キングダム 632話 ネタバレ。 【キングダム】632話ネタバレ!羌瘣(きょうかい)はやっぱり信が好きだった

最新ネタバレ『キングダム』632

キングダム 632話 ネタバレ

再び目を覚ますと、目の前には信の背中が見えていました。 すかさず羌瘣は呼びかけます。 「信っ 待てっ」 原泰久『キングダム』631話より引用 ところが、信が振り向いてくれません。 どうやら羌瘣の声が聞こえていないようです。 天地の間は、闇が続く暗黒の世界が広がっています。 原泰久『キングダム』631話より引用 そして、信の目の前には朱 あか い階段がありました。 信は朱い階段を今にも登ろうとしています。 三途の川ならぬ、地獄への階段でしょうか。 羌瘣は叫んで止めました。 「ダメだ、信 その階段を上ったら 本当に戻れなくなる」 必死の呼びかけも届かず、信はボーっとした表情で前へ進んでいきます。 このまま叫んでいては意味がありません。 羌瘣は力ずくで止めようと、立ち上がろうとしました。 ところが、両手と両足が思うように動きません。 羌瘣が地面を見ると、先程までなかったドロドロとした沼に引き込まれていたのです。 立ち上がることもできず、呼びかけても信は応じません。 このままでは信が階段を上ってしまいます! 「待てっ 待って、信!!」 原泰久『キングダム』631話より引用 涙を流して叫んだ羌瘣。 信は反応し、後ろを振り返りました。 「あれ? 何か呼ばれたような気がしたけど」 なんという事でしょう。 信は羌瘣の姿が見えていなかったのです! でも、一瞬だけ声が聞こえたのは確か。 まだ羌瘣は諦めていませんでした。 スポンサーリンク 親友との再会 原泰久『キングダム』631話より引用 信がふと横をみると、なんと立っていたのは漂! 「よ」と、手を上げて挨拶してきました。 久しぶりの再会とは思えない、なんて気軽な挨拶でしょうか。 漂が信の前に現れたのは、朱い階段まで案内するためでした。 天地の間はとても迷いやすい場所。 先程まで信の目の前にあった朱い階段も、いつのまにか遠くに離れていました。 漂の説明では、階段を上らないとずっとココでさ迷うことになるようです。 原泰久『キングダム』631話より引用 じっと羌瘣を見る漂。 漂には、羌瘣が見えているようです。 ところが、何も声をかけることなく、信と一緒に歩き始めました。 羌瘣は止めたくても、周りがぬかるんだ沼になっているため身動きがとれません。 沼はジワジワと、羌瘣の力を吸い取っていきます。 どうやら命を吸う沼のようです。 羌瘣はこのまま信を助けることができず、沼に命を吸われるだけなのでしょうか。 いや、羌瘣は諦めません! 「あいつを戻すんだ 信を・・・ 飛信隊の元に・・・」 羌瘣は叫びながら、沼から両手を持ち上げました。 両足は沼に入ったままですが、どうにか立ち上がることができたのです。 スポンサーリンク 忘れてしまった信 朱い階段に向かう信と漂。 久しぶりの親友との再会です。 二人は子供の頃の話で盛り上がっていました。 話は、尾平と尾到が隠れているなか、二人でとなり村の一家をボコボコにした話でした。 子供とはいえ、当時から信と漂は強かったのです。 信はニンマリとして言い切ります。 「オウよ 二人で鍛えまくったからな」 漂は少し黙ったあと、信に尋ねたのです。 「・・・何のために鍛えていたか 覚えているか?」 原泰久『キングダム』631話より引用 信は「1番強くなるため」と断言します。 おかしいですよね。 信の夢は天下の大将軍になることです。 漂との大事な夢だったはず。 信は忘れているのでしょうか? 