つげ ぐし。 つげ櫛でサラサラ美髪に!効果は?サイズなど選び方は?お手入れは椿油で!

つげ櫛でサラサラ美髪に!効果は?サイズなど選び方は?お手入れは椿油で!

つげ ぐし

国産の高級薩摩つげを使った「つげ櫛」を購入しました! 美髪を手に入れたかった私にとってはちょっと高い買い物でしたが、 長い目で見るとそうでもないのかもと思っています。 消費する日用品をやめて一生ものの日用品ですw 「本つげ櫛」と「あかね櫛」の違いを聞きました 圧倒的に値段が違う両者。 機能が変わらないなら安いほうがいいですよね〜 でも、何が違うんだろう?と疑問に思っていたんですよね。 お店で両方並べて見せてもらっても見た目も触り心地も同じすぎてわからない〜〜^^; そんな中いろいろ伺って、聞いて納得しました。 そもそも値段が違う時点で、大きく違うのは素材。 つげ櫛の本つげは西日本の南の方で伐採される国産の木で作られた櫛 特に高級なのが「薩摩つげ」です。 それに対してあかね櫛は東南アジアで伐採された国外のもの あかね材の櫛が国産のつげ櫛と比べると水分を多く含んでいるそうで 櫛にした時にまっすぐの櫛になりにくくカーブがかかってくるようです。 ぱっと見わかりにくいぐらいの曲がり具合だったのですが、 平テーブルに置くと櫛の両はしが浮いていました。 あかね櫛は水分が含まれているということもあって 使っていくうちにまだカーブが付いてくる可能性もあるらしいです。 あと、圧倒的に本つげ櫛と比べると歯が折れやすいようで、 本つげ櫛は落とすことや衝撃を与えると折れる恐れがあるけど、 髪の絡みで折れることはまずないとのこと、 あかね櫛は本つげ櫛よりは強度が劣るので歯が折れる確率が高くなる。 本つげ櫛が一生ものの櫛であるならば、あかね櫛は消耗品の櫛といったところでしょうか。 大事に使えば何十年でももつかもしれないけど、 本つげ櫛が親子代々使えるのに対してあかね櫛はその辺は劣る部分ですね。 そもそもあかね櫛を利用する人(結衣屋)は、バンバン消費して買い換えていくそうです。 使用する相手も人ではなく、カツラ。 歌舞伎役者や芸能関係のカツラだとか! 本つげ櫛とあかね櫛のおすすめはどっち?? う〜〜ん。。。 おすすめとなると〜 私が伺ったつげ櫛の専門店では あかね櫛を結衣屋さん、床屋さんが使用するので置いているそうですが、 普段使いでつげ櫛を購入したいと思っている一般の私たちには 本つげ櫛をおすすめするだろうな〜と話を伺って思いました。 自分たち職人が作っている櫛ですよ! 本つげ櫛とあかね櫛の違いを熟知しているので 持ち自体が違うということです。 せっかくお金出すなら質だったり、一生モノのよさだったりを知ってほしいとなりますよね! じゃあ、あかね櫛は良くないの?と言われるとそうではないです! 手軽に安くつげ櫛が欲しいと考えている人にはいいのかもと感じます。 ネットとかでも簡単に買えますしね。 こればっかりは人それぞれの価値観なので^^ でもね、本つげ櫛と並ぶとやっぱり国産のつげ櫛がいい! な〜んて私なんかは思っちゃいましたw ただただかっこいいからですよ! 本つげ櫛とあかね櫛の見分け方は?• 実際はつげ櫛専門店に行ければ1番いいのですが、 全国でも数少ないので行くこと自体が難しい部分でもありますよね。 あとはデパートの物産展に出ていることも多くあるので そういった場所に出向いてみるといいかも! 本つげ櫛とあかね櫛の違いと見分け方のまとめ 本つげ櫛とあかね櫛の違いを専門店で聞いてまとめてみました! いかがでしたか? 一生ものの櫛と言われる「つげ櫛」 国産の「本つげ櫛」に比べると強度は劣るけど手軽に手に入る「あかね櫛」。 ぱっと見の見た目はほとんど一緒ですが、 使っているうちに両者の馴染み方も変わっていきそうです。 値段も全然違うのであかね櫛を国産の本つげ櫛と勘違いして購入しないように注意してね! by 編集長coco.

