スティーズ エアー。 スティーズAIR TWをおかっぱりバサーが率直にインプレ

スティーズSV TWのドラグやハンドルは社外品に交換できない?【最近のダイワリール】

スティーズ エアー

2020年1月発売されたダイワの新ベイトフィネスリール『スティーズ AIR TW』 『スティーズ』という名前は、Daiwaの中で頂点に位置付けられ、最高峰のモデルにしか付けられないブランドです。 その名の通り、性能は今まで発売されたベイトフィネスリールの中で間違いなくNo. 1! このリールの「何が凄いのか?」というと、 今までのベイトフィネスリールが諦めてきたことを完全にクリアしてしまったことなんです。 基本的にベイトフィネスリールというのは、 「軽いルアーを投げられるような設計にすればするほど、繊細なブレーキ調整が必要になる」 という問題を抱えています。 だから、「フィネス性能を取るのか?」それとも、「キャスト時のストレスの少なさを取るか?」で、モデルが二極化されていました。 例えば、は、軽いルアーをキャストできる性能よりも、ブレーキ調整やバックラッシュなどのキャスト時のストレスの少なさに焦点を置いたリールです。 対して、は、ルアーごとに繊細なブレーキ調整が必要だけれども、どんなに軽いルアーもキャストできるフィネス性能に焦点を置いたリール。 そして、この『スティーズ AIR』は、キャスト時のストレスがないのに、フィネス性能も抜群に高い完璧なリールなんです。 唯一、「値段が高い」という欠点こそあるものの、その価値は十分にあります。 ブレーキ調整は「20段階のマグダイヤル」で行う。 8」はハイギアモデル。 普通のベイトリールよりも手返しが良い為、打ち物系ルアーに向いている。 1」は超ハイギアモデル。 回収スピードが早く、広い範囲をテンポよく短時間でカバー打ちできる。 巻き物 小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど 6. またノーマルギアに比べて、楽に早巻できるメリットも。 中には、まともに動かなくなるルアーも。 太いラインを巻いた遠投には不向き。 発売日 2020年1月 メーカーHP.