話題は、漂が死んだあと信が何をしていたかに移ります。 信の自慢は止まりません。 戦場へ行って活躍したこと。 強い敵を倒したこと。 自分の隊を持ったこと。 話を聞いて、漂は真剣な表情で尋ねました。 「・・・なんて名の隊だ?」 質問されて立ち止まった信。 自分の隊なのに、どうしても名前が思い出せないのです。 「あれ・・・ 何だっけ、忘れた・・・」 原泰久『キングダム』631話より引用 信じられません! なんと信は飛信隊を忘れてしまったようです。 信と漂が先へ進むなか、後ろでは羌瘣が苦しがっていました。 立ち上がれたものの、嘔吐が止まらず声を出すこともできません それどころか、血まで吐き出してしまいました。 あまりの苦しさに、羌瘣は沼に手をついてしまいます。 スポンサーリンク 必死に阻止する羌瘣 朱い階段に辿り着いた信と漂。 階段の色は血のように真っ赤で、上空へと続いています。 階段を上る前に漂は再び尋ねました。 「他に何か 話すことはないか、信」 少し信は悩みます。 色々あったような気もしますが、どうしても思い出せないのです。 唯一思い出せたのは、秦国の王様に会えたこと。 会えたというよりは、大事な友人といってよいでしょう。 漂は尋ねます。 「その王様は どんな顔をしてるんだ?」 原泰久『キングダム』631話より引用 秦国の王、嬴政 えいせい といえば、漂にそっくりな顔をしています。 漂はかつて影武者として王に仕えました。 ところが、政の脱出作戦に失敗して、漂は政の身代わりとして命を落としたのです。 まだ子供だったにも関わらず、役目を全うした漂。 「俺を天下に連れて行ってくれ」と言葉を残し、信の腕の中で息を引き取りました。 親友との大事な約束。 信は約束まで忘れてしまったのでしょうか? 漂の問いかけに、腕を組んで必死に考える信。 大事なことを忘れているような気もしますが、どうしても思い出せません。 漂はどこか悲しそうな表情をしています。 信は迷うことなく、朱い階段を上ろうと足を前に出します。 ところが、足がどうしても前に進みません。 まるで誰かに止められているような感覚。 本人には見えていないのでしょう。 原泰久『キングダム』631話より引用 信の腰あたりを羌瘣が抱きつき、前へ進むのを必死に止めていたのです。 羌瘣は息をするのもやっとの状態。 苦しそうな表情をしながらも、信に向かって呼びかけます。 「お前の隊の名前は飛信隊だっ 忘れるな、バカ そしてお前の夢は・・・」 羌瘣が続きを言おうとすると、なぜか漂が止めました。 「それは 自分で思い出さないといけないんだ」 信が生き返るためには、大事な記憶は自分で思い出さないといけないのでしょう。 漂も本当は止めたかったはず。 しかし、出来ないからこそ、質問をして思い出させようとしたようです。 スポンサーリンク 漂とした約束 立ち止まった信。 階段に上ろうとしていた足をおろして、漂に謝りました。 「わりー、漂 まだ・・・ お前達の所には行けねーや」 漂は理由を尋ねます。 すると、信は穏やかな表情で言い切ったのです。 「決まってるだろ 二人の夢だった 天下の大将軍にまだなってねー!」 原泰久『キングダム』631話より引用 「そうだったな」と返事をする漂。 どうにか上手く行ったようです! 安堵の表情を浮かべる羌瘣。 戻る方法は、光の穴を通ればいいだけ。 信の後ろには、いつのまには一人分だけ通れるぐらいの光の穴が出来ていました。 漂は羌瘣に感謝したのです。 「羌瘣 俺は役割を制限されていた 本当にありがとう」 羌瘣の肩をポンとたたくと、漂の姿は消えてしまいました。 驚く信。 すると、やっと隣に羌瘣が座っていることに気がつきました。 