キャベツ鍋レシピ。 キャベツ|レシピ|ゆとりの空間

キャベツ|レシピ|ゆとりの空間

キャベツ鍋レシピ

鍋の具材としてキャベツの人気が急上昇中! 身体がポカポカと温まる鍋料理。 味付けの種類も豊富で、不足しがちな野菜もたっぷりと補える大人気のメニューです。 特に、寒い時期の鍋料理は欠かせない存在ですよね。 そんな鍋料理の具材としてキャベツを足してみませんか。 キャベツは季節を問わずに購入しやすい野菜のひとつです。 しかも、キャベツは味噌味、塩味、豆乳味など幅広い味付けに馴染みやすいので、スープの味を選ばずともキャベツ鍋を楽しむことが可能です。 鍋の種類が和風でも洋風でもキャベツは大活躍間違いなしです。 実は、鍋料理の基本的な具材である白菜と同じくらいの需要をキャベツは受けているようです。 近年では、定番の具材としてキャベツの人気がどんどん上がっているのですね。 ぜひ、キャベツの栄養がたっぷりと摂れる美味しいキャベツ鍋を作ってみましょう。 味噌鍋と相性抜群の具材!キャベツの他は何がある? 前項では、鍋料理の具材としてキャベツの人気がどんどん上がっている理由について考えてみました。 では、キャベツの他にはどんな野菜が相性が良いのでしょうか。 キャベツとともに幅広いスープの味付けに馴染みやすいので、広く親しまれているのはいうまでもありません。 ここで注意点をあげると、ほうれん草をあまりにも加熱しすぎてしまうのは避けましょう。 理由は、口当たりが悪くなったり、ほうれん草のキレイな色味を壊してしまう恐れがあるからです。 そのため、ほうれん草を煮るときは手短にしましょう。 その玉ねぎの甘みを生かした味噌鍋にしてみませんか。 一例ですが、上記にいくつかの具材を挙げてみました。 お好みの具材をたして、味噌鍋料理を堪能しましょう。 キャベツの切り方はどうしよう? いざ、「味噌味のキャベツ鍋を手作りしよう!」となったときに気になるのがキャベツの切り方ではないでしょうか。 せっかく味噌鍋を作るのならば、より美味しい仕上がりにしたいというのが本音ですよね。 鍋料理のキャベツの正しい切り方は存在するのでしょうか。 先に答えをいってしまうと、大きめのひと口大に切るのが一般的ですね。 もちろん、芯は取り除きます。 キャベツに火が通ったら結構かさが減るため、大きめのサイズにカットして食感や見栄えが落ちないようにしましょう。 また、千切り鍋を作る場合にはもちろんキャベツは千切りにして加えましょう。 他にも、キャベツの芯を捨てて広げた葉を重ねていく重ね鍋も人気メニューですよね。 一番良いのは、その都度作るレシピに合わせて変えることです。 次項では、味噌味のキャベツ鍋の実際の作り方をお話ししていきます。 どのレシピも複雑な手順をふまずに誰でも簡単に作ることが可能です。 まずは、基本的な味付けのキャベツ味噌鍋を作る手順についておさえておきましょう。 【キャベツ味噌鍋の基本レシピ】 具材はキャベツ、豚肉、葱のシンプルで基本的な味噌鍋のレシピです。 初めて味噌鍋を手作りする方や、無難に美味しい味噌味の鍋が食べたいという方に特におすすめです。 白胡麻で風味豊かに仕上げましょう。 このとき、灰汁が出たらその都度捨ててください。 豆乳のまろやかさと味噌の相乗効果で濃厚な仕上がりになります。 キャベツをたっぷりと食べたい方は、お好きな分量を加えるのがおすすめです。 【豆乳をプラス!キャベツ味噌鍋のアレンジレシピ】 こちらは具だくさんで豆乳の栄養も摂れちゃう健康的な味噌鍋のレシピですね。 普段の味噌鍋の味付けを変えてみたいという方や、クリーミーな一品にしたいという方に特におすすめです。 豆乳の甘味が感じられるので、お子様と一緒にいただけるかと思います。 また、こちらのレシピは一度具材をフライパンで加熱するという手順をふんで鍋で煮ます。 少し面倒だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そのひと手間で深い味わいとなるのでより美味しい味噌鍋になること間違いなしです。 野菜を流水でよく洗い、葱は小口切りに、玉ねぎ・ニンジン・豚肉は食べやすいサイズに、キャベツは大きめのひと口大に切ります。 卵は温泉卵かゆで卵が良いでしょう。 ここで、味見をして味付けが好みの味になるように調整してください。 【じゃがバターでこってり系!キャベツ味噌鍋のアレンジレシピ】 この、組み合わせを意外に感じる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、キャベツ味噌鍋とベストマッチし、奥深い味へと導いてくれます。 こってり系が好きという方には特におすすめしたいですね。 野菜は流水でよく洗い、ジャガイモは輪切りに、ニンジンは斜め輪切りに、鶏肉は食べやすいサイズに、キャベツは大きめのひと口大にカットします。 カットした鶏肉は塩をまぶしておきます。 しめじはキッチンペーパーなどで汚れを軽く落として、石づきを捨ててひとつひとつ分離しておきます。 このとき、一度沸騰したら弱火に調整します。 ここで、スープの味見をしつつ、調整が必要であればしてくださいね。 キャベツに味がしっかり染み込んだ味噌鍋は絶品! 季節を問わない購入のしやすさ、スープの味付けの種類を問わない馴染みやすさがキャベツが人気である理由のひとつです。 味噌の味がしっかりと染み込んだキャベツは格別に美味しいですよね。 キャベツ味噌鍋といっても基本的なものからアレンジを加えたものまでレシピが豊富です。 ぜひ、キャベツ味噌鍋を作ってみてはいかがでしょうか。

