特典 航空 券 キャンセル。 勘違いと手違いで特典航空券を予約できなかった!素早く行き先を変更してドイツ&ギリシャへ

【コロナ】Aviosポイントで獲得したJAL特典航空券をキャンセルする方法。わずか3ステップ!|子連れパパママを応援する情報チャンネル【新しい東京発見!】

特典 航空 券 キャンセル

ANAの航空券をキャンセルする場合いくらかかるのか?無料になる場合はあるのか?気になる方は多いと思います。 結論としては、ANAのキャンセル料はご自身が予約したチケットの種類、キャンセルした理由などによって高額に請求されることもあれば無料になる場合もあります。 今回は、ANAのキャンセル料の仕組みや調べ方を国内線、国際線に分けてご紹介し、キャンセル料が無料になる例外を ANAコールセンターにインタビューしてみたのでご紹介していきたいと思います。 これからANAの航空券を予約される方も、既に予約したがキャンセル料を知りたい方にもきっと役立つ内容ですよ! *またこちらの記事は2019年10月1日から改定されるルールに適応している内容となっています。 *2020年5月1日に発表された、 新型コロナウイルスに関するキャンセル・変更ルールもご紹介しています。 ぜひご確認ください。 もくじ• 【5月1日追記】新型コロナウイルスによる国内線のキャンセル 搭乗日が2020年2月28日 金 〜2020年5月31日 日 までの国内線全航空券(国内線特典航空券、国内ツアー航空券含む)を 予約の変更又、払い戻しを手数料なしで対応するとのこと。 ただし変更・払い戻しが対象となっている航空券は以下の通りです。 2020年2月28日(金)~5月6日(水)ご搭乗分 2020年4月7日以降の変更・払い戻し分より対象 2020年5月7日(木)~5月17日(日)ご搭乗分 2020年4月21日以降の変更・払い戻し分より対象 2020年5月18日(月)~5月31日(日)ご搭乗分 2020年4月28日以降の変更・払い戻し分より対象 電話での変更・取り消しは大変混雑しているので、インターネット経由で申し込むことをおすすめします。 以下のページより手続きを行うことが可能です。 ANA便を振替利用する場合 ANA便を振替利用する場合、予約便出発予定日から10日以内に変更手続きを済ませれば、予約便出発予定日から30日以内の空席がある便への変更が可能です。 変更手数料は発生しません。 払い戻しをする場合 払い戻しをする場合、予約便出発予定日から30日以内に払い戻しの手続きを済ませることで、取消手数料・払戻手数料なしで全額払い戻しすることが可能です。 ただし、ウェブサイト経由で払い戻しをする場合は、予約便出発予定日から 10日以内に払い戻す必要があります。 11日以降はお客様センター(電話)の対応となります。 また、以下に該当する航空券の場合はネット経由で払い戻しをすることが出来ず、お客様センター 電話 のみの対応となります。 ・ANAご利用券」でお支払いいただいている場合 ・「プレミアムビジネスきっぷ」「ビジネスきっぷ」「乗継系割引運賃(ANA VALUE TRANSITなど)」などの運賃で旅程の一部を払い戻す場合 ・ ANA空港カウンターまたは一部旅行会社で購入されている場合 ・ 往路便と復路便の予約記録が異なる場合 出典: 国内ツアー航空券の場合 国内ツアー航空券の場合は、ANAのお客様センターやウェブサイトで変更や払い戻し等の手続きを行うことはできません。 予約したツアー会社に直接問い合わせる必要があります。 【5月1日追記】新型コロナウイルスによる国際線のキャンセル ANAは3月19日、国際線全路線の航空券を5月31日 日 までの搭乗分を 取り消し手数料なしでキャンセル・変更を可能にする特別対応を発表しました。 4月8日までに購入したものに限る。 2020年3月19日現在、ANAウェブサイト、ANA電話窓口、空港カウンターでご購入された航空券は、24時間前の出発であれば、 ANAウェブサイト予約管理画面の解約ボタンより、手数料なしで払い戻しをすることが可能です。 *対象の場合は、「手数料免除」の表示あり。 特典航空券の払い戻しについては、 ANA電話窓口での対応となります。 また、払い戻しではなく、航空券の日程を変更されたい場合、全便で 2020年12月31日までの期間内で 1回のみ搭乗日の変更が可能。 搭乗日を変更したい場合も払い戻しのルールと同様に、ANAウェブサイトの予約管理画面より変更を行うことが可能です。 航空券やパッケージを旅行代理店などで購入された方のキャンセル方法は、旅行代理店に直接問い合わせていただくようお願いいたします。 払い戻しや予約変更に関する詳細は確認することも可能です。 