「羌瘣!? お前こんなとこで何してんだ どうした、立てるか!?」 羌瘣はうなだれるように涙を流しながら、ボソッとつぶやきます。 「もう立てないから起こして」 信は羌瘣の両脇をグイっと持ち上げます。 原泰久『キングダム』631話より引用 すると、羌瘣は信の首に腕を回してぎゅっと抱き着きました。 動揺する信。 羌瘣は「頑張れ」と言うと、腕を離して信の背中を押したのです。 信は光の穴へと消えていきました。 スポンサーリンク 届いた仲間の想い 羌瘣は全ての力を使い切ったのでしょう。 その場に倒れ、再びドロドロとした沼へと沈んでいきます。 このままでは寿命の半分どころか、羌瘣自身が命を落としてしまいそうです! すると、天地の間ではあり得ない二人の足音が。 羌瘣へ近づくなり、両腕を引っ張って沼から引きずり出してくれたのです。 安堵する二人。 一人が微笑んで言いました。 「何だか分らんが、なーんかまだ 役目がありそうな気がして とどまってよかったぜ」 原泰久『キングダム』631話より引用 もう一人も「ああ全くだ」と同意します。 羌瘣は声をきいてすぐに分かりました。 助けてくれた二人こそ、松左と去亥だったのです。 死んだあとでも、仲間に対する思いを忘れていなかったのでしょう。 早くしなければ光の穴が閉まってしまいます。 松左と去亥は、光の穴に向かって羌瘣を投げました。 「じゃーな、羌瘣 うちらの大将、頼んだぞ」 羌瘣は涙が止まりませんでした。 羌瘣のおかげで、朱い階段を上らずに済んだ信。 戦場では、倒れた信の周りに飛信隊が集結。 信の名を叫んで呼びかけていました。 羌瘣も意識を失ったままです。 でも、諦める仲間は一人もいません。 声が擦り切れんばかりに呼びかけ続けます。 誰もが涙を流して叫んでいたのに!? 原泰久『キングダム』631話より引用 突然、ひょこっと立ち上がった信。 あまりにも突然立ち上がったので、仲間は驚愕! 目の前の状況と感情が追いつきません。 驚いた表情のまま、一瞬訪れた静寂。 気が緩んだのでしょう。 次の瞬間には、みんな「どわあっ」と叫んで後ろへ倒れ込みました。 河了貂は口をパクパクしたまま。 田永に至っては、驚き過ぎて口から泡をふいています。 誰もが驚愕し過ぎて、次の言葉がでません。 尾平は先に喜びを爆発させ、叫んだのです。 「信~うわああああああっ」 喜ぶ飛信隊。 信は状況が掴めず、不思議そうな表情をしています。 でも、信は確かに生き返りました! 戦場に喜びの声が広がっていったのです。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 631-632 話のまとめ 原泰久『キングダム』631話より引用 今回は、羌瘣の想いがなかなか届かず、とてもヒヤヒヤした回でした。 でも、最終的には思い出し、信はあの世から帰ってきたわけです。 まさか、先に命を落とした松左と去亥が助けてくれるとは思いませんでした。 二人の死もムダではなかったのです。 しかし、死の淵をさ迷って、何もないとは思えません。 ただでさえ、信は命を削って戦ってきました。 生きて帰れたからといって、すぐに戦える状態ではないでしょう。 最悪の場合、記憶が一部消えている可能性もあるかもしれません。 また、羌瘣も信を助けるために、寿命の半分を差し出しました。 今後の戦いに大きく響くのではないでしょうか。 李牧は鄴へと戻り、亜花錦軍が後を追いました。 鄴の周りでは桓騎軍が包囲しています。 はたして、終わっていない秦軍VS趙軍の戦いはどうなるのか!? 目覚めた信は何を語るのか!? 次回が楽しみです!.

