マッチング アプリ 事件。 【事件】マッチングアプリはサクラ、既婚者・業者・マルチネットワークが怖い

【要注意】危険!マッチングアプリで起きた事件6選と危険回避の方法

マッチング アプリ 事件

出会いはPairs、北川景子レベルの美形だった 2017年の冬、当時の私はまだまだマッチングアプリ初心者でした。 すると突然、スマホの画面に「『いいね!』が届きました」と表示されたのです。 マッチングアプリを使ったことがある男性なら分かると思いますが、 女性から「いいね!」が届く場合、あまり好みじゃない方である方が多いですよね^^; なので私は「どうせまた…」と独り言を言いながら、一応届いた「いいね!」を確認してみた訳ですが… プロフィールを見ると、そこには 目を見張るような美形が写っていました。 綺麗なストレートロングヘアーで、小顔ながらもキリっとした顔立ちをしています。 例えるなら 女優の北川景子さん似、といったところでしょうか。 この女性、名前をM子さんといいます。 年齢26歳、身長165㎝、やや細身。 都内在住で美容関連の仕事をしていると書かれていました。 「気になった方には私から『いいね!』したいと思います。 マッチングできたら良いのですが…」と書いてあります。 私の方から挨拶すると、数分後にはM子さんから返事がありました。 こうして私とM子さんのやり取りが始まったのです。 とにかく綺麗なM子さん M子さんはまだPairsに登録したばかりでした。 なので、私とマッチングした後に数枚のサブ写真を追加していたのですが、そのどれを見ても とにかく美しいんです^^ 目、鼻、口、肌質、メイクなど、どれをとっても完璧で、文句のつけようがないルックスをしています。 その写真はとても自然で、プリクラに代表されるような 修正・加工の痕跡はみられません。 とはいえ、複数の写真のどれもが美しく、どのアングルからみても自然な感じで写っているとなると、 実物にかなり近いことが想像できます。 「これは間違いなく大物だ!」 そう感じた私は慎重かつ大胆にやり取りをし、マッチングから10日目で デートの約束を取り付けました。 そこに至るまでにかなり口説いていたので、M子さんもすっかりその気になってくれており… 「実際に会って私のことを気に入ってくれたら、 私の方としてはマコトさんを断る理由はないです」 とのメッセージまで貰っていました。 (気に入るに決まっているじゃないですか!だって北川景子似だし^^) いよいよM子さんと初デート! デート当日、待ち合わせ場所はとあるビルの前でした。 最上階には 眺めの良いオシャレなレストランがあり、そこで食事をすることになっていたのです。 私が到着したのは約束の20分前でした。 当然まだM子さんは来ていないのですが、スタイルの良い美形風の女性が通り過ぎる度に「M子さんかな?」と、目で追ってしまいます。 分かっております、 過度な期待は禁物ですよね。 どんな女性であれ、写真の方が良いのは当たり前であり、 実物の110〜120%の写真写りというのが相場です。 人によっては130〜140%ということもあります。 それは十分に分かっているのですが、それでもなお期待せずにはいられません。 なぜなら130〜140%でもおつりがくるほど、M子さんは美しかったからです。 複数の写真を確認し、大幅な加工・修正がないことも分かっています。 つまり、 M子さんの美しさを疑う要素は何もないのです^^v そんなことを自問自答しながら待っていると、M子さんから電話がかかってきました。 M子「分かりました。 私は今、道路を渡ったところで信号待ちをしています」 そう言われて信号の方に目をやると、たしかに信号待ちしている女性が何人かいます。 遠くて顔までは確認できませんが、165㎝の細身という条件に合う女性が2~3人いそうです。 毎度のことですが、この 待ち合わせの瞬間というのはちょっと緊張しますよね 笑。 この時私はあえてクールを装い、下を向いて携帯を操作するふりをしていました。 その内に信号が青に変わったようで、人が往来し始めました(いよいよ、北川景子とご対面だ!) すると、私の右側から「お待たせしました」との声が。 「大丈夫ですよ」と笑顔で返しながら振り返ったその先にいたのは、 北川景子!…ではなく村上知子(森三中) そこには 身長145㎝ほどでちょっとふくよか、30代後半かと思えるような女性が立っていたのです!!例えるならば森三中の村上さんでしょうか。 私 :僕に謝る様子もないところをみると、M子さんとは性格が合わないんだと思います。 そう言い放つと、私は1,000円だけ置いて席を立ちました。 テーブルにはムッとした表情でM子さんが座っていましたが、そんなことはお構いなしに私は一人で店を出たのです。 そもそも友達に許可は取っていたのでしょうか。 友達から「マッチングアプリで私として顔写真をのっけていい?」と言われてイエスと答える人、おそらくいないと思いますが。 プロフィール写真をみて過度の期待をしてはいけない 店を出た私は、人ごみに紛れるようにして姿を消しすぐにM子さんとのあらゆる連絡手段をブロックしました。 (結局 デートしていた時間は15分ほどでした) せめて最初に「写真が違ってごめんなさい」と謝ってくれれば、和解して食事くらいはご一緒しても良かったのですが… 肖像権の侵害をしておいて、まるで「何も悪いことはしていない」とばかりにあっけらかんとしているあの態度には、どうしても我慢ができませんでした。 そもそも、実際に会えば別人であることが一目瞭然なのに、それでも 別人の写真を載せるその感覚が理解できませんでした。 これはSNOWで加工した写真を掲載するのとは違う、本当にダメなことですよ…。 とはいえ、こういう女性もいるのが実情です。 なので私のように期待しすぎると、その後に大どんでん返しがあるかもしれません。 その時の衝撃たるや、しばらく口がきけないほどなので、 外見重視の人は過度の期待をしないようにしてくださいね! 参考 参考 参考.

