光 写真素材。 写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

イルミネーション写真素材4

光 写真素材

最初のステップとして部屋のカーテンをすべて開け、照明を消すことから始めます。 すると普段より暗く感じるかもしれませんが、どの窓からどんな光が入ってくるのか体感できます。 さんさんと直射日光が差す窓辺もあれば、隣の建物が近くて薄暗い光しか入らない部屋もあるかもしれません。 でも心配は無用です。 その部屋にどんな光が入ってくるのか理解すればテーマに合った写真が撮ることができるようになります。 肝心なのはあなたが撮りたいと思ったテーマ( 動機 )と光がマッチしているかどうかです。 では、光がどこからきているか見極めるために、まずは日中に窓のある室内で花の写真を撮ってみましょう。 例えば赤いレンガの建物が隣にあると太陽光が反射して赤い光がこちらの室内に差し込むことになります。 あまり極端に色かぶりしているようならカメラの色温度補正だけでは補えきれず撮影に不向きかもしれませんが、それは稀なケースだと思います。 また、室内の天井や壁、そして床の色も反射して被写体に影響することも考えられます。 ですがこれらの理由で「 撮影に不向き 」と決めつけなくてもいいのです。 その部屋で撮った、あなたらしい写真として演出されることもあるからです。 大切なのは 「自身の撮影環境をよく把握する」ことです。 また、室内に限りませんが気をつけなければならないのは、自分が着ている洋服の色です。 撮影に集中するあまり、被写体に近づきすぎて自分のシャツの白さがレフ板の役目を果たしてしまうことがあります。 意図的なら構いませんが、洋服の色によっては被写体に「 色かぶり 」する恐れがあります。 プロカメラマンが黒やグレーなどの反射率の少ない落ち着いた色合いの洋服で撮影することが多いのは、そういう理由もあるからです。 ですがどうでしょう。 紫陽花を撮るテーマは「 しっとりとした佇まい」でした。 光が強いため「 紫陽花 」の「 しっとり感 」が表現できていない写真となりました。 ガーベラ撮影とは異なり、今回は窓から離れた場所で撮った方が、狙い通りのテーマを表現したということになります。 紫陽花を撮った図解です。 壁が遠いと反射光が弱く、左から入る太陽光の光によるシャドゥ( 影 )が強く出ます。 撮影場所を変えながら 「 撮りたいと思ったテーマと光がマッチしている 」場所を考えることが重要です。 被写体に光を当て向き合い、どんな光で撮ると自分の表現したいことと合致するのか、考えてください。 肝心なのはハイライトとシャドウを見極める( 光と影を見極める )ということです。 自然光とその反射光だけでは、「 テーマと光のマッチングが取れない 」場合もあるでしょう。 その時はライティング用機材で「 光を創る 」ことになります。 詳細な機材の使用方法・テクニックは別の機会に解説したいと思いますが、今回は「 光を創る 」ための代表的な機材について簡単に触れておきましょう。 継続的に光を発しないので使用には慣れが必要です。 それに対し、LEDライトは常に一定の光をはなちます。 最近ではLEDの撮影機材も増えてきました。 従来のタングステンライトは電球色の物が多く、また熱を発し、取り扱いに慣れが必要ですがLEDライトは色が太陽光に近く、発熱も少ないので扱いやすい機材です。 ストロボ、LEDライト共に一長一短の特徴があります。 人物やペットなど動きのある被写体を写し止めたいときにはストロボが向いています。 商品や料理、花のように動かない被写体に対してじっくりライティングを進めたい時にはLEDライトが向いているでしょう。 光を反射させ、シャドウ部の光の乏しさを補うボードの事をレフ板と言います。 それ自体では光を発しませんから「 光を補う 」というイメージが強いのですが、被写体に近づけすぎるとメインライトよりも強い光を当ててしまう結果になることもあります。 そのため、レフ板の当て方はメインライト並みに配慮が必要で、その当て方はセンスを問われる重要なファクターです。 