むずむず 脚 症候群 ストレッチ。 むずむず脚症候群・レストレスレッグス症候群|津島市,稲沢市,清須市,愛西市,ひだまりこころクリニック 心療内科,精神科

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状とは?|快眠のための治療法

むずむず 脚 症候群 ストレッチ

最初は、「足に疲労が溜まってしまっているのかな?」もしくは「夜食べたものにアレルギーが出たのかな?」くらいに考えていました。 その日はあまり眠れず結局入眠できたのは朝方だったのですが、次の日の日中には症状が落ち着いていたので問題ないものと思っていました。 しかし、2日目の夜にも同じく足の不快感が現れたのです。 足の奥の内側をミミズが這っているような…ピリピリじりじりと内側が熱いような… 前日よりも症状がひどくて、朝までずっと布団の中で足を動かしてみたりストレッチをしたりしても神経を直接逆なでされているような感覚は一向によくなりませんでした。 「 足の中に手を突っ込んでかきむしりたい!」と思ってしまうような感覚が朝まで続いたのです。 寝不足もあり、とても仕事に行ける状態ではなかったので次の日は有休を取り病院にいきました。 そこで診断されたのが「 むずむず脚症候群」だったのです。 実はまだまだ医療機関でも認知度が低い病気 私の場合は、大学病院の先生がとても優秀な先生だったためにすぐにむずむず脚症候群だということがわかったのですが、中にはむずむず脚症候群だということがすぐにわからずに、 長い時間がかかってしまうケースも少なくないのです。 検査結果に異常が見られず、身体的にわかりやすい症状が現れないことから、むずむず脚症候群だと診断がくだるまでに何度も検査を繰り返したり、何種類もの投薬を試したり。 また、ひどい場合はそれでもわからずに病院をたらい回しにされたり、同時に幾つかの医療機関を受診したりと無駄な時間やお金を費やしてしまうことになります。 さらに悲しむべきことは、むずむず脚症候群というのはどういった原因から引き起こされるのかということがまだわかっていない病気なのです。 「しばらく様子を見てください」という風に言われて帰されてしまい、結局どうすればこの病気を改善することができるのか具体的な方法も教えてもらえないまま辛い日々を過ごし続けることになると、不安で押しつぶされそうになってしまいますよね。 なので、お医者さんに頼り切りになるのではなく あなた自身が自分の病気について少しでも詳しくなっておくことがとても重要なのです。 むずむず脚症候群には一次性と二次性がある 一次性 突発的にむずむず脚症候群の症状が現れます。 なぜ発症するのかという詳しいことははっきりしていませんが、鉄分欠乏やそれに伴うドーパミンの機能障害、遺伝的な要因などが原因ではないかとされています。 二次性 もともと持っている別の病気などが引き金となっているものを二次性とされています。 腎臓に障害があり透析を受けている、甲状腺に異常がある、抗うつ薬や抗精神薬を飲んでいるなど、 治療による副作用によるものと、パーキンソン病、関節リウマチ、うっ血性心不全、脊髄疾患、多発神経炎、糖尿病などによる抹消神経の異常など、 病気そのものが関係しているものがあります。 これでも簡単に紹介したのですが、これだけ多くの要因が絡んでくる非常に複雑な病気なのです。 治療はどのように行われる? むずむず脚症候群の治療の流れについて、で解説しています。 病院でむずむず脚症候群と診断されたら、大まかには以下のような治療を行っていくこととなります。 ドパミン作動薬による治療 手足の震えや筋肉機能の異常がある場合・パーキンソン病を併発している場合などはドーパミンの機能障害が原因となっている可能性が高いため、ドパミン作動薬を処方されます。 ニュープロパッチ、ビ・シフロール、ミラペックス、レキップなどの薬が使われます。 抗てんかん薬による治療 上記のドパミン作動薬を使用しても効果が見られない場合などには、抗てんかん薬を治療に使用することになります。 抗てんかん薬を使用することによって痙攣やチクチクとした痛みを和らげる作用が期待できるためです。 クロナゼパム、ガバペンチン、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタールなどの薬が使われます。 