次の

こてっちゃんの人気レシピ集!キャベツなどの野菜と!もつ鍋にも!

キャベツ鍋レシピ

春(3~5月):キャベツ、白菜、大根、もやし、レタス、ニラ、水菜 夏(6~8月):キャベツ、白菜、レタス、もやし、トマト 秋(9~11月):キャベツ、白菜、大根、もやし 冬(12~2月):白菜、キャベツ、大根、もやし、大根おろし 季節によって人気野菜に大きな違いはないものの、夏場にはレタスやトマトといった夏野菜を加えてさっぱりと、秋から冬にかけては大根や大根おろしをたっぷり入れて、だしのうまみがしみ込んだおいしさを楽しむなど、味わいを変えて季節感を演出しているようです。 新定番はキャベツ!人気の理由とは? 鍋の定番野菜といえば、白菜や長ネギを想像しがちですが、データによれば、キャベツが白菜と双璧をなすほど人気。 春から秋にかけては白菜の検索数を上回っているのです。 鍋に入れる野菜としてキャベツの人気が高まったのは、市販の鍋つゆの素の種類が増えたことが理由のひとつといえそうです。 味噌、レモン、塩、豆乳、カレーなど、味のバリエーションが広がったことで、和風、洋風、エスニック風など、さまざまな味付けに合うのに加えて、通年で手に入りやすいキャベツが、白菜に代わって使われるようになったのかもしれません。 また、キャベツはトマトやミートボールといった食材との相性も良く、洋風鍋に使いやすいのもポイントです。 だしのうまみをたっぷり味わう、キャベツが主役の鍋レシピを紹介します。 ニンニクは薄切りにして、しめじ、えのきは食べやすいサイズにほぐす。 キャベツは好みの大きさに、ニラは5cm長さにそれぞれ切る。 土鍋にだし、ニンニク、鷹の爪を入れ、沸騰させる。 豚バラ肉を加え、あくを取り除き、めんつゆを加える。 塩、コショウ、ごま油で味をととのえる。 しめじ、えのき、もやし、キャベツを入れて煮る。 一度に入りきらない場合は、かさが減ってから追加する。 ニラを加え、フタをして火を通す。 牛もも肉、豚バラ肉は包丁でたたいて粗びきにする。 タマネギ、ニンニクはみじん切りにする。 ベーコンは1cm幅、ミニトマト、マッシュルームは縦半分に切る。 なすは縞目状に皮をむき、2cm厚さの輪切りにする。 フライパンに[A]のサラダ油を熱し、タマネギを炒め、冷ましておく。 キャベツは葉を破らないようにそっとはずし、塩少々を入れた熱湯で茹でる。 やわらかくなったら水にとって冷まし、軸の部分を削り取る。 鍋にオリーブオイルを熱し、ニンニクとベーコンを弱火でじっくり炒める。 ミニトマトを加えてサッと煮たら、仕上げにバジルを添える。 具材と味付けによって、無限の組み合わせを楽しめる鍋。 新定番のキャベツを使って、今までとはひと味違う、新しい鍋料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の