次の

【スティーズ AIR TW】ダイワの次世代ベイトフィネスリールを超解説【自重135g・超小口径28mmスプール】

スティーズ エアー

スティーズAIRのスペック スティーズAIRのスペックについては、 や 各種動画に出ている内容の方が 詳しいし分かりやすいですね。 スティーズAIRの使用感 ここからは、 実際に水辺に立ち、 スティーズAIRを使ってみた感想 を書いていきます。 持ってみた感想 うーん。 確かに軽い。 室内でラインを巻いている段階で 軽っっ!! って気付くくらい。 上記の写真はSSAIRですが、 SSAIRと比べても 明らかに軽い。 期待通り。 スモラバ、DS、シャッド 今まで使用していたものは、 全く問題なく使用できます。 ラインを7ポンド程度にすると、 超気持ちよく飛んでいきます。 飛距離は文句なし。 小径スプールだから 極端に飛距離が落ちる ってことはなさそうです。 ただ・・・。 泣きたいのは管理人です。 誤解を恐れずに言えば、 もうね、オカッパリにおいては SSAIRとほとんど変わらない。 これが正直な感想です。 俺は、 感動を求めてたんだよっ!!! ほほー。 不満無く使えるわー。 こんなレベルじゃ、 テンションが上がりきらないんですよ。 スティーズAIRの率直な感想 スティーズAIRについて気になる部分 について、 1つずつ回答していきます。 キャスト出来る下限は? 確かに、 より軽いモノが投げられる感 はあります。 ただ・・・、 当然ながら タックルセッティングは必須です。 7~10ポンドを使いたい場合は、 SSAIRと大差ない印象です。 同じ日に投げ比べているので、 間違いありません。 更に、重量が増えてくれば、 SSAIRの方が飛ぶ。 じゃあ、ってことで ラインを6ポンド以下に落とすと、 スティーズAIRの方が飛ぶ。 ・・・でも、 6ポンド以下のライン使うなら、 スピニングで良い可能性が高い。 ・・・これはもうPEか!! ということで、PEラインを試しました。 PEが使用できるメリット スティーズAIRは PEラインの使用が 公に認められています。 今までのダイワさんの ベイトフィネスリールでは、 フロロ推奨だったので、 この部分については 管理人も期待していたところ。 期待してPEのラインを 使用してみたのですが、 キャスト感などは SSAIRと大差有りません。 TWSの効果を実感できる程、 遠投も出来ません。 唯一のメリットは、 メーカー公認のスプール強度 というところ。 でもね、 安心してスパスパ投げられる分、 フロロの方が 結果的に遠投できる印象です。 小口径スプールのデメリット として言われる ラインの巻き癖については、 今のところ感じていません。 23追記 使用時は特に気になりませんが、 スプールから引き出して テンション抜くと グリングリンにはなってますね。 繰り返しますが、 糸癖で飛距離がガクンと下がるとか、 使用感が落ちた印象はありません! リトリーブ感は? リトリーブ感は、 SSAIRよりは若干気持ちいい。 オモチャ感というか、 カチャカチャ感が、 SSAIRより少ない。 そういう意味では、 ちょっとだけ カチャカチャ感は減ったな。 という印象です。 スティーズAIRのインプレまとめ ここまで散々なインプレですが、 スティーズAIRが悪い というわけではありません。 と言うよりは、 SSAIRの時点で、 技術的には既に完成していた のだと思います。 新製品にも関わらず、 このようなネガティブな インプレになったこと・・・。 寧ろ、 管理人はダイワ党といって良い程に、 ダイワ製品を使用しています。 そんな管理人であっても 今回のインプレに至った理由としては、 おかっぱり専門バサーであること が一番の理由です。 10メートル以内のキャスト がメインであれば、 軽量ルアーの下限が下がったことや、 スキッピングがし易いという差は 出てくると思います。 要は、 適材適所。 分かってはいましたが、 淡い期待をしていた自分が居ます。 3グラムのダウンショットなら、 SSAIRと大差有りません。 数メートル先に、 虫系ルアーを手返し良く投げる。 これがメリットになる そんなスタイルのために、 開発されたリールです。 分かってて購入した管理人ですら、 若干ヘコんでいます。 値段が値段ですからね。 軽さと巻き感度の上昇に重きが無い SSAIRを所有している方は、 その辺を慎重に考えて購入すると、 気持ちよく使えると思います!! 実測の飛距離こそほぼ変わりませんが、 TWSのおかげで、 飛んでいっている 感は メチャクチャあります。 軽いし、巻き心地も悪くない。 釣りは趣味。 とのことなので、 もう少し使い込んで、 再度インプレしてみたいと思います!! 2020. 23追記 魚を掛けてみましたが、 グイグイ寄せて来られます。 , ,• , , ,.