次の

つげ櫛工房 辻忠商店

つげ ぐし

以前、について紹介しましたが、最近、柘植(つげ)の櫛(くし)にも、髪の毛がサラサラになる効果があることを知り、興味を持ちました。 特に、寒い冬は、乾燥や静電気で髪の毛がパサつき、傷みがちになるので、念入りなケアが必要だと思い、 獣毛ブラシとともに、 つげ櫛を必須アイテムにしたいと、思い始めたのです。 そこで、昔、母の鏡台にしまってあった つげ櫛のことを思い出し、母に尋ねてみたところ、すでに姉にあげてしまったとのこと。 その歴史は古く、なんと、日本最古の和歌集「万葉集」 (7世紀後半から8世紀後半)にも登場しています。 ちなみに、 つげ櫛を詠んだ和歌をご紹介すると・・・ 君なくは、なぞ身 み 装 よそ はむ、櫛笥 くしげ なる、黄楊 つげ の小櫛 をぐし も、取らむとも思はず (あなた様がいらっしゃらないなら、どうして身を装ったりするでしょうか。 櫛箱 くしはこ の黄楊 つげ の小櫛も手に取ろうとは思いませんわ。 ) 朝月 あさづき の、日向黄楊櫛 ひむかつげくし 、古 ふ りぬれど、何しか君が、見れど飽かざらむ (日向 ひむか の黄楊櫛 つげくし のように古い間柄ですが、どうしてあなた様は、いつまでも飽きることがないのでしょうか。 私は普通のくしで髪をといた後、仕上げに 獣毛ブラシでブラッシングし、艶を出すようにしているのですが、厳密にはどのような違いがあるのか調べてみると・・・ くしは、髪の毛をとかしたり垢やほこりを取る ブラシは、髪を整えたりスタイリングに使う。 マッサージ効果がある。 とのことなので、まずは、 つげ櫛で髪をとかし、次に 獣毛ブラシでブラッシングすると、ダブルの効果が期待できるかもしれませんね。 値段で違いがある? ダイソーのつげ櫛 「よのや」のつげ櫛(国産29800円~) ところで、 つげ櫛を実際に購入しようと調べてみると、100円ショップで売っている安価なものから、数万円する高価なものまで実に様々。 実際に値段によって違いがあるのでしょうか? 調べてみたところ、 100円ショップで売っているつげ櫛は、実は本物のつげではなく、材質のよく似た外国産の木なのだとか!(つまり偽物) また、 外国産(輸入物)は「代用つげ」と呼ばれるものを使用しており、こちらも、本物の柘植ではないようです。 (ほとんど機械で作っている) ということで、やはりお値段は高価になりますが、国産の柘植(つげ)が良いようです。 というのも、国産の つげ櫛を使うと ・とても丈夫なため、一生物である ・静電気が起きない ・肌の当たりが良く、年月がたつほど使いやすくなる ・手作りのため櫛歯の角を丸めて髪の毛が傷まないように削っている。 (機械削りでは不可能) ・木目が美しい ・年月が経っても汚い感じにはならず、美しく古びた感じになる。 なんだかますます欲しくなってきました。 用途は櫛歯で決める?! ところで、 つげ櫛の歯と歯の間の隙間のことを、 「手挽き」または「機械挽き」というそうですが、 国産の つげ櫛は、職人さんの手作りのため「手挽き」と呼び、 機械を使って挽く製法は「機械挽き」というそうです。 ) このお手入れを 1ヶ月に1回することで、 美しい状態を保つことができるそうです。 お手入れには少し時間をかけなければいけませんが、 手間暇かけることで余計に愛着がわきそうです。

次の

黄楊(ツゲ)