素材や色も様々で、白、銀が一般的ですが中には金色のものもあります。 コンパクトに折りたためるものなど便利なものがあります。 ストロボ、LEDライト、ディフューザー、レフ板にも多くの種類が存在しています。 撮影する被写体・状況・撮りたいイメージによって使い分けが必要です。 詳細な解説は次回以降に譲るとして、今回は基本的な使用法を押さえておきましょう。 レースなどの布やトレーシングペーパーを簡易的にライトの前に設置する際は、ライトから充分距離をとり、発熱、発火しないよう注意して下さい。 ですが今ではデジタルカメラでISO感度の調整ができますから、撮影に相応しい場所か定義するのは「 強い光がたくさん入る場所 」ではなく、「 光の選択肢が多い場所 」といえるかもしれません。 ですから「 大きな窓があるけれど、常に直射日光が当たる空間 」だとかえって表現の幅が狭まってしまいます。 窓に遮光カーテンが付いていると光が入る面積をコントロールできます。 さらにレースのカーテンがあれば光の芯の強弱が調整できます。 そして部屋の片側だけではなく他の方角にも窓があれば、1日中光を選べて撮影しやすい空間になるでしょう。 自然光は太陽の位置や雲の分量を自由に変えることができません。 この時は写真用品を使用して、窓からの距離を考え、光を和らげたい時は、窓と被写体の間にディフューザーを入れたり、レフ版でシャドウを起こしたりすること( 影の部分を明るくすること )が決め手になります。 レフ板には銀レフや白レフ、形や素材も様々なものが写真用品として販売されていますので自分が扱いやすいものを選ぶと良いでしょう。 「 ディフューザー 」と「 レフ板 」。 この2点があれば室内に限らず、撮影の幅が広がりますので、カメラ、レンズ、三脚、の次にこの2つをご用意頂けると良いでしょう。 フラッシュ光で撮影するには機材の使い方を習得する必要がありますが、自然光はすぐに始められるばかりでなく、日常の生活を切り撮るという意味で自然な作品になります。 お子さんの生誕を機に初めてカメラを購入なさる方も多いのではないでしょうか。 カメラに内蔵されているフラッシュはそれほど光量の強いものではありませんが、生まれたばかりの赤ちゃんに対してフラッシュ撮影は避けたいものです。 目に刺激を与えるばかりか、せっかくの睡眠の妨げになってはいけません。 デジタルカメラにはISO感度の設定が調整できますから、ISO感度を上げ、シャッタースピードを速くすることで、ブレを抑え、多少暗い部屋の中でも撮ることができます。 そして子供の撮影の狙いには「可愛く撮る」ことの他に、「日常を記録する」という意味が大きいです。 その部屋の様子はどんなだったのか、どのような光に包まれていたのか? 写真は、いま一緒に過ごしている家族のためばかりではなく、遠方のおじいちゃん、おばあちゃん、そして子供が大きくなった時にさらにその子供に語り継ぐためのツールです。 愛情に包まれた貴重なひと時を記録するために「 光 」は重要な要素です。 子供を撮るために「 光 」を選ぶというよりは、子供の写真を撮るうちに光による印象の違いが学べるかもしれません。 ぜひ、沢山撮って、優しい光、強い光、しっとりした湿度の感じる光、、、など、自分の作品に自由に取り入れられるようになると、もう上級者ですね。 新しい1日が始まります。 著者:高崎 勉(Tsutomu Takasaki) 1967年 富山市生まれ 写真家、広告カメラマン 東京工芸大学短期大学部卒業後(株)アマナを経て1999年独立。 主に広告業界で活動し「心に響く商品写真」を追求。 プロフェッショナルクリエイター を育成する「Takasaki Seminar」を開催し、後進の育成にも積極的に関わる。 第65回毎日広告デザイン賞・最高賞。 87th N. ADC 入賞。 APAアワード入賞など、受賞多数。 作品制作にも積極的に取り組んでおり、2011年の発表以降、年2~3回のペースで写真展開催。 NPO法人「日 本の写真文化を海外へプロジェクト」ディレクター。 プライベートでは被写体を「商品」から「愛娘」に替えて、写真三昧の日々を過ごす。