睡眠導入剤の使用 むずむず脚症候群の症状で睡眠を十分にとれていない方、寝付いた後も足の不快感で何度も起きてしまう方は、不眠症が続くことで精神的なストレスが肥大化しています。 睡眠不足が慢性的になり長期的に長引いてしまうとうつ病になってしまう可能性もあるため、眠れないストレスを和らげるために睡眠導入剤も一緒に処方されることがあります。 むずむず脚症候群の治療で使われる治療薬についてはこちらではサラッと触れさせていただきますが、詳しくは解説しているページがあるのでそちらを一読ください。 自分でできる対処・改善方法の指導 むずむず脚症候群の症状は日々の生活習慣の中で、緩和することが可能な病気です。 特にドパミン作動薬や睡眠導入剤などは長期的に服用していくと副作用によってさまざまな問題が生じることが多いため、 できる限り自分で対処したり生活を改善していくことの比重を大きくしていく必要があります。 どんなケアをすればいいの? 先述したとおり、むずむず脚症候群は原因が様々であるということと、まだ認知度が低く対処法が確立されていないことが最大の問題点となります。 「 病院で処方される薬を飲んでおけばいいだろう」という安易な考え方では、ずっとむずむず脚症候群の症状に悩まされ続けるだけでなく、 治療薬の副作用でも苦しむことになるケースが多々あります。 ここで大切なのが、自分でできるケアを続けていくことになります。 人間にはもともと自然治癒能力が備わっているので、正しい食生活を心がけたり、運動習慣を意識することで身体の免疫を高めてむずむず脚症候群を撃退することができます。 軽い運動とマッサージを心がける 1日の中で普段座り仕事が多い場合などには下肢の血流が滞ってしまっている時間が長くなってしまっているので、できる限り足を動かしたり歩いたりするようにしましょう。 激しい運動をする必要はなく、座りながら足の指先を動かしてみる、休憩時間に体操をする、帰り道は1駅多く歩いてみるだとかそういった心がけだけでも全然違います。 また、お風呂上りのツボ押しやマッサージは非常に有効です。 をこちらで紹介しているので、一度目を通してみてください。 ドーパミン分泌を改善させるための習慣 ドーパミンとは人間の「意欲」に関係している脳内ホルモンです。 お酒やたばこに対する依存症などにも大きくかかわっているのがこのドーパミンです。 なので、お酒を普段たくさん飲んでしまっているという方は、毎日飲んでいる量を少しずつで構わないので減らしてみてください。 また、たばこの本数も一気にやめるのは難しいと思うので1本ずつでも構わないので減らしていってみてください。 アロマオイルなどの香りが好きな場合は、「ラベンダー」や「カモミール」の香りが効果的なので、普段使っているアロマオイルやお部屋の芳香剤を変えてみるだけでも効果が期待できます。 また、食品の中ではバナナ、乳製品、チョコレート、大豆、豚肉、カツオなどがドーパミンの分泌量が増えるので意識して摂るようにしてみてください。 毎日の鉄分補給 むずむず脚症候群の対策で一番重要なことは「鉄分」をしっかりと食事から摂りいれるという事です。 病院でもらえる鉄剤よりも、一番ベストなのは食事からちゃんと鉄分を摂りいれるのを意識すること。 鉄分の多い食品としてイメージするもので代表的なのはほうれん草ですね。 ですが、実は鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」という種類があり、レバーや赤身の肉、魚のほうが植物性の食品に含まれる鉄分よりも吸収率が高いのが特徴です。 そして鉄分の含有量で比較しても野菜類よりも「肉類」のほうが多いです。 ヘム鉄:吸収率約30% レバー、赤身の肉、魚、貝類 非ヘム鉄:吸収率約5% 豆製品、海藻、野菜類 小松菜・ほうれん草・パセリ・モロヘイヤなど緑色の野菜 日本人女性の約半数は慢性的な鉄分不足に陥っているとのことです。 鉄分は普通の食事からでは不足しやすい栄養素なので、意識して多めに摂るようにするか、もしくはサプリメントなどから摂取するのがおすすめです。 サプリメントから摂る場合は、鉄分単体のサプリメントを選ぶのではなく、鉄分の吸収効率を高めるビタミンCや葉酸などの栄養素も同時に摂れるものを選ぶといいでしょう。 当サイトでもむずむず脚症候群に悩む方のために作られたサプリメントを紹介していますので、参考にしてみてください。

