四十九日法要 服装。 四十九日法要での正しい服装

家族のみでの四十九日!服装や親戚への連絡はどうする?

四十九日法要 服装

四十九日とは? 四十九日法要の意味を解説します。 遺族の女性の服装について 四十九日法要の際の遺族側の女性の服装について解説します。 参列者の女性の服装について 四十九日法要に参列する女性の服装について解説します。 四十九日の服装で気を付けたいポイント 四十九日が夏だった場合と冬だった場合のそれぞれの注意点について解説します。 四十九日のアクセサリーについて 四十九日法要の時のアクセサリーの注意点について解説します。 四十九日法要に一人だけマナー違反の服装をしていると大変恥ずかしいです。 マナー違反でもとがめられる訳ではありませんが、相手にも失礼に当たりますので気を付けたいものです。 弔事などのマナーは人には聞きにくい事柄です。 特に服装はその場に行ってからマナー違反に気が付いても、着替えることもできないので身の置き所が無くなってしまいます。 服装のマナーは人に聞いてもなかなか教えてくれるものではありません。 しかも間違っていても指摘されることは少ないです。 その為いつまで経ってもマナー違反の服装のまま、参列してしまいます。 服装のマナーは地域や風習によってそれぞれ違うものですが、一般的なマナーは覚えておいて損はありません。 これを機会にこの記事を最後まで目を通して、四十九日の女性の服装のマナーについて学んでおきましょう。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 ここでは四十九日法要の際の、遺族の女性が着用する服装について解説します。 男性の場合はブラックスーツかダークスーツなど地味目のスーツと黒のネクタイをすればほぼ間違いはありません。 しかし、女性の場合は 選択肢が男性より広いということがあります。 葬儀の時と年忌法要の時は少し違う場合もあるということを踏まえておきましょう。 準喪服が理想的 喪服には正喪服・準喪服・略式喪服の三つの服装があります。 正喪服は最も格式が高く、葬儀の時に喪主や故人の家族だけが着用することができます。 四十九日法要の場合は、正喪服ではなく 準喪服を着用するのが理想的です。 身内だけの場合は略式喪服でも大丈夫な時はありますが、なるべく遺族は準喪服にした方が良いでしょう。 和装 女性の和装には正喪服と準喪服の違いはほとんどありません。 女性の和装の喪服とは、黒紋付で帯は黒無地の袋帯か名古屋帯のものです。 足袋は白、草履は黒、帯留めは使わないようにしましょう。 光るような髪飾りは NGです。 バッグも光沢のない黒にします。 黒い留めそでと喪服は違いますので注意してください。 和装の喪服は女性の服装の中で最も格式が高い物で、遺族の女性だけが着用するものです。 一般参列者は和装は着用しないようにしましょう。 洋装 準喪服の洋装は、黒のワンピース・アンサンブル・スーツなどのブラックフォーマルです。 スカート丈は膝が隠れるぐらい、袖は長袖か七分袖までのものを着用します。 黒のパンストを履いて、光沢のない黒のパンプスを履くようにしましょう。 バッグも光沢のない黒のハンドバッグが望ましいです。 アクセサリーは一連の 真珠のネックレスと結婚指輪以外はNGです。 身内だけの場合 四十九日法要が身内だけの場合は、準喪服か略式喪服でも大丈夫です。 また規模の小さい法要の時は 平服で良い時もあります。 身内だけなら服装にそれほど気を使う必要はありません。 しかし四十九日は法要の中で最も大切な日です。 故人の供養の場でもありますのできちんとした服装を心がけましょう。 四十九日は公の場でもありますので、平服であってもマナーを守るようにしましょう。 服の色は黒が望ましく、光るものは身につけないようにしましょう。 カジュアルすぎたり柄や色が派手なものや露出の多い格好は避けるようにしましょう。 参列者の女性の服装 ここでは遺族以外の一般参列者の女性の服装の注意点について解説します。 