エイベックス 麻薬 疑惑。 【薬物・ヤクザ】衝撃 エイベックス会長松浦勝人氏はなぜ逮捕されないのか、真相に迫る【100%黒】

エイベックス松浦勝人会長に薬物疑惑が浮上? 一時代を築いた名門エンタメ企業も正念場か...|音楽情報バイラルメディア「EVENING」|note

エイベックス 麻薬 疑惑

エイベックス・グループ・ホールディングス本社( より/Kanabekobaton) 浜崎あゆみや安室奈美恵ら数多くの人気アーティストを抱え、 EXILEの楽曲の販売を手掛けるレコードレーベル・rhythm zoneなどを擁する エイベックス・グループ(以下、エイベックス)。 その持ち株会社であるエイベックス・グループ・ホールディングの代表取締役社長・松浦勝人氏といえば、貸しレコード屋のアルバイトから始め、1988年にエイベックスを設立し、同社を東証一部上場の一大エンタテインメント企業へ育て上げた経営者として、その立身出世のエピソードや仕事哲学がメディアに取り上げられることも多い。 同誌記事によれば、松浦氏が以前住んでいた南青山の地上3階・地下1階の大豪邸で頻繁にパーティが開催され、松浦氏はいつも地下1階のダンスクラブで酒を飲むと2階のベッドルームの女性を連れ込み、行為が終ると部屋の外に置かれた特等席のソファで大麻を吸うのがパターンだったと語る、元パーティー常連の証言が紹介されている。 これらの情報の真偽は定かではないが、こうした報道が大きくなされた背景について、芸能業界関係者は次のように語る。 「音楽業界におけるエイベックス、ひいては松浦さんの影響力が弱まってきたことがあるのではないでしょうか。 浜崎あゆみや小室ファミリーなど、過去には松浦さん自身が目のつけたアーティストが数多くブレイクしました。 しかしここ数年、松浦さんを中心に同社が大々的に力を入れたgirl next doorやDo As Infinityなどが売れず、同社からブレイクできた新人が出ていない。 松浦さんの目利き力、プロデュース力も、もはや陰りを迎えたという見方が多いのは事実です」 こうした声は、ほかの芸能業界関係者からも聞かれる。 しかし、これほど表立って同社や松浦さんの実力を否定するような話がされるなど、少し前では考えられないことでした。 それほど彼らの影響力が弱まってきたということでしょう」 また、テレビ業界関係者は「男性アイドルを発掘するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の眼力、美少女タレントを発掘するオスカープロモーションの古賀社長の眼力と並び、松浦さんのアーティストを発掘する眼力には定評がありました。 いまだに第一線でその手腕が衰えない前の2人に比べると、ここ数年の松浦さんには力量の衰えを感じざるを得ません」と解説する。 今回の文春の報道に対し、エイベックス、そして松浦氏はどのような対応を取るのか? そして同社は再び、音楽業界における存在感を取り戻すことができるのか? 今後の動向が気になるところである。 (文=編集部).

次の

エイベックス松浦勝人は沢尻エリカの薬仲間で愛人?黒い噂の真相とは!

