アイランドデザイナー。 【ホンダ フィット 新型】インテリアは“アイランドキッチン”…インテリアデザイナー[インタビュー]

【あつまれどうぶつの森】Happy Island Designer(島マップ作成ツール)

アイランドデザイナー

所在地 沖縄県 ディレクター (株)竹内デザイン 竹内 誠 デザイナー (株)竹内デザイン 竹内 誠 デザイナー (株)竹内デザイン 蓑原 敢 デザイナー (株)竹内デザイン 森山 真依子 デザイナー (株)竹内デザイン 小山 あきら 建築設計者 東急設計コンサルタント・竹中工務店 設計・監理共同企業体 インテリアデザイナー (有)橋本夕紀夫デザインスタジオ 照明デザイナー (株)ワークテクト 照明デザイナー (有)イリス・アソシエーツ ランドスケープデザイナー (株)石勝エクステリア アートプランナー (株)アートフロントギャラリー 施工者 (株)竹中工務店 施工者 (有)トラスト クライアント 東急不動産(株) カメラマン 築地原芳紀 応募者コメント 沖縄恩納村のビーチとアイランド(島)を一体に結んだ特異な自然地形を利用したリゾートホテルである。 アイランドに渡る細い道は夕刻には、(人工大理石に象嵌された)文字のみが浮かび上がるサインで、宿泊客を優しく誘う。 ホテル内部においては、石や木などの自然素材で構成された空間に、優しく存在するサインにしたいと考え、布を纏ったサインを考案した。 沖縄独特のウージー染など、沖縄独特の染織物の感性を受け、見た目の柔らかさを大事に形状やディテールにこだわっている。 内部、外部共にサインで特殊な素材を使うにあたり耐久性、退色性について留意が必要であった。 特に外部は過酷な事前環境に耐えられる条件クリアが必須であり、テストを繰り返し採用に至っている。 See more• Prev:• Back:• Back:• Next:.

次の

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄

アイランドデザイナー

1982年、イタリアはモデナ郊外のラヴァリーノで創業。 グラフィックアーティストマッシモ オスティが、ストーンアイランド設立時のデザイナー。 マッシモ オスティ Massimo Osti はミリタリーウェアに注目していて、のディテールや風合いを施したアウターを作り出す。 ブランドスタートの翌1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。 その後アウターだけでなくフルコレクションを展開する。 1985年、ミリタリーファブリックのコットンサテンの表面と裏側にポリウレタンコーティングを施した「Raso Gommato」、1986年にはコットンサテンにシルバーコーティングを施した「Alu C」を発表。 1989年、温度によってカラーが変化するジャケット「Ice Jacket」を発表。 この斬新なアイディアは話題となり、ストーンアイランドの知名度が上がる。 1993年、GFTグループから独立。 SPORTSWEAR COMPANY SpAがストーンアイランドを展開。 1996年にマッシモ オスティがSPORTSWEAR COMPANY SpAから去る。 マッシモ オスティに代わるデザイナーとして、イギリス人のポール・ハーヴェイ Paul Harvey を起用。 セントマーチンズでテキスタイルを専攻していたポール・ハーヴェイは、素材を改良し、さらに革新的なコレクションを発表。 1999年にはステンレススチールを使用した「Silver Jacket」と銅を使用した「Bronze Jacket」を発表。 このジャケットは改修工事が終わったパリのポンピドゥー・センターの再オープンを記念してロビーに展示された。 2008年ポール・ハーヴェイがデザイナーを辞任。 その後はデザインチームがデザインを手掛けている。

次の

【メンズ】STONE ISLAND(ストーンアイランド)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

