メルペイ 残高 払い。 【メルペイ】残高へチャージする方法

【メルペイ】ポイント残高不足の時に、残りを現金で支払うことはできるのか?

メルペイ 残高 払い

メルペイにチャージする3つの方法 メルペイ残高にチャージする方法は以下の3種類あります。 銀行口座からチャージ• セブン銀行ATMからチャージ• メルカリ売上金からポイント購入 銀行口座からチャージ 銀行口座からメルペイ残高をチャージする方法です。 メルペイを使う場合、基本的には銀行口座を登録して利用するのば一般的です。 それでは、銀行口座を登録してチャージするまでの手順を紹介していきます。 探すのが面倒臭い方は、上部にある検索窓から指定の銀行を入力するのが早いですよ。 口座番号• キャッシュカードの暗証番号 上記3つが必要になるので、事前に準備しておきましょう! 銀行口座からメルペイ残高へチャージする手順 銀行口座を登録したら、次はメルペイ残高へチャージしてみましょう。 あっという間にチャージが完了します。 銀行口座の登録に抵抗がある人やメルカリユーザーは、メルカリ売上金をポイントに変えて使うのが良いですね。 メルペイにチャージできない場合の原因 さて、ここからはメルペイにチャージできない場合の原因について少し触れておきます。 実際、「銀行口座を登録したけどメルペイにチャージができない」と言うケースがあります。 その場合、以下のような原因が考えられます。 もし当てはまる方がいれば確認してみて下さい。 銀行口座を登録したばかりでチャージしている 銀行口座を登録したばかりの場合、メルペイ残高がチャージできない場合があります。 銀行:登録してから即日〜2営業日• 信用金庫:登録してから2営業日 チャージできるまでに必要な日数は以下に記載があります。 参考: チャージの上限金額に達してしまっている 1日のメルペイ残高にチャージする金額には上限があります。 チャージ上限、または最低チャージ金額を満たしているか確認しておきましょう。 意外と見落としがちな部分ですが、確認しておきましょう。 メルペイ後払い スマート払い なら、チャージいらずで買い物できる メルペイ後払い スマート払い は、メルペイ残高の利用なしに支払いができるシステムです。 簡単に言えば、クレジットカードで支払うような仕組みですね。 メルペイ後払い スマート払い で支払った金額は、翌月にまとめて清算をします。 この後払い スマート払い を利用することで、メルペイ残高へのチャージなしにメルペイを利用することができます。 後払い スマート払い のメリット・デメリットを踏まえ紹介していきます。 メルペイ後払い スマート払い のメリット メリットは以下の2つです。 チャージが不要• 支払い方法が選べる チャージが不要 メルペイ後払い スマート払い は、きほん残高という概念はありません。 自分が設定した上限金額に対して、その金額額分まで利用できるサービスです。 設定できる上限金額はメルカリからの信用によって決まります。 後払い スマート払い などの清算を遅延なく行う、頻繁にメルペイを利用するなど信用を積み重ねていくことで、上限金額が上昇していくと言われています。 MEMO メルペイ後払い スマート払い の上限金額については「 」で解説しています。 支払い方法が選べる メルペイ後払い スマート払い は利用した金額を、翌月に清算する仕組みです。 その清算方法は以下の3種類。 残高払い• 口座振替 2020年3月より廃止 銀行口座を持っていなくても、コンビニやATMで支払いをすることができるので、学生の方でも簡単に利用することができるんです。 メルペイ後払い スマート払い のデメリット 次はデメリットですが、以下の2つです。 上限金額が信用 メルカリの判断 によって決まる メルペイ後払い スマート払い には上限金額が存在します。 上限金額とは、その月で利用できる最大金額のこと。 実はこの金額は、利用者によって異なるのが特徴です。 この金額は、利用者の信用によって上限値が変化すると言われています。 上限金額は、メルペイの「設定」から確認することができます。 ちなみに、私の上限金額は「10万円」でした。 つまり、10万円分の買い物で後払いを利用することができます。 先ほども記載しましたが、上限金額は「メルカリからの信頼」によって変わってきます。 「後払い」の支払い期限をすっぽかしてしまうなど、信頼を損ねることは絶対にしてはいけませんよ! 支払い方法によっては手数料が発生する メルペイ後払い スマート払い の清算方法ですが、支払い方によっては手数料が発生します。 以下、支払い方法と手数料です。 残高払い:手数料無料• 口座振替: 手数料300円 残高払い以外は300円の手数料が発生してしまいます。 ベストなのは残高払いですが、事情によってはできない方もいるはず。 その場合は、少し費用が発生しますが、手数料のかかる支払い方法になってしまいます。

次の

「メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)」後払い利用分の支払い方法・支払期限・手数料・メルカリ売上金清算・ポイント充当