国内線のキャンセル料 それではまず国内線のキャンセル料について確認していきましょう。 国内線のキャンセル料金は以下のような式で表すことができます。 そして、払い戻し手数料も取り消し手数料も予約した航空券の種類によって値段が異なります。 まず払い戻し手数料ですが、基本的に 1区間 片道 をキャンセルする場合440円発生します。 往復キャンセルしたい場合は880円かかるということです。 ただし以下の表に記載されている航空券は2区間 往復 で払い戻し手数料が440円となります。 また、予約した航空券の種類が「ANA SUPER VALUE EARLY」の場合は払い戻し手数料はかかりません。 ANA VALUE TRANSIT ANA VALUE TRANSIT 7 ANA VALUE TRANSIT 28 プレミアムビジネスきっぷ ビジネスきっぷ 次に取り消し手数料を見ていきましょう。 取り消し手数料も予約した航空券の種類によって有料と無料の場合があります。 取り消し手数料が航空券を購入後〜出発時刻まで無料になるのは、以下の表に記載されている航空券です。 そして一番多くの方が使われると思われるSUPER VALUE割の場合は、取り消し手数料の仕組みが少々複雑になっています。 以下の表をご覧ください。 表に記載されている通り、解約日時によって取り消し手数料が異なっています。 往復キャンセルする場合は必ず860円は支払わなければならないということです。 また、こちらの図を表に表すと、このように表すことができます。 それにプラスで払い戻し手数料が加算される計算です。 国際線のキャンセル料 国際線のキャンセル料は国、時期、搭乗クラス エコノミークラスやビジネスクラスなど 、予約した航空券の種類 SUPER VALUE料金,FLEX料金等 によって全く異なります。 ここで全ての国のキャンセル料を全てご紹介することは難しいので一つ例を挙げてご紹介していきます。 国際線のキャンセル料の調べ方ですが、まずにアクセスします。 ページを開いたら、自分の調べたい地域の規則表をクリック するとこのような画像が表示されます。 多くの方は普通運賃ではなく特別運賃を利用する方が多いと思うので、特別運賃の自分が予約した搭乗クラスをクリック 今回は、シンガポールのエコノミークラスを選択しました。 クリックすると上のような画面が表示されるので予約した航空券の種類を選択して取り消し手数料などの詳細情報を確認してください。 国内線に比べてかなり高額ですね... 自分の予約した航空券のキャンセル料を詳しく調べたい方はをご覧ください。 払い戻し手数料と取り消し手数料が無料になる場合 ここでは払い戻し手数料と取り消し手数料が無料になるケースをご紹介していきます。 インターネット上で掲載されていた情報だけでなく、ANAコールセンターに直接問い合わせをして様々な事例を聞いてきたのでご紹介していきます。 航空券の予約をしたが購入していない場合 航空券の予約をしたが購入手続きを済ませていない場合は、まだ仮予約となっているので払い期限内に購入手続きをしなかった場合は自動キャンセルとなり無料のキャンセルという形になります。 航空券の支払い期限は、以下の表のようになっています。 ANA FLEX 通常料金 ANA VALUE ANA SUPER VALUE ANA SUPER VALUE EARLY 支払い期限 予約日を含めて3日以内 予約日を含めて3日以内 予約日を含めて2日以内 当日 病気になってしまった場合 搭乗者が急な病気を患ってしまい、飛行機に搭乗することができない状況になると、 医師による診断書を提出することによって払い戻し手数料と取り消し手数料が無料になります。 インフルエンザ等の場合でも診断書を提出すればキャンセル料無料となります。 2親等以内の親戚が亡くなった、事故にあってしまった 2親等以内の親戚が亡くなったり、事故になった場合、医師の診断書を提出することによって手数料が無料になるそうです。 空港までに行く公共交通機関が大幅に遅延してしまった 空港に行くまでの、高速バスや電車などが大幅に遅延して飛行機の出発時間に間に合わない場合、遅延証明書を提出することによって手数料が無料になります。 大幅な遅れが出た場合は必ず遅延証明書を貰うようにしましょう。 特典航空券のキャンセル料 特典航空券のキャンセル料は、お金ではなくマイルで清算されます。 未使用の特典航空券のみ有効で 3,000マイル差し引かれて払い戻しされる仕組みになっています。 3,000マイルを失うことはかなり惜しいですね。 また、キャンセルした際に有効期限切れとなっているマイルの場合払い戻しされないので注意しましょう。 ANA特典航空券の予約変更やキャンセルのルールについては以下の記事を参考にしてください!.