次の

【閲覧注意】マッチングアプリで実際にあった事件7選!リスクを回避して安全に使うためには?

マッチング アプリ 事件

出会いはPairs、北川景子レベルの美形だった 2017年の冬、当時の私はまだまだマッチングアプリ初心者でした。 すると突然、スマホの画面に「『いいね!』が届きました」と表示されたのです。 マッチングアプリを使ったことがある男性なら分かると思いますが、 女性から「いいね!」が届く場合、あまり好みじゃない方である方が多いですよね^^; なので私は「どうせまた…」と独り言を言いながら、一応届いた「いいね!」を確認してみた訳ですが… プロフィールを見ると、そこには 目を見張るような美形が写っていました。 綺麗なストレートロングヘアーで、小顔ながらもキリっとした顔立ちをしています。 例えるなら 女優の北川景子さん似、といったところでしょうか。 この女性、名前をM子さんといいます。 年齢26歳、身長165㎝、やや細身。 都内在住で美容関連の仕事をしていると書かれていました。 「気になった方には私から『いいね!』したいと思います。 マッチングできたら良いのですが…」と書いてあります。 私の方から挨拶すると、数分後にはM子さんから返事がありました。 こうして私とM子さんのやり取りが始まったのです。 とにかく綺麗なM子さん M子さんはまだPairsに登録したばかりでした。 なので、私とマッチングした後に数枚のサブ写真を追加していたのですが、そのどれを見ても とにかく美しいんです^^ 目、鼻、口、肌質、メイクなど、どれをとっても完璧で、文句のつけようがないルックスをしています。 その写真はとても自然で、プリクラに代表されるような 修正・加工の痕跡はみられません。 とはいえ、複数の写真のどれもが美しく、どのアングルからみても自然な感じで写っているとなると、 実物にかなり近いことが想像できます。 「これは間違いなく大物だ!」 そう感じた私は慎重かつ大胆にやり取りをし、マッチングから10日目で デートの約束を取り付けました。 そこに至るまでにかなり口説いていたので、M子さんもすっかりその気になってくれており… 「実際に会って私のことを気に入ってくれたら、 私の方としてはマコトさんを断る理由はないです」 とのメッセージまで貰っていました。 (気に入るに決まっているじゃないですか!だって北川景子似だし^^) いよいよM子さんと初デート! デート当日、待ち合わせ場所はとあるビルの前でした。 最上階には 眺めの良いオシャレなレストランがあり、そこで食事をすることになっていたのです。 私が到着したのは約束の20分前でした。 当然まだM子さんは来ていないのですが、スタイルの良い美形風の女性が通り過ぎる度に「M子さんかな?」と、目で追ってしまいます。 分かっております、 過度な期待は禁物ですよね。 どんな女性であれ、写真の方が良いのは当たり前であり、 実物の110〜120%の写真写りというのが相場です。 人によっては130〜140%ということもあります。 それは十分に分かっているのですが、それでもなお期待せずにはいられません。 なぜなら130〜140%でもおつりがくるほど、M子さんは美しかったからです。 複数の写真を確認し、大幅な加工・修正がないことも分かっています。 つまり、 M子さんの美しさを疑う要素は何もないのです^^v そんなことを自問自答しながら待っていると、M子さんから電話がかかってきました。 M子「分かりました。 私は今、道路を渡ったところで信号待ちをしています」 そう言われて信号の方に目をやると、たしかに信号待ちしている女性が何人かいます。 遠くて顔までは確認できませんが、165㎝の細身という条件に合う女性が2~3人いそうです。 毎度のことですが、この 待ち合わせの瞬間というのはちょっと緊張しますよね 笑。 この時私はあえてクールを装い、下を向いて携帯を操作するふりをしていました。 その内に信号が青に変わったようで、人が往来し始めました(いよいよ、北川景子とご対面だ!) すると、私の右側から「お待たせしました」との声が。 「大丈夫ですよ」と笑顔で返しながら振り返ったその先にいたのは、 北川景子!…ではなく村上知子(森三中) そこには 身長145㎝ほどでちょっとふくよか、30代後半かと思えるような女性が立っていたのです!!例えるならば森三中の村上さんでしょうか。 私 :僕に謝る様子もないところをみると、M子さんとは性格が合わないんだと思います。 そう言い放つと、私は1,000円だけ置いて席を立ちました。 テーブルにはムッとした表情でM子さんが座っていましたが、そんなことはお構いなしに私は一人で店を出たのです。 そもそも友達に許可は取っていたのでしょうか。 友達から「マッチングアプリで私として顔写真をのっけていい?」と言われてイエスと答える人、おそらくいないと思いますが。 プロフィール写真をみて過度の期待をしてはいけない 店を出た私は、人ごみに紛れるようにして姿を消しすぐにM子さんとのあらゆる連絡手段をブロックしました。 (結局 デートしていた時間は15分ほどでした) せめて最初に「写真が違ってごめんなさい」と謝ってくれれば、和解して食事くらいはご一緒しても良かったのですが… 肖像権の侵害をしておいて、まるで「何も悪いことはしていない」とばかりにあっけらかんとしているあの態度には、どうしても我慢ができませんでした。 そもそも、実際に会えば別人であることが一目瞭然なのに、それでも 別人の写真を載せるその感覚が理解できませんでした。 これはSNOWで加工した写真を掲載するのとは違う、本当にダメなことですよ…。 とはいえ、こういう女性もいるのが実情です。 なので私のように期待しすぎると、その後に大どんでん返しがあるかもしれません。 その時の衝撃たるや、しばらく口がきけないほどなので、 外見重視の人は過度の期待をしないようにしてくださいね! 参考 参考 参考.