エイベックス 麻薬 疑惑

「2016年9月から12月頃までは、松浦さんと取り巻きの人達と毎日のように一緒にいました。 松浦さんの自宅でVR(バーチャルリアリティ)ゲームをしたり、夜中にラーメンを食べたり。 そもそも、エイベックスの会長・松浦勝人氏の薬物疑惑が報じられたのは、2013年の週刊文春。 スクープ名のタイトルは「女とクスリ」。。。。。 笑(なぜか笑える) この中で報じられていたのは結構衝撃な内容。 スポンサーリンク エイベックス会長・松浦勝人氏が薬物を認める宣言?! 知人によれば、松浦氏は「エンターテイメントとドラッグは切り離せない」というのが持論だそう。 実際に、薬物に関するツイートもたびたび見られ、 これはほんとですか? フェイクニュースですか? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit このようなつぶやきもあります。 所属俳優が薬物で逮捕されたにもかかわらず、結構リスキーなツイートですよね。。 そして、注目されている「薬物容認」論が2019年12月29日にツイートされた「年末にひとこと」というツイート。 何やらリンクがあるので開いてみると… 年末にひとこと Read: — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。 そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。 ビートルズもLSDを使いリボルバーというアルバムを作り、スティーブジョブズやビルゲイツでさえ、仕事のアイデアにそれを使ったという。 何もそういうことを今時しろと言っているわけではない。 イノベーションはそういう中から産まれてきたことを否定はしないというだけだ。 そういう中から、人々の気持ちの中に永遠に残るエンタテインメントの世界が産まれたことを誰も否定出来ないということが言いたいだけだ。 (中略) 時代は変わる。 手段も変わる さばきも変わる。 その中で我々は新しいエンターテインメントを作らなければならない。 くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンスのもとで。 僕からいえば、腐った偽善の正義としか言いようがない。 引用: そして最後に、ふたつの記事のリンクを紹介しています。 (中略…) 「俺は何でも試してみるつもりだった。 素晴らしい日だった。 その晩は本当にすごかった。 (薬が)そのまま冷めないんじゃないかと思ったよ。 まる半日経っても"もういい加減にしてくれよ"って感じさ」と、リンゴスターは後に語っている。 (笑) その頃すでにビートルズは、リスクも冒しながら音楽的に変化しつつあった。 ビートルズのユニークなコード進行やエッジの効いたメロディライン、さらに自分たちで作詞・作曲する姿勢は、ザ・ローリング・ストーンズ、バーズ、ザ・ビーチ・ボーイズをはじめとするイギリスやアメリカの多くのバンドに影響を与えていた。 引用: と、ビートルズのメンバーが合成麻薬LSDを使用しながら、それでも音楽的な革新を遂げて影響力を増していく様子が、かなり詳しく紹介されています。 さらにもう一記事。 ビル・ゲイツ、昔のインタビューでLSDの使用を認めていた (中略) スティーブ・ジョブスはLSD、リチャード・ブランソンはマリファナを愛用、作家で投資家のティム・フェリス(Tim Ferriss)はアヤワスカがお気に入りだ。 アマゾンの先住民が儀式などに使うアヤワスカは強力な幻覚作用があり、アメリカでは違法だ。 (中略) 1994年、ゲイツは雑誌『プレイボーイ(Playboy)』のインタビューで、「若気の至り」でLSDを使用した過去を、はっきりではないが、暗に認めている。 記 者:LSDを使ったことは? ゲイツ: 「若気の至り」はとっくの昔に終わった。 記 者:どういう意味ですか? ゲイツ:25歳になるまでにやってみたことの中で、その後、続なかったものがあるということ。 記 者:テーブルをじっと見つめ、テーブルの角が目の中に飛び込んでくると思ったらしいですね? ゲイツ:(笑) 記 者:その笑いは、「認める」という意味ですね。 ゲイツ: あっち側の世界だった。 引用: 「若気の至り」として合成麻薬LSDを使用したことがあるという証言を認めたという記事を紹介しています。 このような、「大きな偉業を成し遂げた人々」も「薬物を使用していたんだ」という記事を紹介することで、 松浦氏の「革新的なエンターテイメントを生み出す」ためには「薬物は必要なこともある」という主張につなげているようですね。