次の

JALグループ国内線特典航空券(変更・払い戻し)

特典 航空 券 キャンセル

目次(このページの内容)• どのマイルを使うか、どの航空会社に乗るかにより、ルールは異なる。 基本は以下3つのケース どのマイレージプログラムのマイルを使うのか、特典航空券でどの航空会社に乗るのかより、マイルの返却条件は異なります。 1番の理想は、手数料を払えば全てのマイルが戻ることですが、そうとはならないケースもあるので注意が必要です。 以下、主な3つのケースを紹介します。 ケース1: 手数料を払えば、全てのマイルが戻る 多くのマイレージプログラムでは、手数料を払えば、特典航空券に使用した全てのマイルが戻ってきます。 例えば、では、指定の特典航空券キャンセル手数料を払えば、マイルは全て戻ります。 ただし、キャンセルする時点で、失効していない(有効期限に達していない)マイルだけが戻ります。 これは、JALマイレージバンクだけでなく、、などでも同じで、取り消すとマイルは戻ってきます。 でご確認ください。 ケース2: 少なめのマイルが戻る など、一部のマイレージプログラムでは、手数料として一部のマイル数が引かれた後、残りのマイルだけが返却されるルールになっています。 例えば、ANAマイレージクラブの特典航空券は、取り消し手数料として3,000マイルかかります。 つまり、20,000マイルで予約した特典航空券をキャンセルすると、3,000マイルが引かれた17,000マイルだけ戻ります。 このルールだと、マイル残高がない場合は、キャンセル直後に、同じ必要マイル数で特典航空券を予約できないデメリットがあります。 手数料として3,000マイルが強制的に引かれるので、不足分のマイルを貯め直すに時間がかかるケースがあります。 でご確認ください。 ケース3: マイルは戻らない これは避けたいですが、いくつか、特典航空券をキャンセルしても、一切マイルが戻らないケースもあります。 現在、の中で、特典航空券の取り消し後、マイルが戻らないケースは以下の通りです。 1. ANAマイレージクラブのマイルを使った、バニラエアの特典航空券 ANAマイルを使ったバニラエアの特典航空券は、一旦予約すると、キャンセルすることはできません。 キャンセルできないため、マイルも戻らないことになります。 2. デルタ航空・スカイマイルのマイルを使った、スカイマークの特典航空券 デルタ航空のマイルを使ったスカイマークの特典航空券は、一旦予約すると、後からキャンセルはできません。 キャンセルできないので、マイルも戻らないことになります。 なお、後から搭乗日や便を変更することもできないため、確実に乗れる場合のみ、予約されることをおすすめします。 3. デルタ航空・スカイマイルのマイルを使った、全ての特典航空券 デルタ航空のマイルで予約した特典航空券は、出発の72時間前を切ると、キャンセルができなくなります。 つまりマイルを戻すこともできません。 4. マレーシア航空・エンリッチのマイルを使った、全ての特典航空券 マレーシア航空のマイルで予約した特典航空券は、一旦発券すると、後からキャンセルすることができません。 5. ベトナム航空・ロータスマイルのマイルを使った、全ての特典航空券 ベトナム航空のマイルで予約した特典航空券は、一旦発券すると、後からキャンセルしても、マイルは戻りません(税金等は戻ってきます)。 6. エミレーツ航空・スカイワーズのマイルを使った、JAL国内線の特典航空券 エミレーツ航空のマイルで予約した特典航空券は、基本的にはキャンセル後にマイルが戻るのですが、例外的に、JAL国内線は含まれいないので注意が必要です。 でご確認ください。