次の

脚に不快を感じて眠れない!むずむず脚症候群の原因と4つの特徴

むずむず 脚 症候群 ストレッチ

夜、寝るとき、脚に不愉快な虫が這うようなつかまれるような異常な感覚が出現して、じっとしていられない。 脚の異常な感覚を和らげるために、起きて歩き回ったり、膝を曲げたり、温水や冷水に浸けたり、マッサージなどをしている。 脚の異常な感覚は、テレビや映画を観ているときなど一定時間座っているときや、クルマに乗っているとき、会議中などにも出現する• この異常な感覚に最も悩まされるのは夕方や夜である。 朝や昼間は良い。 ぐっすり眠れなかったり、寝付きが悪かったりすることが頻繁にある• 夫、あるいは妻から、寝ている間に脚がビクンと動いていると指摘されたことがある。 また、目が覚めたときに、自然に脚や手がビクンと動くときが時々ある。 しばしば昼間から眠気やだるさを感じる• 脚の異常感覚の原因は病院では明らかになっていない。 そのほとんどは軽症ですが、日常生活に支障を来すほどの重症な例も数万人存在すると考えられています。 脚をじっとしていられない異常感覚 不愉快な異常感覚が足に、特にふくらはぎに最もよく現われます。 さらにこの異常感覚とともに「からだを動かすように駆り立てられる気持ち」に襲われ脚をじっとしていられなくなります。 運動による症状の緩和 「動かすように駆り立てられる気持ち」を和らげるために通常はその場を歩き回ることになりますが、からだを揺すったり、震わせたり、曲げたり、伸びをしたり、足踏みをしたりする場合もあります。 これらの運動は症状を和らげるために自分の意思で行なっているので、自分で運動を止めることができます。 したがって、ひとりでに動くわけではありません。 休息・休憩による症状の悪化 レストレスレッグス症候群に最も特徴的なのは、症状が安静・休憩により誘発されることです。 それは就寝時でも静かに起きているときでも認められます。 多くはリラックスしてから数分後、ときには1時間後に症状が始まります。 飛行機や列車の旅、乗客としてのクルマの旅はしばしば耐え難いものとなることがあります。 日内リズム 「異常感覚」と「動かすように駆り立てられる気持ち」はほとんどの場合夕方から夜間に現われます(午後6時から午前4時の間)。 これらの症状は通常は昼間には強くありません。 たとえ重症な患者さんでも夜明け頃にはいくぶん症状が軽くなります。 体質 コ-ヒ-、紅茶、チョコレ-トなどのカフェインを含んだ食物を摂るとレストレスレッグス症候群が現われ、カフェインを取り除くと症状が消失します。 いくつかの慢性疾患 これまでに慢性貧血、糖尿病、末梢神経障害、アルコ-ル中毒、リウマチ、脊髄小脳変性症においてレストレスレッグス症候群の出現が報告されていますが、なかでも慢性腎不全が最も高頻度にレストレスレッグス症候群を誘発するとされています。 慢性腎不全で血液透析を受けている患者さんの中に従来から認められた「イライラ症候群」はレストレスレッグス症候群の重症例と考えられます。 自分でできる対処法 ライフスタイルを変える レストレッグス症候群に対して最初に行うべき療法は、基礎疾患がある場合にはその治療とライフスタイルの改善です。 例えば、カフェイン含む食物接種の制限、睡眠時間をずらす工夫なども挙げられます。 さらに睡眠前に軽い運動を行なったり、ストレッチしたりして筋肉を疲れさせることも効果的です。 ここに幾つかのレストレッグス症候群との付き合い方のヒントをご紹介します。 レストレッッグス症候群のことを話してみてください レストレッグス症候群のことを周囲の人に話すことにより、家族や友人や職場の同僚がどうしてあなたが夜中に廊下を歩いたり、映画館で壁際に立っていたりするのかなどを理解するようになりでしょう。 いつも忙しく 積極的に用事を作って忙しくしてしまうことはレストレッグス症候群を抑えることにもなります。 