次の

【キングダム】632話ネタバレ

キングダム 632話 ネタバレ

Contents• こうなる展開はわかってはいたものの、ついその感動的なシーンに涙してしまった人もいるのではないかと思います。 632話はどのような展開となるのでしょうか? 羌瘣の命に別状はなし? の最後に信は羌瘣のおかげで復活し、ひょこっと立ち上がります。 その後なんとか羌瘣も復活し、一安心した読者も多いのではないでしょうか。 自分の命と引き換えに死者の命を救うとされていた禁術ですので、最後羌瘣はもうダメかと思いましたが、今は亡き松佐や去亥に最後の最後で救ってもらった羌瘣。 一方で、流石に羌瘣は無傷という訳には行きません。 おそらく命のかなりの割合をすり減らして信を助けたはずですが、それを信は知る予知もありませんでした。 次回632話では、その命を減らしてまで信を助けたことに信は気付く可能性があるのでは?と考えています。 信が蘇り飛信隊が出動か? 信が死んでしまったことでメンタルの部分が完全に崩壊してしまった飛信隊。 戦争である以上は隊長が倒れてしまったとしても国の勝利のために李牧を追うべき立場の飛信隊でしたが、誰も動けなくなるほど信という存在は大きかったのですね。 しかし、羌瘣のおかげで信は蘇り飛信隊も一緒に息を吹き返しました。 ここから飛信隊の猛追が始まり、李牧を信が討つという展開もないこともないはずです。 しかし、龐煖から受けたダメージは相当なもの、ましてや一度死の淵に追いやられている信が一体この後どんな動きになるのか気になるところです。 信のことですので、体に鞭を打ってでも飛信隊を引き連れて李牧を追い鄴へ向かうのではないかと考えます。 飛信隊は蒙恬が指揮をとる? 王翦将軍の信頼を得ているのは信だけでなく、蒙恬もであったことを覚えていますでしょうか? 蒙恬は麻鉱(まこう)が李牧に討ち取られ麻鉱軍の士気が完全に下がってしまった場面で、持ち前の指揮力をはっきして麻鉱軍を先導し壊滅の危機を乗り越えました。 そんな王翦将軍の信頼を得ている蒙恬が、飛信隊を率いて鄴へ向かうという可能性も非常に高いと考えられます。 信も王賁とは違い蒙恬とは良好な関係のため、蒙恬にであれば飛信隊を預けられると考えるでしょう。 李牧を追い、蒙恬に従えた飛信隊が更なる活躍を見せるのでしょうか? キングダム632話ネタバレ最新話確定速報!次の展開の予想・考察! 信 サラッと復活笑笑 — 春原陽平 11月17日爆誕 siku89xx 信と羌瘣が死の淵から復活し、ついに次週632話からは鄴での最終決戦に移るはずです。 どのような展開になるのでしょうか? 舞台は鄴へ移り最終決戦へ すでに3話くらいにわたり信の命の行方を追っている展開だったため、肝心の戦いの流れがどうなっているのかはストップしていました。 信が復活したことで次の展開に入れるため、舞台は鄴へ移り最終決戦を迎えることは間違い無いでしょう。 李牧は王翦からの追撃をなんとか逃げ切り、桓騎軍が囲んでいる鄴へ到着します。 李牧はまるで全てが想定内であるかのように、隠された策で逆転の戦いに流れを切り替えようとするはずです。 ここを乗り切れなければ趙は間違いなく敗れるであろう大事な決戦。 龐煖という最強のカードを失ってしまった李牧が切るカードは、これまで目立った活躍を見せてこなかった2人に託すのではと考えます。 そう、カイネと傅抵の若い2人が鍵を握るはずです。 まさかの龐煖復活? 羌瘣の力で信が蘇ってしまったため、龐煖との戦いの際に出てきた回想シーンは一体なんの伏線だったのか気になっている人が多いようです。 これが実現すればまたスピリチュアルの世界に入ってしまいますが、もしかすると龐煖が復活して鄴の戦いに再び出てくるという可能性もゼロでは無いのでは? となると、その時に龐煖を破るのは一体、、、 信が再度戦いに挑むのか、桓騎に瞬殺でやられてしまうのか、、、 期待が高まります。 