サラゴサ 順位。 香川真司が9か月ぶりゴール!サラゴサ、再開後初勝利で暫定首位浮上 スペイン2部第33節

サラゴサ

サラゴサ 順位

香川真司の9か月ぶり弾が決勝点!! サラゴサ、再開後初勝利で暫定首位浮上 [6. 16 スペイン2部 第33節 ルーゴ1-3サラゴサ] スペイン2部リーグは16日、第33節を各地で行い、MF香川真司所属のサラゴサはルーゴに3-1で勝利した。 このゴールが決勝点となり、サラゴサは悲願の1部昇格に向けて暫定首位に浮上した。 守備陣にミスが続いて2020年の初黒星となる11試合ぶりの敗戦を喫し、香川も負傷のためハーフタイムに交代するなど、満足のいく形でシーズンをリスタートすることができなかった。 ところがこの日は前半19分、香川の一発から試合が動いた。 左からのコーナーキックが崩れたところからMFイニゴ・エグアラスがデュエルを制し、競り合った際にこぼれたボールが香川の足元へ。 絶妙なタイミングでオフサイドをかいくぐった香川は素早いターンから前を向くと、2タッチ目の鋭いシュートをゴール左隅に蹴り込んだ。 1点のリードを得たサラゴサは後半18分にも、I・エグアラスの浮き球スルーパスを受けたMFラウール・グティが胸トラップから華麗な左足ハーフボレーを突き刺し、さらに1点を追加。 32分、香川はMFミゲル・リナレスとの交代でピッチを退いた。 サラゴサは後半41分、リナレスが決めてリードを3点に広げると、最終盤に1点を返されたがそのまま試合は終了。 28 こういう自信たっぷりの重心のったシュートいつぶりだよ。 82 やっぱり復調してるな。 香川の頭に移籍はない。 サラゴサで一部に上がってリーガ入りしか考えていない。 07 香川のゴールは素直に嬉しい。 次にも期待! 引用元:.

次の

2010

サラゴサ 順位

ドワミーナとのトリオに手応えを得る。 [スペイン2部 7節] レアル・サラゴサ 0-0 CDルーゴ /2019年9月21日/エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダ スペイン紙『ヘラルド』はこのほど、スペイン2部リーグのレアル・サラゴサでプレーするコロンビア人FWルイス・スアレスのインタビューを掲載した。 そのなかでチームメイトである香川真司との関係性などについて語っている。 スアレスはイングランド・プレミアリーグのワトフォードFCが保有権(パス)を持ち、今季レンタルでスペインに渡り 3シーズン目を迎える21歳のストライカーだ。 昨季はヒムナスティック・タラゴナで36試合・7ゴールを記録している。 「もっとゴールを決めてチームに貢献したい。 今年は、とても気分が良い今シーズン。 気分良くプレーできている。 あらゆる点で、とても良い気分がいいです。 プロ2年目の昨シーズンは簡単には行かず、多くの問題を抱えていました。 グループでの作業が非常に重要だと感じ、それがこの現場ではしっかり反映されていると感じています」 そのようにプレーに集中できる環境が整っていると強調する。 サラゴサでは、2トップのコンビにラファエル・ドワミーナ、そしてトップ下に香川真司と、前線でトリオを形成する。 そこでスアレスはさっそく、リーグ6試合4得点1アシストとブレイクを果たしている。 「(3人でのコンビネーションは)時間の問題でした。 香川とドワメナの可能性を感じていたので、我慢強く辛抱しようとは言ってきました。 (2トップを組む)ラファ(ドワメナ)とも落ち着いてプレーできています」 その二人について、サラゴサのエースストライカーは次のように語る。 「彼らはとても良いです。 香川はブンデスリーガとプレミアリーグでプレーしてきただけに流石です。 ドワメナは言ってみれば獣。 体のサイズが大きく、足元にしっかりとボールを収めることができます」 そのように、それぞれが異なる持ち味や特徴を持ち、それぞれが補完し合い、良さを生かせているという。 そして他にも力のあるアタッカー陣が揃っていると、スアレスは選手層の厚さも感じている。 ドワミーナと香川は、いずれも6試合2ゴールを記録。 3人でこれまでのチーム総ゴール「10」のうち「8」を決めている。 ただし直前のCDルーゴ戦は無失点に抑えられており、いずれも新加入であったが、対戦相手にも研究されてきたようである。 そのあたりは、プロ15年目になる香川の腕の見せどころにもなってきそうだ。 [文:サカノワ編集グループ].

