スカンク ポケモン。 スカタンク|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

スカンプー

スカンク ポケモン

/野生のポケモンと出会いにくくなる。 また、相手の回避率ランクの変化の影響を受けない。 /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 相手を『どく』状態にする。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手を『どく』状態にする。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 USUM New! 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 USUM New! 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。

次の

スカンプー

スカンク ポケモン

森は高い木々が生い茂っており思ったよりも深かった。 「えー、こんな所に本当にアヤシイポケモンなんているのかしら?」 テールナーは不満げなそうに呟きながら調査を続けた。 ちょうど、お昼辺りをまわったところか (グゥ~) と テールナーのお腹が鳴ってしまった。 「どうしよう、簡単に終わるかと思ってお昼ゴハンを用意してこなかったわ」 テールナーは何か食べるものがないかとあたりを見回す。 するとサツマイモのような形をした木の実が近くに落ちていた。 テールナーは木の実を手に取ると 「あまりみかけない木の実だけど、色も普通だし・・・ちょっとぐらい・・ (ハム、モグッモグッ)」 木の実は意外にも甘く美味しかったせいか、丸々一個平らげてしまった。 「あー、おいしかった。 アヤシイポケモン調査というより「おいしい木の実」調査ね」 特に怪しいポケモンも発見できず帰路につこうとしたテールナー。 その時であった、テールナーのお腹の下あたりに痛みが走った。 「いたた、なんなの?」 同時にお腹の下部に膨張感があらわれる。 「ううっ さっきの木の実かな~?」 両手でお腹をさするテールナー その時、 (プゥ~~~ッ) テールナーのお尻から微量のガス、オナラが吹き出してしまった。 思わず顔を真っ赤にしてしまうテールナー。 「(は、はやく家に帰っておトイレに)」 テールナーは森を小走りに駆け抜けていく。 すると目の前に突如ポケモンが姿を現した 「ふふふ、どうもオレ様以外のニオイがすると思っていたら」 そのポケモンはスカンクポケモンのスカタンクであった。 「どうやら、オレ様が仕掛けた罠に引っかかってくれたみたいだな!」 「わ、わな?」 テールナーはふとサツマイモの形をした木の実の事を思い出す。 「くっ・・ じゃ、あのアヤシイポケモンのうわさは本当だったのね!(んんっ、またオナラが出そうッ)」 「正義の魔法少女とやらががオレ様を退治するとか何とか森の仲間から聞いてな ちょーっとからかってやろうと思ってたんだけどよ 案外、不用心なお嬢さんだな!わはははは!」 森にアヤシイポケモンが現れるというという噂は逆に魔法少女テールナーをおびき出すためのニセの噂だったのだ! 「なら、話が早いわ、ここでアナタを退治しまッ (プゥ~~~ッ) お腹に力を入れてしまったせいか再びガスを放ってしまっうテールナー 「おー、くせえくせえ、いままで嗅いだ屁の中で一番臭いわ!ちゃんと食事のバランス取ってるか?」 「う、うるさーい!オナラはくさいものなの!」 「じゃ、俺様が本当の屁というものを教えてやろう!」 スカタンクの つめできりさく! てっきりどくガスでくると思っていたのか テールナーは不意をつかれバランスを崩してしまった! 「きゃ」 尻もちをついて座り込んでしまったテールナー 「今だ!スペシャルどくガス」 スカタンクはテールナーに素早くお尻を向けると (ブボォ~~~ブゥ~ッ) テールナーはスカタンクのスペシャルどくガスを真に受けてしまった。 「ううっ く、くっさーーい!」 スカタンクのどくガス(オナラ)はテールナーの出すオナラよりはるかに臭かった。 「普通のポケモンならニオイでダウンしていたところだが、さすが魔法少女な事だけはあるな」 「わたしに汚いオナラをさせたり、臭いオナラをかけたり、もう絶対にゆるさないんだから!」 半泣き、いやオナラの匂いが目に染みた表情でスカタンクをにらみ付けるテールナー 「こ、こんどはこっちの番よ!マジカルフレイム!」 尻尾から抜いた枝を振りかざそうとするテールナー ・・だが (プゥ~~プリ)(ブォ) テールナーはまたもオナラを放ってしまった。 「くっさ! 、、(どうして!?)」 「残念だったな」 スカタンクが高々と笑う 実はさっきのスカタンクのスペシャルどくガスでテールナーの頭が混乱してしまっているのであった。 「そ、そんなわざが出しづらいなんて(ううっ、また大きいのがでそう)」 (プゥ~~プォ~)(ブッ(大)) 「は、はやくスカタンクを倒してお腹を治療しないと!」 「ぐふふ、そろそろかな~?」 スカタンクがにやける。 次の瞬間さっき出したテールナーのオナラの匂いが変化し出した 「!?な、なに?このニオイ、ほんのりと甘い香りが・・」 テールナーは自分が放ったオナラの匂いにうっとりしてしまった。 「説明してやろう、さっき放った俺様のスペシャルどくガスはな、嗅いだ者の屁を中毒ガスの屁にしちまうんだ」 「ま、嗅いでいる本人以外は普通のくっせー屁なんだがな!うはは!」 「うう、次から次へと変なマネして!(うう、オナラしたいいぃ)」 (プゥ~~プフォ~) テールナーは半分自分のオナラの嗅ぎたさに、すすんでオナラをしてしまった。 (くんくん やだ ・・オナラするのもなんだか気持ちよくなってしたし もっと嗅ぎたい・・・) テールナーは自分自身が気付かない間に堕ちていってしまっていった。 (プォ~プゥ~~ブゥ) さっきよりも濃いオナラを放出しては 半分アヘ顔になりながら自分のオナラを処理していった 「(んんっ、はぁへぁ、次が最後、このオナラが終わったらスカタンクを・・・)」 「終わったな、じゃ後は森のスカンク娘にでもなって壮大に森を汚してくれ!わははは!」 そういうとスカタンクはスモッグを放ちどこかへ去ってしまった。 「・・ん、はんぁ・・ま、待ちなさ (ブゥォ~プ~)」 テールナーは自分から快楽を求める変態放屁ポケモンへと変化し始めていた。 自慢だった紫色の体毛や尻尾は黒と白のスカンク模様になり 四つんばいになりお尻を上げては臭くて汚いオナラを豪快に放っては自分の屁のニオイに酔いしれるだけの屁ールナーになってしまった。 【屁ールナー キツネスカンクポケモン】【タイプ:どく】 【くさいおならは じぶんにとっては ごほうびだが まわりをひどく おせんしてしまう】 via.