次の

【マッチングアプリトラブル事例】最悪すぎる!写真が友達だった女性

マッチング アプリ 事件

街行く人々に聞いてみると「興味本位で登録したことがある」「友達がアプリをきっかけに結婚した」などの体験談が挙がるなど、今やごく普通に使われていた。 しかし、このマッチングアプリ、利用に伴うトラブルが大きな問題となっている。 21歳男性: (アプリでは)24歳の人だったけど、会ってみたら32歳の主婦でびっくりした。 利用者へのアンケートによると、マッチングアプリやサービスでのトラブルを経験したことがある人は、男性・女性ともに半数程度。 これらのトラブルの原因となるのが、 嘘の情報を登録する利用者の存在。 なんと、アメリカでは アプリを通じて会いに行った相手が「強盗犯」だったという事件が発生しているのだ。 この事件では、15~19歳の男女5人が マッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」上に、女性を装った偽のプロフィールを登録。 このプロフィールを通じて呼び出された少なくとも11人の男性が強盗に遭い、ナイフを突きつけられ車を乗っ取られる被害を受けている。 また、マッチングアプリを悪用した事件は日本でも発生。 2018年2月、兵庫県三田市の女性会社員がアメリカ人男性に監禁・殺害された事件でも、ふたりが 「Tinder」を通じて知り合っていたことが判明しているのだ。 スマートフォンの位置情報から近くにいる別の利用者の写真が表示され、写真を左右にスワイプすることで好意があるか否かを伝えることができる。 「好意がある」と伝えた利用者同士はメッセージのやりとりができるようになる、というものだ。 実名を公開する必要はなく、電話番号・生年月日・写真1枚を登録すれば無料で利用できるという手軽さが人気となっている。 しかし、その手軽さが思わぬ危険を呼ぶことにも繋がる、マッチングアプリ。 Tinder側はアメリカでの事件を受け、現地のメディアに「 初めての相手と会う場合は、人のいる公の場で会う」ようにコメントしているが、現在、未成年に対してマッチングアプリの利用をすすめるサイトも存在するなど、 利用者の低年齢化という問題も発生している。 保護者女性: いざ自分の子ども、もしくは身近な人(が利用したら)と思ったら考えますね。 使ってほしくはないですよね。 世界中で利用される、人気のマッチングアプリ。 思わぬトラブルに巻き込まれないため、利用には十分な注意が必要だ。 (「Live News it! 」5月13日放送分より).

次の