ルシファー グラブル。 【グラブル】 ルシオ、ルシファー、ルシフェルの関係について考える 5周年シナリオイベント「000(トリプルゼロ)」 どうして空は蒼いのか Part.3で謎が解けるのか・・・?

ルシファーHardと向き合う('20年6月)

ルシファー グラブル

今はSNSで全ての人と繋がることができて、情報もそこで手に入れることができますし、自分を売り込むこともできます。 つまり使い方次第!自由自在!! ちょっと真面目なふぇいくをお見せしました 笑 さて、古戦場も終わり熱気が収まってきたところで、 グラブル内では 色々とアップデートがありました! そんな中で日本のトレンドに入っているじゃないですか!!!! ルシファーHL!!!! 闇属性の方の持ち物検査、敷居がたけえええ! 5周年組から始めた闇属性メインの方は耐える時期ですね! バレクラの復刻ガチャを早くしてあげてください! 運営様!神様!!仏様!!! 我出前館GODぞ!!(笑) 僕が株主総会で言っときますね!(笑) 現状バレクラは取得不可能なので、続いて持ち合わせていないパターンで考えていきます。 土の場合は 十天衆サラーサを連れていくことになり、サラーサは奥義を撃ってモードチェンジをする必要があります。 ある程度火力のあるメンバーになると、羽根50%から始まる試練までに奥義を溜めておく時間が少ないため、間に合わない可能性が出てきます。 更に、オクトーとの種族被りでカウント1確定になってしまうことも。 光の場合、 水着ハルマル ハールート・マールート を連れていくことになるようですが、ヴィーラかゾーイのどちらかを入れてる人が多いので、枠被りでカウント1確定になってしまいます。 なので、さらに光の方は動きづらくなるようです。 そういう見方もあり、 ワンポチ奥義を撃てば簡単に解除できる闇バレクラがいい、という解釈になっているようです。 初陣の時、片面ヴァルナだとHPがボーダー3万いくかいかないかでかなりきつかった! そして、カトル最終にしていて指輪を食わせていてもHP3万足らずで一度まぢでやらかしました! 以前もお見せしたと思いますが、あれからキャラや石、武器の編成が変わっています! キャラ編成 まず、 片面ヴァルナの場合のキャラ編成はこちらになります。 僕は現在Rank185でジョブはスパルタです。 しかも味方全体HPを振っていても、です。 僕は 両面ヴァルナで参加しています。 両面の場合、上の画像のように開幕パラダイスロスト!ボーダーのHP3万越えはクリアとなります。 武器編成 続いて武器ですが、やっぱりこれもHP盛るのがきつい! フィンブルが本当はもう1本欲しかった!泣 HPを盛るためにローズシリーズのローズクリスタルハープ、オメガ杖、絶対否定杖、 バハ武器または、イベントのコキュートス討滅戦のウェルギリウスを入れています。 現時点ではメイン武器でミュルグレスを担いでいますが、以前はミュルグレスが無く、 ガリレオサイトで参加していたこともありました! かなり動きづらかったのを覚えてます! スパルタの得意武器である剣、槍に対して水は代用がきく武器が他にない!泣 ミュルグレス一択ですね! 奥義を使った時の 35%カットが非常に大きいです! 続いて主人公のアビリティ構成はこちらです。 『かばう』と『シールドワイア』は固定で、他属性の方のクリアオールの数によってディスペルに変えたりしています! 基本は クリアオールです! 理由は、 福音の赫刃のデバフ解除がキャラだとカトルしかいないためです。 『カルネージ』に「強化効果を1つ無効化」がありますよね! ちなみに、召喚石でも同じように強化効果を1つ無効化できる ハンサの最終解放がいたら凄く動きやすそうです! 僕はまだ最終解放出来ていませんが!泣 ハンサを最終解放すると、下の画像のようになります。 それと近々大きなDiscordを立ち上げる予定でいます。 楽しみにしていてください! それではアリーヴェデルチ!!.