ある人にとってそれはテレビゲームであり、またある人にとってはインターネットをすることであったり、あるいは楽器を演奏すること、絵を描くこと、編み物、プラモデル作りなどでしょう。 レストレッグス症候群の特に強くなる時間帯に楽しめる用事を見つけて下さい。 発想の転換 じっと座って読書することなどできないとおっしゃる方。 iPadなどを買って、イヤホンをつけて、動画や小説を楽しんでみてはいかがでしょうか。 面白い小説を聴きながらであれば、夜中の散歩や車の旅ももっと楽しいものになります。 また癒し系のリラクゼーション音楽は入眠の助けになることでしょう。 薬による治療薬 中等症から重症なレストレスレッグス症候群の場合、基礎疾患の治療とライフスタイルの改善だけではなかなか満足のゆく効果は得られません。 したがって、薬物による治療が必要となってきます。 これまでに4つのことなったタイプの薬物が試みられてきました。 それぞれの薬物に特有の効果と限界、副作用があり、薬の選択にあたっては患者さんの症状の出現パターンと重症度を考慮することが重要です。 ドパミン系薬剤 現在レストレスレッグス症候群に対する薬物の治療の第一選択薬といえるものがドパミン系薬剤です。 ドパミンとは脳に存在する神経伝達物質の1つで、いわゆる脳のホルモンであり、脳の正常な動きに必要な物質です。 ドパミン系薬剤はこのドパミンの作用を増強する効果があります。 ドパミン系薬剤は神経疾患であるパーキンソン病の治療薬として広く使われておりますが、レストレスレッグス症候群は決してパーキンソン病の一症状ではありません。 ドパミン系薬剤の副作用にには第一に嘔気、嘔吐、腹部不快などの消化器症状が挙げられます。 特に服用初期に嘔気が多くみられますが、これに対しては制吐剤を併用することにより治療の継続が可能です。 また1日1回就寝前の服用により夜間の睡眠が改善される一方で、レストレスレッグス症候群の症状がより早い時刻から現れるようになることがあり、この場合は薬剤の中止、変更が必要になります。 その他の副作用として鼻汁、幻覚、便秘、低血圧、頭痛が報告されています。 日本では、ドパミン受容体作働薬ビシフロール錠が2010年1月に、ロチゴチンパッチが2012年12月に国から承認を得て、レストレスレッグス症候群治療薬として使用できるようになりました。 ベンゾジアゼビン系薬剤 いわゆる精神安定剤、睡眠薬、抗不安薬と呼ばれるものがこれにあたります。 脳の機能を全体的に低下させることにより、多少の脚の異常感覚や不髄意運動が残っていても、患者さんを睡眠へと導くものです。 したがって、症状が夜間に集中している患者さんに最も効果があります。 副作用は昼間の眠気、けだるさで車の運転には特に注意する必要があります。 ベンゾジアゼビン系薬剤を服用した時に飲酒をすると幻覚、錯乱、をきたすことがあります。 またこれらの薬は時に習慣性があります。 オピアト化合物 麻酔用の鎮痛剤で最重症のレストレスレッグス症候群の用いられます。 副作用にはめまい、眠気、嘔気、嘔吐、便秘、幻覚、頭痛があり、クルマの運転には注意を要します。 服用時の飲酒はやめること、また時に習慣性があります。 抗てんかん薬 抗てんかん薬は「脚の異常感覚」と「動かしたくなる気持ち」を軽減させます。 特に痛みがあり、症状が昼間に強い患者さんに有効なようです。 副作用はめまい、眠気、倦怠感、食欲増進、ふらつき感です。 クルマの運転には注意を要します。 抗てんかん薬ガパペンチンのプロドラックになるレグナイト嬢が2012年1月にレストレスレッグス症候群治療薬として使用できるようになりました。 久米クリニックにおける治療について レストレスレッグス症候群に関する基礎疾患を持つ場合はその治療薬行い、同時にライフスタイルの改善を指導します。 さらに必要に応じた薬物療法を行います。 レストレスレッグス症候群のせいで眠れないために睡眠薬を服用している患者さんについては、ドパミン系薬剤などによりレストレスレッグを鎮めることで睡眠薬に頼らない自然な眠りを取り戻すことを目指します。 CONTENT•

