に対する謝礼であり、食事代やお土産代とは別に考えなければなりません。 食事などを振る舞ったとしても、お布施の金額を減らせるわけではないので注意しましょう。 ちなみに、お寺の本堂や集会場などを借りて初盆の法要を行った場合、お寺の関係者が参列者に飲み物やお菓子などを配ってくれることもあります。 この場合は手間や費用も余分にかかっているので、相場よりも若干多めにお布施を包む必要があります。 30,000円から50,000円というのはあくまでも相場なので、必ずこの範囲に収めなければならないわけではありません。 経済的に厳しければ20,000円でも仕方ありませんし、故人の生前もお世話になっていたなど感謝の気持ちが大きければ100,000円包んでも構わないのです。 最終的に金額を決めるのは施主なので、相場を参考にして包める金額を考えていきましょう。 包んだ金額によって後日お寺から何か言われることもないので、安心してください。 ただ、あまりにも相場より低い金額では、今後のお寺との付き合いに溝が生まれてしまう可能性もあるので注意しましょう。 忘れてはならないお車代と御膳料 お寺以外で法要を行う場合、僧侶に現地まで足を運んでもらう必要があります。 自家用車やバイクで来る僧侶が多いのですが、このような場合はお布施以外にお車代も必要になります。 お車代は交通費のようなものですが、実際にかかる交通費よりもかなり多めに包んでください。 一般的には約5,000円から10,000円ほどを包むことが多く、単なる実費というより出張費としての意味合いが強いです。 お寺で法要を行う場合は僧侶が移動する必要もないので、お車代は必要ありません。 車やバイクを使わない場合はタクシーで来ることもあるので、事前に移動手段を確認しておきましょう。 タクシーの場合は施主側が送迎の手配を行い、タクシー料金も確認したうえで事前もしくは当日に支払っておきます。 また、初盆の法要では読経の後に参列者全員で食事を行うのが通例ですが、この席には基本的に僧侶も招くことになります。 食事をしながら故人の思い出話をしたり、僧侶のありがたいお話を聞いたりするのですが、実際には食事会に僧侶が出席することは滅多にありません。 初盆の時期は短いので他の多くの家庭も法要を希望しており、1日にいくつもの会場を回って読経しなければならないためです。 また、他人がいては気を遣わせてしまうという配慮から、予定が無くても食事会を辞退する僧侶も多いです。 このような場合は、食事会に参加する代わりに御膳料を受け取ってもらいます。 御膳料は食事の代わりではありますが、金額は実際の食事の内容に関わらず5,000円から20,000円前後を包むのが相場です。 お車代や御膳料は初盆の法要に付随するものであり、本来の供養とは別に考えます。 このため、供養に対する謝礼であるお布施とは分けて用意しなければなりません。 くれぐれも、お布施からお車代や御膳料の金額を差し引いたりしないでください。 ちなみに、用意するお金は新札でも旧札でも構いません。 葬儀や通夜の場合は、急なことで時間が無かったという哀悼の意を示すためにも旧札を使いますが、お布施はあらかじめ必要になるのが分かっているので新札でも問題ないのです。 不祝儀事に新札を使うのがどうしても躊躇われるという場合は、新札を軽く中央で折ってから封筒に入れると良いでしょう。 こうしておけば新札扱いにはなりませんし、旧札ほど汚れていることもないので、お寺へのマナーとしても最善です。 お布施を渡すための袋の書き方 通常、慶弔事でお金を入れるものといえばのし袋ですが、お布施を入れる場合に限ってはのし袋は使いません。 市販されている普通の白い封筒で構わないので、新品を用意しましょう。 たまに内袋が付いて二重になっている封筒もありますが、不幸が重なるという意味に繋がるので避けた方が無難です。 封筒を準備したら、黒く濃い墨で「御布施」や「お布施」、「御経料」のいずれかを表書きします。 葬儀関連の表書きは全て薄墨を使うと誤解している人も多いですが、薄墨はあくまでも急な葬儀や通夜で墨が準備できなかった、悲しくて涙で墨が薄くなったという意味で用いられます。 お寺へ渡すお布施には薄墨を使う必要はありませんし、初盆はいつ必要になるか分かっているものなので黒い墨を使いましょう。 封筒の上段には表書きを記し、下段には施主のフルネームか名字を記します。 名字の最後に「家」を付けておくと、より正しい書き方になります。 