リクナビnext エージェント 違い。 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い|あなたはどちら?

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いとは?

リクナビnext エージェント 違い

Contents• 両者の決定的な違い 両者の一番の違いは、「 転職の担当者が付くか付かないか』です。 リクナビNEXTは担当者が付かず、リクルートエージェントには担当者が一人つきます。 担当者が付くと、具体的には「転職者のサポート」をしてくれたり、「面接の情報」を教えてくれたりします。 だいたいここでみんな思うのが、「転職に担当者ついたら面倒だな」ということなのですが、実はそうも言ってられない理由がたくさんあります。 ここからどういう人がどっちを使えばいいか考えていきます。 リクナビNEXTはリクナビの転職版 リクナビNEXTは転職サイトなのですが、今は大体の方が新卒でリクナビかマイナビを使ったことがあると思いますが、まさに就活のときに使っていたリクナビの「転職版」です。 ただ単に転職向けになったと思えば、機能などもほとんど同じです。 逆に、転職エージェントは就活では使いません。 なぜ就活のときにエージェントがいなくて、転職のときいるのかと言うと、新卒採用の場合は転職エージェントがいなくても企業に勝手に応募してくれるので(しかも経験者じゃないので技術的な目利きがいらない)企業側は待っているだけでよかったのです。 企業側も「新卒なので自分たちでふるいにかけて、欲しい人を採用しよう」と考えますが、転職の場合は人が少ないので、「誰か紹介してくれませんか?」となるわけです。 リクルートエージェントは担当者一人がサポート ではリクルートエージェントは何をするのかというと、企業に転職者を紹介し、転職者をサポートするのが主な仕事です。 企業側は• 優秀な人材を採用したい• 計画通りに採用したい• 転職者の本音を知りたい などの意図があり、 転職者は• いい会社に入りたい• どの業界にいけばいいか相談に乗って欲しい• 面接で何を聞かれるか教えて欲しい ということをエージェントを通して解決します。 転職エージェントを使わなくてもいい人 基本的に、自分で転職できる人(すでに能力が高く、キャリアをしっかり積んでいる人)は転職エージェントを使わなくても転職できます。 ただ、一点問題があるのは、転職エージェントを使わないと非公開求人に応募できないという事です。 企業側は自社の採用情報などを外に漏らしたくない場合があり、非公開とすることがあります(リクルートのサイトで見ても結構な数の非公開求人があることが分かります) なので、リクナビNEXTを使って「すぐに第一志望に受かった!」という方以外は基本的には転職エージェントを使った方が懸命です。 転職サイトと転職エージェントどちらが採用されやすい? たまにWEBの記事に、「転職サイトの方が採用されやすい。 なぜなら、転職エージェントは手数料が高いからだ」と書いてありますが、これは必ずしも正しくありません。 ただ、中堅・大手企業であれば転職エージェントを使わないと面接に余計なコストがかかるので、結局エージェントが選んだ一部の人を面接して採用してしまった方が安上がりです。 もちろん中小の悪徳な企業になると、転職エージェントとリクナビNEXT両方から応募してきた人に対し、「不採用にした」と嘘をつきながら採用するというあくどい手を取っているところもあるでしょうが、継続的にはなかなか難しいです。 さらにいえば、例えば同じような候補者が転職サイトから来た人と、転職エージェントから紹介された人だった場合でも、小さな会社ではない限りそれほど大きな差にはなりません。 年収500万の人が転職エージェント経由で、100万から150万の紹介料ですが、転職サイト経由の場合だと(掲載料とシステム利用料がかかる)節約できますが、その人がもし3年働くとすれば一年あたり30万から50万程度しか影響がありません。 これは小さな企業に取ってみれば痛手かもしれませんが、「いい人材を採用」することはそれ以上に利益を生み、会社全体として優にプラスになります。 転職サイト2つほどと転職エージェント1つがおすすめ 転職サイトはそれほど負荷が高くないため複数登録し、転職エージェントは一人の人と連絡を取りながらやるので、基本1つが良いです。 リクルートエージェントとリクナビNEXTは業界TOPなので安心して使えますが、それぞれ自分にあった転職エージェントを使うことをおすすめします。 転職エージェント一覧 総合系転職エージェント• (最大手。 スマホから簡単入力可能。 選ぶのに迷ったらおすすめ)• (CMやっている老舗。 ハイキャリアに強み)• (20代専門。 マイナビに馴染みがある人)• (大手。 スマホからは登録しずらい。 マイナビに馴染みがある人) 転職サイト一覧• (リクナビの転職版。 (数万人の転職実績を見ることができる。 (ハイキャリア向け。 大手企業からスカウトが来ます)• (マイナビの転職版)• (転職サイトではかなり有名)• 求人情報を収集しているサイト。 すべての求人情報が集まる•