スポンサーリンク キングダム632話ネタバレ最新話確定速報について読者の予想・考察・感想は? そういえば今週のキングダム唐突にファンタジーなのは良いというかなんやかんや感動したんですけど、信が目覚めた時の顔がツボすぎて読んだとき思わず笑ってしまいました…。 — やの yanojanaiyo それでは続いて、キングダムの大ファン達による632巻の予想・考察・感想を見ていきましょう。 ツイッターだけでなく、キングダムの専用掲示板の情報も一緒に掲載していきます。 キングダムのコミュニティによる最新話の予想・考察は? キングダム632話ネタバレ確定!最新話の内容と感想について 信、死にやがった。 こんだけ盛り上げて、主人公死亡。 これはないわ〜 激怒。 はじめの一歩と一緒やん。 主人公が負ける、死ぬはタブー。 キングダムの作者と編集者、許さん。 げ〜、最低の気分。 — リヤン tyrant1975 632話がヤンジャンに掲載されましたので、実際にどうだったのかを見ていきます。 笑 渕さん正体現したね。 羌瘣可愛すぎやろこれ原先生ありがとうございます!! 朱海平原の戦いは制したんやからちょっと休んで欲しい。。 倒れた信の周りを囲んでいた飛信隊の面々は、涙を流して歓喜します。 一方何が起きているのか状況がよく掴めていない信。 竜有や田永も泣きながら駆け寄ります。 そして、誰よりも信との付き合いが長い河了貂も涙を流しながら信の復活を喜びました。 信は一体何が起きているのかさっぱり分からず、困惑の顔を見せます。 羌瘣はどうなったのか? 前631話で、羌瘣は松左と去亥がギリギリのところで救ってくれたのです。 何もない辺り一面が真っ白の世界に羌瘣は迷い込みます。 そこがどこだかも分からず、困惑している羌瘣の後ろから誰かが話しかけてきます。 そう、それは羌瘣が愛する姉 象姉だったのです。 羌瘣は、現実の世界に戻るまでの間、今後二度と話すことができない象姉と座って話始めます。 今回、羌瘣が使った蚩尤 しゆう 族の禁術は、自らの命を削ることで為せる術です。 そこまでして、命がけで男を好きになることがあるんだね、と象姉。 羌瘣は意味がよくわかっておらず自覚がないのですが、戦う仲間だから救ったと恥ずかしそうに話ます。 同じ戦う仲間である尾平であれば命がけで救ったのか?という象姉の意地悪な質問に対して、羌瘣はキッパリとそれはないと答えます。 笑 かわいそうに尾平。。。 笑 そんな中、象姉は冗談半分でいつから好きだったのかを羌瘣に尋ねると、なんと割とあってからすぐくらいかも、と驚きの返答をする羌瘣。 死の淵にいるのに、なんだか姉妹の心温まる展開ですね。 象姉が重たい口を開く ここからは重い話の展開になります。 いいことが2つ、悪いことが1つあるということ。 まず悪いこと一つは、羌瘣は今回の禁術の代償として、やはり寿命の半分を失ってしまったこと。 むしろ、そのまま死んでしまってもおかしくないところを松左と去亥に救ってもらえたことは幸運でしかありません。 そして、残りの2つのいいことを訊こうとしたところで、羌瘣の手は徐々に薄くなり現実の世界へ戻っていきます。 結局、象姉がいいことを伝える前に羌瘣は現実世界に戻ってきていしまいました。 そして現実世界でふっと目を覚ます羌瘣。 信が、よくわかんねーがお前が助けてくれたんならありがとな、と感謝を述べるのです。 死の淵を彷徨っていた羌瘣は、体力も限界、その状況を理解できる仲間は誰もいませんでした。 飛信隊も最終決戦の舞台へ 信と羌瘣が現実世界に戻ってきたのも束の間、そこに蒙恬が登場します。 蒙恬の隣には王賁や番陽もいます。 信が死んだのかもしれないと悪い予感がして駆けつけた3人でしたが、生きている信を見て一安心します。 さあ、もうのんびりしている暇はありません。 ここからは李牧を追って飛信隊も復活し、最後の戦いに臨みます。 