四十九日法要に招かれた時は、きちんとした服装で参列するようにしましょう。 マナー違反の服装は遺族や故人に失礼になりますので 注意してください。 黒の喪服が一般的 四十九に法要に参列する時は、一般的には喪服を着用することが多いです。 準喪服が望ましいですが、略式喪服でも大丈夫な時もあります。 規模の小さな法事の時や遺族から「平服でお越しください」という連絡が入った場合は、平服でも大丈夫な時もあります。 平服は普段着とは違いますので、黒かグレーなど地味目の色合いの服を着るようにしましょう。 暖色系より寒色系の方が法事にはふさわしいです。 デザインにも注意しましょう。 ミニスカートや襟元が大きく開いたものはNGです。 あまり華やかさを感じさせないのであればレースや刺繍が入っていても大丈夫です。 黒のパンストが基本ですが、肌色のパンストでも大丈夫な時もあります。 靴は黒のパンプスが望ましいですが、光沢が無ければ黒以外のローヒールでも大丈夫な時もあります。 サンダルやスニーカーなどは NGです。 パンツスーツでもいいの? ブラックフォーマルなら パンツスーツでも大丈夫です。 パンツスーツでも黒のパンストや黒のパンプスは履くようにしましょう。 バッグは黒、アクセサリーや時計、光る髪飾りはつけないようにしましょう。 色が黒でも、リクルートスーツはブラックフォーマルスーツの代わりにはなりませんので注意してください。 平服の時は地味目の色のズボンでも大丈夫ですが、ジーンズなどカジュアルすぎるものはNGです。 喪主よりも格下の服装にする 基本的に葬儀や法事の時は、一般参列者の服装は喪主よりも 格下になるようにします。 喪主が準喪服を着用した場合、参列者は同格の準喪服か略式喪服を着用しましょう。 喪主が略式喪服の場合は、参列者も略式喪服となります。 事前に喪主がどのような服装で行かれるのかを確認してもいいでしょう。 法事の時の参列者は準喪服が一般的ですが、喪主がどのような服装で行くのかわからなくて心配なら略式喪服を着用するのが無難です。 「平服で」の連絡があった場合は、あまり気合の入りすぎた服装だと喪主の服装より格上になる可能性があります。 グレーや紺などの地味な色合いのワンピースなどにしておきましょう。 四十九日の服装で気を付けるポイント 四十九日の服装で気を付けるポイントを解説します。 四十九日法要が夏にあった場合と冬にあった場合のそれぞれの注意点についても解説します。 夏の場合 基本的に法事の時の服装はブラックフォーマルを着用します。 しかし夏に法事が行われる場合は黒色は熱を吸収しやすく、熱中症に気を付けなければいけません。 暑くても黒のパンストは履くようにします。 生足は厳禁ですので注意してください。 汗やにおい対策として、法事が行われる場所までは普段着で行き法要の前にブラックフォーマルに着替えるというのも一つの方法です。 あるいは法要後にラフな格好に着替えてもいいでしょう。 タオルやハンカチなども用意して水分補給をまめに行うようにしましょう。 半袖でもいい? 夏に四十九日法要が行われる時は、ブラックフォーマルを着用しましょう。 暑いですができるだけ長袖か上着を着るようにしましょう。 夏用のブラックフォーマルなら半袖でも大丈夫です。 袖の長さは5分袖か3分袖でも大丈夫です。 アンサンブルは夏でも上着を着るようにしましょう。 ノースリーブのままは NGです。 平服の場合でも、ホットパンツや生足、サンダル、襟ぐりが広く露出の多い服装はいけません。 四十九日法要は故人の供養のために集まっているのですから、自分が楽になるということは後回しにしましょう。 日傘や扇子も黒にする 法事の時は日傘や扇子も 黒色が望ましいです。 どうしても無い場合は、派手な色柄のものは避けて地味な日傘・扇子でも一応OKです。 大人のマナーとして弔事用の日傘や扇子を用意するのが望ましいです。 ハンカチも黒色を持って行った方が良いでしょう。 冬の場合 冬に四十九に法要が行われる時はどの様な服装が良いのでしょうか? 