次の

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い|あなたはどちら?

リクナビnext エージェント 違い

Contents• 「リクナビ」と「リクナビNEXT」の違い 就活サイト「リクナビ」 「リクナビ」とは、人材会社としても有名なリクルートが提供する「新卒向けキャリア支援サービス」です。 つまり、 第二新卒や転職者には利用できません。 転職サイト「リクナビNEXT」 「 」は、主に中途採用をメインとした転職者用の求人掲載サイトで、 もちろん 第二新卒でも利用できます。 毎週2. 6万人が新規登録していると言われており、 転職者の8割が利用しています。 求人は8. 5万件以上も登録されており、リクナビNEXTだけの限定求人も多数掲載しています。 自分の経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側から選考オファーが届き、様々な企業と出会うことができます。 転職する気がまだなくても利用できるので、自分の可能性を広げる機会としても活用できます。 登録・利用はすべて無料で、「 」サービスを利用すれば、じぶんでは客観的に判断しづらい自分の強みを知ることができます。 リクナビとリクナビNEXTの違いは、対象が 「就活する学生」か 「転職する社会人」かということです。 リクナビNEXTは第二新卒の転職にも使える! リクナビNEXTは経験やスキルのある人が利用するイメージがある方もいますが、 「第二新卒」特集などもあり、新卒の転職にも利用できます。 未経験OKや第二新卒者を対象にした求人を多く取り扱っていて、掲載枠には「リクナビNEXT取材担当者のコメント」として「向いている人」「向いていない人」の参考コメントが記載されています。 仕事で忙しくても、第二新卒としてのオファーが届くこともあるため、自分から求人を探さなくても転職活動が可能です。 また、 転職ノウハウや第二新卒の転職事情などの情報も掲載されているので、情報収集としての使い方もできますね。 登録方法は簡単で、連絡を受け取るメールアドレスを登録し、現在の自分の状況や経歴を入力していくだけです。 5分程度で済むので、登録して求人を眺めるだけでも充分役に立ちます。 第二新卒の転職におけるリクナビNEXTの使い方! 第二新卒がリクナビNEXTをうまく使うコツは、 転職エージェントと併用することです。 リクナビNEXTはあくまで求人掲載型の転職サイトなので、求人の応募から企業との面接スケジュール調整などは自分一人で行う必要があります。 そのため、はじめての転職で不安な第二新卒や仕事が忙しくて転職活動がなかなかできないという人には心もとないでしょう。 しかし、などの転職エージェントでは、利用者一人ひとりに相談やカウンセリングで聞いた条件や求職者に合った求人を紹介してくれ、履歴書等の書き方、面接対策、企業とのスケジュール調整などを すべて無料で行ってくれます。 第二新卒の場合はまだまだ視野が狭く、転職経験が少ないため、 リクナビNEXTなどの転職サイトで視野を広げ、転職エージェントで転職ノウハウやサポートを受けて転職する方が効率的ですし、勝ちパターンでもあります。 