次の

むずむず脚症候群・薬を使わず・自分で治しました

むずむず 脚 症候群 ストレッチ

・レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)ってなに? レストレスレッグス症候群をご存じですか? 別名むずむず脚症候群とも呼ばれ,その名前の通り脚を中心として「むずむずする」などの不快感を主症状とする病気です。 多くの場合,夜間に眠れなくなるなどの睡眠の問題を伴うことから,睡眠障害国際分類第3版では睡眠関連疾患として位置づけられています。 大人だけではなく小児においても見られる疾患で,小児の有病率は100人に2~4人と言われています。 ・発症する原因 この疾患が起こる原因やメカニズムについては、まだはっきりとは解明されていませんが、現在のところ、ご家族に同様の経験があるなどの遺伝的な素因、血液中の鉄分不足、脳内の神経伝達の問題、「成長痛」との関連など様々な要因が考えられています。 ・レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)の症状 主な診断基準は 1)不快な脚の感覚に伴って脚を動かしたくなる 2)横になったり座ったりしている安静時に生じるあるいはひどくなる 3)歩いたりストレッチすることにより軽減する 4)夕方から夜間にて症状が強くなる といった 4つに加えて,これらの症状が,筋肉痛,静脈うっ血,下肢浮腫,関節炎,こむら返り,特定の体位における不快感などでは説明できない場合をいいます。 下肢の不快感の訴えは「むずむず」だけではなく,痛みや熱感,「虫が這っているような」,「ビリビリする」など多彩な表現をなされるのが特徴です。 脚の不快感の訴えがなくても,脚の指に力を入れたり,脚どうしや布団・壁などにこすったり押しつけたりといった行動がみられることがあります。 規則正しい生活による睡眠指導で改善するものから,なかなか寝られず歩き回る,夜中の中途覚醒を繰り返すといった重症例まで様々です。 また,日中においても,眠気や居眠り,注意・集中力を欠く,抑うつや反抗的な行動をとるなど,情緒・行動面での問題が生じることもあり,注意欠如・多動症児の約1/4にむずむず脚症候群が合併することも知られています。 ・改善するために心掛けること もしこの病気が疑われる場合には,就寝前に入浴や冷たいシャワー,マッサージ,短時間の歩行などを行う,就床前の過度な運動やテレビ・ゲーム,カフェインなどを避ける,規則正しい就寝と起床を心がける,血液中の鉄分が足りない場合は鉄分を補うことが大事です。 改善が見られない場合には,睡眠外来などの専門医への受診をお勧めします。 」 ・新生むずむず脚症候群友の会 2019年11月1日アクセス [文献] 1)加藤久美. むずむず脚症候群. 小児内科. 2018; 50 7 : 1147-9 2)福水道郎. 子どもたちによくみる睡眠関連疾患. チャイルドヘルス. 2017; 20 10 : 761-6.

次の