基本的にはブラックフォーマルを着用すれば問題ありません。 法要が行われる場所まではマフラーや手袋をして行っても良いですが、 会場に入る前には外すようにしましょう。 冷え込みが強い時は携帯カイロなどを持参して保温に勤めるように工夫してみましょう。 黒ストッキングを必ず着用 基本的には 黒のストッキングを履くようにします。 平服や略式喪服の場合は、肌色のストッキングでも大丈夫な時もあります。 あまりに雪深い地方では、例外的に黒のタイツでもOKというところもあります。 地域の風習や参列者の顔ぶれでストッキングにするかタイツにするか判断するようにしましょう。 毛皮は禁止 冬に法事が行われる時はコートは着用しても大丈夫です。 しかしできるだけ地味な色柄のコートにするのが望ましいです。 会場に入る前には脱ぐようにしましょう。 寒くても殺生を連想させる 毛皮は禁止です。 衿や袖など一部分だけでも毛皮が使われているものはNGです。 バッグや財布の一部に毛皮が使われているものも避けるようにしましょう。 本物の毛皮でなければ一応大丈夫ですが、誤解される可能性もありますので注意してください。 毛糸は大丈夫ですが、カラフルな色合いのものは避けるようにしましょう。 ブーツは基本的にはNG 冬でもブーツは基本的にNGです。 あまりに雪が深くて足元が悪い場合は、ブーツ・長靴を履いていっても大丈夫です。 しかし替えの靴を持参して法事の会場では 履き替えるようにするのが望ましいです。 ブーツを履く場合は、できるだけ黒のショートブーツにしましょう。 ロングブーツは避けた方がいいでしょう。 四十九日のアクセサリーの注意点 次に法事に参列する時のアクセサリーの使い方について解説します。 パールは一連のもの 弔事の時はアクセサリーは基本的に付けないようにします。 パールと結婚指輪だけはOKです。 パールは二連以上のものは 「不幸が重なる」として付けてはいけないとされています。 パールのネックレスを付けるなら一連のものにしましょう。 時計は金色やキラキラ輝くものや遊び心があるものは、外すようにします。 髪飾りも黒以外のものは使わないようにしましょう。 ピアスはかなり小さく目立たない程度であれば一応大丈夫ですが、法事の間だけでも外すのが望ましいです。 イヤリングはつけないようにしましょう。 マネキュアはつけないか薄いピンク程度ならOKです。 派手なネイルや付け爪はNGです。 どうしてもとることができない時は黒いレースの手袋を利用してもいいでしょう。 靴はパンプスが基本 靴は光沢のない黒のパンプスが基本です。 かかかとの低めのヒールでも大丈夫です。 サンダルやミュールのようなつま先やかかとが見える靴は 履かないようにしましょう。 バッグは革や光沢感に気をつける バッグや財布、靴もワニ革・蛇革・牛革など生き物の皮を使っていると一目でわかるような革製のものは避けるようにします。 合成皮革なら大丈夫です。 合成でも光沢感のあるものは法事には ふさわしくありませんので注意してください。 バッグや靴は色は黒にします。 財布も黒が望ましいですが、カジュアルすぎなければ特に気にする必要はありません。 四十九日の女性の服装についてまとめ• 四十九日法要とは、故人が亡くなられてから49日目に行う法要のことです。 仏教では四十九日法要が最も大切な日とされていて、遺族・親族・友人・知人などが供養のために集まることが多いです。 四十九に法要の時の遺族の女性の服装は、準喪服が理想的です。 しかし身内だけの時などは、略式喪服でも大丈夫です。 参列者の服装は喪主より格下になるようにしましょう。 参列者基本的には準喪服を着用しますが、喪主が略式喪服になる可能性があるならば略式喪服にした方が無難です。 ブラックフォーマル用ならパンツスーツでも大丈夫です。 四十九日の服装で気を付けたいポイントは、夏でも冬でも基本的にはブラックフォーマルを着用します。 夏は半袖でも構いませんが、ノースリーブやミニスカート、襟元が大きく開いた服装はNGです。 