転職活動のすべてをサポートしてくれるので、スムーズに転職活動を進めることができますし、 転職エージェントでしか見れない「非公開求人」も多いので、転職サイトには出てこない優良企業と出会うこともできますよ。 リクナビエージェントの評判は?第二新卒にはどうか? 先ほどの話でも出てきた「 」は、 リクナビNEXTで登録した内容で合わせて登録できる転職エージェントです。 業界最大手だけに 転職実績はNo. 1で、担当コンサルタントの営業力が高く、決断を迫られる場面が多くありますが、本当に優秀です。 魅力は「非公開求人」数の多さで、リクルートエージェントでは 約10万件以上の求人を扱っており、応募が殺到する求人や企業戦略として一般公開できない求人などに出会えます。 ただ、対象年齢が全年齢の転職者であるため、 キャリアやスキルも経験豊富な人たちと争うことになります。 第二新卒の転職には「マイナビジョブ20's」もおすすめ! そんな第二新卒の転職におすすめなのが、新卒No. 1メディアのマイナビが運営する「 」です。 マイナビジョブ20'sはリクナビエージェント同様、転職サイトではなく転職エージェントです。 特徴は、 第二新卒などの20代に対象者を絞った専門の転職エージェントだということです。 保有する求人数は一般の転職サイトやエージェントに比べると多くはありませんが、 第二新卒や20代を採用したい企業に絞っているため、第二新卒でキャリアが短くても転職しやすいのが強みです。 登録・利用できるのは20代までで、主にキャリアや経験に自身のない第二新卒の人たちが多く利用しています。 そのため、経験が少ない第二新卒の未経験者でも、20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、 大手マイナビのパイプと手厚いフォローで転職をサポートしてくれます。 キャリアアドバイザーは実際に転職経験のある人たちばかりなので、実際に悩んだことや経験をもとに、転職活動の先輩としてアドバイスをくれます。 マイナビ独自の「適性診断」により客観的に自己分析ができるので、転職活動の指針としても活用できるのもポイント! リクナビNEXTなどの転職サイトでは、様々な求人企業に触れることで視野や可能性を広げ、「マイナビジョブ20's」の転職エージェントで本格的に転職活動を進めると、第二新卒でも転職がスムーズにいきますよ。 第二新卒の転職ではリクナビNEXTとエージェントを両方使おう! 第二新卒の転職活動にもっとも必要なのは、情報とノウハウです。 の求人数やノウハウ情報はかなり充実しているので、スキマ時間などを活用して視野を広げていきましょう。 一方で、本格的に転職活動をするには「 」「 」などの転職エージェントを利用します。 実際に動き始めると何から手をつけていいかわからないことも多いですが、転職エージェントのアドバイザーが基本から丁寧に教えてくれます。 うまくこの2つを併用することで、効率的に、確実に転職を成功させることができます。 ちなみに、 転職エージェントは必ず転職しなくてもOKなので、わからないことを何でも相談してみましょう。

