ねじ 締め付け トルク。 バイクの標準締め付けトルク一覧表

トルクレンチとは? トルクとは?

ねじ 締め付け トルク

組み合わせ 被締付物の材質(a)-めねじ材質(b) 鋼ボルト 黒色酸化皮膜 油潤滑 0. 145 SCM-FC FC-FC SUS-FC 0. 155 S10C-FC SCM-S10C SCM-SCM FC-S10C FC-SCM 0. 165 SCM-SUS FC-SUS AL-FC SUS-S10C SUS-SCM SUS-SUS 0. 175 S10C-S10C S10C-SCM S10C-SUS AL-S10C AL-SCM 0. 185 SCM-AL FC-AL AL-SUS 0. 195 S10C-AL SUS-AL 0. 215 AL-AL 鋼ボルト 黒色酸化皮膜 無潤滑 0. 25 S10C-FC SCM-FC FC-FC 0. 35 S10C-SCM SCM-SCM FC-S10C FC-SCM AL-FC 0. 45 S10C-S10C SCM-S10C AL-S10C AL-SCM 0. 55 SCM-AL FC-AL AL-AL S10C:未調質軟鋼 SCM:調質鋼(35HRC) FC:鋳鉄(FC200) AL:アルミ SUS:ステンレス(SUS304) 締付係数Qの標準値 締付係数 Q 締付方法 表面状態 潤滑状態 ボルト ナット 1. 25 トルクレンチ マンガン燐酸塩 無処理または燐酸塩 油潤滑または MoS2ペースト 1. 4 トルクレンチ 無処理または燐酸塩 トルク制限付きレンチ 1. 6 インパクトレンチ 1. 8 トルクレンチ 無処理または燐酸塩 無処理 無潤滑 トルク制限付きレンチ.

次の

バイクの標準締め付けトルク一覧表

ねじ 締め付け トルク

<参考> トルクの単位は従来の重力単位系である kgf・cm から SI単位系である N・m に変更されています、SI単位系から重力単位系に換算する場合下記で計算します。 1 [N・m] =10. 2 [kgf・cm] ねじを締め付ける時は、締付けトルクで管理することになります。 締め付けトルクが小さ過ぎるとねじがゆるみ、締め付けトルクが大きすぎるとねじが破損危険性が出てくるからです。 そこで標準的な締付けトルクとして、「T系列」 という規定があります。 T系列 締め付けトルク表 ねじの呼び径 T系列[N・m] 0. 5系列[N・m] 1. 8系列[N・m] 2. 4系列[N・m] M1 0. 0195 0. 0098 0. 035 0. 047 (M1. 1) 0. 027 0. 0135 0. 049 0. 065 M1. 2 0. 037 0. 0185 0. 066 0. 088 (M1. 4) 0. 058 0. 029 0. 104 0. 14 M1. 6 0. 086 0. 043 0. 156 0. 206 (M1. 8) 0. 128 0. 064 0. 23 0. 305 M2 0. 176 0. 088 0. 315 0. 42 (M2. 2) 0. 23 0. 116 0. 41 0. 55 M2. 5 0. 36 0. 18 0. 65 0. 86 M3 0. 63 0. 315 1. 14 1. 5 (M3. 5) 1 0. 5 1. 8 2. 4 M4 1. 5 0. 75 2. 7 3. 6 (M4. 5) 2. 15 1. 08 3. 9 5. 2 M5 3 1. 5 5. 4 7. 2 M6 5. 2 2. 6 9. 2 12. 2 (M7) 8. 4 4. 2 15 20 M8 12. 5 6. 2 22 29. 5 M10 24. 5 12. 2 44 59 M12 42 21 76 100 (M14) 68 34 120 166 M16 106 53 190 255 (M18) 146 73 270 350 M20 204 102 370 490 (M22) 282 140 500 670 M24 360 180 650 860 (M27) 520 260 940 1240 M30 700 350 1260 1700 (M33) 960 480 1750 2300 M36 1240 620 2250 3000 (M39) 1600 800 2900 3800 M42 2000 1000 3600 4800 (M45) 2500 1260 4500 6000 M48 2950 1500 5300 7000 (M52) 3800 1900 6800 9200 M56 4800 2400 8600 11600 (M60) 5900 2950 10600 14000 M64 7200 3600 13000 17500 (M68) 8800 4400 16000 21000 用途 一般 電子部品 車両・エンジン 建設 ボルトの材質や用途によってトルクが規定されています。 例えば、自動車の場合、1. 8系列の締め付けトルクで固定します。 ねじのサイズによってトルクの値が変わります。 大きなねじ程、大きな締め付けトルクが必要となります。 これは締付けトルクと締付け力(軸力)の関係から理解できます。 締め付けトルクと締付け力(軸力)の関係 締め付けトルク と 締付け力( 以下軸力とする ) は以下の関係式で求めることができます。