冬は一部の地域ではタイツを履いても大丈夫なところもありますが、基本的には黒のパンストを履くようにします。 毛皮や革など殺生を連想させるものは身につけないようにしましょう。 ブーツはよほど雪深い地方以外はNGです。 四十九日の時のアクセサリーは、真珠の一連のネックレスと結婚指輪以外はつけてはいけません。 時計や髪飾りなどは光るものはつけないようにしましょう。 靴は黒のパンプスが基本です。 バッグは光沢のない黒色のものを使うようにしましょう。 冠婚葬祭の服装のマナーは難しいものですが、基本的なことを理解しておけばどのシーンでも迷わず服を選ぶことができます。 四十九日法要はとても大切な法事です。 きちんとした服装で参列して故人の冥福を祈るようにしましょう。 「終活ねっと」では、法事の時の服装のマナーや参列する時の注意点などについても詳しく解説している記事を多数掲載しています。 他の記事もあわせてご覧いただき、参考にしてくれると嬉しく思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

法事・法要の手引き(遺族向け)

四十九日法要 服装

四十九日とは? 四十九日法要の意味を解説します。 遺族の女性の服装について 四十九日法要の際の遺族側の女性の服装について解説します。 参列者の女性の服装について 四十九日法要に参列する女性の服装について解説します。 四十九日の服装で気を付けたいポイント 四十九日が夏だった場合と冬だった場合のそれぞれの注意点について解説します。 四十九日のアクセサリーについて 四十九日法要の時のアクセサリーの注意点について解説します。 四十九日法要に一人だけマナー違反の服装をしていると大変恥ずかしいです。 マナー違反でもとがめられる訳ではありませんが、相手にも失礼に当たりますので気を付けたいものです。 弔事などのマナーは人には聞きにくい事柄です。 特に服装はその場に行ってからマナー違反に気が付いても、着替えることもできないので身の置き所が無くなってしまいます。 服装のマナーは人に聞いてもなかなか教えてくれるものではありません。 しかも間違っていても指摘されることは少ないです。 その為いつまで経ってもマナー違反の服装のまま、参列してしまいます。 服装のマナーは地域や風習によってそれぞれ違うものですが、一般的なマナーは覚えておいて損はありません。 これを機会にこの記事を最後まで目を通して、四十九日の女性の服装のマナーについて学んでおきましょう。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 ここでは四十九日法要の際の、遺族の女性が着用する服装について解説します。 男性の場合はブラックスーツかダークスーツなど地味目のスーツと黒のネクタイをすればほぼ間違いはありません。 しかし、女性の場合は 選択肢が男性より広いということがあります。 葬儀の時と年忌法要の時は少し違う場合もあるということを踏まえておきましょう。 準喪服が理想的 喪服には正喪服・準喪服・略式喪服の三つの服装があります。 正喪服は最も格式が高く、葬儀の時に喪主や故人の家族だけが着用することができます。 四十九日法要の場合は、正喪服ではなく 準喪服を着用するのが理想的です。 身内だけの場合は略式喪服でも大丈夫な時はありますが、なるべく遺族は準喪服にした方が良いでしょう。 和装 女性の和装には正喪服と準喪服の違いはほとんどありません。 女性の和装の喪服とは、黒紋付で帯は黒無地の袋帯か名古屋帯のものです。 足袋は白、草履は黒、帯留めは使わないようにしましょう。 光るような髪飾りは NGです。 バッグも光沢のない黒にします。 黒い留めそでと喪服は違いますので注意してください。 和装の喪服は女性の服装の中で最も格式が高い物で、遺族の女性だけが着用するものです。 一般参列者は和装は着用しないようにしましょう。 洋装 準喪服の洋装は、黒のワンピース・アンサンブル・スーツなどのブラックフォーマルです。 スカート丈は膝が隠れるぐらい、袖は長袖か七分袖までのものを着用します。 