次の

【グラブル】ルシファーHLを野良共闘でクリアしたので実際に使った編成紹介と実戦レポート

ルシファー グラブル

ルシファーHLを 特定の条件でクリアすると称号『終末を凌駕せし〇〇の翼』を獲得できる。 称号は6属性分あり1つ獲得ごとに、報酬として至極の指輪を1つ入手可能。 カウント0で特殊技「ジ・エンド」が発動し、参戦者全員が全滅する流れとなる。 Lvが上がると敵の火力上昇に加えて特殊技の対処も難しくなるため、定期的にディスペルでLvを下げながら立ち回る必要がある。 ライターA 赫刃Lvが上がったまま立ち回るのは非常に危険です。 強力な特殊技が多いほか、OD中に同じタイミングでCTが最大になると「パラダイス・ロスト」を発動するため、 特殊技遅延やCT調整目的で必ず用意したい。 同種族が居なければダメージを受けないため、キャラ編成時には種族被りにも注意が必要。 ライターA 主人公は種族不明扱いになっていますが、主人公の種族はカウントされない扱いため、種族不明キャラは1体まで編成可能です。 ユリウスが弱体役として重要 ルシファーと黒き羽どちらも特殊行動で敵に付与した弱体効果がリセットされるため、奥義ゲージさえあれば累積攻防DOWNを付与できるユリウスが活躍する。 弱体リセット後すぐに下限まで弱体を入れられるように奥義ゲージの調整が重要。 挑戦前にどの属性がどの試練を解除していくのか事前に決めておく必要がある。 ライターA 共闘の場合は「火1,9,10」といった感じで、自分が担当する属性と解除する試練の番号を提示し、まずはじめに役割分担を決めましょう。 解除まではファランクスが機能しないため、 まず最優先でオーバーチェインの条件を達成しよう。 担当以外は試練8解除を目視で確認するまで無駄に動かないことも重要となる。 ただし確率に左右されるため、安定して狙いやすい火パがおすすめですね。 弱体の数が足りない場合は、風属性がユリウスの1アビで数を稼いで突破するのも選択肢になります。 また風属性など堅守入りであれば素受けで耐えることも可能。 CT調整が重要となるため、他参戦者がグラビティを使う場合は事前に確認しておきましょう。 ただし 200万以上無属性ダメージを出すには10T経過している必要があるため、試練までのターン回しに注意。 素早く羽を討伐したあとは、ターン回しや召喚石等で奥義ゲージを整えて各属性の試練による1000万ダメージ達成を目指そう。 また開幕の「パラダイスロスト」で福音の赫刃がつくため、 受けた後は必ずルシファー本体へディスペルを使っておこう。 グラビティは使用タイミングを確認 グラビティはルシファーや黒き羽の特殊を遅らせられるので有効な弱体だが、 「福音の黒翼」解除や試練解除用にCT調整を行っている場合があるため、開始前に参戦者へ使用タイミングの確認しよう。 通常時の特殊技は100カットや幻影 羽試練開始までのルシファー通常時特殊技『ポースポロス』は攻撃力が一番高いキャラに高威力の単体ダメージ。 羽の特殊技を受けて「福音の黒翼」解除 開幕でルシファーに付与される福音の黒翼は、羽の特殊技「マルス」を受けることで解除される仕様。 解除まではルシファーへのダメージが制限されるため、 素早く羽の特殊技を受けて解除しておこう。 OD時に同時CT最大で「パラダイス・ロスト」 ルシファーのOD時に黒き羽と同時CT最大の際は特殊行動「パラダイス・ロスト」を行う。 HP特殊行動よりも優先して行うので、 OD時に同時CTMAXの際はスロウなどで調整が必要となる。 以降参戦者で合計6人以上ルシファーに倒されると、「ジ・エンド」が発動し強制的に全滅させられてしまう。 アンデットは参戦者からのクリアで解除 フィークス後、 自分のクリアでアンデットを解除すると「生命の果実」の効果で先に回復が入りダメージを受けるため注意。 アンデットは必ず他の参戦者からクリアをもらい解除しよう。 ルシファーの福音Lvが上がりづらくなるので、ディスペルの少ない火属性に通過させてあげると討伐が楽になります。 ルシファーのHP特殊行動に注意 もし試練開始後に本体のHPを削りすぎた場合、ルシファーのHPトリガー特殊にも注意が必要。 追加効果の恩恵を得るために試練開始までにターン回しが重要。 他属性で解除を狙う場合は黒麒麟などを活用するのも有効。 羽討伐完了後、それぞれの奥義ゲージ等を調整して属性試練の達成を狙おう。 この区間をはじめに理解しておけば、 どうしても対処手段が用意できない場合に発動しないHPまで待つといった立ち回りも選択肢として使える様になる。 その場合はウーノ3アビなどキャラのダメカで動ける属性でターンを回し、カット手段を用意してあげよう。 OD時の特殊技であればファラのみでも問題なく受けられる。