裏面には特に何も記す必要はありませんが、お寺や僧侶との親交がなかった場合は、施主名や住所、電話番号などを記載しても構いません。 これまでにも法要を行うなどしてお寺と顔なじみになっている場合は、わざわざ名前や住所を記さなくても良いでしょう。 お布施の金額も特に必要ありませんが、書く場合はアラビア数字ではなく旧字体の漢数字や単位を用います。 慶弔事のお金は一や三などの一般的な漢数字ではなく、壱や参というように旧字体で記すので注意してください。 お車代や御膳料の袋の書き方 初盆の法要のお車代や御膳料を包む場合も、基本はお布施の封筒の書き方と同じです。 白く新しい封筒を用意し、黒い墨で表書きなどを記します。 表書きは封筒の上段に記し、そのまま「お車代」や「御膳料」と書いてください。 お布施とは違い、下段に施主のフルネームなどは必要ありません。 どうしても名前を書きたい場合は、裏面に住所や連絡先と一緒に名前を記しましょう。 こちらも金額を書かなくても構いませんが、記す場合は旧字体を使うようにしてください。 ちなみに、お車代と御膳料はどちらも支払うことが多いので、同じ封筒にまとめて入れても構いません。 この場合は、封筒の上段にお車代と御膳料の表書きを連記してください。 お布施を渡すときのポイント お布施は単純に封筒にお金を入れて手渡せば良いわけではなく、重要な法要らしくマナーを守った渡し方を心掛けなければなりません。 まず、封筒にお金を入れる段階から注意を払いましょう。 お札は表側を向け、福沢諭吉が上の方に来るように入れるのが正しい入れ方です。 封筒から取り出した時に、すぐに福沢諭吉が見えるようにしておきます。 法要後に僧侶に渡す際には、直接封筒を持って手渡しするのはマナー違反です。 切手盆と呼ばれる小さなお盆に乗せたまま渡すのですが、切手盆がない場合は小さめのお盆でも構いません。 お盆の大きさにはこだわらない僧侶が多いので、あまり気にしなくて良いでしょう。 使えそうなお盆が全くないという場合は、袱紗の上に乗せて渡します。 ただし、袱紗は結婚式で使うような赤など派手な色ではなく、黒や紫といった地味な色を使いましょう。 今後も法要などが立て込んでいたり、お寺や僧侶との付き合いが続いていく場合は、切手盆を購入しておくと便利です。 お布施以外にお車代や御膳料を一緒に渡す場合は、まず一番下に御膳料で真ん中にお車代、一番上にお布施という順番で乗せてください。 また、渡す時は必ず表書きの向きを受け取る側に合わせましょう。 自分の方に向けたまま渡すのは失礼なので、僧侶が表書きを読めるような向きで渡すことがポイントです。 また、暑い中読経のために来てくれた僧侶を労わるためにも、お布施だけでなく冷たい飲み物なども一緒に出すと良いでしょう。 忙しい場合は手を付けないことも多いですが、労わりの気持ちが見えると僧侶も喜んでくれることが多いです。 感謝の気持ちを伝えるためにも、実践してみてください。 最後に渡すタイミングについてですが、一般的には法要が終わった後、帰る直前に渡します。 ただ、初盆の時期は僧侶も忙しいことが多く、読経が終わるとすぐに帰ってしまうことも珍しくありません。 帰る直前にもたもた準備していると、渡しそびれたまま僧侶が返ってしまう可能性もあります。 このため、法要が始まる前、僧侶が到着したタイミングを見計らってお布施を渡すという方法もあります。 この場合、「お暑い中お越しいただきましてありがとうございます。 本日はよろしくお願いいたします」など一言添えてから渡すようにしましょう。 もちろん、法要後に渡す場合も「本日はありがとうございました」とお礼の言葉を添えつつお布施を渡します。 黙ってお布施を渡すだけでは社会人としてのマナーが疑われるので、必ず挨拶をしてから渡してください。 お布施をスムーズに渡せるようにしよう 初盆は準備することが多いですが、その中でも法要の主軸となる読経へのお布施は特に重要なものです。 お布施を正しく準備できなければ供養してくれた僧侶を嫌な気持ちにさせてしまい、残念な記憶が残る法要になってしまいます。 初盆はたった一度きりなので、故人のためにも滞りなく済ませてあげたいと思う施主が多いでしょう。 そのためにも、肝心のお布施で気まずい思いをすることのないよう、知識をつけておくことが欠かせません。 いざというときにスムーズにお布施を渡せるよう、マナーや基礎知識を徹底的に覚えておきましょう。