一時信が死んでしまったとで動揺が走った飛信隊ですが、全員が気持ちを切替え河了貂の一声で李牧を追うために前進します。 趙軍の全軍退却 趙軍は、左右中央の3隊が全て退却しました。 そのことを知らなかった信は、蒙恬から説明を受け驚きます。 そう、朱海平原から趙軍が全軍撤退したということは、この戦いに勝利したことが確定したのでした。 朱海平原の戦いは、ピンチが何度も訪れ危ない展開が何度もありましたが、信が龐煖を葬ったことにより秦軍の完全勝利となったのです。 【キングダム最新話632ネタバレ確定速報と考察感想予想!】まとめ 今日も今日とて。 上司もこんな人であれば 爆笑 — J. Nifty7 nifty7771 ここまで、キングダム632話ネタバレ最新話確定速報と考察!飛信隊はどう動く?について見てきましたが、以下に内容をまとめます。

次の

【キングダム】632話ネタバレ!羌瘣(きょうかい)はやっぱり信が好きだった

キングダム 632話 ネタバレ

再び目を覚ますと、目の前には信の背中が見えていました。 すかさず羌瘣は呼びかけます。 「信っ 待てっ」 原泰久『キングダム』631話より引用 ところが、信が振り向いてくれません。 どうやら羌瘣の声が聞こえていないようです。 天地の間は、闇が続く暗黒の世界が広がっています。 原泰久『キングダム』631話より引用 そして、信の目の前には朱 あか い階段がありました。 信は朱い階段を今にも登ろうとしています。 三途の川ならぬ、地獄への階段でしょうか。 羌瘣は叫んで止めました。 「ダメだ、信 その階段を上ったら 本当に戻れなくなる」 必死の呼びかけも届かず、信はボーっとした表情で前へ進んでいきます。 このまま叫んでいては意味がありません。 羌瘣は力ずくで止めようと、立ち上がろうとしました。 ところが、両手と両足が思うように動きません。 羌瘣が地面を見ると、先程までなかったドロドロとした沼に引き込まれていたのです。 立ち上がることもできず、呼びかけても信は応じません。 このままでは信が階段を上ってしまいます! 「待てっ 待って、信!!」 原泰久『キングダム』631話より引用 涙を流して叫んだ羌瘣。 信は反応し、後ろを振り返りました。 「あれ? 何か呼ばれたような気がしたけど」 なんという事でしょう。 信は羌瘣の姿が見えていなかったのです! でも、一瞬だけ声が聞こえたのは確か。 まだ羌瘣は諦めていませんでした。 スポンサーリンク 親友との再会 原泰久『キングダム』631話より引用 信がふと横をみると、なんと立っていたのは漂! 「よ」と、手を上げて挨拶してきました。 久しぶりの再会とは思えない、なんて気軽な挨拶でしょうか。 漂が信の前に現れたのは、朱い階段まで案内するためでした。 天地の間はとても迷いやすい場所。 先程まで信の目の前にあった朱い階段も、いつのまにか遠くに離れていました。 漂の説明では、階段を上らないとずっとココでさ迷うことになるようです。 原泰久『キングダム』631話より引用 じっと羌瘣を見る漂。 漂には、羌瘣が見えているようです。 ところが、何も声をかけることなく、信と一緒に歩き始めました。 羌瘣は止めたくても、周りがぬかるんだ沼になっているため身動きがとれません。 沼はジワジワと、羌瘣の力を吸い取っていきます。 どうやら命を吸う沼のようです。 羌瘣はこのまま信を助けることができず、沼に命を吸われるだけなのでしょうか。 いや、羌瘣は諦めません! 「あいつを戻すんだ 信を・・・ 飛信隊の元に・・・」 羌瘣は叫びながら、沼から両手を持ち上げました。 両足は沼に入ったままですが、どうにか立ち上がることができたのです。 スポンサーリンク 忘れてしまった信 朱い階段に向かう信と漂。 久しぶりの親友との再会です。 二人は子供の頃の話で盛り上がっていました。 話は、尾平と尾到が隠れているなか、二人でとなり村の一家をボコボコにした話でした。 