キャベツのレシピ35選!つくれぽ1000以上だけ!人気1位は?大量消費にもおすすめ!メインや簡単サラダなど

キャベツ鍋レシピ

キャベツ鍋の人気レシピ1つ目は、「塩ちゃんこ鍋」です。 あっさりと塩で味付けられた出汁は、キャベツの甘味をしっかり引き立ててくれます。 豚バラ肉や鶏もも肉など、脂のうまみをもった食べごたえのある肉類を入れるとコク深くおいしくなります。 材料(2~4人分)• 豚肉:300g• 白ネギ:2本• 油揚げ:2~3枚• 豆腐:1丁• きのこ類:適量• かまぼこ、ちくわ、肉団子などお好みで• 豚肉を広げ入れます。 野菜を加えて、煮込んだらできあがりです。 豚しゃぶキャベツ鍋は、あらかじめたっぷりの野菜を鍋に煮て、お肉をしゃぶしゃぶしたら、たっぷりの野菜を包んで食べるヘルシーな鍋です。 材料(2~3人分)• 豚肉(しゃぶしゃぶ用):300g• しめじ、えのきなどのきのこ類:適量• キャベツは1cm幅のざく切りにします。 大根とにんじんは、スライサーで薄く切ります。 キャベツときのこ類をいれ、火が通るまで煮ます。 豚肉、大根、にんじんをしゃぶしゃぶして鍋で煮た野菜と一緒に食べます。 鶏肉はコラーゲンがたっぷり含まれた手羽やももを使い、みじん切りにしたニンニクをスープに混ぜることで、スタミナもアップします。 風邪をひきやすい冬にはにんにく鍋がおすすめです。 材料(3~4人分)• 鶏肉(手羽、もも):300g• 長ネギ:1本• 豆腐:1丁• れんこん:100g• にんにく:3片• 鶏肉を食べやすい大きさに切ります。 キャベツはざく切りにし、他の材料も食べやすい大きさに切ります。 鶏肉を弱火で煮て火が通ったら他の具材を入れひと煮立ちさせたらできあがりです。 キャベツ鍋の人気レシピ6つ目は、「豚キムチ鍋」です。 寒くなると食べたくなるのが体を芯から温めてくれるキムチ鍋。 豚バラとキャベツをたっぷり入れると、疲労回復や風邪予防、アンチエイジングにも効果的です。 材料(3~4人分)• 豚バラ肉:400g• 大根:4~5cm• キムチ:150g• 油揚げ:2枚• 豆腐:1丁• キャベツをざく切りにし、大根は薄めのイチョウ切り、えのきは石づきをとり、油揚げ、豆腐、ニラは食べやすい大きさに切ります。 大根に軽く火が通ったら、豚肉と野菜を入れて煮ます。 豚肉と野菜に火が通ったら、ニラを入れフタをして火を止めたらできあがりです。 キャベツをはじめ、好きな野菜をせん切りにして鍋に入れ、しゃぶしゃぶしたお肉でくるっと巻いて食べるのがおすすめ。 豚肉:400g• にんじん:中1本• 玉ねぎ:1個• えのき:1株• 酒:大さじ1• 塩:少々• 水:適量• ポン酢、ごまだれ:お好みで 作り方• キャベツとにんじんは千切りにし、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにします。 えのきの石づきを取り小房に分け、水菜は根を落として、半分に切っておきます。 鍋に水を沸かして、酒と塩を加え、玉ねぎとえのきにサッと火を通しておきます。 豚肉と、千切りにした野菜、水菜を鍋に入れて火が通ったらできあがりです。 発酵食品のみそとチーズは相性が抜群なので、豆乳と合わせるとまろやかな味わいのキャベツ鍋になります。 材料(3~4人分)• 鶏もも肉:1枚• ウインナー:1袋• プチトマト:7~8個• しめじ:1株• 鶏もも肉を一口大に切り、キャベツはざく切りにします。 にんじんとブロッコリーを一口大にカットし、しめじは石づきを取って小房に分けます。 鍋に水と豆乳を入れ、軽く煮立ったら弱火にし、みそとコンソメを加えて混ぜ合わせます。 スープができたら、具材を火の通りにくいものから入れて煮ます。 具材に火が通ったら、火を止めチーズを全体にかけて、フタをます。 余熱でチーズが溶けたらできあがりです。 えのきやしめじ、しいたけなどのきのこ類は、鍋料理の具材としてよく食べられています。 食物繊維がたっぷり含まれていて、カロリーが低い食材なので、美肌やダイエットなどに効果的です。 栄養豊富なキャベツを鍋で美味しく味わおう! 鍋料理はたくさんの具材を一緒に煮込んで、それぞれのうま味をしっかり味わうことができるおすすめの調理法です。 メインの野菜をキャベツにすると、合わせるスープのバリエーションが豊富になります。 メインの野菜は同じでも、スープが変われば飽きることなくキャベツ鍋を食べることができるので、野菜不足も解消できます。 鍋のスープを作るのは面倒…という人には市販のスープがおすすめです。 最近では便利に小鍋用のスープの素もあるので、キャベツが余ったら簡単にキャベツ鍋をたのしむことができます。 市販のスープについて気になる方やキャベツを大量消費したい方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

次の