報道 ステーション 後藤。 後藤謙次

【報道ステーション】ジャパンライフ後藤謙次が腰痛を理由に逃亡 説明責任は果たしたのか?

報道 ステーション 後藤

経歴 [ ]• - 卒業。 - を卒業。 に入社し、支局、支社編集部などに勤務。 - 共同通信社本社政治部、、(旧担当)、、担当、自民党クラブキャップ、首相官邸クラブキャップなどを担当。 - 同社編集局編集委員兼論説委員。 - 同社政治部部長。 - 同社論説副委員長兼編集委員。 - 『』『』()にとして出演(まで)。 6月 - 同社編集局長。 - 編集局長から総務局付・局長同等に異動。 10月末で共同通信社を退社。 - 『』(TBSテレビ、より『』)にメインキャスターとして出演(まで)。 - 『』(TBSテレビ)にアンカーとして出演(まで)。 - 『』(TBSテレビ)に出演。 自身初のバラエティ番組出演となった。 - 名誉教授に就任。 人物 [ ]• 共同通信社時代には、やのを長く担当。 竹下が結成したでは世話人を務めた。 は「進む・退く・止まる」。 出演番組 [ ] 現在 [ ]• (テレビ朝日、2010年7月13日 - ) - VTR出演、ゲストコメンテーター• (、2010年10月4日 - ) - 月曜コーナー「後藤謙次のポイント・オブ・ビュー」パーソナリティー(以前は月曜メインキャスターだった)• (、2012年1月6日 - ) - ゲストコメンテーター• (テレビ朝日、2017年4月23日 - ) - レギュラーコメンテーター 過去 [ ] アンカーとして• (、2007年12月3日 - 2009年3月27日) - 2代目メインキャスター(当初は月曜 - 木曜を担当、2008年3月31日からは全曜日)• (TBSテレビ、2009年3月30日 - 2010年3月26日) - アンカー• 開局15周年記念スペシャル「後藤謙次が斬る 」(、2011年1月1日)• 東京都知事選挙・都議会議員補欠選挙開票特別番組(TOKYO MX、2011年4月10日) コメンテーターとして• (TBSテレビ) - コメンテーター(月1回程度)• (ローカル版、2010年7月11日) - 解説• (、2010年8月25日)• ANN(テレビ朝日、2010年9月14日) - コメンテーター• (テレビ朝日、2011年4月 - 9月) - ゲストコメンテーター(隔週)• 東京からはじめよう 「解散総選挙のタイミングは? 」「都政のスタート 」(TOKYO MX、2012年2月4日・2013年1月12日) - ゲスト• (、2012年7月 - 2013年3月) - 知恵袋• (テレビ朝日、2013年4月 - 9月) - 月曜コメンテーター• (テレビ朝日、2013年9月30日 - 2016年3月21日) - 月曜コメンテーター• (毎日放送、2010年 - 2016年4月) - ぷいぷい顧問団• (テレビ朝日、2011年12月18日 - 2017年4月2日) - レギュラーコメンテーター• (、2017年4月3日) - コメンテーター• (、2010年6月10日 - 2020年3月26日) - VTR出演、ゲストコメンテーター、2016年4月11日からは月曜 - 木曜のコメンテーター 著書 [ ]• 『・全人像」(1991年、)• 『日本の政治はどう動いているのか』(1999年、)• 『 五七六日』(2000年、行研出版社)• 『 50の謎を解く』(2010年、)• 『に訊け! 決断と実行の名言録』(2011年、)• 『ドキュメント 平成政治史』()• 第1巻 崩壊する(2014年4月)• 第2巻 の時代(2014年6月)• 第3巻 幻滅の(2014年8月)• 2 月 - 木曜日の出演。 3 金曜日のみの出演。 4 『ニュースステーション』から同時間帯続投。 5 『ミュージックステーション』から異動。 6 『報道ステーション SUNDAY』のみの出演。 7 『報道ステーション SUNDAY』ではメインキャスターを担当。 8 2013年9月まで金曜日の『ミュージックステーション』を引き続き兼務。 9 2015年3月までは『報道ステーション SUNDAY』に出演。 2018年10月からは平日版に出演。 10 古舘伊知郎・河野明子・小川彩佳の夏季休暇・不在時のキャスター代理。 11 富川悠太の夏季休暇・不在時のメインキャスター代理。 2 2012年春より単独メイン。 3 月曜-木曜担当。 4 金曜担当。 5 サブキャスター兼務(蓮見は2012年10月から)。 6 後藤のメイン就任後はスペシャルアンカーとして随時出演(2008年3月まで)。 7 番組開始から1997年9月まで。 8 金曜日のみ出演。 9 筑紫哲也夏季休暇時のメインキャスター代理。 10 膳場貴子不在時のメインキャスター代理。 11 番組開始前、筑紫にキャスター就任の要請あり(実際のメインキャスターは)。 12 2018年10月から金曜日のみが担当。