子供とはいえ、当時から信と漂は強かったのです。 信はニンマリとして言い切ります。 「オウよ 二人で鍛えまくったからな」 漂は少し黙ったあと、信に尋ねたのです。 「・・・何のために鍛えていたか 覚えているか?」 原泰久『キングダム』631話より引用 信は「1番強くなるため」と断言します。 おかしいですよね。 信の夢は天下の大将軍になることです。 漂との大事な夢だったはず。 信は忘れているのでしょうか? 話題は、漂が死んだあと信が何をしていたかに移ります。 信の自慢は止まりません。 戦場へ行って活躍したこと。 強い敵を倒したこと。 自分の隊を持ったこと。 話を聞いて、漂は真剣な表情で尋ねました。 「・・・なんて名の隊だ?」 質問されて立ち止まった信。 自分の隊なのに、どうしても名前が思い出せないのです。 「あれ・・・ 何だっけ、忘れた・・・」 原泰久『キングダム』631話より引用 信じられません! なんと信は飛信隊を忘れてしまったようです。 信と漂が先へ進むなか、後ろでは羌瘣が苦しがっていました。 立ち上がれたものの、嘔吐が止まらず声を出すこともできません それどころか、血まで吐き出してしまいました。 あまりの苦しさに、羌瘣は沼に手をついてしまいます。 スポンサーリンク 必死に阻止する羌瘣 朱い階段に辿り着いた信と漂。 階段の色は血のように真っ赤で、上空へと続いています。 階段を上る前に漂は再び尋ねました。 「他に何か 話すことはないか、信」 少し信は悩みます。 色々あったような気もしますが、どうしても思い出せないのです。 唯一思い出せたのは、秦国の王様に会えたこと。 会えたというよりは、大事な友人といってよいでしょう。 漂は尋ねます。 「その王様は どんな顔をしてるんだ?」 原泰久『キングダム』631話より引用 秦国の王、嬴政 えいせい といえば、漂にそっくりな顔をしています。 漂はかつて影武者として王に仕えました。 ところが、政の脱出作戦に失敗して、漂は政の身代わりとして命を落としたのです。 まだ子供だったにも関わらず、役目を全うした漂。 「俺を天下に連れて行ってくれ」と言葉を残し、信の腕の中で息を引き取りました。 親友との大事な約束。 信は約束まで忘れてしまったのでしょうか? 漂の問いかけに、腕を組んで必死に考える信。 大事なことを忘れているような気もしますが、どうしても思い出せません。 漂はどこか悲しそうな表情をしています。 信は迷うことなく、朱い階段を上ろうと足を前に出します。 ところが、足がどうしても前に進みません。 まるで誰かに止められているような感覚。 本人には見えていないのでしょう。 原泰久『キングダム』631話より引用 信の腰あたりを羌瘣が抱きつき、前へ進むのを必死に止めていたのです。 羌瘣は息をするのもやっとの状態。 苦しそうな表情をしながらも、信に向かって呼びかけます。 「お前の隊の名前は飛信隊だっ 忘れるな、バカ そしてお前の夢は・・・」 羌瘣が続きを言おうとすると、なぜか漂が止めました。 「それは 自分で思い出さないといけないんだ」 信が生き返るためには、大事な記憶は自分で思い出さないといけないのでしょう。 漂も本当は止めたかったはず。 しかし、出来ないからこそ、質問をして思い出させようとしたようです。 スポンサーリンク 漂とした約束 立ち止まった信。 階段に上ろうとしていた足をおろして、漂に謝りました。 「わりー、漂 まだ・・・ お前達の所には行けねーや」 漂は理由を尋ねます。 すると、信は穏やかな表情で言い切ったのです。 「決まってるだろ 二人の夢だった 天下の大将軍にまだなってねー!」 原泰久『キングダム』631話より引用 「そうだったな」と返事をする漂。 どうにか上手く行ったようです! 安堵の表情を浮かべる羌瘣。 戻る方法は、光の穴を通ればいいだけ。 信の後ろには、いつのまには一人分だけ通れるぐらいの光の穴が出来ていました。 