トリガー ポイント。 【トリガーポイントのほぐし方】トリガーポイントを解消するために有効な方法とは?

トリガーポイントの見つけ方と改善法!その痛み、トリガーポイントが原因かも!?

トリガー ポイント

トリガーポイントとは? さらに、今あなたが感じている肩こりや腰痛の原因の70%以上はトリガーポイントによるものだと言われているのをご存知でしょうか。 トリガーポイントとは何かを簡単にまとめてみた 今でこそ、メディアでも注目を浴びている「トリガーポイント」 スポーツ選手や有名人の方がトリガーポイントのケアをしている、治療のためにトリガーポイント療法をしている トリガーポイントには、筋膜リリースが効く! など、世界的にトリガーポイントが一般論となりそうな勢いです。 今日は、そんなトリガーポイントについてまとめてみようと思います。 筋膜とトリガーポイント 私たちの身体には、600~800もの筋肉が存在しています。 でも、その筋肉は 筋膜という薄い軟部組織が包み込んでいます。 筋膜は、骨・筋・臓器・血管・神経を覆いつくし、連結している膜性の結合組織だと言われています。 伸び縮みに富んでおり、ボディスーツのように全身を1枚の筋膜が多い、筋肉の表面など表層から骨に近い深層までを立体的に包み込むものです。 骨に続いて、第2の骨格とも言われている組織のです。 筋膜については日々研究が進んでいて、筋膜の理論はカイロプラクティック・鍼治療・オステオパシー・ヨガ・マッサージや手技にかなり影響を及ぼしていると言えます。 今後も筋膜の研究が進むことで身体の構造や働きなどがさらに解明されていくことが期待できますね! そして、トリガーポイントは筋膜上に出来ることが多いと言われています。 トリガーポイントとは トリガーポイントは、「痛みの引き金点」と定義され、トリガーポイントのある箇所から離れたところに痛みや違和感を感じる、といった性質があることが分かっています。 トリガーポイントの大きさは、数ミリ~数センチと様々ですが、引き起こされる症状はかなり多岐にわたります。 痛 み・凝り(頭痛、歯痛、腰痛、背部痛、胸部痛、腹部痛、四肢痛)• しびれ感(ピリピリする、ピーンと痛む、など)• 感覚の麻痺• 感覚の異常(味覚、聴覚、触覚、視覚など)• 痛覚過敏• 平衡障害、めまい、耳鳴り• 足腰の冷え、手先足先の冷え• 発汗異常(汗をかきやすい、かきにくい)• 筋力低下• 関節の可動域制限• 皮膚の異常(湿疹、シミ、ツッパリ、脱毛、ピーンと張った皮膚)• 爪の異常(割れやすい、硬化、肥厚)• 静脈瘤、むくみ• 不定愁訴(自律神経失調症状)• 全身性の疲労、眼精疲労、睡眠障害• 気分の落ち込み、感情の乱れ さらに、今あなたが感じている肩こりや腰痛の原因の70%以上はトリガーポイントによるものだと言われているのをご存知でしょうか。 自分のトリガーポイントを探してみよう ご自身の肩を触ってみてください。 首の付け根から肩までを結んだ線上を指で押しながら、コリコリしたものを探してみましょう。 コリコリ、ありましたか? これは、筋肉の緊張が続いた結果、血液循環が悪くなり、筋肉の中に老廃物が溜まったものです。 いわゆる、筋肉のコリというやつです。 このコリが、周囲の神経や組織を刺激して痛みやしびれなどの違和感を引き起こしています。 さらにこのコリ、よく調べてみると硬い組織から電気が発生していて、神経が異常に興奮している状態です。 神経が異常に興奮した部分は、痛みを感じたり、ピリピリとシビレを感じる人もいます。 コリの中心部分を指で押してみると 「おー、気持ちいい」「効くなあ」 と感じる方が多いと思います。 実は、コレがトリガーポイントだと呼ばれているものです。 では、なぜトリガーポイントは形成されてしまうのでしょうか? トリガーポイントが出来てしまう原因としては、• ストレス• 長時間の同一姿勢• 同じ動作を繰り返し行うことによる血行不良 があります。 しかし、トリガーポイントが形成される所は実際に痛みや違和感のある所から離れていることが多いです。 なぜ、痛みから離れている? 筋肉は伸び縮みをする柔らかい組織です。 筋肉の中のAというポイントが固まり動かなくなると、その周りにあるBというポイントの筋肉が変わりに動いてくれます。 Aが動かない分をBが代わりに負担して仕事量が増えてしまいます。 すると、頑張りすぎているBが疲れ果てた結果、痛みを引き起こします。 この時、Bが疲れ果てた原因はAですよね? Aが痛みの原因(トリガーポイント)で、Bが痛みを感じている場所となります。 ですので、トリガーポイントは痛みのある箇所から離れていることが多いのです。 腰痛の人は、背中や股関節(内ももやお尻)の筋肉にトリガーポイントがあることが多く、股関節や背中が硬いという特徴があります。 ですので、腰が痛い!と腰だけを治療しても治療が上手くいかず症状が緩和されない、もしくは良くなってもすぐに元に戻ってしまう、ということが起きてしまいます。 痛みの原因となるトリガーポイントを除去しない限りは、イタチゴッコのようになってしまうのは、この通りなのです。 もし、マッサージや整体に通いながら腰痛や肩こりを治そうと思っているのなら、全身を調整してもらうことをオススメします。 あなたの腰痛のトリガーポイントは検査をしてみなければわかりませんから! もし、• 何年も腰痛や肩こりに悩んでいる。 マッサージに行っても改善しない• ストレッチをしているけど改善しない• コリは仕方ない とあきらめたりしているのであれば、一度トリガー鍼灸・整体院にお越しください。 本気で改善したいと思っているならば、当院がオススメです。 あなたの腰痛がどこから来ているのか、しっかり見極め、説明させていただきます。 ご自宅で出来るセルフケアの方法もお伝えしますので、安心してください。 ゴールの見えない施術をやめて、痛みのない、軽い身体を目指しませんか?.