次の

スティーズ AIR TW

スティーズ エアー

前回の18スティーズの続きです。 前回はスティーズの各部重量などを確認していきましたが、後編ではインプレションを含む内容でお送りしたいと思います。 17、18スティーズの特徴はなんと言ってもダイワのお家芸とも言えるマグシールドを排除したということでしょう。 12、15モデルのイグジストをメインリールとして使用してきたのですが、使っていくうちにマグシールドは必要ないと感じていたのでマグシールドが排除されたスティーズタイプ1、タイプ2は気になりますよね。 18スティーズタイプ1の外観・変更点 スティーズタイプ1と15イグジストの外観・変更点を確認していきます。 何度も言いますが、個人的にこのリールの最大の特徴はマグシールドレスということでしょう。 ダイワの営業の方に確認したのですが、スティーズ(スピニング)のベースとなったモデルは15イグジストだそうです。 15イグジストからマグシールドを抜いて各部チューンしたのがスティーズなのです。 ラインローラーの変更点 15イグジストのラインローラー スティーズタイプ1のラインローラー。 わかりにくいですがマグシールドラインローラーが搭載される以前の機種に近い形状に変更されています。 シールドを形成させる為の磁石が必要なくなったから?真相はわかりませんが、軽量化にも貢献しているはずです。 ローターの最も外側にあるラインローラー部分が軽くなったことで巻きの軽さにも関係してくるのではないでしょうか。 余談ですが、以前15イグジストのラインローラーをサードパーティ製のラインローラーに交換したのですが、ラインローラーと中に入っている磁石を取り除いたことでローターのウエイトバランスが狂ったことがあります。 リーリング中にローターがブレているのがはっきりわかるほどだったので、付属の調整用のウエイトをローターに取り付けました。 エアローターの変更点 15イグジストのエアローター。 見慣れた形状ですね。 しかし、スティーズのエアローターはこうなります。 エアローターの形状が微妙に違いますが、重要なのはそこではなく、ローターの上の部分に注目してください。 ここが最も大きな違いです。 この段差によってラインがスプールの内部に入り込んでシャフトに巻きつくトラブルを軽減してくれます。 ちょっとした些細なことかもしれませんが、ラインを目視しにくいナイトゲームはもちろんんのこと、ライトラインを扱う場合は便利な機能です。 この機能によってスプールシャフトにラインが巻きつくトラブルが皆無と言ってもいいぐらいに減りました。 スプール形状の変更とラインを巻く時の注意 15イグジストのスプール。 何も気にせずスプールエッジの下までラインを巻いています。 ラインの太さ、種類によって巻き量は調整しますが、だいたいこんな感じではないでしょうか? 続きましてスティーズのスプールです。 スティーズのスプールは一段下に段差がありますので、そこまでラインを巻くようにします。 従来通りエッジの下まで巻くと巻きすぎになりますので注意が必要です。 スティーズのインプレ・使用感 ライトリグメインに使用してきました。 購入後ハンドルをZPIのファンネルに交換しているので、ノーマルでの使用感ではないのでご了承下さい。 巻き心地・巻き感度 マグシールドを排除した恩恵か?とても軽い巻き心地です。 ハイギアモデルを使用した時にハイギアとは思えない巻きの軽さに驚きましたが、ノーマルギアモデルは更に軽い巻き心地になってます。 巻き始めが重たいというメガティブはフィーリングは一切なく、大げさかもしれませんが、指一本で巻けるのではないかと思う巻きの軽さです。 軽くリーリングできるのでハンドルで感じる負荷の変化を感知しやすい、スムーズな巻き始め、止めたいところでハンドルを止める事も容易になります。 関連記事: (2018年10月28日追記:ハンドルをZPIのファンネルに交換してハンドルを軽量化して使っていますが、もう異次元巻き心地です。 巻きのフィーリングを追求するならファンネルに交換するのも1つの手ですね。 どうやら今年で廃盤のようですが・・・) ドラグ性能 ドラグ性能については、15イグジストと同じATDなので大きな違いは感じられません。 両機種共にATDドラグによって、魚にしっかりとテンションを掛けながらやりとりできるので、魚を早く浮かせることができます。 まとめ 軽量な15イグジストをベースにマグシールドを排除したモデルがスティーズです。 マグシールドが入っていないので淡水専用ですが、(私は気にしてませんがw)圧倒的な巻きの軽さ、巻き感度を備えています。 ローターにラインが入り込み込まないような仕組みやスプールエッジの変更などライトラインを使う上では完全にイグジストの上位互換となっています。 今では18イグジストがフラッグシップモデルなので当たり前かもしれませんが。 今後は替えスプールを用意してバス釣り、ライトゲームで使います。 (今は面倒ですがラインを毎回抜いてます・・・).

次の