漂は羌瘣に感謝したのです。 「羌瘣 俺は役割を制限されていた 本当にありがとう」 羌瘣の肩をポンとたたくと、漂の姿は消えてしまいました。 驚く信。 すると、やっと隣に羌瘣が座っていることに気がつきました。 「羌瘣!? お前こんなとこで何してんだ どうした、立てるか!?」 羌瘣はうなだれるように涙を流しながら、ボソッとつぶやきます。 「もう立てないから起こして」 信は羌瘣の両脇をグイっと持ち上げます。 原泰久『キングダム』631話より引用 すると、羌瘣は信の首に腕を回してぎゅっと抱き着きました。 動揺する信。 羌瘣は「頑張れ」と言うと、腕を離して信の背中を押したのです。 信は光の穴へと消えていきました。 スポンサーリンク 届いた仲間の想い 羌瘣は全ての力を使い切ったのでしょう。 その場に倒れ、再びドロドロとした沼へと沈んでいきます。 このままでは寿命の半分どころか、羌瘣自身が命を落としてしまいそうです! すると、天地の間ではあり得ない二人の足音が。 羌瘣へ近づくなり、両腕を引っ張って沼から引きずり出してくれたのです。 安堵する二人。 一人が微笑んで言いました。 「何だか分らんが、なーんかまだ 役目がありそうな気がして とどまってよかったぜ」 原泰久『キングダム』631話より引用 もう一人も「ああ全くだ」と同意します。 羌瘣は声をきいてすぐに分かりました。 助けてくれた二人こそ、松左と去亥だったのです。 死んだあとでも、仲間に対する思いを忘れていなかったのでしょう。 早くしなければ光の穴が閉まってしまいます。 松左と去亥は、光の穴に向かって羌瘣を投げました。 「じゃーな、羌瘣 うちらの大将、頼んだぞ」 羌瘣は涙が止まりませんでした。 羌瘣のおかげで、朱い階段を上らずに済んだ信。 戦場では、倒れた信の周りに飛信隊が集結。 信の名を叫んで呼びかけていました。 羌瘣も意識を失ったままです。 でも、諦める仲間は一人もいません。 声が擦り切れんばかりに呼びかけ続けます。 誰もが涙を流して叫んでいたのに!? 原泰久『キングダム』631話より引用 突然、ひょこっと立ち上がった信。 あまりにも突然立ち上がったので、仲間は驚愕! 目の前の状況と感情が追いつきません。 驚いた表情のまま、一瞬訪れた静寂。 気が緩んだのでしょう。 次の瞬間には、みんな「どわあっ」と叫んで後ろへ倒れ込みました。 河了貂は口をパクパクしたまま。 田永に至っては、驚き過ぎて口から泡をふいています。 誰もが驚愕し過ぎて、次の言葉がでません。 尾平は先に喜びを爆発させ、叫んだのです。 「信~うわああああああっ」 喜ぶ飛信隊。 信は状況が掴めず、不思議そうな表情をしています。 でも、信は確かに生き返りました! 戦場に喜びの声が広がっていったのです。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 631-632 話のまとめ 原泰久『キングダム』631話より引用 今回は、羌瘣の想いがなかなか届かず、とてもヒヤヒヤした回でした。 でも、最終的には思い出し、信はあの世から帰ってきたわけです。 まさか、先に命を落とした松左と去亥が助けてくれるとは思いませんでした。 二人の死もムダではなかったのです。 しかし、死の淵をさ迷って、何もないとは思えません。 ただでさえ、信は命を削って戦ってきました。 生きて帰れたからといって、すぐに戦える状態ではないでしょう。 最悪の場合、記憶が一部消えている可能性もあるかもしれません。 また、羌瘣も信を助けるために、寿命の半分を差し出しました。 今後の戦いに大きく響くのではないでしょうか。 李牧は鄴へと戻り、亜花錦軍が後を追いました。 鄴の周りでは桓騎軍が包囲しています。 はたして、終わっていない秦軍VS趙軍の戦いはどうなるのか!? 目覚めた信は何を語るのか!? 次回が楽しみです!.

次の