黒のパンストを履いて、光沢のない黒のパンプスを履くようにしましょう。 バッグも光沢のない黒のハンドバッグが望ましいです。 アクセサリーは一連の 真珠のネックレスと結婚指輪以外はNGです。 身内だけの場合 四十九日法要が身内だけの場合は、準喪服か略式喪服でも大丈夫です。 また規模の小さい法要の時は 平服で良い時もあります。 身内だけなら服装にそれほど気を使う必要はありません。 しかし四十九日は法要の中で最も大切な日です。 故人の供養の場でもありますのできちんとした服装を心がけましょう。 四十九日は公の場でもありますので、平服であってもマナーを守るようにしましょう。 服の色は黒が望ましく、光るものは身につけないようにしましょう。 カジュアルすぎたり柄や色が派手なものや露出の多い格好は避けるようにしましょう。 参列者の女性の服装 ここでは遺族以外の一般参列者の女性の服装の注意点について解説します。 四十九日法要に招かれた時は、きちんとした服装で参列するようにしましょう。 マナー違反の服装は遺族や故人に失礼になりますので 注意してください。 黒の喪服が一般的 四十九に法要に参列する時は、一般的には喪服を着用することが多いです。 準喪服が望ましいですが、略式喪服でも大丈夫な時もあります。 規模の小さな法事の時や遺族から「平服でお越しください」という連絡が入った場合は、平服でも大丈夫な時もあります。 平服は普段着とは違いますので、黒かグレーなど地味目の色合いの服を着るようにしましょう。 暖色系より寒色系の方が法事にはふさわしいです。 デザインにも注意しましょう。 ミニスカートや襟元が大きく開いたものはNGです。 あまり華やかさを感じさせないのであればレースや刺繍が入っていても大丈夫です。 黒のパンストが基本ですが、肌色のパンストでも大丈夫な時もあります。 靴は黒のパンプスが望ましいですが、光沢が無ければ黒以外のローヒールでも大丈夫な時もあります。 サンダルやスニーカーなどは NGです。 パンツスーツでもいいの? ブラックフォーマルなら パンツスーツでも大丈夫です。 パンツスーツでも黒のパンストや黒のパンプスは履くようにしましょう。 バッグは黒、アクセサリーや時計、光る髪飾りはつけないようにしましょう。 色が黒でも、リクルートスーツはブラックフォーマルスーツの代わりにはなりませんので注意してください。 平服の時は地味目の色のズボンでも大丈夫ですが、ジーンズなどカジュアルすぎるものはNGです。 喪主よりも格下の服装にする 基本的に葬儀や法事の時は、一般参列者の服装は喪主よりも 格下になるようにします。 喪主が準喪服を着用した場合、参列者は同格の準喪服か略式喪服を着用しましょう。 喪主が略式喪服の場合は、参列者も略式喪服となります。 事前に喪主がどのような服装で行かれるのかを確認してもいいでしょう。 法事の時の参列者は準喪服が一般的ですが、喪主がどのような服装で行くのかわからなくて心配なら略式喪服を着用するのが無難です。 「平服で」の連絡があった場合は、あまり気合の入りすぎた服装だと喪主の服装より格上になる可能性があります。 グレーや紺などの地味な色合いのワンピースなどにしておきましょう。 四十九日の服装で気を付けるポイント 四十九日の服装で気を付けるポイントを解説します。 四十九日法要が夏にあった場合と冬にあった場合のそれぞれの注意点についても解説します。 夏の場合 基本的に法事の時の服装はブラックフォーマルを着用します。 しかし夏に法事が行われる場合は黒色は熱を吸収しやすく、熱中症に気を付けなければいけません。 暑くても黒のパンストは履くようにします。 生足は厳禁ですので注意してください。 汗やにおい対策として、法事が行われる場所までは普段着で行き法要の前にブラックフォーマルに着替えるというのも一つの方法です。 あるいは法要後にラフな格好に着替えてもいいでしょう。 タオルやハンカチなども用意して水分補給をまめに行うようにしましょう。 半袖でもいい? 