次の

スカンプー

スカンク ポケモン

図鑑説明 の から ひどい においの えきたいを とばして こうげきする。 ひきょりは いじょう。 から くさい しるを とばす。 おなかで じゅくせいさせる じかんが ながいほど においが ひどくなる。 の から ひどい においの えきたいを とばして こうげきするが うえから ねらわれると とまどう。 の から くさい においの えきたいを とばして こうげき。 れんしゃすると においは よわまる。 がLvでした。 と同じくをとしているが、臭い液体を出す場所がからの先に変更された。 見たと鳴きなどからが低いのは相変わらずである。 をさせる他にも、番などに出現することがあるが、どちらの場合でも「」でしか入手できない。 同じ「どく/あく」のと較すると、攻撃はほぼ同等であり、スカタンクはや特攻が高いのに対し、は性が高い。 素さでも僅かに劣っているが、決して低い値ではない。 覚える技は「きりさく」や「だいばくはつ」といった強な技や一致の「つじぎり」「」など。 「かえんほうしゃ」や「」といったしい技も覚えられる。 の幹部・の切り札。 序盤でがくり出すスカタンクはL0(ではL3)と通常のでありえないとなっている。 「 ・」では・を率いて「ド」を結成し、の邪魔をしてくる。 でもの手持ちとして登場した。 また、ズのも使用した。 関連動画 関連商品 関連項目• おなら.

次の