次の

【グラブル】ルシファーN攻略/敵行動表とドロップ情報|ダークラプチャーN【グランブルーファンタジー】

ルシファー グラブル

はじめに 今回説明するのは本体討伐ルート。 解除する試練 試練4 風属性攻撃力が上昇 解除方法:ルシファーに1ターンで風属性ダメージを1,000万以上 勝手に解除されているし、あんまり関係ない。 試練7 ルシファーの攻撃が弱点属性になる 解除方法:無属性で200万以上ダメージ 主人公の秘器のレイオマノが無属性100万ダメージ。 なので、ダブルアサシンか黒麒麟との組み合わせで達成。 試練8 全属性ダメージカットを無視 解除方法:オーバーチェインを発生させる。 主人公の秘器でリフレイン 奥義再発動 があるのでそれで解除。 ツイルコート 全属性ダメージカット を全然使わないなら解除しなくてもいいかなぁて感はある。 試練9 ルシファーのHPが毎ターン回復 解除方法:ルシファーに1ターンにダメージを30回以上ヒット 黒麒麟使用時になどに解除する。 優先度は低め。 試練10 毎ターン味方全体に弱体効果を1つ付与 解除方法:ターン終了時にルシファーに弱体効果が10個以上ある 風属性は弱体効果を回復できる手段がないので試練開始直後に解除したい。 ハールート・マールートで2個 アンチラで3個 アビ4 主人公で1個 グラビリティ あとはルシウスで4個以上付与すれば解除できる。 試練11 毎ターン味方全体の強化効果2個消去 解除方法:パラダイス・ロストを受ける 風属性はパラダイス・ロストを素受けできるので余裕でできる。 が、強化効果が消えるのは火力が落ちるので興奮剤等を使用してすぐに受けてもよい。 ルシソロ風のキャラ編成 鉄板のキャラ編成。 シエテはいてもいなくてもいい。 代用キャラはモニカ、ガチャピン等がいるかこの編成が一番火力がでて楽なはず。 ルシウス 奥義ゲージがある限り累積攻防ダウンを付与できるすごいキャラ。 更にスロウとディスペルもちでまさにルシ特攻キャラ。 このキャラが恒常キャラってまじ!? 最初から終盤までルシの行動を妨害していく。 ルシは所々で弱体効果を消去してくるのでその前に奥義をうってゲージがないようにしたい。 アンチラ ルシウスと並んでルシ特攻キャラ。 味方全体のHP回復と強化。 更に奥義に敵の攻撃回避があるのを利用してパラロス等を受け止める役。 アビ1に回避があるのでポースポロスよけやガードでパラロスのダメージ軽減をする。 アビ2で火力アップ。 アビ3はスロウあり。 アビ1は使用しない。 アビ2は基本的に使用可能になったら使っておけ。 武器編成 堅守大であるインドラリムを3本に基準に編成する。 HPが減った状態で戦うので背水武器が何本かあるとよい。 マジェスタスのハズレ扱いされているハツオイイルハルもルシソロでは結構編成されている。 ちなみに風属性はガロットいりません。 ルシウスで敵の累積攻防ダウン、アンチラで味方の攻防アップしてるからですね。 召喚石 ハールート・マールート 消去不可のデバフ2個付与できる。 無神論や、弱体10個試練用。 開幕召喚できるようになったら召喚しておっけ。 黒麒麟 風属性はキャラスペックが高いのでなくてもなんとかなっちゃう。 けど、あったほうが楽。 主人公にダブルアサシンを持たせない場合は無属性200万試練する為にいる。 使い所は試練始まったあたり。 バハムート 自由枠その1 火力を上げる為に編成。 サテュロス ルシソロいったらやっぱサテュロス。 ルシウスの累積攻防ダウン維持にも使える。 味方累積攻防アップで更に硬くなる。 スロウパウダー パラロス調整用 興奮剤 風属性はパラロスを素受けできる属性なのでODしてたほうが都合がいい。 なので、序盤から使って積極的にODさせる為に使う。 試練開始後も早めにパラロスを受けたいので使っていく。 レイオマノ 無属性200万試練用。 光・闇と違って四属性は無属性試練を解除しないと痛いので解除する。 ダブルアサシンか黒麒麟を組み合わせて2回発動させる。 リフレイン オーバーチェイン試練用。 シエテ編成時は簡単に全員奥義撃てる状態にできる。 そこでリフレインを組みあせてオーバーチェン試練を達成できる。 アサシンブレード 火力用。 下のキリングダガー・ODと組み合わせるとなおよし キリングダガー・OD 火力用。 興奮剤でODさせることが多いので使い所が多い。 そのあとはODまでポースポロスが飛んでくる。 試練開始前のポースポロスは攻撃力が一番高いキャラに飛んでくるので基本的に主人公に飛んでくるはず。 ODしたらルシファーのCTをスロウで調整しつつ、パラロスを受けていく。 ただし、HPが満タンだと堅守が効いてなくて大ダメージをうけるのである程度HPが減った状態で受ける。 絶対否定と永遠拒絶が付与される。 ランダムに指定された属性以外の弱体耐性が上昇 ルシファーに弱体効果が6個以上付与されたターン終わりに解除 ダメージはともかく弱体が入らない永遠拒絶はかなり厄介だが、有名な回避方法を紹介。 すると、永遠拒絶が付与された瞬間に解除条件を満たすので即解除される。 やることはまず、弱体10個試練。 主人公のグラビリティとルシウスアビ1連打で達成できるはず。 そしたら無属性200万もクリアしとこう。 アンチラのアビ2をグリームニルに付与してルシファーの特殊技をなすりつければ落ちるはず。 シエテを表に引っ張り出せたらオーバーチェイン試練やりやすくなるのでここでやっておく。 と、いっても素受けできるので何も怖いことはない。 アンチラの奥義と組み合わせて特殊技を回避していく。 ターンが2か3進むのでリキャストのことはあまり気にしないでいい。 プリコネアニメの円盤にグラブルで使える金剛晶がついてきます。 詳細は以下で。

次の