つげ ぐし

数多くある樹木のうち、なぜつげの木なのかというと、つげの木が櫛に最適な• しなやかさ• 固さ の両方を兼ね備えているからです。 固くて強い素材でありながら適度な弾力があるのでしなることも出来る。 つげの木の粘り強い性質は櫛として最適と言われています。 日本の伝統的な櫛 木目が細かく彫刻しやすいつげは櫛だけでなく、• 細工物 などの素材としても古くから親しまれてきました。 その歴史はとても古く、なんと日本最古の和歌集『万葉集』にも詠まれているほど! 日本古来の伝統的な櫛なのです。 また、つげ細工は固く使い込むほど艶が出るという特徴があることから、「変わらない絆」を表す 縁起の良いものとして大切にされてきたそうです。 夫婦円満• 家内安全 などのお守りとされることもありました。 櫛とブラシの違い 現在は、櫛もブラシも髪をとかす道具に分類されていますが、厳密にいうとこのような違いがあります。 櫛 髪をとかしたり髪についたほこりをとるために使うもの。 ブラシ 頭髪を整えるなどヘアセットに使うもの。 こうしてみると櫛が髪をとかすことに特化した道具ということがわかりますね。 本物のつげ櫛は一生もの 最近は「つげ櫛」と言っても様々で、• 国産のつげの木で作られたもの• 外国産のつげの木で作られたもの• つげ以外の木(例えば桃の木など)で作られたもの などがあり、数万円するものから100円ショップやドラッグストアなどで買える安価のものまであります。 「つげ櫛」という言葉は言わば 木製の櫛の総称として使われていると考えると良いかもしれませんね。 ちょっと使ってみたいという人にとっては挑戦しやすいですが、本物のつげ櫛を求めるのであれば専門店などを利用するのが間違った商品を買わずに済む方法と言えます。 国産のつげから作られる本物のつげ櫛はとても高価なものですが、弾力があり折れにくく耐久性に優れています。 お手入れをして大切に使えば何十年も使うことが出来ます。 使い続ける年月も含めて、 「自分だけの櫛」「一生ものの櫛」になりそうですね。 つげ櫛と椿油の関係 「つげ櫛」で検索をかければ「椿油」と出てくるほど、つげ櫛と椿油の関係は切っても切れない深いつながりがあります。 椿油 椿油=ヘアケアのイメージが強いかもしれませんが、実は髪だけでなく、顔、体にも使えるマルチオイル。 万能である理由は椿油に含まれる「オレイン酸」にあります。 「オレイン酸」は天然保湿成分で人の皮脂成分に最も近いと言われており、なんと椿油には85%も含まれているそう!皮膚に不足している成分を補いつつ、潤いのある健やかな肌に導いてくれます。 また、酸化しにくいというのも安心できるポイントです。 伝統的な製法で作られる一流のつげ櫛はそんな椿油をたっぷり含んでいます。 そのため美しい飴色をしているのですね。 「そんなに高価なつげ櫛は手が届かない…」という人は安価なつげ櫛を購入して、別で椿油を用意して合わせて使えばOK! つげ櫛と椿油のダブルの作用が働いて髪にツヤを与えることが出来ます。 髪をとかすだけで艶、まとまりのある美髪に!つげ櫛の効果 洗顔や歯磨きとと同じように毎日当たり前のようにするブラッシングですが、「どんなブラシやコームをつかっても髪をとかす目的は同じ」と思っていませんか? 実はつげ櫛を使って髪をとかすことには頭髪を整える以上の嬉しい効果があるのです。 静電気によるヘアダメージを防ぐ プラスチック製のコームやブラシで髪をとかして静電気が起きた経験はありませんか?これは髪とブラシが摩擦を起こすことで発生する 摩擦電気によるもの。 特に髪のうねり、くせ毛などは、• 頭皮の毛穴の歪み• 頭皮の血行不良• 髪の毛の水分バランスの乱れ などによって引き起こすと言われていますから、そういった髪のお悩みを持つ人には特につげ櫛はおすすめです。 毎日のブラッシングで髪質改善が期待できるかもしれませんね。 梅雨どきなどの髪が広がりやすい季節もつげ櫛で髪をとかせばまとまりのある状態に抑えてくれます。 つげ櫛の基本的な使い方と知っておきたい注意点とは? ここからはつげ櫛の使い方を紹介していきますね。 つげ櫛の基本的な使い方 櫛なので「普通にとかせばいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、つげ櫛のヘアケア効果を最大限引き出すためにも基本の使い方をマスターしておきましょう! 