次の

素材と光の方程式

光 写真素材

これは、空間を構成する素材の「反射率」が大きく関係しています。 反射率とは、物体が光を反射する割合のこと。 そのため、Aのような白い内装の空間は少しの照明器具でも明るくなりやすく、Bのような黒い内装の空間は照明器具を増やしてもなかなか明るい印象にはなりません。 光が決める素材の見え方 光は、その広がり方によって「スポット光」と「拡散光」の2種類に分けることができます。 ・スポット光…点光源などによって局部を照らす光 ・拡散光…面光源などによって広範囲を照らす光 スポット光は一方向から光が当たるため、陰影がはっきりと表れるのが特徴です。 例えば、バイク。 バイクは、たくさんの細かなパーツ、つやのある素材で構成されるため、スポット光がつくり出すはっきりとした陰影と映り込みによって、その凹凸と光沢感が強調されます。 スポット光だからこそ、バイクが持つハードな印象を際立たせることが可能です(写真上)。 反対に、拡散光はあらゆる方向から光が当たるため、陰影がはっきりと出ません。 例えば、布。 拡散光で照らされた布の陰影は緩やかなグラデーションを描くため、凹凸が強調されず、布が持つ柔らかさを演出することができます。 (写真下)。 』 今回のテーマは、素材と光の方程式。 嬉しい効果が生まれる組み合わせもあれば、注意しなければいけない組み合わせも。 白つや消しと拡散光はとても相性がいい組み合わせです。 素材に光源が映り込むことなくあらゆる方向に光を拡散するため、天井面の素材が白つや消しだと、どこにいても手もとが影にならない光環境をつくることができます。 子どもが床に近い高さで遊ぶ保育園・幼稚園や、手もとでの作業が多いオフィスなどに適した組み合わせです。 写真は細長く狭い空間ですね。 ただし、壁面の素材が白つやあり、奥には拡散光が広がっていることで、壁面に奥の景色が映り込み、空間に透明感が生まれています。 この透明感が狭さを緩和してくれています。 」なんて通路におすすめです。 写真の和室は、黒つや消しの塗り壁に横方向からすりガラス越しの拡散光が広がっています。 黒つや消しと拡散光の組み合わせは、陰影と素材との境目が曖昧になります。 エッジの消えたシームレスな空間は落ち着いた印象に。 畳や障子など、和室を構成する素材にはつや消しが多い気がしますね。 写真の空間は、壁・天井面が白つや消し、床面が黒つやありの素材で構成されています。 床に設置されたアッパーライト(光を上方に照射する照明器具)の光が天井面で拡散されて空間全体が明るい印象に。 さらに、つやありの床面には次の部屋の景色が映り込み、下方向にも広がりが生まれています。 窓のない閉鎖的な空間にも関わらず、意外と広く感じる気持ちの良い空間になっています。 写真は、受付カウンターの下に間接照明が設置されています。 …が、白つやありの床面に光が映り込み、光源の粒々が丸見えに。 隠したはずの照明器具も恥ずかしがっていることでしょう。 このように、つやあり素材と間接照明は、とても相性が悪い組み合わせです。 映り込みによる失敗が多いので、気をつけてくださいね。 ガラスは光を鏡面反射してしまうため、映り込みは避けることができません。 効果的に利用しましょう。 写真は、ロンドンのザ・シャードというビルです。 外壁を覆うガラスが空に向けて少し傾いていることで、太陽という自然界の拡散光を受け、近くから見ても遠くから見ても空だけが映り込んでいます。 超高層ビルにも関わらず、映り込みの効果により、圧迫感を感じさせない佇まいになっていますね。 ロンドンの曇天によく馴染むデザインだと思います。 イルミネーションが、向かいのビルのガラスにも映り込んでいます。 キラキラが倍になってきれいですね。 光を扱う時は、光を直接受ける素材だけでなく、その周囲の素材にも着目すると、お得な効果が得られるかもしれませんよ。 ガラス(鏡)の映り込みは上手に使えば効果的ですが、失敗もつきもの。 例えば、展示品の周囲に鏡を配置する際などは要注意。 展示品を照らしているはずのスポット光が鏡に映り込み、展示品よりも目立ってしまうという結果に…。 温かみのある木と色温度が低い(赤っぽい)光はとても親和性が高いです。 行灯からの赤っぽい拡散光が木に広がる様子は情緒がありますね。 凹凸の仕上げと光は相性がいいです。 凹凸が光を受けることで、仕上げに表情やリズムが生まれます。 室内では、カーテンやブラインドも凹凸リズムをつくる大切な要素です。 ヨーロッパの建築外壁には、石貼りによる目地や装飾が多い印象がありますが、この目地や装飾が光を受けることによって、建築の形が浮かび上がるとともに、街並みにリズムが生まれているように感じます。 番外編として、ルーヴル美術館にあるミロのヴィーナス像をピックアップ。 どのように素材と光が組み合わされているのか、考察してみましょう。 ヴィーナス像は白つや消し、背景の壁面は磨かれた黒つやありの素材です。 写真には写っていませんが、横に開口部があり拡散光(外の光)によって照らされています。 さらに、黒つやありの壁面は、光を吸収せず、反射・拡散するため、ヴィーナス像がより多くの光を受ける結果となり、その存在をさらに際立たせています。 ヴィーナスのための特別な組み合わせになっていると思います。 永島さんの『素材と光の方程式』は、空間の可能性を広げる手法の一つとして活躍してくれそうです。 内装材選定や照明計画の際に、ぜひ取り入れてみてくださいね。