次の

初盆・新盆のお供え物 時期、のし、相場などのマナーまとめ

初盆 相場

新盆をお迎えの方へ 故人が亡くなられてから初めて家に戻られるお盆である「初盆」。 初盆は通常のお盆と異なり、ご遺族の方だけでなく、ご親族や故人と親交のあつかった友人や知人を招いて法要を執り行うことが一般的とされています。 「初盆法要」と言われ、全員で法要に出席し、その後会食を頂きます。 その初盆法要では、出席に伴いお供物を持参もしくは郵送することがあります。 その際のお供えについて、お供え物として相応しい物、お供え物の水引や表書きについて詳しくご紹介していきます。 初盆法要は、通常の盆法要と異なり多くの方がお見えになります。 ぜひ、失礼のないようにしたいものです。 初盆のお供えとは? 初盆の時期にお供えする「お供え物」には二つの意味があります。 一つは初盆の間に仏前にお供えする物のこと、 もう一つは香典の代わりもしくは香典と一緒に訪問者が持参する品物のことになります。 どちらも「お供え物」と言いますが、片方はご遺族側、もう片方は訪問者側にとってのお供え物となり、お供えする物が違ってきます。 今回、こちらでは訪問者としてのお供え物についてご紹介しますので、初盆法要を迎えられ、供養をしたい方のお宅を訪問される際の参考にしてください。 お供え物の 「水引・表書き」 一般的に、初盆法要に出席するもしくは欠席するどちらの場合でも、お供え物を持参することが多くあります。 その際のお供え物の表にかけるのしの水引と表書きについて、こちらで説明しします。 お供え物は故人に対して持参するものですが、受け渡しはご遺族の方となります。 受け取る方に対して失礼のないようにすることは、とても大切なことになります。 初盆のお供えの水引 水引は「結び切り」のものを使います。 色は、一般的に黒白の水引となりますが、関西の一部の地域では黄白の水引となりますので、事前に確認をしておきましょう。 初盆のお供えの表書き お供え物の表書きは、「御供」もしくは「お供物」と書きます。 なお、現金を包む場合は「御供物料」と書きましょう。 ここで気をつけることは、必ず濃い墨で書くということです。 葬儀の場合は故人の死を悼み、悲しみの涙で墨が薄くなることで薄墨となります。 しかし、初盆は故人が家に戻ってこられるため悲しいことではありません。 そのため、濃墨で問題ありません。 初盆のお供えの時期 初盆のお供えの時期は、初盆の期間である7月13日〜16日もしくは8月13日〜16日となります。 初盆とは、故人が家に戻られている期間のことを言い、 この期間以外の日は初盆とは呼びません。 初盆用のお供え物として初盆が始まる前に届いた供物、もしくは初盆の期間中に頂いた供物が初盆用の供物となります。 初盆が終わってから持参した供物は、通常のお供物となりますので気をつけましょう。 初盆供養に招待されていて、事情によって欠席せざるを得なく、後日に持参する場合も通常のお供物となりますが、その場合は、初盆供養に出席できなかったことをお詫びする一言を述べてご遺族の方にお渡しすると良いでしょう。 初盆に適したお供え物 初盆供養に招待され訪問する際、故人との関係にもよりますが、香典の代わりもしくは香典と一緒に、お供え物として品物を持参することがあります。 品物を持参することも供養の一つとなるため、故人に向けて持参します。 持参する物としては、法要が執り行われた後、ご遺族の方で分けやすかったり、使われたりする消費できるものが好まれます。 一般的に、お線香やロウソク、日持ちのするお菓子、清涼飲料水などが多く選ばれています。 なお、親族の場合は提灯を送る慣習がある地域や家もありますので、事前に確認をしておきましょう。 