【手順】• まずは毛先からブラッシングを始めます。 毛先の髪をほぐすように櫛を通してくださいね。 続いて髪の根元から毛先にかけてすーっととかしていきましょう。 髪全体を一気にとかすのではなく 毛先からほぐしていくのがポイントです。 使うタイミング 普段ブラシを使うタイミングで使えば良いのですが、特に• シャンプー前• 洗髪後 などはつげ櫛を使うのがおすすめです。 シャンプー前 洗髪前につげ櫛で髪をとかしておけば、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や髪についた汚れなどが浮いて落ちやすくなります。 ドライヤー後 洗髪しドライヤーで髪を完全に乾かしたらつげ櫛でとかします。 まとまりのあるしっとりとした髪に仕上がりますよ。 つげ櫛を使う際の注意点 つげ櫛は木製なので以下のようなことに気を付けて使いましょう。 水分 つげ櫛を水やお湯などで洗うのはNG!歯がふやけて歪んだり破損の原因になってしまいますし、光沢も失われます。 濡れた状態の髪に使うのも避けましょう。 熱 熱に弱いつげ櫛。 ドライヤーやヘアーアイロンなどと一緒に使わないようにしましょう。 うっかり使ってしまうことがないよう、お風呂あがりやスタイリングの際はつげ櫛ではないブラシを用意しておくと安心です。 高級なつげ櫛の中にはお店が推奨するお手入れ方法が紹介されている場合がありますので、その場合はそちらに従ってください。 ここでは一般的なお手入れの仕方を紹介しますね。 【用意するもの】• ガーゼなどの柔らかい素材の布• つまようじ• 綿棒 【手順】• つまようじ、綿棒に椿油を染み込ませます。 つげ櫛についた汚れをつまようじや綿棒で優しく取り除いていきましょう。 汚れをとり終えたら、つげ櫛に椿油を染み込ませます。 2日間ほどおきましょう。 時間が経ったら椿油を布でふき取ります。 乾かしたらお手入れ完了です。 椿油を染み込ませる!オリジナルのつげ櫛を作ってみよう なかなか数万円もする高価なつげ櫛が買えない…という人は自宅で簡単に作れる方法がありますよ! オリジナルのつげ櫛で楽しくヘアケアが出来そうですね。 つげではない木櫛に椿油を染み込ませる方法 つげではない原木から作られている木製の櫛なら安ければ数百円で手に入れることが出来ます。 ここでは1週間ほど時間をおいて作る方法を紹介しますね。 【用意するもの】• 桃の木などの木櫛• 紙やすり• キッチンペーパー• 使い古しの歯ブラシ• ラップ 【手順】• まずは櫛の状態を整えるところからスタート!紙やすりで櫛をやすりがけしていきましょう。 やすりがけで出た細かい屑を歯ブラシで払ってきれいに取り除きます。 ラップの上に櫛を置き、上から椿油を数滴落としていきましょう。 ラップで丁寧に包み、その状態で1週間ほどおきましょう。 1週間後、ラップをはがし、キッチンペーパーで椿油をふきとります。 乾燥させたら完成です! ポイントは櫛にオイルがしっかり染み込むよう 下準備を行うこと。 買ってすぐの木櫛にはニスでコーティングされていますから、やすりで削り落とすことが大切です。 椿油以外でおすすめのオイル 日本古来のつげ櫛に使うオイルといえばやはり椿油が定番です。 先に説明したように、酸化しにくく、成分も人の皮脂に近いので、ヘアケアに最適です。 しかし、何も椿油でないと絶対にだめというわけではありません。 椿油の他に、ヘアケア効果が高いと言われているのが• あんず油• ゆず油 です。 和を感じさせる香りとつげ櫛がマッチして素敵に仕上がります。 他にもマルチオイルとして人気のホホバオイルやベビーオイルなどを使った方法もあるようですが、• 食用ではないもの• 植物性オイル• 天然由来のもの を選ぶようにしましょう。 今、私たちの周りにはたくさんのオイルがあり、ヘアケアにも良い効果をもたらすものがありますから、自分好みの オリジナルのつげ櫛を作るのも楽しいですね。 日本古来のつげ櫛でブラッシングがスペシャルなヘアケアに 奈良時代や平安時代に使われていたつげ櫛が今、若い世代にヘアケア効果が高いとして注目されているなんて、なんだか不思議な気持ちになりますよね。 健康的で美しい艶髪が美の条件であることは今も昔も同じこと。 毎日のブラッシングをヘアケアに変えてくれるつげ櫛、使ってみてはいかがでしょうか。

次の