次の

エイベックス社長松浦と浜崎あゆみの馴れ初めがすごい!現在の家族情報や薬事件も深掘り

エイベックス 麻薬 疑惑

「2016年9月から12月頃までは、松浦さんと取り巻きの人達と毎日のように一緒にいました。 松浦さんの自宅でVR(バーチャルリアリティ)ゲームをしたり、夜中にラーメンを食べたり。 そもそも、エイベックスの会長・松浦勝人氏の薬物疑惑が報じられたのは、2013年の週刊文春。 スクープ名のタイトルは「女とクスリ」。。。。。 笑(なぜか笑える) この中で報じられていたのは結構衝撃な内容。 スポンサーリンク エイベックス会長・松浦勝人氏が薬物を認める宣言?! 知人によれば、松浦氏は「エンターテイメントとドラッグは切り離せない」というのが持論だそう。 実際に、薬物に関するツイートもたびたび見られ、 これはほんとですか? フェイクニュースですか? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit このようなつぶやきもあります。 所属俳優が薬物で逮捕されたにもかかわらず、結構リスキーなツイートですよね。。 そして、注目されている「薬物容認」論が2019年12月29日にツイートされた「年末にひとこと」というツイート。 何やらリンクがあるので開いてみると… 年末にひとこと Read: — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。 そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。 ビートルズもLSDを使いリボルバーというアルバムを作り、スティーブジョブズやビルゲイツでさえ、仕事のアイデアにそれを使ったという。 何もそういうことを今時しろと言っているわけではない。 イノベーションはそういう中から産まれてきたことを否定はしないというだけだ。 そういう中から、人々の気持ちの中に永遠に残るエンタテインメントの世界が産まれたことを誰も否定出来ないということが言いたいだけだ。 (中略) 時代は変わる。 手段も変わる さばきも変わる。 その中で我々は新しいエンターテインメントを作らなければならない。 くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンスのもとで。 僕からいえば、腐った偽善の正義としか言いようがない。 引用: そして最後に、ふたつの記事のリンクを紹介しています。 (中略…) 「俺は何でも試してみるつもりだった。 素晴らしい日だった。 その晩は本当にすごかった。 (薬が)そのまま冷めないんじゃないかと思ったよ。 まる半日経っても"もういい加減にしてくれよ"って感じさ」と、リンゴスターは後に語っている。 (笑) その頃すでにビートルズは、リスクも冒しながら音楽的に変化しつつあった。 ビートルズのユニークなコード進行やエッジの効いたメロディライン、さらに自分たちで作詞・作曲する姿勢は、ザ・ローリング・ストーンズ、バーズ、ザ・ビーチ・ボーイズをはじめとするイギリスやアメリカの多くのバンドに影響を与えていた。 引用: と、ビートルズのメンバーが合成麻薬LSDを使用しながら、それでも音楽的な革新を遂げて影響力を増していく様子が、かなり詳しく紹介されています。 さらにもう一記事。 ビル・ゲイツ、昔のインタビューでLSDの使用を認めていた (中略) スティーブ・ジョブスはLSD、リチャード・ブランソンはマリファナを愛用、作家で投資家のティム・フェリス(Tim Ferriss)はアヤワスカがお気に入りだ。 アマゾンの先住民が儀式などに使うアヤワスカは強力な幻覚作用があり、アメリカでは違法だ。 (中略) 1994年、ゲイツは雑誌『プレイボーイ(Playboy)』のインタビューで、「若気の至り」でLSDを使用した過去を、はっきりではないが、暗に認めている。 記 者:LSDを使ったことは? ゲイツ: 「若気の至り」はとっくの昔に終わった。 記 者:どういう意味ですか? ゲイツ:25歳になるまでにやってみたことの中で、その後、続なかったものがあるということ。 記 者:テーブルをじっと見つめ、テーブルの角が目の中に飛び込んでくると思ったらしいですね? ゲイツ:(笑) 記 者:その笑いは、「認める」という意味ですね。 ゲイツ: あっち側の世界だった。 引用: 「若気の至り」として合成麻薬LSDを使用したことがあるという証言を認めたという記事を紹介しています。 このような、「大きな偉業を成し遂げた人々」も「薬物を使用していたんだ」という記事を紹介することで、 松浦氏の「革新的なエンターテイメントを生み出す」ためには「薬物は必要なこともある」という主張につなげているようですね。

次の