夏に四十九日法要が行われる時は、ブラックフォーマルを着用しましょう。 暑いですができるだけ長袖か上着を着るようにしましょう。 夏用のブラックフォーマルなら半袖でも大丈夫です。 袖の長さは5分袖か3分袖でも大丈夫です。 アンサンブルは夏でも上着を着るようにしましょう。 ノースリーブのままは NGです。 平服の場合でも、ホットパンツや生足、サンダル、襟ぐりが広く露出の多い服装はいけません。 四十九日法要は故人の供養のために集まっているのですから、自分が楽になるということは後回しにしましょう。 日傘や扇子も黒にする 法事の時は日傘や扇子も 黒色が望ましいです。 どうしても無い場合は、派手な色柄のものは避けて地味な日傘・扇子でも一応OKです。 大人のマナーとして弔事用の日傘や扇子を用意するのが望ましいです。 ハンカチも黒色を持って行った方が良いでしょう。 冬の場合 冬に四十九に法要が行われる時はどの様な服装が良いのでしょうか? 基本的にはブラックフォーマルを着用すれば問題ありません。 法要が行われる場所まではマフラーや手袋をして行っても良いですが、 会場に入る前には外すようにしましょう。 冷え込みが強い時は携帯カイロなどを持参して保温に勤めるように工夫してみましょう。 黒ストッキングを必ず着用 基本的には 黒のストッキングを履くようにします。 平服や略式喪服の場合は、肌色のストッキングでも大丈夫な時もあります。 あまりに雪深い地方では、例外的に黒のタイツでもOKというところもあります。 地域の風習や参列者の顔ぶれでストッキングにするかタイツにするか判断するようにしましょう。 毛皮は禁止 冬に法事が行われる時はコートは着用しても大丈夫です。 しかしできるだけ地味な色柄のコートにするのが望ましいです。 会場に入る前には脱ぐようにしましょう。 寒くても殺生を連想させる 毛皮は禁止です。 衿や袖など一部分だけでも毛皮が使われているものはNGです。 バッグや財布の一部に毛皮が使われているものも避けるようにしましょう。 本物の毛皮でなければ一応大丈夫ですが、誤解される可能性もありますので注意してください。 毛糸は大丈夫ですが、カラフルな色合いのものは避けるようにしましょう。 ブーツは基本的にはNG 冬でもブーツは基本的にNGです。 あまりに雪が深くて足元が悪い場合は、ブーツ・長靴を履いていっても大丈夫です。 しかし替えの靴を持参して法事の会場では 履き替えるようにするのが望ましいです。 ブーツを履く場合は、できるだけ黒のショートブーツにしましょう。 ロングブーツは避けた方がいいでしょう。 四十九日のアクセサリーの注意点 次に法事に参列する時のアクセサリーの使い方について解説します。 パールは一連のもの 弔事の時はアクセサリーは基本的に付けないようにします。 パールと結婚指輪だけはOKです。 パールは二連以上のものは 「不幸が重なる」として付けてはいけないとされています。 パールのネックレスを付けるなら一連のものにしましょう。 時計は金色やキラキラ輝くものや遊び心があるものは、外すようにします。 髪飾りも黒以外のものは使わないようにしましょう。 ピアスはかなり小さく目立たない程度であれば一応大丈夫ですが、法事の間だけでも外すのが望ましいです。 イヤリングはつけないようにしましょう。 マネキュアはつけないか薄いピンク程度ならOKです。 派手なネイルや付け爪はNGです。 どうしてもとることができない時は黒いレースの手袋を利用してもいいでしょう。 靴はパンプスが基本 靴は光沢のない黒のパンプスが基本です。 かかかとの低めのヒールでも大丈夫です。 サンダルやミュールのようなつま先やかかとが見える靴は 履かないようにしましょう。 バッグは革や光沢感に気をつける バッグや財布、靴もワニ革・蛇革・牛革など生き物の皮を使っていると一目でわかるような革製のものは避けるようにします。 合成皮革なら大丈夫です。 合成でも光沢感のあるものは法事には ふさわしくありませんので注意してください。 バッグや靴は色は黒にします。 