次の

<操作方法>JAL国際線特典航空券のキャンセル待ちをしたい。

特典 航空 券 キャンセル

Contents• 2020年の沖縄旅行計画 数年前からANAのマイルを貯めてマイルを利用して、1年に1回家族で沖縄旅行をしています。 我が家の夏の沖縄旅行計画はいつも1月頃からはじまります。 2020年も2月の始めにマイルを利用して7月の航空券を購入してしまっていました。 1月の終わり頃からコロナウイルスでマスクが買えないというようなニュースが流れるようになっていましたが、まだまだ日本では危機感もあまりなく、きっと夏には大丈夫だろうという気持ちもあったので、いつものように7月の旅行を計画して予約を完了していました。 予定していた予約内容と旅費は 行きの飛行機は家族3人分マイルを利用して特典航空券。 帰りは特典航空券分は1人分しか空きが残っておらず、私の分だけ特典航空券にして、残り2人分はマイルをスカイコインに交換して航空券を購入していました。 2020年沖縄旅行(10泊11日)の旅費予定 飛行機はすべてマイル利用のため 実際に支払いをするのは10泊で 104,000円!の予定でした。 こんなにお得に10泊も沖縄に滞在する予定だったので行けないだなんてショックは大きいですが、さすがに今回ばかりはどうにもなりません…。 宿はいつも電話で直接お願いしているので、泣く泣く電話してキャンセルしました。 レンタカーもキャンセル料はまだまだかかる時期ではないので、サイトからキャンセル。 そして問題は飛行機です。 ANAの特別対応は6月分まで 沖縄旅行をキャンセルしようと決定したのは5月だったのですが、その時点では7月がまだどうなるかなんて誰にもわかりませんし、ANAの無料キャンセル対応も様子を見ながら少しずつという感じでした。 スカイコインで購入した分は先にキャンセル スカイコインを使って購入した復路の2人分は55日前から取消手数料が発生してしまうため、1枚につき440円の払戻手数料はかかってしまいますが、先にキャンセルしておくことにしました。 払戻手数料をひかれて、34,560コイン戻ってきましたが、 有効期限が2021年2月末まで。 来年2月末までにはまた旅行の予定を決めてなんとか使いきらなければ…。 マイルを利用した特典航空券は変更予定 マイルを利用した国内線の特典航空券をキャンセルする場合には払戻手数料マイルが1人につき3000マイル。 1人分7500マイル利用しているので、7500マイルから3000マイルも引かれてしまうことになります。 往路は家族3人分、復路は1人分マイルを利用したので、キャンセルをすると12000マイルも引かれてしまうことに…。 日付を変更する分には手数料はかかりませんし、搭乗日の前日まで変更が可能なので、とりあえずギリギリまで待って、どこか別の日付でとりあえず変更しておこうということにしました。 問題は先延ばしにして 変更できる期限が2021年2月13日。 また冬にはコロナウイルスが流行ってしまいそうですし、果たして来年2月までに沖縄へ行くことができるのか…。

次の