次の

スペインの美しき古都、サラゴサのおすすめ観光スポット10選!

サラゴサ 順位

新型コロナウイルスとの闘いが落ち着きを見せ始めたスペインでは、新たな戦いが再始動しようとしている。 リーグ戦無期限延期から約2カ月後の5月23日、スペイン政府がついにリーグ戦再開にゴーサインを出した。 これにより久保建英(マジョルカ)、乾貴士(エイバル)がプレーする1部リーグ、香川真司(サラゴサ)、岡崎慎司(ウエスカ)、柴崎岳(デポルティボ)、山口瑠伊(エストレマドゥラ)がしのぎを削る2部リーグはともに6月半ば、約3カ月ぶりに再開されることが決定した。 この中で昨夏、21年6月30日までの2年契約でかつてより夢見た地スペインへやって来た香川について、来季サラゴサでのプレー続行が難しい状況にあるという報道が出ている。 サラゴサ入団時、ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドといった欧州の名門クラブでプレーした日本人「KAGAWA」の入団とあり、サラゴサ市民に手厚い歓迎を受けた。 序盤こそ実力を発揮しサポーターを魅了した香川だが、時間の経過とともに、フィジカル面の問題やパフォーマンスの低下、ソロが調子を上げたこと、冬にプアードやブルギが加入したことなどにより、徐々にスタメンの座を失っていった。 それでも3月にはビクトル・フェルナンデス監督の信頼を再び得て、新たなチャンスをもらったがうまく生かせず、新型コロナウイルスの感染拡大によるリーガ無期限延期を迎えることになった。 それまでの成績は2部リーグ23試合(先発18試合)出場、2得点1アシストとなっている。 ロックダウン(都市封鎖)の最中、香川の来季サラゴサ残留が困難、さらには米国やカタール移籍の可能性があると現地メディアが報道した。 退団理由に、期待されたようなパフォーマンスを見せられずスタメン落ちしていること、チームトップクラスの税込44万4000ユーロ(約5328万円)という高額な年俸を受け取っていることが挙げられている。 現地メディアは、サラゴサが1部に昇格できない場合、香川退団が濃厚であり、1部昇格を成し遂げた場合も、来季の年俸が3倍に跳ね上がる契約が存在するため、同様に残留が難しいと伝えている。 なぜならサラゴサは来季、1部に属した場合、サラリーキャップ(移籍金の減価償却費及び選手年俸)がわずか1800万ユーロ(約20億7000万円)に設定されると推測されているため、香川の高額な年俸はクラブにとって大きな負担となってしまう。 その一方、香川には残留に向けた大きなアドバンテージもある。 それは今年に入り最も輝いた試合が1部のクラブとの対戦となった国王杯のマジョルカ戦とレアル・マドリード戦だったこと。 特にレアル戦で香川は、0-4で敗れた中、欧州の強豪に所属していた時の姿をほうふつさせるハイパフォーマンスを披露し、両チームの中で最多5本のシュートを打ち、チームで最も評価された選手となっていた。 これにより香川について、スペースが少なく肉弾戦を求められる2部のサッカーよりも、1部でプレーする方が輝けるという意見が出ている。 これは1部に昇格した場合、香川がサラゴサでプレーを続けるための重要なファクターになるはずだ。 香川の戦場となるスペイン2部リーグは22クラブで構成され、全42節を戦うため、1部に比べ長丁場でタフな戦いを強いられる。 1部に昇格できるのは3クラブ。 そのうち上位2クラブが自動昇格し、3~6位はホームアンドアウェー形式の昇格プレーオフを戦う。 3位と6位、4位と5位が準決勝で対戦し、勝ち抜いた2クラブで決勝戦を戦い、昇格最後のひと枠を勝ち取る。 日本人所属クラブの現在の順位を見てみると、香川のサラゴサは勝ち点55で1部自動昇格圏内の2位につけている。 首位カディスとの勝ち点差はわずか1、3位アルメリアとの勝ち点差は5となっている。 岡崎のウエスカは勝ち点50で1部昇格プレーオフ圏内の4位。 自動昇格圏内の2位サラゴサとの勝ち点差は5、プレーオフ圏外の7位ミランデスとの勝ち点差は8。 柴崎のデポルティボは勝ち点35で19位、山口のエストレマドゥラは勝ち点31で21位と、ともに3部降格圏内の4枠の中に入っている。 降格圏外の18位アルバセテの勝ち点はデポルティボと同じ35である。 現時点(5月30日)で2部リーグ再開の明確な日程は出ていないが、昨年12月に人種差別問題で延期された第20節Rバリェカノ対アルバセテが、6月12日に先陣を切って開催される予定である。 