アイランドデザイナー

アイランド・スリッパの格別の履き心地~人気の理由は一足ずつの手作り 「サンダルは快適な履き心地が一番大切、だから丁寧に手作り」 ジョン・カーペンターズ カリフォルニア出身。 アイランド・スリッパのオーナーでありデザイナー。 フットウエアの小売関係の仕事に従事した後、1986年にモトナガ一家から「アイランド・スリッパ」を引き継ぐ。 デザインも自分で手掛けるようになり、今も変わらず定規と鉛筆でデザイン画を描く 足を入れると包み込まれるように優しくフィットする履き心地と、ビーチファッションにもタウンにも合うデザインが不動の人気を誇るハワイの「アイランド・スリッパ」。 「長い時間歩いてもまったく疲れない」「歩きやすい」と、ローカルはもちろん、ハワイを訪れるたびに買い求める観光客のファンも多いサンダルメーカーだ。 1946年、ハワイ・オアフ島で誕生した「アイランド・スリッパ」。 ハワイに移住した日本人のモトナガ・タキゾウさんがサンダルの原型を作り、息子のエドワードさんが工場を建てた家族経営の小さな会社だ。 そんな家業を、モトナガ一家から1986年に引き継いだのが、ジョン・カーペンターさん。 今ではアイランド・スリッパを日本でも大人気のサンダルブランドにまで成長させた現社長だ。 「モトナガファミリーが大切にしていたことを守ってきました。 デザインから製造まですべてを、ここオアフ島でしています」と話す。 パールシティーに構えたアイランド・スリッパの自社工場で、毎日40人近い職人によって一足ずつサンダルをハンドメイドで作っている。 インソールやストラップの裁断、縫製、糊付け、ストラップの取り付け、ロゴのプリント、そして最後の各パーツの組み合わせに至るまで、全工程が手作業。 繁忙期には60人総出になるという。 ハワイのパールシティーにあるアイランド・スリッパの工場 ハワイのパールシティーにあるアイランド・スリッパの工場の雰囲気はアットホームだ。 職人たちが、熟練の技に加えてアロハの気持ちを込めて一つ一つの工程を手作業で行い、作っていく。 だからこそ履き心地もデザインも、ほかのどこにも真似できないオリジナルのサンダルが仕上がる。 各国から取り寄せた革や生地の組み合わせにより、いつの時代も色あせないファッショナブルなデザインを生み出している。 どれほどデザインが良くても履きづらくてはいけません。 お客さんやスタッフたちの意見を取り入れ、より快適なサンダルにするために改良していけるのは、ハンドメイドだから」。 細かい変更も手作業だからできるのだ。 「より履き心地の良いサンダルへ」とアイランド・スリッパの進化は止まらない。 履いた瞬間から、歩いている間ずっと心地が良い理由はここにある。 アイランド・スリッパのもう1つの魅力は、おしゃれなオリジナルデザイン 履き心地とともに、カジュアルからドレスアップにまでさまざまなシーンに合わせられるデザインの豊富さもアイランド・スリッパの人気の理由であり魅力。 アメリカ本土やヨーロッパ、日本などから取り寄せた、革、スエード、多彩な柄やデニム素材の生地など、デザインも色も柄も多種多様な良質素材を、ストラップやインソールに使う。 その見事なコンビネーションによって世界で唯一のデザインができあがる。 アイランド・スリッパのデザイナーはジョンさん自身。 「アイデアは、ハワイの自然はもちろん、すべてのライフスタイルから生まれます。 日本のお客さんは新しいデザインを楽しみにしてくれるから、彼らに向けて毎年新商品を作っているんですよ」。 工場内にある小さな部屋でデザイン画を描きながらジョンさんはうれしそうに語った。 そんな新モデルのサンダルにも対応し、現在約125ものデザインを1つの工場で作るのも、手作業だから可能だという。 デザインの細かい変更やスペシャルオーダーも自由自在なのだ。 「毎日履きたいから」と言って買い足していくほどアイランド・スリッパがファンに愛されるのは、ハンドメイドという理由が大きい。 ビーチサンダルの概念を覆したアイランド・スリッパのデザイン メンズの定番人気モデル。 イタリアから取り寄せた皮革を編んで作ることで、デザインも履き心地も抜群に。 イタリアン・ウィーブ・コレクション(各119. 95ドル) 素材に皮革やデニムを使う画期的なアイデアで「ビーチサンダルをタウンでおしゃれに履きこなす!」を実現。 男女兼用デザインの他、女性用(レディース)はヒールやウェッジソールタイプもそろう。 受け継いだ魂への思い~今後もファミリー・ビジネス ジョンさんが「アイランド・スリッパ」を引き継いだのは34歳の頃。 「私はいわば3代目。 モトナガさんが家族で守ってきたこの会社の伝統を継ぐという気持ちは今も変わりません」。 その伝統とは「ファミリー・ビジネスであること」という。 ファミリーとは、ジョンさん夫婦、息子のマットさん夫婦だけではない。 「毎日サンダルを作っている職人全員が私たちの家族です」。 彼らは10年、20年、ここハワイでアイランド・スリッパのサンダルを作ってきた。 「1970年代から40年間勤めるスタッフもいます。 私より長い年月、この会社を支えていますね」と笑う。 創業以来70年余り、家族全員の愛情がこのサンダルを作ってきたのだ。 息子のマットさんは、ジョンさんがこの会社を受け継いだ年齢になる。 マットさんは、正真正銘のメイド・イン・ハワイのサンダルを、より多くの人に履いてもらうため、世界に向け展開を始めたという。 もちろんその原点は変わらず、「一足ずつ丁寧にハワイで手作りするというファミリースタイルだ」と親子で微笑んだ。 履き心地が抜群で、歩きやすいことで日本でも高い評判。 アイランド・スリッパのショップは下記のホノルルにある2店舗が訪れやすく、購入におすすめ。 ハワイのお土産としても人気です。 アイランドスリッパ・アラモアナ店 アラモアナセンター3F 1450 Ala Moana Blvd. 最新の情報と異なる場合があります。 あらかじめご了承ください。

次の