次の

ボルト/ねじの原理から締付けトルクの算出

ねじ 締め付け トルク

トルクレンチ どうして締め付けトルクがあるの? 締め付けがゆるかったらパーツが動くので危険なのは想像できますが、締め付けすぎはなぜダメなのでしょうか?それは、 締めすぎてボルトのネジ部分が伸びきってしまうと固定力が弱まるからです。 ボルトを適正トルクで締めるとボルトのネジ部分がわずかに伸びて元に戻ろうとする力が働き、パーツをつなぐ強い固定力が発生します。 しかし、締め付けすぎるとネジ部分が伸びきってしまい、元に戻ろうとする力が無くなり、パーツを固定する力が弱まってしまうのです。 しかも、 伸びきったボルトは元には戻らないので本来の性能に回復しなくなります。 その場合はボルトの交換が必要です。 また、それ以上にきつく締めるとネジが切れたり、切断しやすくなります。 もし締め付けトルクを守らなかったら? 締め付けがゆるかったりキツ過ぎると走行中にパーツが動いたり、突然外れてしまいます。 もしも走行中にパーツ固定に異常があると派手な落車につながるので非常に危険です。 特に高価な カーボン製品は締めすぎると割れたり歪んだりしやすいので注意です!頑張って買った高価なカーボンフレームが割れたらすごいショックですよね・・。 また、異常があるときは自転車に大きな負荷がかかる場面が多いです。 たとえば下り坂で猛スピードで走っていてわずかな段差で衝撃を受けたとか、スプリントで自転車を激しく踏んで左右に振っている時などです。 こんな状況でパーツが突然外れたり動いたりしたら非常に危険なのは簡単に想像できます。 (怖 そんな理由で 適正な締め付けトルクを守る事はとっても重要です。 ロードバイク、クロスバイクはつくりはシンプルですが、一つ一つのパーツや組み付けは精密かつ繊細にできているのでボルトはしっかり組み付けるようにしましょう。 乗る前の簡単なチェックや、定期的な点検もちゃんとやったほうがいいですね。 簡単なチェック方法としてはハンドルを持って5cmほど前輪を浮かし、軽く落として異音やガタがないかを確認するやり方があります。 トルクレンチを持っていない場合は? ロングライドなどでわざわざトルクレンチを持ち歩く人はなかなかいないでしょう(笑 しかし、旅先で膝が痛くなりサドルを下げたり、ポジション調整することはあると思います。 そこで簡単にトルク管理をする方法ですが、六角レンチのたわみ具合で調整します。 やり方はボルトを最後に締め付ける際に六角レンチの外側に力を加えて、 わずかでもたわんだ所で止めます。 六角レンチは大体たわんだ所がボルトの大きさとトルクが適正になるようにできています。 ただ、正確ではないので後でプロショップに持ち込むなどしてトルクを再チェックした方が無難ですね。 まとめ• 締め付けトルクとはボルトを締める力加減の事です。 パーツにはそれぞれ指定トルクがあります。 ボルトの固定力を最大限に発揮するために決められた指定トルクがあります。 締めすぎるとボルトが伸びて固定力は回復しません。 締め付けトルクを守らないと、パーツが突然外れたり動いたりと事故の危険性が高まります。 トルクレンチがない時は六角レンチがわずかにたわんだ所が適正トルクです。 【関連記事】.

次の