次の

報道ステーション

報道 ステーション 後藤

テレビ朝日は13日、4月からの「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)のコメンテーター交代を発表した。 現在、月~木曜に出演している後藤謙次氏に代わり、月・火曜は共同通信社の太田昌克氏、水・木曜は朝日新聞社の梶原みずほ氏が出演する。 後藤氏は今後も政治コメンテーターとして不定期出演するという。 後藤氏は「昨年、満70歳になったのを機に自らの引き際を考えるようになりました。 そうした中で昨年末から長期間にわたり、番組を休むことになり、報道ステーションの『卒業』を決断しました。 新聞、雑誌の連載もあり、少しペースダウンしてジャーナリストとしての発信を続けていきたいと思います。 日曜日午後放送のテレビ朝日『サンデーステーション』には引き続き出演させていただきます」と同局を通じてコメントを発表した。 また、新たに出演する太田氏は「記者生活を始めた広島支局時代から核問題を追いながら、日本とアメリカで政治や外交を見詰めてきました。 微力ですが、全身全霊をかけて、視聴者の皆さまのお心と触れ合う仕事をして参りたいと思います」。 梶原氏は「私が暮らしたハワイには『言葉には命があり、闇がある』という先住民に伝わる格言があります。 言葉のもつ計り知れない力を意味しています。 世界でいま起きている複雑な事象の背景を、丁寧な言葉で紡いでいきたいと思います」とそれぞれ意気込みを示した。 なお、金曜日は引き続き野村修也氏が出演する。

次の

18日報道ステーション富川悠太最低インタビュー、後藤謙次震災を出汁に政権批判、放送内容大炎上!

報道 ステーション 後藤

経歴 [ ]• - 卒業。 - を卒業。 に入社し、支局、支社編集部などに勤務。 - 共同通信社本社政治部、、(旧担当)、、担当、自民党クラブキャップ、首相官邸クラブキャップなどを担当。 - 同社編集局編集委員兼論説委員。 - 同社政治部部長。 - 同社論説副委員長兼編集委員。 - 『』『』()にとして出演(まで)。 6月 - 同社編集局長。 - 編集局長から総務局付・局長同等に異動。 10月末で共同通信社を退社。 - 『』(TBSテレビ、より『』)にメインキャスターとして出演(まで)。 - 『』(TBSテレビ)にアンカーとして出演(まで)。 - 『』(TBSテレビ)に出演。 自身初のバラエティ番組出演となった。 - 名誉教授に就任。 人物 [ ]• 共同通信社時代には、やのを長く担当。 竹下が結成したでは世話人を務めた。 は「進む・退く・止まる」。 出演番組 [ ] 現在 [ ]• (テレビ朝日、2010年7月13日 - ) - VTR出演、ゲストコメンテーター• (、2010年10月4日 - ) - 月曜コーナー「後藤謙次のポイント・オブ・ビュー」パーソナリティー(以前は月曜メインキャスターだった)• (、2012年1月6日 - ) - ゲストコメンテーター• (テレビ朝日、2017年4月23日 - ) - レギュラーコメンテーター 過去 [ ] アンカーとして• (、2007年12月3日 - 2009年3月27日) - 2代目メインキャスター(当初は月曜 - 木曜を担当、2008年3月31日からは全曜日)• (TBSテレビ、2009年3月30日 - 2010年3月26日) - アンカー• 開局15周年記念スペシャル「後藤謙次が斬る 」(、2011年1月1日)• 東京都知事選挙・都議会議員補欠選挙開票特別番組(TOKYO MX、2011年4月10日) コメンテーターとして• (TBSテレビ) - コメンテーター(月1回程度)• (ローカル版、2010年7月11日) - 解説• (、2010年8月25日)• ANN(テレビ朝日、2010年9月14日) - コメンテーター• (テレビ朝日、2011年4月 - 9月) - ゲストコメンテーター(隔週)• 東京からはじめよう 「解散総選挙のタイミングは? 」「都政のスタート 」(TOKYO MX、2012年2月4日・2013年1月12日) - ゲスト• (、2012年7月 - 2013年3月) - 知恵袋• (テレビ朝日、2013年4月 - 9月) - 月曜コメンテーター• (テレビ朝日、2013年9月30日 - 2016年3月21日) - 月曜コメンテーター• (毎日放送、2010年 - 2016年4月) - ぷいぷい顧問団• (テレビ朝日、2011年12月18日 - 2017年4月2日) - レギュラーコメンテーター• (、2017年4月3日) - コメンテーター• (、2010年6月10日 - 2020年3月26日) - VTR出演、ゲストコメンテーター、2016年4月11日からは月曜 - 木曜のコメンテーター 著書 [ ]• 『・全人像」(1991年、)• 『日本の政治はどう動いているのか』(1999年、)• 『 五七六日』(2000年、行研出版社)• 『 50の謎を解く』(2010年、)• 『に訊け! 決断と実行の名言録』(2011年、)• 『ドキュメント 平成政治史』()• 第1巻 崩壊する(2014年4月)• 第2巻 の時代(2014年6月)• 第3巻 幻滅の(2014年8月)• 2 月 - 木曜日の出演。 3 金曜日のみの出演。 4 『ニュースステーション』から同時間帯続投。 5 『ミュージックステーション』から異動。 6 『報道ステーション SUNDAY』のみの出演。 7 『報道ステーション SUNDAY』ではメインキャスターを担当。 8 2013年9月まで金曜日の『ミュージックステーション』を引き続き兼務。 9 2015年3月までは『報道ステーション SUNDAY』に出演。 2018年10月からは平日版に出演。 10 古舘伊知郎・河野明子・小川彩佳の夏季休暇・不在時のキャスター代理。 11 富川悠太の夏季休暇・不在時のメインキャスター代理。 2 2012年春より単独メイン。 3 月曜-木曜担当。 4 金曜担当。 5 サブキャスター兼務(蓮見は2012年10月から)。 6 後藤のメイン就任後はスペシャルアンカーとして随時出演(2008年3月まで)。 7 番組開始から1997年9月まで。 8 金曜日のみ出演。 9 筑紫哲也夏季休暇時のメインキャスター代理。 10 膳場貴子不在時のメインキャスター代理。 11 番組開始前、筑紫にキャスター就任の要請あり(実際のメインキャスターは)。 12 2018年10月から金曜日のみが担当。

次の