次の

4.トリガーポイントとは?

トリガー ポイント

猫背姿勢が首と胸に過度な負担を与えることで、筋肉が硬くなり、やがてトリガーポイントができあがります。 このような猫背姿勢となると、以下の順番でトリガーポイントができる原因になります。 猫背…背中の筋肉(僧帽筋や菱形筋)が張る。 肩甲骨が外転する…左右の肩甲骨の間が広がり、背中の筋肉が緊張し続けた結果、背中にトリガーポイントができる。 肩が前に出る…巻き肩になり、胸の筋肉(大胸筋)が凝りやすくなる。 胸にトリガーポイントができる。 首が前傾し、顎が上がる…パソコンでモニター見るときになりやすい姿勢で、首筋から肩にかけて筋肉が緊張する。 首や肩にトリガーポイントができる。 2-2. 筋肉疲労の蓄積でトリガーポイントが痛みへ変わる.

次の

トリガーポイントとは何なのか⁉︎

トリガー ポイント

トリガーポイント注射は、トリガーポイントに薬剤を注射することでトリガーポイントを消失させる手技です。 歴史を紐解くと、世界的には、局所麻酔薬、抗炎症薬およびボツリヌス毒素などが用いられてきました。 薬剤の優劣については結論が出ていませんが、トリガーポイントは多様な病態を呈することが考えられますので、症例ごとに適切な薬剤を選択することが理想であると考えられます。 なお、本邦における保険診療上は、トリガーポイント注射の薬剤には局所麻酔薬または局所麻酔薬を主剤とする薬剤を使用しなければなりませんので注意が必要です。 トリガーポイント注射の治療上の意義は大きく、トリガーポイント注射の有効性を示唆する報告は多数あります。 トリガーポイント注射の主たる奏効機序は、痛みの悪循環を断つことです。 トリガーポイント注射には局所麻酔薬が用いられることから一時的な鎮痛を得るための手技と誤解されがちですが、過敏化した筋・筋膜の環境をリセットし、痛みの悪循環を断ち切ることができるため、根治療法となりえます。 トリガーポイント注射の治療効果は、針の刺入および投与成分の相加であり 1 、注入液量の影響も考えられています 2。 理想としては、トリガーポイントの病態に応じて、薬剤の特徴に応じて、適切な薬剤が選択されることです。 トリガーポイントの病態は、病期(急性期、慢性期)、原因(筋の酷使・損傷、精神的なストレス)、患者の置かれた環境(トリガーポイントの原因は取り除かれているか、日常的に暴露されていないか)により多様であることが考えられるため、最適な薬剤を選択して混注することは困難かもしれません。 しかしながら、薬剤の特徴を理解することは、適切な薬剤選択に近づけるためには重要であると言えます。 伸張性(遠心性)収縮とは、筋が収縮しながらも引き伸ばされる状態を言います。 日常的に、筋は伸張性収縮に暴露されています。 筋に伸張性収縮負荷が繰り返し行われることにより、条件次第では、筋の微細構造および細胞骨格に損傷が生じることもあります 4)。 伸張性収縮の例として、階段を降りる時やジャンプ後の着地時の大腿四頭筋、ビールジョッキをゆっくりとテーブルに置くときの上腕二頭筋、ベンチプレスでバーベルを下ろす時の大胸筋 4)、洗髪時の僧帽筋 5)の活動などが挙げられ、また、走行時には殿筋群、下腿・下肢筋群が伸張性および短縮性収縮を繰り返し 6)、収縮様式は複雑になります。 近年報告されている伸張性収縮による筋機械痛覚過敏モデルは、MPSに特徴的な筋機械痛覚過敏を呈するだけでなく、索状硬結やトリガーポイント様の痛覚過敏点を有するものもあり 7,8)、MPSの基礎研究に有用であると考えられています 9)。 References• Wong CS. Anesthesiol Res Pract. 2012 ; Article ID 492452• ビタカイン製薬(株)社内資料;筋・筋膜性疼痛の神経機構• Shah JP. J Bodyw Mov Ther. 2008 ; 12 ; 4 : 371-384. 遠藤隆志. 植草学園大学研究紀要. 2014 ; 6 : 5-13. 早田壮. 関西理学療法. 2010 ; 10 : 57-62. 仲谷政剛. バイオメカニズム学会誌. 2014 ; 38 : 61-73. Itoh K. Jpn J Physiol. 2002 ; 52:173-180. Itoh K. Acupunct Med. 2004 ; 22:2-13. Mizumura K. J Musculoskelet Pain. 2010 ; 18:361-366• ビタカイン製薬(株)社内資料;筋・筋膜性疼痛の神経機構• ビタカイン製薬(株)社内資料;筋・筋膜性疼痛の神経機構• Conklin KA. J Am Assoc Nurse Anesth. 1987 ; 55 : 36-44. Amann R. Eur J Pharmacol. 2002 ; 447 : 1-9. Baron A. Neuropharmacol. 2015 ; 94 : 19-35. Sluka KA. Muscle Nerve. 2001 ; 24 : 37-46. Sluka KA. Pain. 2003 ; 106 : 229-239. 第十七改正日本薬局方(独立行政法人医薬品医療機器総合機構) ()(2019 年1月31日利用)• Wang K. Scand J Pain. 2017 ; 17 : 260-266.

次の