そして6月14日の週末に第32節が行われ、7月19日の週末に第42節が開催されてレギュラーシーズンを終えることになる。 その後、8月2日の週末に1部昇格プレーオフがスタートする。 香川は来季、チームの1部昇格の有無にかかわらず、難しい状況に置かれていると伝えられている。 しかし残り11節でネガティブな現状をひっくり返す時間と実力は十分にある。 香川とサラゴサ、「生き残り」と「昇格」を賭けた戦いがもう間もなく再始動する。 【高橋智行】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「スペイン発サッカー紀行」) photo• 海外サッカー 本田圭佑ら再開に抗議の横断幕、監督ベンチ入りせず []• スペイン [6月29日 18:12]• スペイン [6月29日 16:36]• ブンデス [6月29日 11:46]• プレミア [6月29日 11:34]• ブンデス [6月29日 10:59]• ブンデス [6月29日 10:55]• プレミア [6月29日 10:46]• スペイン [6月29日 10:08]• セリエA [6月29日 9:51]• 海外サッカー [6月29日 9:13]• セリエA 吉田麻也入った直後に失点 冨安との日本人対決黒星 []• セリエA [6月29日 9:51]• セリエA [6月29日 5:52]• セリエA [6月27日 7:29]• セリエA [6月26日 13:49]• セリエA [6月25日 12:42]• セリエA [6月25日 8:56]• セリエA [6月25日 7:15]• セリエA [6月23日 18:00]• セリエA [6月23日 11:23]• セリエA [6月23日 8:47]• セリエA [6月23日 8:34]• セリエA [6月22日 9:57]• セリエA [6月22日 9:56]• セリエA [6月21日 8:47]• セリエA [6月20日 12:32]• ブンデス 遠藤航「ブンデス1部への挑戦、今から楽しみです」 []• ブンデス [6月29日 11:46]• ブンデス [6月29日 10:59]• ブンデス [6月29日 10:55]• ブンデス [6月29日 7:30]• ブンデス [6月29日 0:26]• ブンデス [6月28日 9:04]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 8:53]• ブンデス [6月28日 8:00]• ブンデス [6月28日 7:58]• ブンデス [6月28日 0:23]• ブンデス [6月22日 13:46]• ブンデス [6月22日 10:53]• ブンデス [6月22日 10:08]• プレミア モウリーニョ監督がルーカスバスケス獲得を希望 []• プレミア [6月29日 11:34]• プレミア [6月29日 10:46]• プレミア [6月28日 10:35]• プレミア [6月27日 11:59]• プレミア [6月27日 10:01]• プレミア [6月27日 7:37]• プレミア [6月26日 18:00]• プレミア [6月26日 17:11]• プレミア [6月26日 11:43]• プレミア [6月26日 11:04]• プレミア [6月26日 10:37]• プレミア [6月26日 10:36]• プレミア [6月26日 9:17]• プレミア [6月26日 9:16]• プレミア [6月26日 8:48]• スペイン スペイン2部で香川と岡崎の「シンジ対決」再び実現 []• スペイン [6月29日 18:12]• スペイン [6月29日 16:36]• スペイン [6月29日 10:08]• スペイン [6月29日 7:20]• スペイン [6月29日 5:53]• スペイン [6月28日 19:46]• スペイン [6月28日 12:43]• スペイン [6月28日 11:51]• スペイン [6月28日 10:00]• スペイン [6月27日 23:27]• スペイン [6月27日 23:08]• スペイン [6月27日 18:14]• スペイン [6月27日 11:05]• スペイン [6月26日 21:24]• スペイン [6月26日 21:15]•

次の