次の

2020年最新!おすすめの無料(フリー)画像・写真素材サイト7選【商用利用OK】

光 写真素材

INDEX• 無料 フリー 写真素材を使用する時の注意 無料の写真素材サービスは、クリエイティブ活動を行う上で様々な場面で役立つ便利なサービスですね。 ただし、 配布されている写真素材を自由に使用することが認められている訳ではないという点には注意しておきましょう。 下記に具体的な禁止事項などをご紹介しておきます。 すべて自由に使用できる訳ではない 下記にご紹介しているサービスは、無料ダウンロード可能、著作権表記不要、商用利用可能のサービスですが、サービスによっては下記の行為が禁止されている場合があります。 最低限のマナーを守って利用するようにしましょう。 再配布の禁止• 販売の禁止• 加工なしでの販売の禁止• 公序良俗に反する写真素材の使用の禁止 フリー画像・フリー写真を利用する場合は、 必ず配布元のサイトでライセンスを確認してから使用するようにしましょう。 可能であればクレジットを掲載してあげよう フリー写真素材の多くは 著作者表記無しでの利用も認められているため、必ず表記しなければならないという訳ではありません。 ただし、著作権表記不要の無料サービスであっても、 提供されている写真素材は誰かが無償で提供してくれているものです。 サービスによっては著作権表記を「推奨」しているものも多く、クレジットの表記が可能な場合は、提供者に感謝の意を込めてダウンロードページのリンクなどを掲載してあげると親切です。 おすすめの無料 フリー 写真素材サービス この記事でご紹介しているサービスは、すべて 著作権表記不要で 商用利用可能な無料 フリー 写真素材サービスです。 下記のポイントを重視しておすすめのサービスを厳選しました。 使いやすさ• 検索のしやすさ• 掲載画像数• 画像の解像度• 画像のクオリティ なお、本ページに掲載している情報は2019年1月現在のものです。 ライセンスは変更される場合があるため、必ず配布元のサイトのライセンスを確認してから使用するようにしてください。 Unsplash Unsplashは、クオリティの高いフリー写真素材が公開されているストックフォトサービスで、 とにかく素晴らしいフリー写真素材がたくさん公開されています。 無料でこんなクオリティの高い写真素材を利用することができるのは本当に助かりますね。 Webサイトのデザインもとても綺麗で、色々な画像を見ているだけで時間が過ぎてしまうことも。 提供素材 写真 ダウンロード 無料 会員登録 不要 著作権表記 不要 商用利用 OK 加工 OK 3. Pixabay Pixabayは、 160万枚以上の無料写真素材、ベクターイメージ、イラストレーションをダウンロードすることができる無料 フリー 写真素材サイトです。 すべての画像と動画が無料で提供されており、原則著作権の帰属表示無しで自由にダウンロード、使用、改変(加工)、配布することができます。 もちろん商用利用も可能なので、ビジネスでも使用できます。 ブログのアイキャッチ画像や記事で使うイメージ画像として使う画像を探すには一番おすすめのストックフォトサービスです。 会員登録も不要で、無料で利用できるため様々な場面で利用することができますね。 提供素材• イラスト• ベクター素材• 動画 ダウンロード 無料 会員登録 不要 著作権表記 不要 商用利用 OK 加工 OK 注意 6. タダピク タダピクは、 42の無料画像提供サイトからフリー写真素材を検索できるストックフォトの横断検索サービスです。 たくさんの無料写真素材サイトから一括でフリー写真を検索できるため、1つ1つのサイトを回って写真素材を探す手間が省けますね。 日本人の写真も検索することができるので、日本のフリー写真素材を検索するときはこのサイトがおすすめです。 国内のサイトと海外のサイトから検索するため、「デザイン or design」のように英語と日本語を入力して検索すると国内・海外サイトの両方から写真を探すことができます。 こちらも商用利用がOKで、クレジット表示も不要です。 念の為、写真素材を利用する際は配布元のサイトでライセンスや写真素材の使用権限について確認するようにしましょう。 写真AC 写真ACは、ユーザー投稿型の無料写真素材サービスです。 日本人の無料写真素材が多いのが特徴ですね。 写真素材のダウンロードには無料の会員登録が必要となります。 また、無料会員の場合は待ち時間やダウンロード数の制限、検索回数の制限などが課されています。 これらの制限は有料会員に登録することによって解除できます。 提供素材 写真 ダウンロード 無料 会員登録 必要 著作権表記 不要 商用利用 OK 加工 OK 無料素材で満足できなければ有料素材も 無料素材もクオリティが非常に高く、種類も増えてきていますが、 有料素材の方が素材の種類が多く、クオリティも非常に高いのも事実です。 無料素材で満足できない場合には有料素材サイトで探してみるのがおすすめです。 いくつか有料写真素材サイトをご紹介しておきます。 PIXTA ピクスタ PIXTAは、 3,490万点以上の写真素材・イラスト素材・動画素材・音楽素材を提供しているストックフォトサービスです。 扱っている素材の数も多く、クオリティも充実しているので、イメージ通りの画像素材が見つかるはずです。 素材を1点ずつ購入していくこともできますが、定額制プランに加入すると毎月決まった数の画像素材を利用することが可能です。

次の