メルペイ 残高 払い

前提:ポイントでメルペイ残高のチャージはできない ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 また、する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 ただし、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 iD/メルペイコード支払いで実店舗で利用する 実店舗でポイントを使うにあたって、チャージや特別な設定は必要ありません。 ただ、 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントでの支払いができないので、必ず「メルペイ残高」での支払いに切り替えておきましょう。 メルペイ残高支払いに設定されていると「ポイント優先利用」と表記される なお、購入金額に対してポイントが足りない場合には、ポイントとメルペイ残高の併用ができます。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。 iDのように初期設定は必要なく、また「メルカリ」アプリのインストールさえできていれば、どの端末でも利用できます。 使うときは購入金額分のポイントがあるかどうか確認し、メルペイ画面から[コード払い]をタップ。 パスコードやFace IDなどで本人確認をしてコードを表示します。 支払い方法がメルペイ残高とポイント支払いになっていることを確認したら、店員にコードを読み取ってもらえば完了です。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入もでき、足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もできます。 ただ、実店舗での利用と同じく、使うポイント数は指定できません。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 Suicaへのチャージに利用する(iOSのみ) 現状では iOSのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、iOSユーザーであればなにかとに便利に使えるでしょう。 メルペイポイントでチャージするには、Apple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣にある[チャージ]ボタンをタップ。 チャージしたい金額を入力し、[チャージ]を押します。 チャージ金額は1円単位で指定可能です。 なお、Suicaへのチャージするには、事前にiDの初期設定を済ませておく必要があります。 支払画面が表示されるので、カードの選択でメルペイ電子マネーを選びます。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 ポイントの有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:キャンペーンごとに設定• キャッシュレス・消費者還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]から、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 ポイントとメルペイ残高の違い ポイントもメルペイ残高も、iDやQRコードを通して実店舗で使えることに変わりありません。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」というわけでもありません。 少々分かりづらいそれぞれの相違点を下表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• キャンペーンでGETする• 還元事業の対象店舗でメルペイ支払いをする(2020年6月まで)• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間• 還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 なし ポイントは有効期限があり、銀行口座への出金ができません。 ポイントは有効期限の近いものから優先的に使用されるようになっていますが、有効期限が切れると失効してしまうので注意しましょう。 売上金から購入したポイントとは メルカリの売上金を、出金せずにメルペイとしてiD決済やQRコード支払いで利用するには、売上金をポイントもしくはメルペイ残高に交換する必要があります。 左:「ポイント購入」ボタンをタップして購入ポイント数を入力する 右:ポイント購入に手数料はかからない 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金を「メルペイ残高」に自動変換させて実店舗の支払いに利用できます。 それに対し、これらの登録をしていないアカウントは、1P=1円として売上金でポイントを購入することで、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに利用できるようになるのです。 つまり、売上金から購入したポイントは、メルペイ残高を利用できない人のために用意されているものだといえます。 キャンペーンで付与されたポイントとは ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得できるポイントは、銀行口座登録などの有無にかかわらず、キャンペーンに参加した全員に付与されます。 左:口座登録が済んでいないアカウント 右:口座登録済のアカウント ただ、銀行口座登録や本人確認を済ませたアカウントとそうでないアカウントで、ポイントの表示形式が若干異なります。 これらの登録を済ませたアカウントは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 一方、済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算されたポイント数が表示されます。

次の

メルペイスマート払い(後払い)を攻略する──支払い・精算方法から手数料、上限金額、解約まで

メルペイ 残高 払い

はじめてのスマート払いキャンペーン キャンペーン概要• 対象:要本人確認&18歳以上• 還元:P1,000/期間(1回限り)• 1つの品で2,000円以上のものを購入が条件です。 危うく、引っかかるところでした。 キャンペーンは、ややこしくすることで統計的にひっかかる人も増えるので、よくよく細かい部分まで条件をチェック必須ですね。 ただ、梱包資材でもキャンペーン条件に合致する「資材キット」なるものが2,400円で売っています👇 「メルペイスマート払い」とは? ここから以降は、はじめてメルカリ・メルペイを導入される方向けの内容になります。 理解されている方は読み飛ばしてOKです。 メルペイスマート払いは借金払い 「メルペイスマート払い」は、かつて「メルペイあと払い」と呼ばれていたサービスで、一言で言えば、 その月毎に 借金払いができるメルペイのサービスです。 「マイクロファイナンス」(小規模金融)と言われるやつですね。 最近では、LINE PayやPayPayも同じようなサービスを実装してきてます。 手数料が儲かるのでしょう。 メルペスマート払いでは、ユーザーのメルカリ・メルペイの利用実態にあわせて 利用可能限度額が決定されます。 コンビニ精算では通常、 合計決済金額+手数料300円かかります。 しかし、 メルペイ残高(メルカリ売上・銀行チャージ・ポイント充当)でアプリ上で精算すれば手数料が無料です。 残高では ポイントも充当して払えます。 キャンペーンや招待コードで獲得したポイントのみ使えます。 ポイントで決済金額の全額が収まれば、すべてポイントで精算も可能です。 なお、2020. 1から規約変更で、メルカリ判断でメルペイスマート払いの精算に問題が生じた場合?、債権を他社に譲渡できるようになるようです。 おそらく専門の取り立て屋でしょう。 気をつけましょう。 本人確認は銀行口座登録がかんたん「対応主要銀行リスト」 本人確認で一番かんたんなのは、メルペイ残高チャージ用の銀行口座登録です。 対応している主要銀行は以下の通りです。 なお口座登録といっても、メルカリが暗証番号を保存するわけではありません。 銀行の公式サイトへ移動して、銀行のオンライン認証を経てからメルカリへのチャージの許可手続きをする形になります。 弊サイトメルカリ招待コード FTMWCX 👉 👉 初なら2,000円ぴったり購入で実質負担は500円 今回のキャンペーンで、初メルカリ&メルペイ導入する方は、 1品2,000円ぴったりのものを購入すると、実質負担は500円のみになります。 メルカリアカウント作成時に弊サイト招待コード(FTMWCX)入力で P500獲得• メルペイから 本人確認を銀行口座登録で完了する• メルペイからスマート払いを使えるようにする• メルカリで 1品で2,000円のものを メルペイスマート払いで購入• 利用の翌月10日頃にキャンペーン P1,000獲得• この機会にメルカリ・メルペイ導入する方は、ご活用ください。

次の