財布も黒が望ましいですが、カジュアルすぎなければ特に気にする必要はありません。 四十九日の女性の服装についてまとめ• 四十九日法要とは、故人が亡くなられてから49日目に行う法要のことです。 仏教では四十九日法要が最も大切な日とされていて、遺族・親族・友人・知人などが供養のために集まることが多いです。 四十九に法要の時の遺族の女性の服装は、準喪服が理想的です。 しかし身内だけの時などは、略式喪服でも大丈夫です。 参列者の服装は喪主より格下になるようにしましょう。 参列者基本的には準喪服を着用しますが、喪主が略式喪服になる可能性があるならば略式喪服にした方が無難です。 ブラックフォーマル用ならパンツスーツでも大丈夫です。 四十九日の服装で気を付けたいポイントは、夏でも冬でも基本的にはブラックフォーマルを着用します。 夏は半袖でも構いませんが、ノースリーブやミニスカート、襟元が大きく開いた服装はNGです。 冬は一部の地域ではタイツを履いても大丈夫なところもありますが、基本的には黒のパンストを履くようにします。 毛皮や革など殺生を連想させるものは身につけないようにしましょう。 ブーツはよほど雪深い地方以外はNGです。 四十九日の時のアクセサリーは、真珠の一連のネックレスと結婚指輪以外はつけてはいけません。 時計や髪飾りなどは光るものはつけないようにしましょう。 靴は黒のパンプスが基本です。 バッグは光沢のない黒色のものを使うようにしましょう。 冠婚葬祭の服装のマナーは難しいものですが、基本的なことを理解しておけばどのシーンでも迷わず服を選ぶことができます。 四十九日法要はとても大切な法事です。 きちんとした服装で参列して故人の冥福を祈るようにしましょう。 「終活ねっと」では、法事の時の服装のマナーや参列する時の注意点などについても詳しく解説している記事を多数掲載しています。 他の記事もあわせてご覧いただき、参考にしてくれると嬉しく思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

49日の法要の服装について

四十九日法要 服装

スポンサーリンク 四十九日 香典 金額 親 亡くなられた方は葬儀の日から数えて49日の間、成仏することなくこの世とあの世をさまようと言われております。 その為、葬儀から数えて49日目に成仏するまで、7日ごとの追加法要を行うのですが、最近では、葬儀の簡略化が進み最初の法要の初七日と最後の法要の49日のみ 行うことが多いです。 最初の法要の初七日は葬儀の日に繰り上げ法要として行うことが多くなってきておりますので、49日の法要は、葬儀後に初めて行う法要となるところが多いでしょう。 49日の法要は、親族やごく親しい知人、友人を招いて行われます。 自分の親がなくなった場合、法要の施主でなければ、招待客として法要に参列し、香典を持参する必要があります。 スポンサーリンク 自分や、配偶者のご両親のどちらかが亡くなられた場合の香典の相場は1万円〜3万円です。 夫婦で参列する場合は、1人あたりの相場になるので、2人分2万円〜が基本となるでしょう。 また、49日法要では、僧侶の読教など法要の儀式が終わったあとに、参列者を招待しての会食が用意されることがほとんどです。 その場合は、会食の食事代も含めた金額を香典として渡します。 だいたい、会食の食事代は一人当たり5,000円と考えることが多いので 夫婦で参列するなら、49日の香典で用意する金額は3万円〜ということになります。 小さなお子様も一緒に参列する場合は、食事代の必要はありませんが、子供が中学、高校生ならば、大人と同じ食事代の用意をする必要があります。 スポンサーリンク 記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか? もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、 ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

次の