次の

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いとは?併用すべき全理由

リクナビnext エージェント 違い

『リクナビNEXT』は求人広告サービス、『リクルートエージェント』は人材斡旋サービスです。 どちらもリクルートキャリアが提供する採用手法です。 一覧で比較をしたい場合は、をご覧ください。 リクナビNEXTは、多くの人を採用したい場合に適しています。 会員数は日本最大級で、多数のリクナビNEXT会員に募集をかけて、全国から適する人材を集めることができます。 詳細については、をご覧ください。 リクルートエージェントは、ピンポイントの人財を採用したい場合に適しています。 人材採用のプロが介在して、必要な求職者にのみ的を絞って募集をすることが可能です。 また、初期費用0円の完全成果報酬型のため、リスクがありません。 詳細については、をご覧ください。 同時に採用できる人数は、求職者からどれだけの応募が獲得できるかによって決まります。 同時に複数人採用するには、まとまった数の応募があることが必要です。 過去の実績をもとに最適な方法をご提案できますので、詳しくはお問い合わせください。 求人広告、学校への求人依頼、ハローワーク、店舗での貼り紙、従業員からの紹介、自社サイト、SNS、人材紹介といった、様々な手法があります。 アルバイト・パートは、正社員と比べると勤続期間が短く、随時、欠員を募集することになります。 効率よく、迅速な募集が求められます。 例えば求人広告では、正社員のみならず、アルバイト・パートも採用できます。 営業担当者を介して、採用に関するさまざまなアドバイスを受けられるのも大きなメリットです。 ・求人サイト 代表例:リクナビNEXT、フロムエーナビなど 学生やフリーター層は、インターネットを日常的に利用しているため、求人サイトとアルバイト・パート募集の相性は非常によいです。 求人サイトの利点としては、応募管理のしやすさと即時性があります。 応募者からリアルタイムで送られるエントリーシートはすべてWEB上で管理できます。 また、全国の求職者が登録しているので、広範囲での募集にも便利です。 ・折込求人広告 新聞にチラシとして折り込まれる集合型求人広告は、出稿地域を細かく指定できます。 主婦層をターゲットとした「パート募集」にも効果的です。 大手の広告では全国をカバーするものもあり、複数の拠点でアルバイト・パート募集をする場合にも便利です。 ・フリーペーパー 代表例:タウンワークなど 全国的な大手媒体から、地方に強い地域特化型媒体まで様々あります。 「エリア版」を発行しているため、募集したい地域で集中的な告知ができます。 なぜコンピテンシーに対して誤解が消えないのかリクルートエージェントが昨年10月に創刊した人事専門誌『HRmics』が去る2月9日に開催した読者向けイベント、「HRmicsレビュー」の模様をお伝えします。 今回は、同誌編集長、海老原嗣生による「人事制度設計上のポイント再整理」です。 日米の評価制度の違いから、日本におけるコンピテンシー、成果主義導入の背景について語った前回、前々回に引き続き、コンピテンシー研究の変遷を振り返り、新しい人事評価制度の提案を行います。 大手メーカーを経て、リクルートエイブリック 現リクルートエージェント 入社。 事業企画や新規事業立上げに携わった後、リクルート ワークス研究所へ出向、『Works』編集長に。 2003年よりリクルートエイブリック 現リクルートエージェント にて数々の新規事業企画と推進、人事制度設計等に携わる。 専門は、人材マネジメント、経営マネジメント論など。 近著に『雇用常識のウソ』(プレジデント社) 司会「前回でコンピテンシーに対するモヤモヤが大分晴れた感じがします。 そもそもコンピテンシーに対する誤解が生じたのはなぜでしょうか」 海老原「コンピテンシーはアメリカ出自の概念ですが、研究が進むにつれ、本国でも学問的意味と、人事実務での意味とで違いが出てきたからなのです」 ハーバード大学教授・マクレランドが、好業績の外交官と平均的な外交官を比較し、仕事上の行動にどんな違いがあるのか、を探ったのがコンピテンシー研究の始まりだった。 その後を継いで、詳細な要素分析を行い、コンピテンシー・ディクショナリの体系を作り上げたのがボヤティスである。 これを境に、コンピテンシー研究の担い手は二方向へ分岐する。 