お供え物を選ばれる際に気をつけるポイントとしては、お祝い品として使われりょう品物を選ばないことです。 例えば、鰹節や昆布になります。 購入される際、お店の方に初盆のお供えである旨を伝えることで、選び間違いを避けることができますので、目的を伝えてから購入することをおすすめします。 【合わせて読みたい】 おすすめのお供え物 ご遺族で分けて頂ける物• お菓子(日持ちのするクッキーやお煎餅、落雁• 果物 -飲料 -缶詰の詰め合わせ 仏壇にお供えする消耗品• お線香• ロウソク その他• 供花 一般的に香りの強い花、トゲのある花、傷みやすく日持ちのしない花を避けることをお勧めします。 しかし、故人が生前にとても好きだった花をお供えしてあげたいと思われることもあるかと思います。 また、最近では、故人が好きだったお花をお供えすることは珍しいことではありません。 しかし、多くの方々が集まる場所となりますので、 どうしても故人が好きだった花で一般的には不適切と言われている花をお供えしたい場合は、事前にご遺族の方に相談されることをお勧めします。 初盆のお供え物の金額の相場 初盆のお供え物の金額の相場は、一般的に5,000円〜10,000円となります。 お供え品として、お線香やロウソク、お菓子などを持参しますが、 最近は「供物料」として現金を包むのが一般的になってきています。 親族で盆提灯の代わりに「お提灯代」として現金を包むこともあります。 初盆・新盆のお供え物の飾り方 お供え物を飾るときには、マナーとして仏様がすぐに食べられる状態でお供えします。 故人にとって、折角お供えして頂いても、包装紙がついたままであったり、菓子箱に入ったままだったりしたら、中身が何か分からない上に頂くこともできませんので、注意が必要です。 こちらでポイントをまとめていますので、参考にしてください。 お菓子の場合 お菓子の場合は、包装紙を取り、お菓子箱から中身を数個小皿に入れて、すぐに食べられるようにします。 プリンは羊羹など、箱から取り出した後は個包装のままでお供えして問題ありません。 果物の場合 みかんはそのままお飾りして良いですが、リンゴやなしは皮を剥いて仏様がすぐに食べられるようにしておきます。 ぶどうは、水洗いをした後に小鉢や小皿に盛ってお供えしましょう。 麺類 そうめんなどの乾麺の場合は、必ず茹でておつゆを付けてもしくはおつゆの中に茹でた麺を入れてお供えします。 なお、食べるときに必要なお箸を添えることを忘れないようにしましょう。 お供え物を送る場合 初盆法要の案内状を頂いていて出席できない場合は、案内状に記載されている日時と会場にお供え物を送るよう、事前に手配をされると良いでしょう。 その場合、事前にお供え物を送っても良いかご遺族の方に確認をしてから手配をするようにしましょう。 また、手配をする場合は、遅くとも前日までには届くように手配をすることをお勧めします。 なお、初盆法要後に送る場合は、遅れたことへのお詫びを一言添えて送ると良いでしょう。 まとめ 初盆のお供えについてご紹介してきましたが、初盆は法要を含め、地域性や家のしきたりが大きく影響します。 案内状を頂いた場合は、案内状に記載されていることを確認し、もしお供え物を辞退する等の記載があった場合は、無理にお持ちすることは避けましょう。 もし、どうしてもお供え物をしたい場合は、初盆法要の時ではなく、後日改めて供物をお持ちするようにしてはいかがでしょうか。 故人が亡くなられてから初めて迎える里帰りの期間となりますので、皆さんで揃って故人をお迎えすることが、故人にとっても、ご遺族にとっても嬉しいことになります。 関連記事.