一方が、心の知能指数と呼ばれるEQ研究で知られるゴールドマン、さまざまなコンピテンシーを統合したメタ・コンピテンシーという概念を唱えたホール、といった組織心理学者たちであり、もう一方が、コンピテンシーの強弱を計る行動観察手法を編み出したスペンサー、「コンピテンシーは状況に応じて変化する」と説いたローミンガーなど、主に人事コンサルタントもしくはそれに近い立場の人間だった。 海老原「組織心理の人は、資質や特性、パーソナリティに近いものとしてコンピテンシーをとらえ、一方の人事コンサルは職能に近い概念、ただし「発揮」されている事を前提とした能力と見なしたのです。 見方の違いですから、どちらが正しいのか、というのは論じても詮無い事です。 ただ、日本企業が人事実務で活用する場合、発揮能力と捉えたほうがその効用が大きくなる。 このことは前回申し上げた通りです。 日本にこの概念を持ち込んだ人事コンサルタントは、発揮能力に軸足を置かず、行動特性としてコンピテンシーを紹介した。 このことが、コンピテンシーを分かり難いものにしてしまったのではないでしょうか」 90年代の企業人事は、それまでの下方硬直性の強い職能資格をフルシャッフルして、新しい賃金体系を作り上げねばならなかった。 概念自体が非常に職能に近い「発揮能力」では、それまでとの違いが分からない。 その状態で、給与のみ変更したら、社内は不平不満の嵐になる。 そこで、行動特性よりの言葉を用い、新制度をソフトランディングさせたのだろう。 海老原はそう指摘する。 「例えば、行動特性寄りの立場をとる人たちは、『コンピテンシーとは持続的に再現される行動特性』と説きますね。 ならば、一度コンピテンシーを獲得してしまえば、永遠にそのコンピテンシーは保持できるはず。 つまり、コンピテンシーベースの人事制度なら、もう行動観察型の査定が不要になってしまう事になる。 だって、いつでも発揮され続けている筈なのですから。 そうならないから、毎回行動観察型の評価が必要になる。 とすると、行動観察型の査定をコンピテンシーとセットで導入することは、矛盾になる筈なのです。 」 この説明は、言葉が入り子になっていて分かり辛いので、転職エージェントの実務に即した以下の説明が分かり易いかも知れない。 「例えば、法人向けの高額商品でトップセールスだったAさんは、顧客コミュニケーション能力も、課題発見能力も、解決策の企画・提案能力も抜群だった。 とすると、対人折衝・課題発見・解決などのコンピテンシーが相当高い筈です。 ただ、彼が、個人向けの低価格商品の営業に転職すると、全く業績があげられない、という事例を何度も見ているのです。 同じ営業だから、対人折衝・課題発見・解決などのコンピテンシーが利用可能な筈なのに、一方では優秀で、一方ではダメダメ。 つまり、コンピテンシーとは、共通な汎用的能力ではなく、業界や商品特性によって、かなり形が変わっている『職能』的な概念の方がシックリくるのですね。 」 実際に海老原は、アメリカでクリールマンやハル、スクノバーなどの実務型の有名なコンサルタントと会い、ソリューション事例を見て、「なんだ、単なる職能じゃないか」と確信したという。 その一方で、職能を「発揮型」に変えるだけで、下方硬直が劇的に取り除けるという事も知ったのだ。 続きは次回で詳しく説明しよう。 「企業負担の増加」や「女性の社会進出の足かせになる」といった意見が反対意見の主流だが、さて本当は何が問題なのか?世間で言われているキャリアに関する通説や、常識となった諸データに関して、本当の現実は全く異なることを伝えていきます。 パート・バイトにも年金と保険を!という動きに対して、待ったをかけているのが今回の話。 HRmics編集長の海老原嗣生氏のレポートです。 パート・バイトで社会保険に入りたくても入れない人は何人いるか?• 眠れる獅子が「世界の工場」を経て「世界一の市場」になろうとしている今、日本経済の鍵を握るのは中国人の財布かもしれない。 主要駅の構内や大型量販店の店内に中国語が流れるようになったのにお気づきだろうか。 つい最近、中国人の個人観光ビザ要件も大幅に緩和され、繁華街のいたるところに中国人の姿が見られるようになった。 「改革・開放」政策から約30年。 今回は番外編として、グローバル化といえば外せない中国市場攻略の妙手と、それを支援するサービスを紹介してみたい。 (HRmics副編集長 萩野)採用と育成から始める中国進出• 確定拠出年金制度は、企業をまたいで持ち運び・積み重ねが出来る為、転職に際して多くのメリットを発揮します。 入社した社員の定着化も採用の一部である.

次の