次の

初盆(新盆)に必要なお布施の相場は?お布施の渡し方とタイミング!

初盆 相場

Sponsored Link 故人が亡くなって初めて迎えるお盆を 新盆 初盆 といいます。 お盆を迎えるまでに四十九日が過ぎていなければ次の年が新盆になります。 初盆には、普通の盆提灯とは別に 白提灯を飾って故人をお迎えします。 今回は、 新盆を迎えるにあたっての提灯の飾り方をまとめていきます。 ・新盆の提灯の相場は?誰が買うもの? ・家紋入り提灯の値段は?製作期間は? ・新盆で提灯の飾り方。 数に制限はある?いつからいつまで飾るの?雨対策は? ・新盆の提灯は使い回してもいいの? ・新盆の提灯の処分方法は? 飾り方だけでなく、提灯の値段の相場や提灯を贈る場合についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 Sponsored Link 新盆の提灯の相場は?誰が買うもの? 新盆用の白提灯を買う 新盆 初盆 の時だけに飾る白提灯は、 初盆を迎える故人の家族が用意します。 値段は色々で一対で一万円ぐらいから販売されています。 豪華なものもありますが、 一度きりしか使わないものなので、高価なものを買う人は少ないようです。 盆提灯は白提灯とは別に必要です 白提灯以外の盆提灯は、 兄弟や親戚、親しい人が贈るものです。 数が多いほど故人が多くの人と交流のあった人であることが分かるので、昔は提灯を贈られると有難がられるものでした。 でも都市部では仏壇さえもコンパクトなものが売れ筋になっている時代です。 提灯をたくさん飾るよりも、提灯を一対だけにする家も増えました。 ですから、 提灯そのものを贈るよりも提灯代として現金を包むのが普通になってきました。 その場合の相場は一万円から二万円です。 遺族から提灯を買ってほしいという要望があった時は? 一対 二万円ぐらいのものが売れ筋のようですが、一万円から豪華のもので十万円を超えるものもあります。 相場にこれといった決まりはありませんし、大きさや値段を確認するのは失礼なことではありませんから、むしろよく確認した方がいいでしょう。 家紋入り提灯の値段は?製作期間は? 盆提灯には家紋を入れることができるものもありますが、 家 紋を入れる製作期間が必要となります。 2週間くらいかかりますので、早めに手配した方がよいでしょう。 家紋は提灯を買うとサービスで付けてくれるところが多く、 別料金であっても数千円~五千円くらいのようです。 Sponsored Link 新盆で提灯の飾り方。 数に制限はある?いつからいつまで飾るの?雨対策は? 提灯の飾り方 飾る場所・数 新盆の場合、 新盆用の 白提灯を飾ります。 白提灯は 初めて帰ってくる故人の霊が迷わないための目印。 外 から見えるように玄関や門柱に飾るのが正式ですが、場所や防犯などの関係で縁側や軒先・ベランダなど に飾ることもあります。 白提灯だけでなく、 盆 提灯も別に必要です。 盆提灯には、御所提灯などの吊るすタイプと、大内行灯や回転行灯などの置くタイプがあります。 どちらも盆提灯としての意味合いは同じですから、 飾る部屋のスペースなど都合に合わせて選んで大丈夫です。 飾る場所は 仏壇の前。 飾る数に決まりはありません。 数が多ければ故人がいろいろな人に慕われていたんだということで誇らしいことですが、広い場所がない場合は小さくて良い物を少数飾っても問題ありません。 予想の数以上に盆提灯を贈られた場合は、 多少手狭になっても飾るのがマナーですが、次の年から少しずつ飾る数を減らしていくことは問題ないようです。 雨対策 白提灯は雨に当たる場所に飾る場合が多いので、大雨の時には心配ですね。 提灯を買う時に、 雨カバーをサービスしてくれるお店もありますから、もしあればそれをかければいいでしょう。 カバーがない場合は、 透明のビニール袋を被せたり、雨がかからない場所に移動させたりしても大丈夫です。 でも 白提灯は雨に塗れて破れても特に縁起が悪いということもありませんし、お盆の期間が終われば処分するものですから、 気にならないのであればそのままでも構いません。 提灯を飾る時期 盆提灯には、 『 お盆の迎え火や送り火』という大切な役割があります。 ですから、 提灯はお盆 地域によって7月13日の場合と8月13日の場合があります までに用意しておきましょう。 早く帰って来て欲しいという願いを込めて7月 8月 に入ったらすぐに飾り始める場合が多いですね。 白提灯も同じ日に飾りま す。 お盆の期間中は提灯の灯りは灯しておきますがお盆期間は地域によって考え方が違うので、親戚の方やお寺様に伺っておくと安心ですね。 新盆の提灯は使い回してもいいの? 白提灯は、 初めての盆にだけ 『故人に家を知らせる 目印』として飾るものです。 何度も使い回すことはありません。 逆に、 盆 提灯は毎年飾るものですから、次の年まで大事に保管しておきましょう。 葬儀の後の四十九日まで、盆提灯に似た提灯を飾る場合がありますが、これは故人が安らかに成仏することを願って飾るものです。 これも使い回しはしないのが普通です。 新盆の提灯の処分方法は? 白提灯は、お盆が終わったら処分します。 処分の方法は地域によって違いますが、基本的には お焚き上げ 燃やす です。 送り火で燃やしたり、自宅の庭でお焚き上げしたり、菩提寺でお焚き上げしてもらいます。 でも都市部では自宅でお焚き上げすることは難しいでしょうし、菩提寺も遠方で提灯を燃やすためだけにいくのは難しい場合もありますよね。 そういう場合は、 火袋に少しだけ火を入れて燃やし 形だけお焚き上げをして 、完全に消火してから紙 できれば白い紙 に包んでゴミとして処分する場合が多くなっています。 白提灯・盆提灯はそれぞれ 別の役割 がありますから、新盆には両方必要なことが分かったと思います。 お盆の迎え方の参考にしてくださいね。

次の